女性は40代になったら注意!更年期障害が薄毛を招く

女性の男性に比べて老化が早い時期から始まるとされており、最初のターニングポイントは30代です。

そして、2回目のターニングポイントは更年期障害が出やすい40代の閉経期です。

女性にとっての問題は、更年期障害が薄毛の原因となることです。

更年期障害によるストレスが、さらに大きなものとなってしまうためです。

年を取ることは止められませんから、更年期は誰にでも訪れます。

そもそも更年期とはどのようなものなのか、なぜ更年期障害が薄毛の原因となってしまうのかなどについて、説明していきましょう。

女性の薄毛は40代から?!原因の「更年期」

40代の女性が薄毛になってしまう主な原因は、3つ考えられます。

AGA(男性型脱毛症)の一種であるFAGAとストレス、更年期障害です。

FAGA
男性のAGAと同様、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質によって引き起こされる疾患です。

女性の体内でも男性ホルモンが分泌されており、DHTも生成されているため、男性と同様にAGAを発症するのはある意味、当然といっていいでしょう。

FAGAとAGAの違いは、発症に女性ホルモンが関係していることです。
女性ホルモンには頭髪の成長を促す働きがありますが、加齢による分泌量の減少によってDHTの働きが抑えられなくなるのが原因です。
※更年期障害と根は同じといっていいでしょう。

ストレス

女性も40代になるとストレスが増加する傾向にあります。

会社においては部下を抱える立場になってくるため、管理職特有の大きなストレスがのしかかってきます。

また、育児についても子供が思春期に入り、精神的に微妙な時期になりますので、ストレスが増えてくることでしょう。

更年期障害もストレスの原因のひとつなります。これらの要因が重なり合うことによってストレスが増大し、頭皮の血行を悪化させて薄毛の原因となるのです。

更年期障害

40代女性の薄毛の原因として最も大きなウエートを占めるのが更年期障害です。

更年期に起きるさまざまな心身の不具合が、薄毛につながっているのです。

女性の成長段階は小児期思春期性成熟期更年期老年期に分けられます。

小児期…第二次性徴前で女性ホルモンの分泌量が少ない時期
思春期…第二次性徴が始まり女性ホルモンの分泌量が増えていく時期
性成熟期…女性ホルモンの分泌が最も盛んな時期
更年期…女性ホルモンの分泌量が低下していく時期
老年期…女性ホルモンの分泌量が低下しきった時期

更年期における女性ホルモンの分泌量低下の原因は、加齢による卵巣の機能低下です。
女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが崩れるため、卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やして調整しようとします。

卵胞刺激ホルモンとは、卵巣に「女性ホルモンの分泌量を増やせ」という命令を出すホルモンです。
脳の視床下部の命令を受けて、脳下垂体前葉から分泌されています。

卵巣が元気な時期ならば、卵胞刺激ホルモンによって女性ホルモンの分泌量が増えるはずですが、加齢によって衰えた卵巣では「笛吹けども踊らず」になります。つまり、加齢によって女性ホルモンが増えないということです。

さらに卵胞刺激ホルモンを増やして頑張ってもらおうとしても効果はないため、最終的に視床下部が疲れてしまいます。これが更年期障害の原因です。

更年期障害としては、以下のようなものがよく知られています。

・ほてりやのぼせ
・冷え
・多汗
・肩こり
・イライラや抑鬱症状
・睡眠障害
・吐き気

※後述しますが、これらの症状が薄毛を招く原因となるのです。

女性ホルモンの減少の中でも問題になるのは、エストロゲンの減少です。

エストロゲンは別名を「卵胞ホルモン」といい、女性らしさにかかわっているためです。

エストロゲンの減少で考えられる症状

・ターンオーバーがうまくいかなくなり肌が荒れる

・骨が弱くなり骨粗鬆症のリスクが高くなる

・脂質の代謝が下がり太りやすくなる

・精神的に不安定になる

・動脈硬化をはじめ血管に問題が起きやすくなる

これらの症状も、薄毛につながっています。つまり、更年期の卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少がさまざまな症状を引き起こし、薄毛を進行させているといっていいのです。

薄毛とおさらば!「更年期」に負けない40代になろう!

では、女性は40代になると、具体的にどのような変化が起きるのでしょうか。
まず、髪質が徐々に細くなっていき、地肌が見えやすくなってきます。

エストロゲンの減少

エストロゲンの減少によってターンオーバーがうまくいかなくなるため、肌荒れが起きたり、シミができやすくなったりします。

頭皮にも同様のことが起こり、炎症を起こしやすくなります。

また、体に脂肪がたまって太りやすくなるということは、皮脂の分泌量増加につながります。

頭皮は皮脂の分泌量が最も多い部位なので、ちょっとしたことで皮脂が過剰になってしまいます。

皮脂が過剰になると毛穴に詰まり、頭髪の成長を阻害する原因となります。

詰まった毛穴にマラセチア菌をはじめとする細菌が感染すると炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因となってしまうこともあります。

さらに、更年期障害の原因であるエストロゲンの減少そのものも、薄毛の原因となります。

エストロゲンには頭髪の成長を促進させる働きがあり、不足すると頭髪の伸びを抑えてしまうのです。

エストロゲンには、IGF(インシュリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促す働きがあります。

IGF-1は毛母細胞を活発に分裂させ、頭髪の成長を促す働きがあります。

女性が男性に比べて頭髪の伸びるスピードが速いのは、IGF-1の生成量が多いためなのです。

ところが、卵巣の衰えによってエストロゲンが減少するとIGF-1の生成量が減少し、毛母細胞の分裂が抑制されてしまいます。

これによって頭髪の成長が妨げられ、髪質が細くなってしまうのです。

更年期障害によってもたらされる症状も、薄毛を促進させる原因となります。

血行の悪化

例えばほてりと冷えは、いずれも血行悪化によってもたらされるものです。
血行悪化は薄毛の原因になります。

頭髪の成長にはタンパク質をはじめとする栄養素や、毛母細胞の分裂に必要となるエネルギーを生み出すための酸素が必要です。

これらは食物から摂取したり、肺呼吸によって取り入れたりするものなので、血液によって頭皮まで運ばれてくる必要があります。

ところが、血流が悪化すると栄養素や酸素が毛根にうまく届かなくなり、頭髪の成長が阻害されます。

AGAをはじめ薄毛の治療薬であるミノキシジルは頭皮の血管を拡張して血行を促進させる働きがありますが、この逆のことが起きていると考えていいでしょう。

エストロゲンの不足によってもたらされる動脈硬化が、血流悪化に拍車をかけます。

動脈硬化によって血管内部が狭くなり、血液が流れにくくなってしまうためです。

ストレス・イライラ

更年期障害によるイライラも、薄毛の原因となります。

ストレスを恒常的に受けている状態になってしまうためです。

ストレスを受けている状態では、自律神経のうち交感神経が活発になっています。

交感神経は末梢血管を収縮させる働きがあるため、血行悪化につながります。

ストレスを恒常的に受けていると血行が良くない状態が長引きますので、頭髪の成長が阻害されて薄毛の原因となるのです。

睡眠障害

これも薄毛につながります。

頭髪の伸びに関係している成長ホルモンは熟睡中に効果が大きくなるため、睡眠障害が成長ホルモンの効果を下げてしまうことにつながるためです。

また、成長ホルモンの効果の低下は、ターンオーバーの阻害にもつながります。

ターンオーバーがうまくいかないと頭皮が荒れて炎症を起こし、薄毛につながってしまうのです。

このように、エストロゲンの減少と、それに伴う更年期障害は、あらゆる意味で薄毛を促進させる原因となっているのです。

薄毛対策のためには、いかにしてホルモンバランスを整え、更年期障害の症状を和らげるかが重要になってきます。

更年期障害の症状を和らげるためには、症状緩和効果のある栄養素を摂取するのが効果的です。

次のような栄養素が、更年期障害の症状緩和に効果があるとされています。

・大豆イソフラボン
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・カルシウム

大豆イソフラボン

エストロゲンと組成が似ているため、エストロゲンの働きを助けてくれます。

積極的に摂取することでホルモンバランスを整え、更年期障害の症状を緩和します。

ビタミンA

頭皮をはじめとする肌の状態を整えてくれます。

睡眠障害などによる肌荒れを防止することができ、頭皮の状態悪化による炎症を防止してくれます。

ビタミンC

ストレスを緩和してくれる働きがあります。

更年期障害に伴うイライラからくるストレスを緩和できれば、もうひとつの自律神経である副交感神経が活発になります。

副交感神経の働きによって、頭皮の血行促進が期待できるのです。

ビタミンE

血液をサラサラにして血行を促進させる働きがあります。
更年期障害の症状のひとつである血行悪化の防止につながります。
ビタミンCによるストレス緩和との相乗効果も期待できます。

カルシウム

ビタミンCと同様に、ストレス緩和効果があります。

カルシウムは骨の原料でもありますので、エストロゲンの減少によって骨がもろくなるのを防いでくれます。

更年期障害は、基本的には医療機関に診てもらう必要があります。

ただ、こうした栄養素を含む食物を積極的に摂取することが、治療効果をアップさせることにつながるのです。

薄毛対策には生活習慣の改善も必要!

ただ、エストロゲンをはじめとする女性ホルモンの分泌量減少は、更年期だけが原因で起きるわけではありません。

更年期以外にも、以下のような原因で女性ホルモンは減少します。

・食生活の乱れ
・睡眠不足
・ストレス
・タバコ
・過度の飲酒

過度なダイエット

エストロゲンの減少によって太りやすくなるため、ダイエットに励んでいる人もいるでしょう。

しかし、過度のダイエットによる食生活の乱れは、薄毛の原因となります。
頭髪に必要な栄養素が不足し、成長が妨げられてしまうためです。

食生活の乱れ

脂っこいものの取りすぎも薄毛につながります。

皮脂の分泌量が過剰になって毛穴に詰まり、頭髪の成長阻害や脱毛症の原因となるためです。

睡眠不足

更年期障害による睡眠障害以外の原因で、睡眠不足になることもあります。

パソコンやスマートフォンから出るブルーライトも、睡眠不足の原因となります。

仕事によるものなら多少は仕方ないかもしれませんが、寝る前のスマホ弄りはやめましょう。

ストレス

40代はストレスの多い時期なので、食生活以外でもストレス緩和を心がけましょう。

ストレス緩和のためのオススメは、ウオーキングなど軽い運動をすることです。

ストレス解消効果に加えて、運動によって心肺機能が強化され、頭皮をはじめとする全身の血行が良くなるためです。

タバコ

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる働きがあります。
血行悪化による薄毛促進につながります。

タバコによってビタミンCが大量に消費され、ストレス耐性が下がるのも問題です。

頭髪のためには禁煙が理想なのですが、ヘビースモーカーだと禁煙がストレスになってしまうという問題があります。

その場合、少しずつ喫煙量を減らしていき、最終的にゼロにすることを目指しましょう。

お酒

適量ならば血行を促進させ、頭髪の成長にとってプラスです。

飲み過ぎると頭髪の成長に必要なアミノ酸や亜鉛がアルコールによって消費され、薄毛の原因となります。

お酒の適量には個人差がありますが、1日当たりアルコール20グラムまでが適量とされています。

ビールだと中瓶1本分(500ミリリットル)、日本酒やワインならば1合(180ミリリットル)です。

大切な髪のためにも、酒量には気をつけてください。

加齢は避けられないけれど、薄毛は改善できる

誰でも年を取ることは避けられませんので、「更年期」という時期は必ず訪れます。

更年期障害についても、症状に個人差はあるものの、避けて通れないものだといっていいでしょう。

しかし、更年期障害による薄毛は、ある程度は防止することが可能です。

まず、更年期の症状と、なぜそれが薄毛につながるのかを理解しておきましょう。

そして、更年期障害の薄毛を悪化させるような生活習慣をしていないかどうか、チェックしてみましょう。

食生活、睡眠時間、タバコ、飲酒など、あらゆる点での点検が必要です。

自分の年齢と向き合い、体の状態や生活習慣を見つめ直してみてください。

それが、更年期という時期とそれに伴う更年期障害による薄毛の防止につながります。

この記事の関連記事