「若ハゲの原因」10代後半~20代なのにハゲ。改善方法を解説!

094

薄毛になっていく年齢で一番が多いのは、30代~40代の年齢から多くなっていきます。

ストレスが深刻化していく年齢でもあり、体中の栄養素がなくなっていく年齢に入るためです。

しかし、10代から20代の年齢でも皮膚に関する病気以外で「若ハゲ」になることがあります。

主な原因は、ストレス・食生活の偏り・睡眠不足から起こることが多くあります。

30代や40代の人と変わらない原因です。

30代や40代と違い、若い人には蓄積された栄養素が毛乳頭の中の毛母細胞が活発に働いていて、分泌機能が衰えにくいので頭皮や毛髪を早く回復させることができるのです。

若ハゲのほとんどは自然に治っていくことが多いこともありますが、回復が遅い場合もあります。

どうして「若ハゲ」になるのかという原因、なぜ自然に治る人もいれば治りにくい人もいるのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

今回は、若ハゲになる原因若ハゲになりそうで不安になっている人に改善する方法を解説していきたいと思います。

ハゲてしまう原因を徹底解説!

日常生活では、年齢に関係なく「ストレスや食生活の偏りや睡眠不足」を起こすことがあります。

下記のような表は「若ハゲ」になる原因です。

原因 詳細
ストレス 家庭環境や対人関係の悩み・嫌いなこと・得意ではないことが多くなっている
睡眠不足 夜更かし(勉強・TV・ゲーム・友人との長話やLineなどのメール)が多い
食生活の偏り ファストフードやジャンクフード中心の食生活が多い
ヘアカラーによるダメージ ヘアカラーは毛髪だけではなく頭皮に影響を起こすことが多い

上記の表にある原因は、一連していることが多い原因です。

「ストレスが大きくなると」→「睡眠不足を引き起こす」→「ジャンクフード以外の食事を摂らなくなる」ようになります。

*逆に過食症状が出る場合もあります。

若者の悩みはとても深刻になる場合が多く、情緒が不安定になることが多くあります。

「家庭の中の悩み」「友人の関係での悩み」「将来的な悩み」などもあれば、自分の身体的な「顔・髪型・スタイル」など「悩み」が絶えることがないくらい多いのも若者の特徴です。

ほとんどの若ハゲは一時的に終わることが多く深刻になる人は、30代や40代に起こる薄毛の原因に比べれば少ないです。

しかし、若ハゲ以外にもストレスが慢性化してしまうと身体的に異常を起こす原因になることがあります。

10代から20代に多い症状の一つに、ストレスからくる胃腸に影響を及ぼすことがあります。

・学校や会社へ行く時間になるとお腹が痛くなり神経性による下痢を頻繁に起こす症状

・仲間や同僚・上司と会うと話がうまくできない「コミュニケーション不足」による腹痛

・食後にお腹が痛くなる消化不良によって食欲の低下に繋がり、拒食症状や免疫力の低下による疾病が多くなる

などの精神的な症状からでる場合もあります。

上記のような神経性の胃腸などの影響が少ない人に多いのが若ハゲの症状です。

ストレスが原因でリンパ球やホルモンに影響を及ぼして抜け毛を起こす症状があります。

過剰に悩みすぎると起こる症状ですが、一時的に起こる症状が多いので自然に治りやすく深刻に悩みすぎないように注意していれば、それほど心配する必要はありません。

悩みながら寝たりすると「緊張や焦りなどがでたり」「不安になったり」して心拍数が高まりアドレナリンの分泌も高めてしまうので、朝方になるまで眠れなくなり不眠に陥る原因になります。

ストレスの解決をする2つの方法!

A.スポーツをして体を疲れさせることで眠りを深くさせる。

ストレスの多い人に言えることは眠りが浅いことです。

睡眠不足と違い眠たくても眠れなくなるのが大きな特徴。

眠りが浅いと頭がすっきりしないばかりか「やる気が起こらなくなる」ことが多くあります。

ホルモンの分泌異常が引き起こしていることが多い症状です。

慢性化すると10代から20代の若者でも「うつ症」になることがあります。

深い眠りは脳や体にとってとても重要なことですから、十分な睡眠は骨や筋肉・毛髪の成長を助けます。

B.サプリメントや薬などで精神的な安定を図る。

グリシン アミノ酸でできたサプリメントです 不眠症など睡眠障害を改善する
マグネシウム マグネシウムが不足している人に効果があります 睡眠の入り方を早くさせる
筋肉のリラックス効果がある
トリプトファン セロトニン・メラトニンの生成を助けます 不眠症・イライラや不安を解消
うつ症などに使用されることがあります

いつもイライラしたり逆に落ち込んだりすることが多くなっている人は、ホルモンに影響を起こしていることが考えられます。

また、症状が重い人はサプリメントや薬を使用することで、精神的に落ち着きを取り戻し運動や趣味を行うことで正常な状態に回復させていきます。

スポーツだけではなく全身を動かすことや何かの趣味に没頭できることは、認知症の予防や「薄毛・若ハゲ」の改善にも良いとされています。

結果的に睡眠不足に陥っている人は、成長ホルモンの分泌を妨げる原因になっています。

成長ホルモンは毛髪を作る上で最も大切な役割をしているため、分泌が行われなくなると「若ハゲ」の原因に繋がっていきます。

成長ホルモンを分泌させるためには、運動やサプリメントを服用することで適度な疲れを筋肉や脳に与えてあげることです。

街に出てショッピングをした夜などには、よく眠れることと同じことです。

1日中歩き回るだけでも良い眠りを引き出してくれますから、歩くことだけでも「若ハゲ」の影響がなくなると言っても良いでしょう。

食生活が偏り過ぎていることで栄養不足に

「若ハゲ」になりやすい3つ目の原因には「食生活の偏り」があります。

ジャンクフードは、特に若者に人気な食べ物と言っても良いでしょう。

何より手軽に購入できて止められない美味しさが偏る要因になっています。

しかし、ジャンクフード中心の食生活を続けていると栄養素の偏りが大きくなり「毛髪や頭皮」だけではなく身体的にも悪影響を及ぼします。

※ジャンクフード 栄養素が著しく偏っていて「ビタミンや食物繊維がほとんど含まれていない」食べ物

ジャンクフードと呼ばれる食べ物 ハンバーガー・ホットドッグ・ポテトチップスなどの菓子類・カップ麺・ドーナッツなど

炭酸飲料などもある意味ジャンクフードと言って良いでしょう。

ペットボトル症候群の症状も若者には多くいます。

ファストフードやジャンクフードには塩分が多く含まれており、カロリーが高いことも挙げられるでしょう。

*近年のファストフードにはカロリーが記載されて減塩のメニューもあります。

毛髪を作る栄養素には、ほとんどジャンクフードには含まれていませんから、毛髪に必要な栄養素が不足していくと、「毛髪が細くなる」ことや「毛髪の色が変わる」ことから「抜け毛」に繋がっていきます。

毛髪を作るために必要な栄養素
髪の主成分 タンパク質 20種類のアミノ酸で構成されている
髪の生成に欠かせない成分 亜鉛
髪の元になる
毛母細胞の分裂を促進する栄養素
ビタミンB群
B1・B2・B3(ナイアシン)・B5(パントテン酸)
B6・B12・葉酸
頭皮や血管を丈夫にして栄養素を運び抗酸化作用がある成分 ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE

上記の栄養素が集まることで髪の毛を作り頭皮から生えてきます。

男性は、ビタミンB2・B6・亜鉛が不足している人が多いですし、女性はとくに葉酸や鉄分が不足することが多くあります。

亜鉛は毛髪を作る上で必要不可欠な栄養素です。

亜鉛が大きく減少してしまうと毛髪を作ることができなくなり「薄毛や若ハゲ」の原因になります。

つまり、ジャンクフードには上記に当てはまる栄養素がほとんど含まれていない為に、ジャンクフード中心の食生活をしていると徐々に栄養素が足りなくなっていくことから、髪の栄養素を運ぶことができなくなり「抜け毛」が始まり「若ハゲ」や「薄毛」の原因になります。

ビタミンやミネラルなどのアミノ酸は、魚介類・豚肉・鶏肉・大豆類・野菜類・味噌汁などに多く含まれているので、毎日の食卓にはいくつもの種類に分けた食事を摂ることが必要になります。

結果、毎日自宅で何気なく食べている食材には、上記の栄養素が含まれていることを知っておくと「若ハゲ」の予防に繋がります。

睡眠不足からホルモンバランスが乱れる

前述しました、「ストレスによる睡眠不足」や「慢性化した睡眠不足」と「一時的に睡眠時間が短い人」ではホルモンバランスにも違いがあります。

一時的に睡眠不足である人は、体を十分に休ませることで解決することが多く、ホルモンバランスに異常を起こすことは少ないです。

しかし、ストレスや慢性化した睡眠不足になっている人は、若者以上に年齢が高くなるほどホルモンバランスを崩すことが多くなります。

毛髪の成長に欠かせない睡眠時間は「最低でも6時間」はとることです。

睡眠が3時間~4時間で生活していると成長ホルモンが多く分泌されなくなります。

成長ホルモンは睡眠時間の中で多く分泌されて毛髪を作る役目を果たしていますから、最低でも6時間から7時間はとるように心がけましょう。

しかし、体の不調がないのに毎日10時間以上寝ている人も注意してください。

寝すぎも身体的に異常を起こすことがありますから、適度な睡眠時間を守って生活にリズムを作ることが大切です。

成長ホルモンは、脳から指令を受けることで下垂体の前葉と呼ばれるところから分泌されています。

下垂体は、分泌されたホルモンをコントロールしています。

下垂体の前葉から分泌されるホルモン
成長ホルモン 成長促進作用で身長を伸ばす
甲状腺刺激ホルモン 甲状腺機能を調節する
副腎皮質ホルモン 炎症や免疫機能を抑制する
性腺刺激ホルモン 男性では睾丸女性には卵巣の機能を調節する
ゴナドトロピン 性腺など生殖機能を刺激する
プロラクチン 乳腺を刺激して乳汁を分泌させます
下垂体の後葉から分泌されるホルモン
抗利尿ホルモン 腎臓にある水分の排泄を調整する
オキシトシン 分娩するときに子宮の収縮を促す働きをする

成長ホルモンは、脂肪の分解や血液にあるコレステロールを低下させる作用もあります。

脂肪が分解されないと血液の流れが悪くなり動脈硬化を起こします。

やがて心臓に負担がかかってしまい心筋梗塞や狭心症と言った病気になる可能性が高いので成長ホルモンは体にとっても重要な働きをしています。

%e6%88%90%e9%95%b7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%e8%87%aa%e8%a6%9a

上記にある成長ホルモンは、空腹時や睡眠のときに分泌されるホルモンです。

満腹時や睡眠が悪いと分泌をしなくなるので、睡眠時間が短ければ短いほど満足に成長ホルモンンを分泌することがなくなるのです。

*成長ホルモンの分泌は、睡眠時に比べて空腹時の分泌量は少量です。

成長ホルモンが出ていないと、「自覚症状」や「身体的な症状」が出ます。

成長ホルモンが出なくなると発汗しなくなっていくので皮膚に潤いがなくなってしまいカサカサになります。

ローションを使用して肌に塗っても潤いが治らない場合は、汗腺の異常又は成長ホルモンが出ていないことが原因になっていることもあります。

また、「お酒」や「ストレス」は成長ホルモンの分泌を阻害してしまう大きな問題があります。

・肝臓でアルコールの分解を続けると機能が低下することで成長ホルモンの分泌を阻害します。

・ストレスは睡眠不足を起こすことで成長ホルモンの分泌を阻害します。

両者共はとても深い関係にあります。

つまり、睡眠不足が長く続いているほどホルモンバランスを崩しやすくなり、ホルモンバランスが崩れることで成長ホルモンは分泌をしなくなります。

結果、毛髪を作る時に必要な「たんぱく質との合成をしなくなる」ことで薄毛の原因を作ってしまうからです。

睡眠時間を十分に取ることは、毛髪にとっても体の調子を整えることでもとても重要であることが理解できたかと思います。

ヘアカラーによって頭皮にダメージを与えたまま

ヘアカラーをファッションの一部として楽しむ若者は多くいます。

カラーリングで雰囲気を変えることができるので、女性にはとても人気がありますよね。

カラーリングをしている人はカラーリングをしていない人に比べると髪に負担を与えていますから、毛髪のケアを小まめにするだけではなく頭皮ケアも同時に行わないといけません。

頭皮にカラーリング剤が付くことによって頭皮にダメージを与えていることが多くかぶれのトラブルを起こすことが多くあります。

若い人にとってはかぶれを起こすことは少ないですが、20代後半から30代後半になっていくと今までの頭皮の皮膚状態から変化していますので「かぶれ」を起こしやすくなります。

また、パーマも同じことで年齢が高くなるにつれて頭皮に「湿疹・赤み・かぶれ・かゆみ」などが多くなっていくのでパーマやカラーリングを止める人が多くなるのも事実です。

☆ヘアカラーによる頭皮の影響

カラーリングは毛髪のケアだけで「頭皮ケアを忘れている」人は少なくありません。

しかし、カラーリング剤に含まれる「酸性の染料」は頭皮につくと肌に異常を起こす原因になります。

美容院でカラーリング、自分でカラーリング剤を使って染めている人がいます。

美容院でカラーリングをしている人は、美容師から毛髪を細くするのでカラーリングを変えるには2ヶ月以上経ってからカラーを行うように言われることが多いと思います。

しかし、数週間でカラーリングを変える人も少なくありませんし、自宅でカラーリングをしてしまう人もいます。

*現在のカラーリング剤は、今までよりも刺激は少なくなっていますが注意は必要です。

ヘアカラーを繰り返していると、頭皮のダメージは目に見えないので年齢が高くなると共に「かぶれ」の症状として出てくることが多いのも事実です。

美容院でも同じことで、カラーリングをした後で頭皮に炎症が起きることも。

美容師のカラーリングの仕方が悪いのではなく、何度もカラーリングを行っていることで自分の頭皮が弱くなっていることが考えられるからです。

自宅でカラーリングをしている人は、頭皮についたカラーリング剤がきれいに洗い流されていないことが原因で頭皮に「かぶれ」「かゆみ」「湿疹」「赤み」などのトラブルを起こしている人も多いです。

カラーリング剤には、酸性の染料「スルホン酸ナトリウム」が含まれています。

毛髪だけではなく毛髪の根元につける際、頭皮にもつくので刺激を与えるのです。

カラーリングを長い間続けていると毛髪は細くなっていきます。

カラーリングは細くなることを知っている人が多いので毛髪ばかりケアをするのでしょう。

頭皮は指や腕・足の皮膚ように強くない敏感な皮膚です。

酸性の染料が頭皮につくと皮膚が敏感に反応するので「かぶれ」の影響が出やすくなるのです。

カラーリングをすると毛髪ばかり気になる女性が多いですが、頭皮も同じようにケアを必要としています。

対策として必ずカラーリングをした後は、頭皮にも十分な栄養と保湿ケアを行うようにして下さい。

カラーリングは、頭皮ケアも十分に行うことが必須であると認識することが大切です。

カラーリング剤で使用されている成分に「ジアミン系」の染料が使われているものには、毒性が高く頭皮にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

カラーリングをする時は、「非ジアミン系」のカラーリング剤を選択すると頭皮の影響を少なくすることができます。

頭皮環境を改善することで発毛しやすい頭皮に

頭皮環境を整えることは簡単に行うことができますが、逆に言えば簡単に戻そうとするには毎日の頭皮ケアが必要になると言えるでしょう。

育毛剤や育毛シャンプーを利用することで、頭皮環境の改善をすると頭皮にも効果が現れます。

頭皮に合う育毛シャンプーや育毛剤を選択する方法

育毛シャンプー アミノ酸系 普通肌・乾燥肌・脂性肌から選択。

普通肌用がない場合は乾燥肌用を選択すると良いぞ。

育毛シャンプーと育毛剤の選択する時には、下記のような方法で選択すると良いでしょう。

ikumousyanpu-ikumouzai

A 育毛シャンプーを選択する前に、頭皮のタイプを知ることが大切です。

・自分の頭皮の状態で選択しましょう。

普通肌の人は乾燥肌のシャンプーでも合います。

B 頭皮のタイプがわかったら、育毛シャンプーを選択します。

アミノ酸系のシャンプーには種類が多くありますが、カユミやフケが多い人は専用のシャンプーを選択すると良いでしょう。

毛髪や頭皮を調整する時に使用すると良いでしょう。

また、脂性肌の人には「さっぱり感」が少ないので、石鹸素地系のシャンプーの方が合うかもしれません。

C 育毛剤の種類選択を行います。

基本的には、どちらの育毛剤にも栄養素や血行促進成分は含まれています。

しかし、通常の育毛剤よりも血行促進するための成分が多く含まれている育毛剤や栄養素を多く含んでいる育毛剤があります。

☆育毛シャンプーの働き役割

育毛シャンプーにも色々な種類が豊富に揃えられてきましたので、一概にどれが良いかは自分の頭皮や毛髪に合うことが必要になります。

育毛シャンプーの大きな役割は、頭皮や毛髪の乱れを整えることです。

例えば、フケやかゆみが多い人には頭皮が乾燥していることで起きている場合と常在菌が繁殖を始めていることが原因で起きている場合があります。

カユミとフケが多い人は「カユミ・フケ」専用の薬用育毛シャンプーを使用して頭皮の状態を整えることができます。

毛髪にハリやコシがない人には、毛髪の栄養成分を含んだ育毛シャンプーを使用していくと、髪の潤いを回復していきます。

つまり、自分の頭皮や毛髪のダメージに合わせることができるのが、育毛シャンプーの良さでもあり効果に期待が持てることでもあります。

育毛剤の働きや役割

育毛剤は頭皮の環境を整える成分が多く含まれています。

育毛シャンプーのあとの頭皮ケアには欠かせないもです。

血行促進成分や植物エキスを多く取り入れた成分で頭皮マッサージすることで、頭皮に潤いや栄養素を与え「抜けにくい毛髪を育てる」作用が育毛剤の重要な役割になります。

頭皮の血行が悪い人は血行を促進する成分が多く含まれている育毛剤を選択。

血行促進成分 唐辛子 センブリエキス 生姜エキス ニンニクエキス 他

頭皮に良い栄養素が多く含まれている成分

通常の植物エキス 6~10種類

多く含まれている植物エキス 10~20種類 海藻エキス 2種類

育毛剤の成分の中にも色々含まれています。

柑橘系の育毛剤は頭皮に良いので年齢に関係なくトラブルもほとんど少ないので使用することができるでしょう。

しかし、育毛剤だけではなく外用薬を使用すると「頭皮が乾燥している人」「頭皮が弱い人」など年齢が高い人も含み、血行促進成分が頭皮に「かゆみ・赤み・湿疹・かぶれ」を起こすことが多いです。

*医師から処方される外用の治療薬も、同じ症状がでることがありますので合わない人が多くいます。

「かゆみ・赤み・湿疹・かぶれ」は、刺激成分が血管を拡張する際に頭皮に影響を与えるためにでる症状です。

育毛剤は安いものではありませんから、期待して購入してもトラブルを起こしては何の意味にもなりません。

育毛剤を選択する時には成分をしっかり確かめた上で購入し使用するようにしましょう。

若ハゲは直ぐにハゲる訳ではないので、冷静な対応が肝心

若ハゲの原因は4つ

「若ハゲ」になる原因は、下記のようになります。

・ストレス

・睡眠不足

・食生活の偏り

・ヘアカラーによるダメージ

「体を動かして十分な酸素を体内に取り込む」ことは「ストレスを解消」させる手段ではとても重要なことです。

毛髪には栄養補給が必要!

ジャンクフードには、毛髪を作る栄養素がほとんど含まれていません。

下記のような毛髪を作ることに必要な栄養素を摂ることが大切ですので、食生活を見直す必要性があります。

食物に含まれている栄養素は、いつも何気なく食べている食材に多く含まれています。

例えば、髪の毛の生成に必要なビタミンやミネラルなどのアミノ酸は、魚介類・豚肉・鶏肉・大豆類・野菜類・味噌汁などに多く含まれています。

1つの食品で栄養を摂ろうとせず、いくつかの種類に分けた食事を摂ることが必要です。

最低でも6時間以上は睡眠をとる

睡眠不足からホルモンバランスが乱れると、「自覚症状」や「身体的な症状」が出ます。

毛髪の成長に欠かせない睡眠時間は「最低でも6時間はとること」が必要です。

睡眠時間が3時間~4時間と短い時間の睡眠で生活していると成長ホルモンの分泌が悪くなります。

成長ホルモンは睡眠時間の中で多く分泌されて毛髪を作る役目を果たしていますから、最低でも6時間から7時間はとるように心がけましょう。

ヘアカラー後は頭皮を保湿してあげること

ヘアカラー後、毛髪のケアだけで頭皮ケアをしない人がいます。

カラーリングを長い間続けていると、カラーリング剤に含まれる「酸性の染料」が頭皮につくと肌に「かぶれ」を起こす原因に。

しっかりシャワーで洗い流したつもりでも、しっかり洗い流せていないこともあります。

カラーリングをした後は、頭皮のローションやケア製品を利用して栄養素や潤いを与える必要があることを忘れず行うようにしましょう。

肌に適した育毛シャンプー・育毛剤を使って頭皮環境を改善

育毛シャンプーや育毛剤には、頭皮の肌に合うものを使用しましょう。

頭皮の状態「乾燥肌・普通肌・脂性肌」の3つの頭皮タイプで育毛シャンプーは作られています。

また、毛髪のダメージ「パーマ・カラーでのダメージ」「枝毛・切れ毛」の状態によっても育毛シャンプーの種類が揃えられています。

毛髪や頭皮タイプに合わせることで、育毛シャンプーの効果は現れます。

育毛剤も同じように、頭皮の血行や栄養素を補給することで、より毛髪を強く育毛することができます。

つまり、育毛シャンプーや育毛剤を使用すると、頭皮環境を整えられるので毛髪サイクルを安定させることができますから、より早く「若ハゲ」を回復・予防ができます。

育毛剤の使用も良いですが、血行促進の成分が、頭皮に「赤み・湿疹・かぶれ」を起こすことがありますので、成分をよく確認してから使用するようにしましょう。

10代から20代の若者にとっては、まだ深刻になるような「薄毛やハゲ」まで進行しない人がほとんどですから、あまり心配する必要はありません。

しかし、「昼と夜」反対の生活環境を送っている人やジャンクフード中心の食生活リズムは、30代から40代へと徐々に蓄積されていくことを忘れないでください。

20代から30代にかけて栄養素不足してホルモンの分泌が悪いままの状態が続いていると、40代では栄養素がさらに減ります。

年齢を重ねるとホルモンバランスが崩れやすくもなるので、一気に脱毛症状が現れて「ハゲ」てしまう危険性があります。


生活環境や食生活が乱れている人は、今のうちに改善しておかないと後から苦労するぞ!

普段の食生活では、「野菜類・肉類・魚介類・果物類」を平均して摂るように心がけておいてくれ。

生活環境では、寝不足になるとホルモンバランスが乱れてしまう。

最低6時間の睡眠をとるようにしよう!