急な抜け毛は生活習慣とアレルギーの可能性!

いつもは気にならなかった抜け毛なのに、近ごろ気になるほど抜け毛を感じてしまったら、手っ取り早く専門の皮膚科やクリニックへ直行すれば抜け毛の解決法は早く見つかるでしょう。

しかし、病院やクリニックに頼らずに自分で抜け毛対策をして解決できるなら、それに越したことはありませんよね。

抜け毛の原因は、生活習慣やアレルギーと結びついている可能性も秘めているのです。
抜け毛対策をする上で一番多い対策方法といえば、ヘアケア製品の利用が一般的でしょう。

抜け毛対策で利用する頻度が多いもの

・育毛剤
・育毛シャンプー
・頭皮マッサージ
・ヘアケア製品(各オイル系・コンディショナー)

などを使用しながら頭皮や毛髪の経過を見る人がほとんどだと思います。

対策をしても抜け毛が続くようであれば、自己対策をする上では戸惑うことになるでしょう。

もしも、生活習慣の異変で抜け毛を引き起こしていたとすれば、頭皮のヘアケア製品だけに頼っていても回復しない場合があることを知ることが大切です。

抜け毛対策をする前には、生活習慣の中で何か異変が起こっていないか確認することも、抜け毛対策をする上では重要になるのです。

今回は、抜け毛を感じた時に生活習慣を確認する項目や、抜け毛対策の中でも「対処できること・対処できないこと」を区別しながら解説したいと思います。

抜け毛が増加!それは身体的に異常のサイン

みなさんも経験したことがあると思いますが、季節的に抜け毛が多くなる時期がありますよね。

個人により抜け毛の量も違いますが、夏場の終わり頃から秋口にかけて起こるものです。

それ以外の季節で一番気になる抜け毛は、季節に関係なく抜け毛の量が増えてくることだと思います。

・枕につく毛髪の量
・ブラシで整髪するたびに抜ける毛髪の量
・毎日の洗髪時に見られる抜け毛の量

毛髪を触った時に感じるツヤ・コシの違いや何か異変を感じながら日々を過ごしている期間は、抜け毛の注意信号だけではなく、AGAの前兆や他の原因が発生して抜け毛を引き起こしている警告信号に変わっている場合もあります。

抜け毛の原因を早く探し出すことができれば回復力も早く安心できるでしょう。

しかし、抜け毛の原因が一つだけとは限らず数多く重なり合う症状もあることから、抜け毛の原因になる要素を一つ一つチェックする必要があります。

生活習慣の中には、数多くの抜け毛に結び付く原因があることは知っていましたか?

下記には、生活習慣の中に隠れている抜け毛を引き起こす原因の中で、特に注意しておきたいものを5つ取り上げています。

生活習慣に隠されている抜け毛の原因

1栄養不足食生活の偏り(カロリー・ビタミンなどの栄養素)
2睡眠不足生活リズムの崩れや偏り(睡眠不足・不規則な生活習慣・就寝前のスマホやTV)
3免疫機能の低下アレルギーによる症状
(アレルギー性鼻炎・花粉症・アトピー性皮膚炎など)
4血流の循環が悪い運動不足(デスクワーク・在宅ワークが多い人など)
5ホルモンバランスに異常ストレスによる精神的な不安(不眠・寝つき・寝起きが悪い)

上記のような状況や症状が長く続いていると、免疫機能を低下させホルモンバランスを乱し頭皮だけでなく身体まで異常を起こすことがあるのです。

1・2・4に原因がある人は、食生活から運動・睡眠を改善していくと抜け毛予防に結び付く可能性があります。

しかし、3・5の項目では、自己対策だけでは難しいです。

それほど意識していなくても検査をしてみると深刻な症状になっている場合もありますから、長期間続いている人や一時的に強い症状が出ている人は、一度専門のクリニックや病院で受診することをお勧めします。

アレルギー症状や精神的な不眠は、軽度の症状であれば市販薬などで解決することができるものです。

しかし、一時的に強く出る症状や長期間継続している場合・不眠が慢性化していると免疫機能が低下している場合が多くあります。

*不眠症と免疫機能の低下は、抜け毛を引き起こす原因になることがあるのです。

生活習慣や環境の変化で抜け毛を引き起こすことがある

◆自己対策だけでは解決できないこと

抜け毛対策で解決できない症状

A) AGA(男性型脱毛症)の可能性があるとき

B) アレルギーや身体的な免疫機能の低下を起しているとき

C) 精神的不安(ストレス性)によるホルモンの分泌異常や睡眠障害を起しているとき
上記の原因は、生活習慣を改善するだけでは解決できないといえる症状です。

★上記症状を取り扱う病院やクリニック

A) AGAクリニック・AGAを取り扱う皮膚科・泌尿器科

B) 皮膚科(脂漏性皮膚炎・円形脱毛症・湿疹・カユミ)・耳鼻科(アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎)

C) 精神内科・心療内科・睡眠科・睡眠センター(不眠・眠りが浅い)

上記の症状が抜け毛の原因であると、育毛剤や育毛シャンプーなどのヘアケア製品では解決できないばかりか、生活習慣の改善をしても抜け毛対策が難しい症状なのです。

できるだけ早く専門のクリニックや病院で受診するようお勧めします。
*睡眠不足が一時的なものであれば、市販薬を服用すれば自然に回復するので問題ありません。
*アレルギーも同様のことで、半年以上続いている人は注意する必要があります。

◆長期間アレルギーを持っている人

アレルギーの自覚症状が少ない人も多いので、下記の症状が当てはまる人はアレルギーを疑ってみることも大切です。

・皮膚乾燥(腕・足・頭皮)
・カユミ(顔・背中・腕・足)
・体に湿疹が良くでる人や既にある人
・花粉症以外にも鼻水やくしゃみ・鼻づまりを起こしやすい人

抜け毛を引き起こす原因が「アレルギー」と関連している場合があります。

アトピー性以外のアレルギー:アレルギー性鼻炎・ハウスダストによるアレルギーなど

受診する前には、いつ頃から症状が始まったのか振り返り確認しておくことが必要です。

アレルギー症状がひどくなった時だけ市販薬で対処してきた人も、一度皮膚科や耳鼻科などで受診する方が良いでしょう。

慢性化は、免疫機能を低下させている可能性が高いので抜け毛を引き起こしている関連性が高く、アレルギーと同時に免疫機能が低下したことで脂漏性皮膚炎を引き起こす場合もあるぞ。

脂漏性皮膚炎は、頭皮だけではなく鼻のまわりに湿疹がでることもあり、皮膚科で受診するとすぐに判明する症状だ。

結構重要なことだから、抜け毛対策の一つとして確認する必要があるぞ!

(但し、アレルギーを持っているからといって、全ての人が抜け毛の原因になるとは限りません。あくまで可能性があるものの一つとして取り上げています)

あなたの抜け毛の量はどれくらい?

毛髪が生え変わる時期と重なり抜け毛の量が増えることもありますが、少なからず1年中抜け毛はあるものです。

抜け毛の量が異変と感じるには「枕につく毛髪量」や「ブラシに残る毛髪量」でも確認することができますが、洗髪時に抜ける毛髪量はとても分かりやすく確認することができます。

洗髪時にお風呂の排水皿に溜まる毛髪量で異常を確認する

*洗髪時に抜けるときの毛髪量のイメージで、わかりやすく毛髪量を黒く塗っています。

・正常範囲の抜け毛の毛髪量

画像の黒い部分のように毛髪量が少しある程度かほとんどない状態が通常です。

上の画像のような状態であれば問題ない量ですが、洗髪のたびに抜け毛がある人は注意する必要があります。

*個人の毛量によって抜け毛の量が若干異なる場合もあります。

・注意が必要な抜け毛の毛髪量

排水皿に溜まった毛髪量が見た目でわかるような状態が1週間以上続くようであれば、抜け毛対策を始めながら注意して経過を見る必要があります。

*同時に枕にも抜け毛が目立つようであれば、AGAの前兆の可能性がありますのでAGAクリニックで受診されるようお勧めします。

・何か異常が起きている毛髪量

明らかに排水皿に毛髪の量が増えている状態は、AGAの可能性も高く他の原因で抜け毛が進行していることが考えられます。

毎回、シャンプーした手に毛髪が多くついたり洗髪するたびに大量の抜け毛が溜まったりします。

夏場から秋口にかけて起こる抜け毛の量と同じくらいなので、同時期に起こると発見が遅くなることがあります。
*専門のAGAクリニックや皮膚科などで受診するようお勧めします。

排水皿に溜まった毛髪量で正常値を図ることができますが、毎日頭皮の状態を鏡などで確認することも重要です。

頭皮に赤みがありカユミや湿疹がある人は炎症の可能性が高いぞい。

フケが多く出るような人では脂漏性皮膚炎の可能性が高いと考えられるから、頭皮や毛髪の状況にあった専門医に相談することが求められる。

生活習慣から抜け毛を減らす

抜け毛の原因は生活習慣の中にある「食生活・睡眠・ストレス・アレルギー」などの変化で起こることがあります。

生活習慣からくる抜け毛の原因
図2

なぜ、生活習慣が抜け毛の原因になることもあるのか

抜け毛の原因をいくつも蓄積させてしまうと、抜け毛が増える可能性が高いです。

抜け毛対策や頭皮ケアに必要な「育毛剤・育毛シャンプー・頭皮マッサージ」の効果を出すためには、生活習慣の改善を同時に行うことが最大のポイントでもあるります。

つまり、「毛髪の元になる栄養素」ができていなければ育毛剤や育毛シャンプーばかりに頼っていても育毛効果は出ないのです。

生活習慣の改善こそが抜け毛を予防し頭皮や毛髪の健康を守ることができるといえるのです。

☆毛髪に必要な栄養素と代表的な食材

ビタミンB6を多く含む食材

イワシ・サンマ・サケ・マグロなどの魚類に多く含まれています

ビタミンB2を多く含む食材

レバー・卵・チーズなどの乳製品
特にレバーや鳥のハツ(心臓)に多く含まれています

亜鉛を多く含む食材

牡蠣などの貝類・レバー・海苔・ウナギ・モモ肉・干しエビ
アーモンド・カシューナッツなどのナッツ類

野菜や果物に含まれるビタミンCを同時に摂るようにすると、毛髪の栄養素を作りやすくなります。

植物性たんぱく質を多く含む食材

納豆・豆腐などの大豆類
油揚げ・ごま・湯葉・きな粉
亜鉛を含むナッツ類も多く含まれています

イソフラボンと唐辛子(カプサイシン)を同時に摂ることで、毛髪を生成する成長因子の産生に関連します。

・栄養豊富な緑黄色野菜

ビタミンE・ビタミンB1 ビタミンA

モロヘイヤ・カボチャ・大根・しそ・バジル・パセリ・グリーンピース・ニンジン

ビタミンC

ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ・赤・黄色ピーマン・ニンジン

ビタミンK

小松菜・ニラ・カイワレ大根・ほうれん草

葉酸

ほうれん草・枝豆・アスパラガス

生活習慣別に分けた改善点

1.食生活の改善

食生活の偏りは血流を鈍くしてしまい高血圧や栄養素不足を引き起こします。

偏った食生活が続いていると抜け毛につながり薄毛になる原因を持っています。

実際、薄毛の治療薬や発毛剤として使用されているのは血圧を下げる薬からきているものです。

高血圧が原因で抜け毛がある人は、この治療薬で血圧を下げてあげれば毛髪が生えてくると言えます。

高血圧や栄養不足にならない為には、動物性たんぱく質を含む肉類を多く摂る人は控え、カロリーの高いものや脂物・甘い物を多く摂る人は、全く止めるのではなく標準のカロリーに控えるようにしましょう。

乳製品や魚などの食材を摂っていると、L‐トリプトファンという物質を摂ることができセロトニンや睡眠に関係するメラトニンの元を作ることにつながります。

・セロトニンは精神的な作用として爽快な気分にさせる働きを持ちます。
・メラトニンは眠りを促す働きを持ちます。

結果的には高血圧予防や健康維持にもつながります。

寝酒・たばこは血管を収縮させるだけでなく血流を悪くします。

食材を改善することで爽快感や眠りの元も一緒に作りだし毛髪を作る栄養素だけではないので、身体的効果も一度に改善できる有効な方法なのです。

結果的に生活習慣のリズムが作れるようになります。

2.生活リズムの崩れからくる睡眠不足の改善

生活リズムの崩れと睡眠不足は深い関係性があり、どちらが不足しても抜け毛につながることがあります。

生活リズム

仕事の関係で夜型になる人も多くいます。

しかし、朝型・夜型に関係なく起床時間から就寝時間まで、一定のリズムを作ることが深い睡眠をとることにつながります。

つまり、熟睡することができれば朝・夜に関係なく成長ホルモンの分泌を促進することができるのです。

睡眠不足

就寝前のスマホゲームやSNS・TVは、脳を強く刺激しますから寝つきが悪くなります。

寝付く時間が遅れると睡眠時間が十分に取れないばかりか、熟睡モードに入りにくく眠りが浅くなるため成長ホルモンの分泌を少なくします。

就寝時間の1時間前には見ないようにすることが必要です。

睡眠時間は個人によって違いがありますが、5時間で目覚めが良い人もいれば8時間で目覚めが良い人もいます。

通常、睡眠時間は6時間が適正時間として認識されています。

3.運動不足の改善

運動量が足りない人は多くいますが、通勤している人は駅や会社までの距離をいつもより早く息がはずむ程度で歩くだけでも運動になります。

無理な早歩きは体調を崩すことにつながりますから徐々に慣らしながら歩くと良いでしょう。

できれば、休日や空いた時間で身体を伸ばす柔軟や軽いジョギング(20分程度)を行うと効果的です。

生活習慣の中で最も簡単に取り組みやすいのが、食生活の改善なんだなあ。

薄毛改善に特化している特別な食材は何もないけど「和食」を中心に摂ることが望ましい。

しっかり運動もすることで、血流も改善することができるからちゃんとやらなきゃなあ。

頭皮ケアで頭皮を正常な状態へ

頭皮ケアで重要なことは、育毛剤や育毛シャンプーの利用も大切なことですが、シャワーの湯量を41℃までの温度で抑えやさしく洗髪することが最も大切なことです。

本来の頭皮や毛髪の働きは、育毛剤や育毛シャンプーを使用しなくても自然に頭皮や毛髪に膜をはり守る働きがあるように、皮脂の分泌量も一定に保たれているからです。

しかし、整髪料を使用し汗をかくと皮脂の分泌が多くなるので、頭皮にこびりつくと通常のシャワーだけではうまく洗い流すことができなくなります。

そこで、シャンプーを利用して頭皮や毛髪の汚れだけをきれいに浮かして洗い流すことができ、洗髪後には、傷んだ毛髪や乾かした頭皮に育毛剤やコンデショナーでケアしてあげると、頭皮環境が潤い頭皮や毛髪が受ける紫外線やほこりから守ることができるのです。

頭皮や毛髪のトラブルは年々増えています。

開発された育毛シャンプーや育毛剤の働きは、頭皮や毛髪を守る成分が多いため必要とされていますが、逆に考えてみると育毛シャンプーや育毛剤を過剰に使用するとどうでしょう。

たちまち頭皮トラブルの原因を作るように、頭皮マッサージが良いといっても過剰にすると、頭皮トラブルの原因を作ってしまいます。

なぜかというと、早く毛髪を回復させたい焦りが「使用量や回数を増やせば毛髪の回復も早くなるだろう」という安易な考えで行う行為が、頭皮や毛髪をさらに悪化させてしまう逆効果をうむ結果になるのです。

結局、何が正しい頭皮ケアなのかわからなくなる対策をしてしまうことが、むしろ一番避けなければいけない頭皮や毛髪のヘアケア対策だといえるのです。

◆頭皮ケアで大切なこと

・育毛シャンプーや育毛剤は規定の使用量に従って利用すること

・暴飲暴食・カロリーや脂ものを控えた食生活をすること

・タバコ・寝酒は量に限らず控えること

・自分にあった一定の睡眠時間をとり生活リズムをつくること

育毛剤や育毛シャンプーだけが頭皮ケアではなく、身体の健康を考えることが抜け毛予防には最も重要になるのです。

すべてのケアが整うことで育毛シャンプーや育毛剤・頭皮マッサージやサプリメントの効果に期待が持てるようになるといえるのです。

今まで、みなさんが行ってきた認識とは逆の方法を取ることも毛髪や頭皮には必要になるときもあるのです。

抜け毛軽減のためのポイント!

抜け毛の軽減対策は「育毛剤や育毛シャンプー頭皮マッサージ」だけでは解決できないこともある内容が理解できたでしょうか。

抜け毛が起こる原因で考えられること

・ストレスがホルモンバランスを崩し異常を起こす原因になることがある

・食生活のバランスが崩れると栄養素不足や血圧に異変を起こす原因になることがある

・アレルギーを引き起こしていることが免疫機能の低下につながり原因になることがある

・睡眠不足がホルモンの分泌を悪くしていることが発毛を遅らせ原因をつくることがある

・運動不足が血流を悪くして循環機能を低下させて十分な栄養素が毛母細胞まで送られないことが原因になることがある

生活習慣の中だけでも、抜け毛に関係する症状を知ることができれば、一つ一つ解決に向けた対策がとれることにつながります。

自分で抜け毛対策ができないこと

AGA(男性型脱毛症)・アレルギー性を持つ症状・精神的な症状が深い場合、自分で抜け毛対策するのは難しくなります。

必ず、専門のクリックや病院で受診するようお勧めします。

一例をあげると、何らかの原因でホルモンバランスを崩していて、アレルギー症状もあるような2つ以上複合して抜け毛の症状が出ている場合もあります。

また、AGAと診断されて長期間アレルギーを持っている人は、アレルギーの治療もすることがあります。

色々なパターンが重なって起こる抜け毛の症状でも治療可能な症状は多いので、医師の治療を受けたときは、焦らず医師の指示に従い毎日続けることが重要であることを忘れずに行いましょう。

自分で抜け毛対策ができること

食生活と睡眠の改善は慢性化していない場合や、身体的な異常がなければ自分で改善することが可能です。

ただ、身についた生活習慣を一度に変化させるには、とても大変で難しいので食生活の偏りが多い人は、標準カロリーの食事を摂りながら和食中心の食材を多く取り入れていくと良いでしょう。

食生活の改善

日々のカロリーや脂物を減らすことから始めましょう。

・品名や食材名がわかれば、リストを作って食べないようにする
・和食の食材をリスト化にしておく
・タバコを吸う人は本数を減らして控えるようにする
・お酒も同様控えるようにする

睡眠時間も同じように、まずは一定の就寝時間を設定しましょう。

就寝時間が決まれば、その1時間前の行動を制限する所から始めてみましょう。

睡眠の改善

・就寝時間を一定時間に定める(起床時間からさかのぼって5~7時間までの間に設定する)
就寝1時間前に制限する行動

・就寝時間前の食事や寝酒は控える

・就寝時間前のスマホ・TV・SNSを見るのは控える


食生活も睡眠・運動も簡単な所から始めてみてくれよな!

紹介した中だけでも、変更することができれば身体的にも精神的にも楽になっていくはずだぜ。

毎日の抜け毛の量がよっぽど多いと感じたら、何らかの異常のサインだから放っておくのは厳禁だぜ!

この記事の関連記事