頭皮の色や弾力でわかる頭皮の健康度チェック

005

毎日、「洗髪さえしておけばぐんぐん毛髪が生え変わるのは当たり前なのだから」

頭皮の健康度なんて関係ないよ!と思っている人は、今後気を付けてくださいね。

年齢が30~40~50代と進むにつれて、体内の栄養素が老化を進めて激減していきます。

栄養素がなくなってくると頭皮環境もガラッと変わっていきます。

頭皮の栄養素が少ないと下記のような症状がでることがあります。

・頭皮が乾燥する

・白髪が増えてきた

・毛髪が縮れてきた

・毛髪が細くなってきた

なんてことになってしまいますから、栄養素は十分に取ることが大切になります!

最近、下記のような症状が現れている人はいませんか?

頭皮の症状

・頭皮の臭いが気になるようになった
・頭皮がベタベタしているような感じがする
・フケがでるようになった
・カユミが出ることが多くなった
・デキモノができることが多くなった
・頭皮の色が変わったような気がする

などの症状があると、頭皮の健康状態が悪くなってきています。

上記のような症状があれば、

「常在菌や雑菌の繁殖」
「乾燥による水分不足」
「血行不良を引き起こすストレス」

などが原因にあげられる症状です。

健康な頭皮状態

・頭皮の色は青白い
・頭皮を押したときに弾力がある

*毛根がしっかりしていて血流が安定している状態を保っている状態です。ことが正常の頭皮と言えるでしょう。

*毛髪の「しなやかさ」「艶やかさ」があります。

健康な状態に回復させるためには、育毛剤やシャンプーを使用し頭皮マッサージ・頭皮デトックスなどを行い毛穴の詰まった汚れを取り栄養分の補給と血行を促進することで回復させていきます。

また、生活習慣や食生活などが原因になっていることが多いですから、同時に改善をすると効果的です。

症状に応じた対処法で体内や体外に施すことで、頭皮の色や弾力が改善され健康な状態に戻していきます。

頭皮を回復させる方法は、大きく分けて2つの方法を用いて治します。

・「頭皮の症状に応じた育毛剤・外用薬を使って治す」
・「育毛サプリ・内服薬を服用して体の中から治す」

内服薬と外用薬の両方を行う方法や、どちらか一方の方法でも回復することがあります。

また、症状が複合して起きているときには、ステロイド剤などの塗薬で湿疹やデキモノを治してから、育毛剤を使用する場合もあります。

今回は、頭皮の色や弾力でもわかる頭皮の健康度を解説したいと思います。

健康な頭皮と不健康な頭皮の違い

頭皮環境が悪い時の特徴は、下記のような頭皮になっていることです。

・頭皮の色が薄赤い色・黄色っぽい色になっている
・頭皮の色が薄茶色になっている
・デキモノや湿疹がある
・カユミがありフケがよく出る
・毛髪の根元のまわりに皮脂などの汚れがついている
・頭皮を押しても弾力性がなくなっている
・毛髪にツヤ・ハリ・コシがなくなっている

などの場合は頭皮に異常がある注意信号です。

頭皮が良い状態の時

・頭皮の色が青白い
・頭皮を押すと弾力がある
・毛髪にハリ・コシ・ツヤがある

などの場合は、頭皮の健康状態が保たれていると言えるでしょう。

自分の頭皮の状態をチェック!

頭皮のチェックをする時には、頭頂部の中心あたりの頭皮の色を見てください。

・健康な状態であれば、青白い色で弾力がある頭皮をしています。

但し、下記のようになっている頭皮の色である場合は、注意信号や警告状態になっていますので、直ちに治療が必要になる症状もあります。

頭皮の状況 原因
・薄いピンク色になっている 保湿不足による乾燥・血行不良
・薄く赤い色をしたところがある 炎症を起こしている
・薄茶色をしている 血行不良・栄養や酸素不足・老廃物が溜まったまま毛穴を塞いでいる
・黄色っぽい色をしている 血行不良を起こし皮脂が詰まっている
・毛根のまわりが赤くなっている 毛根の古くなった角質や皮脂が取れずに毛根のまわりで炎症を起こしている
・カユミがあり湿疹やデキモノがある 毛根の細菌が繁殖している場合やカビ菌が影響している

などの場合は、全て頭皮環境が悪い状態です。

「こぶし」を握った時にわかる3つの頭皮状態

頭皮の健康状態がわかる簡単なチェック方法

kobushi

部分は、軽く押さえる場所を示しています。

悪い:頭皮と骨の間に弾力がなく固くなっている状態

早く頭皮対策をする必要があります

注意:若干弾力があるが固くなる恐れがある

今後、進行する恐れがある状態

*保湿ケアをする必要があります

健康:頭皮状態が良好で弾力がある状態

上記の「こぶし」画像のように、頭皮と同じような弾力を3つの部分の固さで頭皮状態を現しています。

*こぶしの肌の固さが頭皮の状態に似ているところから、こぶしの甲の部分の3か所を指で押して健康状態を確認できる方法です。

頭皮が荒れてしまう原因

頭皮は、少しでも爪で引っかいてしまうと傷になり、化膿してデキモノができてしまうことがあります。

頭皮が荒れると菌が入りやすくなり、すぐに回復しないばかりか長期間フケやカユミに悩まされる

場合もありますから、頭皮環境を清潔にして整えておく必要があります。

毎朝、洗顔をしなかったりすると、デキモノやカユミがでるように、頭皮も同じように、しっかり洗髪しないとカユミや湿疹の元になる症状が出てきます。

頭皮トラブルでよく言われていることですが、生活習慣(寝不足)や食生活(偏った食事)の乱れから頭皮乾燥や血行不良を起こし頭皮が荒れることもあれば、精神的なストレスを溜め込むとホルモンの分泌異常を起こしフケを発生させることで、脱毛症の原因を引き起こして頭皮を荒らすこともあります。

原     因

食生活 :栄養分が偏る・カロリー・暴飲・暴食
ストレス:自然に溜め込んでいることが多い・やる気が出ない・動きたくない
生活習慣:丁寧に洗髪をしない・寝つきが悪い・体がだるい
運動不足:仕事以外の運動はしたことがない・少しでも動くと心臓がどきどきする

初期段階であれば、市販されている育毛剤や頭皮のケア製品で対処すると解決することができます。

しかし、「これくらいだったら自然にすぐに治る!」などと言って放っておくと抜け毛が止まらなくなり、危険な状態を引き起こすことになりますから注意が必要です。

発症した年齢が30代40代と高くなるほど乾燥や栄養素不足が多く、何らかの原因でホルモン異常を引き起こすことで複合して脱毛してしまう厄介なことになることもあります。

決して安易に考えないでください。

いくら毛髪が多いからといっても、頭皮状態が悪化すれば抜け毛が始まると1ヵ月もしないうちに地肌が見えるくらいの脱毛経験をする可能性があります。

頭皮はとてもデリケートに反応する肌質だと分かった時は、すでに頭皮が固くなっていてなかなか回復してこないのが現状です。

頭皮スパに行っても、頭皮の弾力性がないと発毛するのに相当時間がかかると聞きます。

また、美容院でも頭皮の弾力がない人には、頭皮マッサージの他にも頭皮の栄養分を摂るサプリメントなどを紹介してできるだけ固くならないように未然に防ぐ方法を伝えているのも、頭皮が固くなってしまうと回復に相当時間がかかることを知っているからです。

頭皮の色ばかりではなく、頭皮の弾力性がなくなると水分を奪われ保湿力が失われるために脱毛も早くなりますから、頭皮の弾力も同じように確認する必要性があると言うことです。

頭皮環境を良くするためには生活環境の改善

健康な頭皮を作りいつも同じように保つには、生活習慣・食生活を見直すことから始めてみましょう。

頭皮に弾力がない人は、保湿成分のあるローションやサプリメントを摂って体全体に栄養補給をすることも必要になるでしょう。

kankyoukaizen

食生活を変えてもすぐには変化が起きませんから、根気強く続けることが改善に結びついてきます。

生活環境の改善と言っても、すぐに実行できるものでなければ意味がありませんよね。

食生活の改善で言うと、カロリーや脂ものの食材を消去法で食べないようにすれば解決します。

例えば、串カツやとんかつなどが好きであれば、豚のしゃぶしゃぶに変えることで脂ものが減らせるということです。

何も肉を食べてはいけないと言っているわけではありませんから、調理法を変えれば良いわけです。

ジンギスカン料理やホルモン鍋などいくらでも食材や調理法を変えることで、脂ものの量はかなり減らせるでしょう。

また、野菜や大豆類・魚介類はすべてのビタミンやミネラルを多く含んでいるものですから、積極的に摂るようにして下さい。

ブロッコリー・枝豆・豆腐・納豆など他にも色々ありますが、身近にある食材で改善できます。

刺身でも焼き魚でも煮物でも全て日本食の原点になる食材は、体全体にも必要な食材ですので頭皮環境も整えることができます。

*日本食は体に良いものが多いことに気づきます。

★運動をすることを意識せず日常生活から自然と

何か目的を持った買い物だと時間をかけて行くように、自宅から20分の範囲内に買い物をする場所や本屋など何でも良いので、目的の場所へ行くことを計画します。

普段着のまま、何気に表に出て買い物に行くような姿で目的地まで歩くことだけで十分なのです。

20分歩くと汗ばみますから、運動の目的は達成します。

★頭皮にも深い関係があるのがストレス。

ストレスはホルモンに異常を知らせて過剰に皮脂を分泌させて防御作用を働かせます。

皮脂を餌にする常在菌は過剰に分泌し皮脂を食べ続けることで、異常繁殖し頭皮にカユミ・臭い・炎症などを引き起こします。

正常に戻すためには、育毛剤もありますがホルモンの異常を止める薬を服用することで分泌異常を抑えることができます。

しかし、自己判断で治そうとする人が多いため原因がわからないまま悪化してくことが多いのです。

カユミの原因は常在菌ですが、原因はストレスと関係していることもあると覚えておいてください。

★生活習慣の改善、睡眠不足の問題が多い。

仕事が絡めば、改善することが難しいというのが現状です。

しかし、熟睡するコツを覚えておけば短い時間でもゆっくり寝られた気分になりスッキリすることがあります。

睡眠不足は、睡眠時間に関係なく眠りが浅い時にも起こります。

・どれだけ寝ても眠たい

・疲れが取れない

・体が重だるい

などです。

肝臓が疲れているときも、上記と同じ症状がでますので注意が必要です。

・肝臓が炎症しているとき
・肝臓が肥大しているとき

1日寝ても全く疲れが取れないので体が重くだるい症状で食欲もなくなります。飲み過ぎや疲れが原因とされているものです。

このような症状を放っておくと、入院することになり医師から仕事を変更するように言われたりしますから、2週間以上同じ症状が続いているようでしたら、すぐに病院で検査してもらいましょう。

*軽い症状であれば点滴程度で特別な治療はありません。

*肝臓の炎症を抑える薬と安静が必要だと医師から告げられる程度ですが、悪化すると大変なことになりますので安易に考えないようにしましょう。

★寝る時にしてはいけないこと

・寝る前に冷たいものを飲まない(暖かいミルクが良い)
・考え事をしながら眠らない
・ラジオやテレビを聞きながら眠らない

などがあります。

★寝る前に行うと眠りやすくなる

・少し熱めのお湯につけたタオルを絞ってから目を温める

★寝床についた時に心臓がどきどきしたりイライラしたりするとき

・市販の漢方薬を服用する

服用してから3日~1週間ほどで眠りやすくなってきます。精神的なバランスが崩れているときに起こりやすいので、漢方薬が効果的です。

しかし、改善されないようであれば精神科・心療内科などで相談してください。

うつ症状に処方されることが多い薬ですが効果はあります。

以上、4つの項目を改善する方法を解説しましたが、難しく考えないでできるところから変更していけば、全体的にバランスが取れてきます。

表にして項目ごとに書いていくことから始めてみると良いでしょう。

シャンプー・育毛剤によるヘアケアから改善

育毛剤・ヘアケア製品・シャンプーの種類にも色々あると思います。

一般に市販されているシャンプーの中でも「育毛シャンプー」「一般のシャンプー」に分けられると思います。

一般によく見られるシャンプーの成分

・洗浄力

・毛髪の保湿成分

高級オイルを配合したもの・ハーブ系を多く取り入れたもの・毛穴の汚れを取ることを中心とした成分で構成されており、価格帯も安いものから高価なものまで色々取り揃えられています。を中心にした成分と長期保存ができる物質が配合されています。

毛髪や頭皮の洗浄力もありますが保湿を中心に構成されていることが多いので、育毛シャンプーに比べると劣ります。

*育毛シャンプーは、配合されている有効成分の種類や量にも大きな違いがあります。

通常、頭皮に問題がないのであれば、毛髪に合わせた保湿力や香りなどでシャンプーを選択することでも良いでしょう。

しかし、「頭皮の色が変わった」「カユミや赤み」「湿疹やデキモノ」など頭皮トラブルを抱えた場合は、通常のシャンプーを使用すると洗浄力が強い界面活性剤や防腐剤などが含まれていますので、症状を悪化させることがあります。

洗浄力が強い界面活性剤:ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na
防腐剤:シャンプーの成分を腐らせない為に含まれる物質
成分 :メチルパラペン・ソルビン酸K・エタノール系
副作用:カユミやアレルギー

シリコンが配合されている場合でも、同じ症状が起こる人が多くいます。

頭皮トラブルに対応ができて頭皮環境を整えることができるシャンプーは、育毛シャンプーになります。

荒れた頭皮の症状を回復させる成分を多く配合しているので頭皮環境が整いやすくなります。

一般のシャンプーより育毛シャンプーの価格が高いのは、配合されている成分量の違いがあるからです。

育毛シャンプーを使うとしても、種類がたくさんあります。

育毛シャンプーの中には、アミノ酸系のシャンプーの種類が多くあります。

最も良い育毛シャンプーとしてあげられているので、アミノ酸系のシャンプーと石鹸系のシャンプーで解説します。

アミノ酸の種類
アルギニン・アラニン・グリシン・グルタミン酸・セリン・チロシン・スレオニン
アスパラギン酸・システイン・リジン・フェニルアラニン・ロイシン・メチオニン・トリプトファン

などがあります。

アミノ酸育毛シャンプーには、上記の種類をいくつか組み合わせて配合されています。

アミノ酸系の育毛シャンプーを選択する時は、頭皮の状態に分けて選択すると良いでしょう。

脂性肌

普通肌

乾燥肌

頭皮がベタベタする人

洗い上がりがスッキリします

通常何も異常がない場合

しっとり仕上がります

頭皮が乾燥している人

しっとり仕上がります

脂漏性皮膚炎・粃糠性脱毛症 円形脱毛症・AGA(男性型脱毛症) 円形脱毛症・AGA(男性型脱毛症)

石鹸シャンプーを選択するメリット

頭皮の皮脂が多い人・頭皮が敏感でアミノ酸成分が弱い人などに有効的です。
アミノ酸系のシャンプーと同じように頭皮の汚れや皮脂を取り除きます。

頭皮の汚れをとることを目的としていますから、必要以上の頭皮膜は取りません。

肌に敏感な赤ちゃんから使用できるシャンプーです。

シンプルに頭皮をさっぱり仕上げ育毛剤の浸透性をよくします。

アミノ酸系のシャンプーが合わなかった人など変更することあるシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーが合わない人の多くは、洗い上がりを意識するあまり頭皮に合わない人が多いのかもしれません。

*但し、毛髪がアルカリ性の成分なのでパサパサになります。

リンスなどで弱酸性~中性に戻す必要があります。

「育毛シャンプーで、本当に発毛するの?」

上記のタイトルに似たようなHPを見かけたことはありませんか?

育毛シャンプーは、頭皮を発毛しやすいように環境を整える作用を持つものです。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えてあげるだけで発毛することが多いのは、10代・20代の年齢の人です。

理由
・頭皮が若い頭皮肌であるため栄養素が頭皮や毛根のまわりに多く含まれていること
・頭皮乾燥を起こしにくいので頭皮が柔らかいこと

などが最も大きな理由となり回復しやすい頭皮環境であると言うことです。

食生活や生活習慣の乱れで良く起きることは、過剰に皮脂の分泌が多くなります。

生活リズムや食事の偏りが原因でバランスを崩しやすく回復するには相当時間がかかるのが通常です。

しかし、10代20代だと上記の理由から回復しやすい頭皮年齢であることです。

結果、育毛シャンプーで発毛したというのは、基本的には弾力性があり栄養素が十分蓄積されている年齢であるため、育毛シャンプーだけでも発毛しやすいのです。

毎日、育毛シャンプーを繰り返すだけで育毛成分が皮脂の分泌を調整し血行を促進させた結果、発毛したということになります。

*もちろん、10代・20代でも例外はありますから、育毛剤を併用することもあります。

しかし、30代40代50代の年齢の人では老化も原因の一つになりますが、頭皮環境を整えるには育毛シャンプーだけでは栄養分や保湿成分が足りないので、発毛に至ることが少ないことから育毛剤を使用することになるのです。

30代から50代の年齢で育毛剤が必要になるのは「栄養分や保湿成分が奪われていることから始まる場合」と「ホルモンの異常から起きる場合」の2つが主な原因になります。

症状としては、

・食生活の乱れや偏りが多いことで血液中の脂分が多くなり血流が遅くなっている(飲酒・喫煙)
・ストレスなどでホルモンの分泌異常が起き皮脂の異常分泌を起こしフケや抜け毛を起こしている
・頭皮の栄養素が不足していることで毛髪が細くなり抜け毛になりやすくなっている
・毛穴の皮脂や古い角質が詰まって取れにくくなっていること
・頭皮の保湿成分が奪われ固くなり頭皮乾燥が起き血行が悪くなっていること

このような状態では、育毛剤や育毛サプリに加えて運動や食生活を改善しなければいけません。

栄養分の補給や血行促進作用を強めることで発毛させなければならないので頭皮環境だけではなく体全体に関係があると言うわけです。

自分に合うシャンプーに巡り合わない人も多くいます。

細かい成分ばかり言うと、何が良いかわからなくなりますから、まずはアミノ酸系のシャンプーを使用してみてから比べる方が良いでしょう。

育毛剤を使用するタイミングで一番おすすめするのが、外気温が高い時期(4月~11月)までの季節で入浴後に頭皮を乾かしてから行うタイミングが最も効率的で良いと言えるでしょう。

季節的(4月~11月)メリット

・頭皮が乾かしやすく早いこと

・頭皮が柔らかくできる時期であること

・毛穴が開きやすいので育毛剤の成分が浸透しやすいこと

・血行の回復が早いこと

・毛髪の成長が早いこと

などが数多くあげられます。

育毛剤の成分には、

「血行をよくする成分」+「炎症を抑える成分を多く含んでいる」
「血行をよくする成分」+「発毛を促進する成分を多く含んでいる」

もの2つに分けられるでしょう。

下記の表のように、頭皮の色や症状で育毛剤を選択することもできます。

頭皮の色や症状別で育毛剤を分ける

頭皮の色 薄いピンク色・黄色い色 薄茶色 特に変化なし
効果 血行不良の症状に良い 毛乳頭に働きかける AGA(男性型脱毛症)
毛穴の炎症を防止する 浸透力が早い
育毛剤

育毛薬

チャップアップ 薬用ポリピュアEX クリニック処方

プロペシア

ザ・ガーロ

有効成分 トラブルを解消する成分が中心 発毛力が中心 DHTを阻害する成分が中心

*育毛剤や育毛薬の特徴を示した一例です

育毛シャンプーを選ぶように育毛剤も症状により成分や効果が違うことがわかると思います。

育毛効果の違いが判らないまま、「人気がある育毛剤」というだけで購入しても効果が出ない原因になることがありますから、必ず症状に合った育毛剤を選択することだけは覚えておいた方が良いでしょう。

健康な頭皮の5つのポイント

健康な頭皮と不健康な頭皮の違いのポイント

頭皮が不健康な状態であると、色が変わっていたり乾いていたりすることです。

色が変わる原因は、血行不良・栄養素不足・炎症の3つが最も多い症状であることです。

健康な頭皮は「青白い色をしている」言い換えれば「白いキャンバスだ」ということです。

自分の頭皮の状態をチェックのポイント

頭頂部の中心からまわりを見てみましょう。

薄いピンク・薄い赤色・薄茶色などの色がついていたら頭皮状態が悪くなっています。

頭皮の弾力も軽く押して調べてみましょう。

上記のこぶしの画像にもあるように、柔らかく感じるようであれば健康状態は良いと判断できます。

もし固いと感じるようなことがあれば、健康状態は悪く頭皮に含まれる水分が不足しているのでローションや頭皮マッサージをして回復させる作業が必要になります。

頭皮が荒れてしまう原因のポイント

食生活の偏り・生活習慣の乱れ・運動不足・ストレスによるホルモンバランスの崩れにより、頭皮が荒れてしまう原因になることがあります。

症状 頭皮が荒れる原因 内  容
血行不良を引き起こし頭皮の色を変える 生活環境の乱れ ・睡眠不足によるもの
食生活の偏り ・栄養不足によるもの
頭皮の常在菌が異常に繁殖する 生活環境の乱れ ・毛穴の詰まりや湿疹などの炎症によるもの
ホルモンバランスを崩して皮脂が異常分泌する 生活環境の乱れ ・ストレス
皮脂の分泌異常が起きる 食生活の偏り ・脂分やカロリーの摂りすぎ

など荒れ方にも色々あります。

結果的には、「生活環境の乱れ」や「食生活の偏り」がネックになり頭皮が荒れる原因と言えるでしょう。

頭皮環境を良くするためには生活環境の改善のポイント

毎日しっかり食事を摂ることは人間の健康を維持する上で最も大切なことです。

食事の栄養バランスを保つようにしなければ、体にも頭皮にも異常が起きることになります。

頭皮環境を健康に保つ方法には、

1.食生活の改善(魚介類・野菜・大豆類・煮ものなどを中心した料理構成)

2.生活環境の改善(睡眠時間や睡眠がしっかりとれる対策をする)

3.運動をすること(リズム体操・水泳・ウォーキング・ストレッチなどを中心にする)

などを改善することで頭皮を守ることができます。

頭皮や毛髪を作る元になる植物性たんぱく質を摂り、ビタミンC・E・B群 亜鉛など必要になる有効成分を補充することによって育毛サイクルが正常に働くようになります。

育毛サイクルを効率よく活用させるには、運動をすることによって血液中の脂肪酸を燃焼させて血液をサラサラにして血液循環をよくすることで発毛を正常に行うことができます。

頭皮まで栄養素を運ぶときに血液がドロドロではどうすることもできませんから、栄養素ばかりを補給することは脂肪酸などが燃焼できないのでダメだということです。

シャンプー・育毛剤によるヘアケアから改善のポイント

一般のシャンプーも育毛シャンプーも育毛剤も頭皮の状態や症状によって分けられています。

一般のシャンプーと育毛シャンプーの大きな違いは、

・発毛を促進させる成分

・炎症を治す成分

・血行を促進する成分

などがタイプや症状によって薬用成分が配合されています。

しかし、一般のシャンプーには上記のような薬用成分はほとんど配合されていない所が大きいな違いになります。

また、育毛剤を使用するタイミングは、4月から11月頃までの外気温が高い方が、頭皮や毛髪も乾きやすく育毛剤の浸透力も早くなりますし、血行も良くなる季節であるため絶好なタイミングと言えます。

育毛剤の選択も頭皮の状態で育毛剤を選択しなければ、効果が現れないという結果になりますから、人気にとらわれずに症状に合わせた選択をすると良いでしょう。

毎日の健康状態を見るように頭皮の色や弾力を確かめて異常を早く見つけることで、脱毛症や炎症の予防をすることができます。

この記事の関連記事