AGA対策として効果が期待されるおすすめの食べ物

AGA(男性型脱毛症)は生え際や頭頂部から始まる男性特有の薄毛の症状です。

この症状の第一の原因は遺伝と男性ホルモンによる影響とされてますが、第二には不規則な生活習慣がその背景にあると言われています。

不規則な生活習慣の中には、運動不足、喫煙、睡眠不足などがあげられますが、それと並んで重要なのは食事内容です。

髪の栄養は食べ物から摂取して、血液によって頭皮の毛根に運ばれていくんです。たとえ生活習慣を整えていても、栄養不足の状態であればAGAの症状を改善することはできませんよ!

AGAに悩んでいる男性に多くみられるのは、食事はきちんと摂っているけれども、栄養のバランスを気にしない人が多いです!

栄養バランスが悪いと
髪の成長が止まってしまい抜け毛が増えて、頭皮環境が悪化していってしまうんです!

AGA対策として食事を見直す際には、どの栄養素が髪の成長に効果があり、反対にどういったものがあまりよくないのかを知ってから取り組む必要があります。

そこでここではAGA対策に効くおすすめの食べ物と、反対にAGAの原因となる食べ物をお伝えしていきます。AGAに悩んでいる男性の皆さんは必見です。

髪の毛の成長に必要な栄養素

髪の毛を成長させていくためには、頭皮のケアや正しい生活習慣が不可欠ですが、身体の素となる栄養が欠けていると成長できません。

育毛には、ビタミンやミネラル、タンパク質など摂り入れる必要がある栄養素があります。

タンパク質

髪の毛のほとんどは、ケラチンというタンパク質によって生成されています。

ケラチンを構成する素となるアミノ酸(メチオニン)は身体では作ることができません。

したがって、食事によってこの栄養素を補給しないと髪の毛が健康的に成長しなくなってしまいます。

更に、タンパク質不足になってしまうと、色素細胞の機能低下によって白髪が増加する可能性もあります。

ミネラル

インスタントや加工食品の増加などから食生活の変化によって現代人が不足しがちなミネラル。

ミネラルは100種類以上あるとされている中でも「亜鉛・硫黄・鉄・カルシウム」を摂取していきましょう。

亜鉛・・・タンパク質の吸収率を高め、脱毛の原因となる5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

硫黄・・・髪の毛や皮膚の生成だけでなく、骨や爪といった身体を作る素となります。

鉄分・・・赤血球のヘモグロビンに多く含まれ、摂取することで血行を促進します。

カルシウム・・・エネルギーの代謝を良くしてくれます。

ミネラルは普通に食事をしていても不足してしまうことが多いので、手軽に摂取できるサプリメントで補給していくことも効果的です!

ビタミンA

身体の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きをしてくれます。

ビタミンAが不足してしまうと、頭皮が乾燥し、フケや痒みの原因になる場合があります。

ビタミンB群(ビタミンB1・B2・B6・B12・葉酸・パントテン酸)

ビタミンB群は、タンパク質を髪の毛に変えてくれる役割を果たしてくれます。

頭皮の健康維持や血行を良くしたりと、育毛だけでなく発毛させる上でも効果的な働きをするので、日頃から摂取する習慣をつけておくと良いでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは、体内で合成することができないので、食事から摂取していく必要があります。

肌荒れ改善や疲労回復、ストレスを抑制する働きがあるため、頭皮以外に健康面をサポートしてくれる栄養素です。

AGA改善に摂り入れるべき食べ物

AGA改善に効果があるとされるおすすめの食べ物はいくつかあるので、毎日の食事の中で少しずつ意識をしながら摂取しましょう。

大豆製品

大豆豆製品にはイソフラボンが含まれています。

このイソフラボンは髪の成長を促す女性ホルモンに近い働きをすることが判明しており、通常の薄毛対策にも有効なことが知られています。

イソフラボンには、AGAの原因となる男性ホルモンを作り出す酵素が抑えられるという働きもあることが分かってきました。

AGAに悩む男性には特におすすめの食品とされています。

イソフラボンは血中濃度を安定させるために、できるだけ一日の必要量を三食に分けて摂取されることが望ましいといわれています。

おすすめの大豆食品は、納豆、豆腐、豆乳、味噌など。

朝食を和食にしてお昼のランチに豆乳をプラスするだけでも大分効果がありますのでぜひ取り組んでみてください。

唐辛子

唐辛子にはカプサイシンの他、ビタミン類も含まれ、髪の健康を促進します。

中でもカプサイシンは血行を良くする働きがあり、カプサイシンを摂取することで頭皮の血流改善が促されるためAGA対策に効果があるとされています。

特にイソフラボンとの同時摂取はおすすめで、その効果が一層高まるということが最近の研究で報告されています。

イソフラボンと唐辛子を同時摂取するとしたら、味噌汁の中に唐辛子を入れるということでOK。ちょっとした工夫でできそうですからぜひ試してみてください。

肉・魚・乳製品

次いでオススメなのは肉・魚・乳製品などのタンパク質です。

タンパク質は髪の90%以上を占めると言われており、髪の元となる重要な栄養素です。

タンパク質が不足すると髪の成長が止まり、次第に髪が細くなり抜け毛が増えてしまいます。

タンパク質には

動物性タンパク質
・肉・魚・卵・乳製品

植物性タンパク質
・大豆製品やピーナッツなどのナッツ類

の二つがあります。

どちらも髪の健康には必要なもので、両方バランスよく摂取することが必要です。

肉の中でも特におすすめなのは鶏肉です。

鶏肉の中にはタンパク質だけでなく、髪の成長を促すビタミンB6も含まれるため、髪の健康に良いのと、脂肪分が少ないため、頭皮の皮脂の分泌を抑えることができます。

乳製品には、タンパク質の他にカルシウム・ビタミンが多く含まれており、髪の毛の成長を促す役割を果たしてくれます。

ミネラル(亜鉛)

ミネラルも髪の健康には必要です。

ミネラルの中でも特に亜鉛は髪の成長には欠かせません。

亜鉛には髪の毛母細胞を活性化させる役割があり、またタンパク質を再構成して髪の毛を作る役割を果たします。

そのためタンパク質をとったら亜鉛も摂取する必要があります。

亜鉛を含む食品には、牡蠣、ワカメ・昆布などの海藻類、いわし、ごま、ひじきに多く含まれています。

緑黄色野菜

緑黄色野菜に含まれるビタミンAには頭皮の血流を改善し、新陳代謝を促し、髪の健康を促進する役割があります。

緑黄色野菜にはニンジン、ピーマン、ほうれん草、かぼちゃなどがあります。

緑黄色野菜の他にビタミンAが含まれる食品には、うなぎやレバーなどがあります。

フルーツ

フルーツにはビタミンCが含まれます。

ビタミンCには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑える役割があります。

髪にとって大切な成分にアミノ酸がありますが、この活性酸素は通常アミノ酸によって抑えられています。

活性酸素を抑えるためにアミノ酸が消費されてしまうと、髪の形成にまでアミノ酸が回らなくなり、髪の成長が止まってしまいます。

しかし、ビタミンCを十分に補充することで体内の活性酸素をビタミンCで抑え、アミノ酸を髪の成長に回すことができます。

AGAの症状の引き金となる食べ物

078c1f05284a057394976db731de5428_s

アルコール

酒は百薬の長という言葉がありますが、飲みすぎはAGAの症状を促進する原因となります。

アルコールを摂取しすぎると、その分解のためにアミノ酸が必要となり、大量に消費されてしまいます。

しかしアミノ酸は髪の形成には欠かせない成分。

ここで使い果たしてしまうとAGAの症状を改善するどころか、悪化させてしまうことになりますので要注意です。

糖分

糖分を多く含む食品もAGAの症状を進行させる原因です。

糖分を摂りすぎてしまうと消化するために、髪の成長に必要なビタミンや亜鉛が消費されてしまうため、髪や痩せ、抜け毛が増えてしまう原因となります。

高脂肪の食品

高脂肪の食品もAGAの症状の原因です。

高脂肪の食品はカロリーが高く、余計な脂肪を摂り入れ血管を詰まらせることになり、血流の悪化につながります。

血流が悪くなると頭皮の血行が悪化し、髪の根元の細胞に栄養が行きわたりにくくなるため、AGAの症状の改善が進まなくなってしまいます。

食べ物の工夫で改善がみられないとき

食べ物の工夫でもAGAの症状の改善がみられないときには、他の対策も同時にする必要があります。

適度な運動を心がけ、睡眠を十分にとり、禁煙にも取り組んでいきましょう。

例えば、オフィスで長時間同じ姿勢でパソコンを見たり、スマホを見ていることで眼精疲労をおこします。

これも首回りの筋肉が硬直して頭皮の血流を悪化させる原因となるため、適度に目を休めることも必要です。

そうした生活習慣の改善をしてもAGAの症状が進行していく場合には、育毛剤の利用を検討してみましょう。

育毛剤をつけるのは、夜のお風呂のシャンプーのあとが最も適しています。

髪の成長ホルモンは夜に分泌されますので、夜の就寝前に頭皮を清潔にして、育毛剤をつけて栄養を補充することで、育毛の一層の効果を期待することができます。

また、育毛剤をつける際には頭皮マッサージも同時にしましょう。

頭皮を柔らかくすることで、育毛剤が浸透しやすくなり、頭皮の血流も改善、AGA対策のために毎日の習慣としたいところです。

食べ物、生活習慣の改善、育毛剤などを試みても症状の改善がみられない場合には、AGA治療専門のクリニックを受診しましょう。

AGA専門クリニックでは、患者さん一人一人の症状にあわせた治療法が提案されます。


食べ物で摂取しておくべき栄養素は「タンパク質・ミネラル・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC」だ!これらを日頃から意識する事でも食生活改善の活路が開けるぞ。それでもAGAが改善傾向に行かないときには、早期に適切な治療法に基づく対策をたてること。

AGAの治療が遅れてしまうと、症状改善にも時間がかかるから、改善しないと思ったらためらわずに専門医に相談してみると良い!

この記事の関連記事