若くしてAGA?10代で20代全般の脱毛原因は生活習慣が多い!

10代後半から20代全体の若者の間でも抜け毛や脱毛で悩む人が多くいます。

抜け毛で悩んでいる人の多くは、「もしかしてAGAを発症したのではないか?」と誰にも言えない不安に陥ったことはないですか?

日々の生活まで影響し、抜け毛の量ばかり気になって気分もさえなくなりますよね。

しかし、若者の脱毛症に多くある原因は生活習慣が多いことを知らない人も多くいるようです。

若者の脱毛症で、AGAの可能性が低い理由は、毛母細胞や男性ホルモンが、一番活発に活動している成長期であることです。

つまり、AGAの可能性を疑うよりも生活習慣から発症した抜け毛や脱毛の可能性を疑ってみることが10代~20代全般の若者には必要です。

男性は、14歳ごろから声変わりや体型が変わり始め、脳からの指令に寄り精巣で男性ホルモン(テストステロン)が生成されるようになります。

また、男性機能や筋肉・骨格が形成されていく初期成長期に入ります。

しかし、生活習慣だけを改善だけでは毛髪の発毛を促すことはできません。

頭皮や毛髪の成長には、栄養補給だけでなく、頭皮マッサージをして血流を良くする作業を同時に行うことで、抜け毛や脱毛を改善する方向へ導きます。

生活習慣に原因がある抜け毛や脱毛は、たとえ抜け始めていても生活習慣の改善と同時に頭皮のケア・栄養補給を併用して行うと抜け毛や脱毛を回復させることが望めるでしょう。

今回は、10代後半から20代全般の若者の脱毛原因は生活習慣から起こることが多い理由を詳しく解説していきます。

若者のAGAは不規則な生活習慣にも原因

10代後半から20代全般にかけて発症する「抜け毛・脱毛症」の原因は、生活習慣から起きる要因がいくつも積み重なることで引き起こすことがあります。

脱毛を誘発する原因

日常生活から脱毛症を発症させることが多い例です。

・生活習慣から発症する睡眠不足

・食生活の偏りによる栄養不足や栄養障害

・家庭環境や人間関係・仕事などの精神的ストレス

特に、精神的なストレスは脱毛原因になることが多くAGAを発症させる原因として医師も注目している要因の一つになっています。

*AGAは10代~20代で発症する可能性もありますが、ほとんど少ないと言って良いでしょう。

ヘアサイクル(毛周期)を乱してしまう原因

1. 「不規則な生活習慣」
2. 「食事の偏りによる栄養素不足」
3. 「一時的に強い精神的なストレス・深刻な精神的悩み」
4. 「皮膚疾患」

4つの原因は全てホルモンに異常を起こす可能性が高いです。

リンパ球へも異常を起こすことで「円形脱毛症」などの皮膚疾患になることもあります。

毎日の不規則な生活習慣・食生活・ストレスの積み重ねがヘアサイクルを徐々に狂わし始めて脱毛症へと発展させているのが「若者に多い脱毛症の原因」になるのです。

若者のホルモンは、敏感に反応しやすく影響されやすい状態で存在しています。

何か変化を感じると異変と捉えてしまい、防衛反応の働きによってホルモンに異常を起こすのです。

毛髪に異常が出てしまう人は脱毛症になったり、身体的に異常が出る人は精神疾患であるうつ症になったりします。

ヘアサイクルが崩れていると回復する時間もかかります。

生活習慣からくる様々な要因は、改善しなければ脱毛症を回復できないとも言えるのです。

1.不規則な生活習慣

人間の体には、生活習慣の中にある生活リズムがあることで健康を維持しています。

少しだけ男性ホルモン(テストステロン)と睡眠の関係について触れておきたいと思います。

テストステロンは睡眠中に生産されている男性ホルモンです。

睡眠不足や不眠が続くと十分な睡眠がとれない為、テストステロンを生産する量が少なくなります。

日常的に「イライラする」ことや「やる気が出なくなる」と言ったことが頻繁に現れている人は、テストステロンが少ないことが原因の一つになります。

テストステロン不足は、ホルモンバランスを乱し、ヘアサイクルを乱すこともあります。

また、テストステロン不足は「男性更年期障害」「うつ病」の原因にもなっているものです。

睡眠はとても重要なことだと認識して生活改善の重要な一つとして位置付けておきましょう。

テストステロンは、日中どの時間帯でも睡眠をとると生産されます。

中でも、夜10:00から明け方にかけて睡眠をとる方がより多く生産することができるのです。

*但し、生産されたテストステロンの量は調整機能により一定に保たれているため、多くなると排出されていきます。

・生活リズムでホルモンバランスを調整

ゲームやSNS・ネットを多く活用する為、睡眠不足になる人が多くいます。

就寝時間は、夜10:00位までに就寝すると脳の働きや男性ホルモンの生産には効果的だとされています。

年齢が若ければ睡眠時間が少なくても平気な人が多いですが、日頃から眠気に襲われることが多い人、やる気や集中力がなくなる人は、睡眠不足が原因でテストステロンの生産量が少ないせいでもあります。

生活リズムが悪いと体調も悪くなりやすいため、髪の毛にも栄養が行き渡らなくなってきます。

髪に栄養が行き渡らくなるとハリ・コシ・ツヤがなくなってくる症状が現れます。

そういった症状が表れ始めたら、抜け毛・脱毛のサインが出ていると思った方が良いでしょう。

毛が抜け始まっていても広い範囲にならない早い段階であれば頭皮ケアと生活習慣を改善することで回復することができます。

仕事の都合などで生活リズムが取れない人は、出来るだけ多くの栄養素と睡眠時間をとることが必要になってきます。

朝・昼・夜3度の食事はしっかり摂ってサプリメントなどで栄養補給をしましょう。

また、出来る限り就寝時間を守ることが大切です。

生活習慣を改善するといっても慣れるまでは相当大変なことでしょう。

一定の基準となる生活習慣表を作成して、毎日の生活リズムをチェックすることで見直すことができます。

2.食事の偏りによる栄養素不足

特に若い人に多い食事の偏り。

肉類・脂物・ファストフードなど高カロリーの食事ばかりを摂る傾向になります。

そのため、髪の生成に必要な栄養素である、アミノ酸やビタミン群が不足していることが多くあります。

髪に栄養素が送り込まれなくなると、へサイクルに異常をおこす可能性があります。

毎日の食事から、ビタミン群やミネラル・アミノ酸類が豊富に含まれる大豆類や魚介類の栄養素を取るようにしましょう。

サプリメントを服用することも良いですが、食事から摂る栄養素の方が栄養分の吸収力も高いため補助的な役割として考えておきましょう。

3.一時的に強いストレス 深刻な精神的悩み

10代から20代の若者だけに限らず、どの年齢でも悩みはあります。

特に、深刻な悩みに陥ることは「仕事上の重圧」や「人間関係や家庭環境の変化」によることがあります。

深刻に悩み過ぎた為にストレスを抱え込み、自律神経に影響を与えてしまうと、身体に異常を引き起こします。

身体的に異常が起きると、「食欲の減退・だるさ・やる気がなくなる」ことで体を動かすことすら面倒になり寝込んでしまうことも。。

一般的には、男性ホルモン不足によるものが原因とされていますが、ホルモンが充実していても精神的ストレスから回復が遅くなる傾向になります。

精神的な悩みは、ヘアサイクルや身体的にも影響が強く出てくる為、悩みが深刻になる前には信頼のおける相談相手を作っておくことも大切です。

「相談相手に話す」ことによって、悩みの原点を探り出すことができ解決に導くこともあります。

相談したことで気が楽になり「晴れやかとした気分」になることが多いからです。

4つの原因の中では一番と言って良いほど脱毛症の原因になるものですから、精神的な不安や心配を抱え込まないことが、とても大切になるのです。

4.皮膚疾患

頭皮の病気には「円形脱毛症」「アトピー性皮膚炎」などの症状があり脱毛症に発展することもあります。

また、頭皮の皮脂分泌の異常が起きた時には「脂漏性皮膚炎」や「粃糠性皮膚炎」などもあります。

わかりやすく言うとフケが多く出る症状です。

こういった症状は、皮膚科で内服薬や外用薬による治療をした方が早く回復させることができます。

精神的に脱毛することで言えば「円形脱毛症」が多くあります。

一時的に強いストレスを感じて起こることが多く、頭部のあちこちに500円玉くらいの大きさで脱毛するもので脱毛範囲が特定しているものではない脱毛症状です。

10代~20代に多い皮膚疾患

10代から20代全般の若い年齢では、皮脂分泌が盛んなのでマラセチア菌やカビ菌の繁殖による「脂漏性皮膚炎」の原因になることも多くあります。

カユミが多くなることやフケが出てきた時などは、「マラセチア菌やカビ菌」が原因である場合が多くあります。

頭皮に湿疹ができカユミで頭皮に爪を立ててかいた時に炎症してできたりすることもあります。

育毛シャンプー(マラセチア菌対応)などを使用して、皮脂の分泌を抑えることで改善されていきます。 

なかなか改善されない場合には、皮膚科で治療薬を処方してもらいましょう。

但し、炎症を起こしている間はシャンプーを使用すると刺激を与えて化膿する恐れがあるために湿疹が治るまで使用できない場合もあります。

上記4つの原因に当てはまる人が多かったのではないでしょうか?

これらの原因の多くは10代から20代全般の若者にもある脱毛原因です。

それぞれに適応した改善方法を取ることで脱毛症は改善することが期待できます。

ヘアサイクルの乱れから抜け毛に!

ヘアサイクル「毛周期」は、上記の1~4までの原因から異常を起こす場合があります。

ヘアサイクルの乱れが起こると毛髪がしっかりと成長せず、抜け毛が進行していきます。

正常に働いているヘアサイクルは4つに分かれて活動しています。

しかし、異常が起きたヘアサイクルでは、成長期が働かず退行期へ移るため毛髪が成長しないまま脱毛してしまうのです。

へサイクルの乱れは、睡眠時間・精神的作用や食生活の偏りと同じように無理なダイエットからも起こります。

食生活の偏り・ダイエット 睡眠不足・精神的作用
毛母細胞まで栄養素が送り込まれなくなる可能性 ホルモンバランスを乱す
毛母細胞が活発に活動できなくなることで、毛髪が成長しなくなる。 リンパ球などにも影響を及ぼし毛母細胞の働きを弱め毛髪が成長しなくなる。

髪に栄養を届けることが必須!

髪に栄養を届けるためには、生活習慣の改善が必須です!

・睡眠時間

就寝時間を夜10:00を目途にし、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにする。

・食生活の偏り

肉類を多く食す人は、控えめにして野菜や大豆製品を摂るようにする。

食事で補えない時には、サプリメントで補助することも有効。

・ストレスが多い人

信頼できる仲間に悩みを聞いてもらうこと。

心理カウンセラーに相談することで、悩み解決へのアドバイスをもらえることもできます。

・皮膚疾患の改善

「皮膚疾患」の場合は、医師の指示に従って行うようにしましょう。

円形脱毛症・アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚・粃糠性皮膚炎などの症状は、皮膚科で受診すると、ステロイド剤を使用した治療法と外用治療薬の塗布により頭皮を回復させることができます。

医師の指示に従って、食事や生活習慣を変えるようにしましょう。

症状の重さや範囲によって治療期間は異なります。

その他の範囲で抜け毛や脱毛を起こしている人

・育毛シャンプーをして毛髪に潤いを与え保護をしてあげましましょう。

・育毛剤を塗布することで血流の循環を良くする作業を行うようにしましょう。

・食事だけでは摂ることができない栄養素は、サプリメントを服用することで補いましょう。

決して焦らず、毎日行うようにしていこう!

生活改善をしても、今までの不規則な生活や不摂生な食事生活が長ければ長いほど1ヵ月位の短期間で変わるものではありません。

ヘアサイクルも急に元に戻ることはありませんので、最低3ヶ月位はかかると思って行いましょう。

また、元の生活習慣にならない為にも改善した生活習慣を維持することが重要なポイントになります。

症状が悪化しないうちに頭皮ケア!

日常生活の改善プランを作成したら、頭皮ケアも大切になります。

頭皮に血流の流れが良くなるようにマッサージをすると栄養分を送ることができます。

頭皮ケアで行うポイント!

簡単にケアできる方法は、育毛シャンプーで頭皮を清潔にし、髪に潤いを与えること!

シャンプーをする時は、指の平で軽くマッサージをする(揉みほぐすイメージ)ようにしよう。

頭を強く擦りつけると、逆に傷つけてしまうから注意が必要だ。

★風呂上がりに育毛剤を使用することも効果的!

頭皮ケアで最も必要な作業になります。

育毛剤の種類も豊富にあるため、どの製品が良いと一概にいうことはできませんが、頭皮の症状や毛髪の状態で決めることができます。

髪や頭皮の状態 育毛剤のタイプ
頭皮の色が悪い(血行不良を起こしている) 頭皮血行促進用育毛剤
フケやカユミが良く出る フケ・カユミ用育毛剤
頭皮がよく乾燥している場合 乾燥肌用育毛剤
いつも頭皮が脂っぽい場合 脂性肌用育毛剤

入浴後、ドライヤーで乾かした後で育毛剤を使用します。

完全に乾かすことが必要ですから、頭皮が半乾きの状態では有効な成分が薄められてしましますので、完全に乾かしてから育毛剤を使用するようにしましょう。

育毛剤の使用方法

1.乾いた頭皮の頭頂部へ育毛剤を適量塗布します。

2.塗布した場所から指や手の掌で軽く育毛剤を頭皮に浸すように広げます。

3.頭皮マッサージは、両手の指の平で軽く側頭部から頭頂部へ揉むように向かい1分位マッサージを行います。

注意点

風呂上がりのマッサージは、頭皮が柔らかくなっています。

過剰にマッサージを行うと頭皮の赤みやカユミ・腫れの原因になってしまいますから、1分を目安にすると良いでしょう。

過剰に育毛剤をつけても効果的には変わらないので、頭皮が浸る程度に抑えた方が経済的です。

若ハゲの原因は生活習慣に問題の可能性が高い

10代から20代全般の人の脱毛症の原因は、成長期であるためAGAの可能性は低く生活習慣の中から起きた症状である可能性が高いです。

元々、毛母細胞の働きが弱い若年性脱毛症や皮膚疾患が発端となった脱毛症であれば、治療をすることで回復をはかります。

日常生活考えられる脱毛症の原因

・睡眠不足

・食事偏りによる栄養不足

・生活習慣の乱れ

・一時的に強いストレス・深刻な悩み

などが原因で抜け毛や脱毛症を発症させていると思っていいぞ!

考えられる原因を改善していけば、脱毛も自然に止まるようになるんだな。

そのためには、生活習慣の改善と栄養補給+頭皮ケアをセットで行うようにすれば、早く治すことが期待できるんだな

★睡眠不足の改善

・夜10:00ぐらいを目安に早めに睡眠をとる

・睡眠時間は6時間は確保する

・深い睡眠をするために、就寝前に長風呂やゲーム・SNSは極力控える

★食事の偏りを改善する

・肉食が多い人は、量を抑えて野菜や大豆を摂取する

・食事では摂取しきれない部分はサプリメント

★精神的ストレスの改善

・信頼できる友人や親に相談し、できるだけ話を聞いてもらう

・心理カウンセラーに聞くこともあり

・嫌な気持ちを自分の内に秘めないこと

など、生活習慣全般の改善を行うようにしましょう。

ヘアサイクルを元に戻すためには、毎日行う育毛剤や育毛シャンプーなど頭皮グッズを利用することも効果的です。


頭皮や毛髪に栄養を送るためには、頭皮マッサージなどで血流を良くしつつ、大豆や魚介類などでビタミン類・ミネラルを摂取すると効果が高まるぜ!

育毛剤や頭皮ケアは毎日継続して行い、生活習慣を改善できれば、脱毛症も改善に向かうはずだぜ!

この記事の関連記事