女性のハゲはAGAではない?女性の薄毛の原因と女性版AGA情報

女性のハゲはAGAであってAGAではない複雑さ

acc90c4285b4adc831747919a71cf968_s

AGAは男性型脱毛症と呼ばれますが、男性脱毛症ではありません。

ここを勘違いすると、女性が男性脱毛症になるわけがないので、女性にAGAはあり得ない。という話になります。

しかし、AGAはあくまでも「男性型」の脱毛症です。

つまり、結論としては女性にもAGAはあるのです。

AGAの主要な原因として男性ホルモン(テストステロン)の影響があります。

男性ホルモンと呼ばれてはいても、女性にも存在するホルモンです。同様に、女性ホルモンも男性に存在しています。

この前提があるので、女性であってもテストステロンの影響によるAGAが起こり得るということです。

しかし、そうはいっても、女性のAGAの話はあまりききませんし、M字にハゲ上がっている女性を見た記憶もないですよね?

実は、女性のAGAは男性のAGAとは少し様相が異なっています。

ホルモンの作用の部分でいえば、男性ホルモンに対抗する女性ホルモン(エストロゲン)が強いため、男性のAGAで見られるような症状にはならないと考えられます。

このように、女性の場合は男性のAGAと見た目が異なることから、「女性男性型脱毛症」と呼んで区別することもあります。

なんだか、ややこしい名前ですが、略してFAGAです。Fは女性を英語で表記したときのfemaleの頭文字ですね。

さらに、女性男性型脱毛症は「びまん性脱毛症」という聞きなれない名称でも呼ばれ、簡単に「女性脱毛症」と呼ばれることもあります。

もっとも、この場合は女性の薄毛すべてを指す言葉でもあるため、完全にFAGAと一致する意味で使われているかどうか定かではありません。

女性のAGAの特徴は全体に薄くなること

90c8342cd5afda28a3a55c1f94d1ab54_s

AGAの症状にM字ハゲや頭頂部ハゲなどの種類があるように、女性のAGAも全員が同じ症状を呈するわけではありません。

しかし、男性のAGAとはっきり異なる点があります。

それは、全体に髪が薄くなることです。

ただし、全体にといっても頭髪全部が薄いというわけではありません。

かなり薄い部分と少し薄い部分、それに薄くない部分もあります。

また、FAGAにも個人差がありますから、人によって非常に薄い部分と、そこそこ薄い部分に違いがあります。

薄いというより、髪が細いといった方が適切かも知れないですね。

少なくとも、男性のようなMの文字がはっきり見えるハゲ方はまず見かけませんし、頭頂部が薄くなっていても、男性ほど丸い地肌が露出することも少ないです。

その理由のひとつとして、先に述べた女性ホルモン(エストロゲン)の働きがあります。

女性ホルモンが男性よりも強いので、M字などになるところまでの悪化を防いでいると考えられます。

この考えを補強する事実として、出産後の薄毛や更年期の年齢を迎えてからの薄毛があります。

どちらも、女性ホルモンの分泌が低調になることが知られています。

女性のAGAにもストレスや生活習慣の乱れは大敵

05359ed2b6ecd0f03d42a7edadd7d51e_s

男性のAGAでもいえることですが、女性の場合もストレスや生活習慣や食生活の乱れに気をつけたいものです。

ストレスで自律神経がまいってしまうと、体が正常な働きをしにくくなります。

特に注意したいのが、過度なダイエットです。

女性は、普通の体系を「太りすぎ」と感じ、やせすぎの体系を「普通体系」と感じる人が多いようです。

しかし、本人の意識と体は一致してくれません。

ダイエットして普通になったつもりでも、やせすぎた体内では各所に不具合が生じています。ホルモンバランスだって崩れます。

女性の場合はいろいろな理由からピルを服用することもあります。

これが、ホルモンバランスを崩す一因になるともいわれており、ひそかな女性のAGAの原因といえるでしょう。

髪が薄くなった女性の頭頂部は、どちらかといえば「ぺったんこ」という表現が似合う状態です。

こうなったら、女性のAGAにも対応している専門のクリニックへ相談に行くべき事態ではないでしょうか。

この記事の関連記事