針一本で薄毛が治る!?ツボを刺激する鍼治療のメカニズムと薄毛との関わり

「針一本で薄毛が治る!」と聞いて信じられませんか?

実は鍼(針)治療は脱毛や薄毛を解消してくれる立派な治療方法のひとつなのです。

鍼治療の最大の効果である血流改善が頭皮の血行促進につながり、薄毛を予防・改善してくれるというのです。

小さな針が、体に走る経路とよばれるツボを刺激して病を治すという、鍼治療のメカニズムと薄毛改善への効果のほどを解明していきましょう。

鍼治療とそのメカニズム

鍼治療とは

東洋医学を源とする鍼治療は、お灸、漢方、ハーブ療法、アロマテラピーなどと並び、現代西洋医学に対する代替医療として位置づけられています。

2002年には世界保健機関(WHO)において、関節炎、リウマチ、肩こりをはじめとした多くの疾患や症状における有効性が認められています。

鍼治療では、針という簡単な道具で体を刺激して体内の循環システムを整え、人間が本来もつ自然治癒力を発揮させることができるのです。

鍼治療のメカニズム

人間の体には気の流れがあり、その通り道である経絡には、いたるところに気の集まる場所である経穴=ツボがあります。

そのツボに鍼を打って治療を行います。

鍼の種類や刺し方は、患者一人ひとりの状態において、病に対抗するエネルギーである「正気」の不足や、正常な機能を阻害してしまう気である「邪気」の状態によって異なるぞ。

また鍼を打つ場所もそのときの状態によって変化していきます。

東洋医学の鍼では、病んでいる部分に直接鍼を打つわけではありません。

経路に沿って気を整えていくので、経路上のツボでもっとも効果があるところに鍼を打ちます。

あらゆる経絡上にあって一番反応が強くでる場所がツボなのです。

例えば胃に異常がある場合、胃に関する経絡=胃経のツボである、足のヒザ小僧の下側の「三里」というツボに反応が現れてきます。

このツボが鍼治療における「治療点」となるのです。

体内の異常は体表に現れますから、これを逆手にとって、体の表面から刺激を与えることによって、病変のある体内の内臓にまで到達させようとするのが鍼治療の原理です。

鍼治療のメリットと薄毛に効く理由

鍼治療では副作用も後遺症もない

鍼治療の最大のメリットといえば、治療後の副作用も後遺症もないことでしょう。

また西洋医学のようにメスを入れるわけではないので、体への負担もありませんし、何種類もの薬を飲んだり、点滴を打ったりする必要もありません。

まれに、鍼治療をしたら他の部分が悪くなった、とか、鍼治療をしたら悪化した、などのケースもあります。

しかしこれらはほとんど副作用とはいえません。

病気というのは症状によって悪い部分が重なっています。

鍼治療のような東洋医学での治療の経過ではそれをひとつずつ治していくため、最初の部位が悪くなったと感じる場合があるのです。

実際に副作用があるとしたら、施術する鍼氏が患者の症状に沿った治療を正しく行っていないことが考えられます。

鍼治療を始める際には、実績が豊富で信頼できる鍼氏の治療を受けることが大切です。

鍼による痛みもない

鍼による痛みはほとんどないといえるでしょう。

あるとすれば皮膚に鍼が「チクリ」と触れる感覚があるというだけです。

鍼は浅く打ちますし、想像しがちな、いわゆる注射の鍼のような痛みはありません。

一般的に使われる注射針の太さは0.7~0.9mmであるのに対し、鍼治療でよく使われる針の太さは0.14mmです。

注射針の3分の1以下の太さであるため、皮膚に刺したときの抵抗が少なく、痛みも少ないです。

また針の先端の形状についても、注射針は液体を注入するため中が空洞で先が尖っています。

これに対して、鍼治療で使用する針の中は空洞ではなく、先端が細く丸みを帯びています。

このように鍼治療で使用する針は、皮膚に刺さったときに痛みを緩和させる工夫がなされています。

使用される針は使い捨てタイプ

近年の針治療の現場では、ほとんどの場合、使い捨てのディスポーザブル針が使用されています。

つまり一度使用したものは廃棄され、同じ針は使われませんので、感染症などを心配する必要はありません。

治療のケースによっては患者さん専用の針を使用する場合もありますが、その際も使用の都度、滅菌消毒処理を行って衛生面が配慮されています。

専用針の使用時に、衛生面で気になった場合は鍼氏さんに尋ねてみるとよいでしょう。

鍼治療が薄毛に有効な理由

鍼治療は副作用もなく、針一本で病気を治す立派な治療方法であることがわかりました。

では、鍼治療が薄毛改善にも効く具体的な理由とは何でしょうか。

大きな理由として次の2つがあげられます。

*自律神経が整い、薄毛の原因に働く

鍼が体に刺入されると、鍼の刺激を受け、リラックス効果のあるセロトニンなどのホルモンが分泌されます。

これにより交感神経と副交感神経の働きがスムーズになり、自律神経のバランスが整います。

自律神経が整うことは、同時に、薄毛・抜け毛の原因のひとつである、ホルモンバランスの乱れを改善することにつながるのです。

*血行が促進されて、頭皮の環境修復に効く

鍼の刺激を受けることで、体の血液やリンパの流れが活発になります。

硬くなった筋肉の緊張をほぐし、こりやハリを緩和して筋肉も柔らかくなります。

首や肩のこりがほぐれて心身の緊張がほぐれると、頭部に充分な血液が流れます。

やがて頭皮の血行促進が高まり、血液を通じて毛根や頭皮に酸素と栄養が行き届くことで薄毛が改善されます。

また頭皮環境が修復されることによって、髪にハリやコシが出てきて髪全体がボリュームアップしてきます。

このように鍼治療は薄毛や抜け毛、脱毛症などに対する効果は期待できますが、毛根が死んでしまった場合、治療を施したとしてもその部位からは発毛しません。

またAGA(男性型脱毛症)の場合、要因として遺伝的要素も含まれるため、期待できる効果が現れないことがあります。

鍼治療が受けられる機関と薄毛の鍼治療方法

鍼治療は鍼灸院で受けることができます。

扱っている分野や治療方針によって、次のとおりに大別されます。

東洋医学の伝統的な鍼灸

実際に体に触れて行う脈診や腹診などの手法を用いながら、東洋医学の伝統的な陰陽・五行の考え方に基づき、身体全体の状態を分析して治療します。

西洋医学的な鍼灸

西洋医学の知識をベースに身体の状態や症状を分析して治療します。

外傷やスポーツなどで起きた骨折やスポーツ障害などの運動器疾患を得意とします。

専門型鍼灸

スポーツ選手などに特有の怪我の治療、予防を目的としたスポーツ鍼灸を行います。

またダイエットや顔のリフトアップ等を目的とした美容鍼灸など、特定の分野を専門に行ないます。

上記の鍼灸院以外に鍼治療ができる機関としては、カイロプラクティックや整体院などがあります。

また鍼灸の治療では、神経痛やリウマチなど特定の疾患には健康保険が適用されます。

しかし、薄毛改善を目的とした治療などの場合には健康保険は適用されません。

治療費の目安としては、地域によって差はありますが、全額自己負担の場合で、一回3,000円~5,000円が相場といえるでしょう。

薄毛改善を目的とした鍼治療はどのような方法か

薄毛や薄毛予防のための治療を目的とした鍼治療は、問診内容に従い、個人により異なりますが、血行促進と自立神経を整えることが基本となります。

そのためには頭部に鍼を刺すことになります。

頭部に鍼を刺すことに抵抗があるかもしれませんが、頭部には薄毛改善に効くツボがあるのです。

頭頂部には「百会(ヒャクエ)」と呼ばれるツボがあります。
頭のてっぺんにあり、鍼を刺すことにより血行促進を高める効果があります。

後頭部に二箇所ある「玉枕(ギョクチン)」と呼ばれるツボにも鍼を打つことになります。

仰向けに寝たときに丁度枕があたる部分という意味から命名されたツボなのですが、ホルモンバランスの調整作用にすぐれるため、自律神経の働きを助けてくれます。

また症状によっては、体にも刺入れして体全体で治療を行います。

いずれの場合も、鍼をいきなり刺すのではなく、問診やカウンセリングを行い、頭皮のチェック後、治療方針を決定してから行います。

治療にかかる時間については、症状の程度や体質によって一人ひとり異なるため、治療期間が気がかりな場合は治療方針を決める際、鍼師に尋ねてみるとよいでしょう。

鍼治療の効果を得るための心がけ

さて鍼治療をすると決めたら、貴重なお金と時間をかけるのですから、最大限の成果を得たいですよね。

その秘訣は普段の生活の仕方にあります。

心がけるべき習慣を次のとおりみていきましょう。

栄養バランスのよい食事を摂る

栄養が充分であれば髪の毛も成長します。

バランスの良い栄養素で築かれた体という土台が良い状態であれば、毛髪の状態も良い状態になります。

治療中は、意識してバランスのとれた食生活を心がけましょう。

特に髪や頭皮の活性化を促すビタミンB群や亜鉛などを充分に摂取できると良いです。

食事が難しい場合はサプリメントなどで補給してもよいでしょう。

睡眠時間を確保する

睡眠は髪の成長にとって重要な要素です。

睡眠中に人間の細胞は細胞分裂して新しい細胞に生まれ変わります。

髪も同様に睡眠時に成長して生まれ変わります。

細胞分裂は成長ホルモンとの関係が深く、成長ホルモンが最も分泌される午後10時〜午前2時の間に、髪の毛も成長して太く伸びていきます。

つまりこの時間に寝ていることは、髪にとっても大切なことなのです。

外的要因を最小限にする

頭皮が紫外線にさらされることで毛母細胞がダメージを受けて薄毛の要因となります。

またパーマやカラーリングなどによって頭皮が乾燥したり、頭皮のトラブルを起こすと、抜け毛が増えることがあります。

外出時には帽子や日傘などで髪を守り、パーマやカラーリングは頻度を減らして、頭皮への負担を減らすことを心がけましょう。

針を刺しに通うことだけが薄毛治療なのではありません。

日常生活の質を上げることも薄毛治療の一環と考えることが、確実な成果につながるといえるでしょう。

薄毛と鍼治療の関係性

ここまで薄毛と鍼治療の関係性についてご紹介してきました。

最後に要点をまとめると次のとおりとなります。

鍼治療は基本的に副作用や後遺症もなく、痛みもないため、体への負担が少ない治療方法です。

使用される針は使い捨てタイプのため、感染症の心配がなく衛生面においても安心して治療ができます。

鍼治療が薄毛改善に有効な理由

#1 自律神経が整い、薄毛の原因のひとつであるホルモンバランスの乱れを改善する。

#2 頭皮の血行促進が高まり、毛根や頭皮に酸素と栄養が行き届くため薄毛改善につながる。

鍼治療は鍼灸院で受けることができますが、施術のタイプが分かれます。

・東洋医学の伝統的な鍼灸
・西洋医学的な鍼灸
・専門型鍼灸

鍼治療における薄毛治療では頭部にも針を刺すことになります。

薄毛改善に効果が期待できるツボ!

#1「百会(ヒャクエ)
頭のてっぺんにあり、鍼を刺すことにより血行促進を高める効果がある。

#2「玉枕(ギョクチン)
後頭部に二箇所あり、ホルモンバランスの調整作用にすぐれるため、自律神経の働きを助けてくれる。

鍼治療の効果を最大限に得るために心がけること

・栄養バランスのよい食事を摂る
・睡眠時間を確保する
・規則正しい生活を送る
・外的要因を最小限にする


鍼を刺すから痛いと思いがちだが、注射針よりも細いものだから気にしなくて大丈夫だぞ笑

鍼治療は即効性のある治療方法ではないが、長く続けることで血流・体質改善につながるぞい。

結果的に薄毛も改善してくれるってわけだ。

費用に関しては、一回3,000円~5,000円が相場で保険は適用されないぞ。

薄毛を改善するための1つの手法として覚えておいてくれ!