AGAをチェック!将来ハゲるかどうか確認してみよう

自分が将来ハゲや薄毛になったり、AGAを発症してしまうのかどうか不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

AGAとは、成人男性に多く見られる髪の毛が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪の毛などが薄くなっていく症状です。

AGAになってしまう原因は、男性ホルモンの影響や遺伝要因である場合が多いと言われていますが、不規則な生活習慣などが原因で発症する場合などもあります。

まだ若いからと思っていたり、父親がハゲていないから自分は大丈夫だろうと思っている人もいるでしょう。

しかし、AGAは早ければ10代から症状が現われる人もいますし、また、父親がハゲていなかったとしても、自分がハゲてしまう場合も十分ありえるのです。

そこで、将来自分がAGAになってしまうかどうか、AGAチェックシートを利用して、AGAの可能性を調べてみることができます。

早速、自分に当てはまる項目があるかどうかを確認してみましょう。

AGAをチェックしてみましょう!

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

・両親または祖父・祖母に薄毛の人がいる。

AGA発症には、遺伝が深く関係していると考えられ、特に母親から遺伝する確率が高いです。

人体にあるX染色体の男性ホルモンの受容体(レセプター)は女性しか持っていません。

受容体の感度が高くなると、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなり、AGAを発症してしまう可能性があります。

・最近特に抜け毛が増えてきたように感じる

AGAの症状は、ヘアサイクルが乱れ髪の成長期が短くなるため、髪の毛が十分に育たないうちに抜け落ちてしまうため、抜け毛が増えてしまうのです。

・抜け毛に産毛のような細い毛が混じっていることが多い

ヘアサイクルの成長期が短くなり、成長期を経ずに髪の毛が抜け落ちてしまうため、抜け毛が産毛の様に細くて柔らかい毛の場合が多いのです。

・額の生え際が徐々に後退してきているように感じる

AGAには薄毛の進行パターンというものがあり、中でも多いとされているのが、額の生え際がM字やU字に後退していくパターンなのです。

・頭頂部の薄毛が徐々に進行してきているように感じる

薄毛の進行パターンとして、額の生え際の後退と併せて頭頂部の薄毛があり、これもAGAの特徴的な薄毛の進行状況といえるでしょう。

・髪の毛にハリやコシ、ボリュームが以前と比べて少なくなってきた

AGAのヘアサイクルになると、髪の成長期が短くなってしまうため、髪の毛が太く長くならないうちに抜け落ちてしまうため、頭髪全体にハリやコシがなくなり、ボリュームダウンに繋がるのです。

・同年代の人に比べて髪の毛の量が全体的に少ない

AGAは、早い人であれば10代からでも発症するため、発症していない人に比べると髪が少なくなる場合があります。

・仕事やプライベートなどで、ストレスが溜まることが多い

ストレスが溜まると自律神経の乱れを引き起こし、血管を収縮させてしまうことにより血流が悪くなります。

そのため、髪に必要な栄養素が細部まで行き届かず、薄毛を進行させてしまいます。

過度なストレスが続いてしまうと、抜け毛が増えAGAに繋がります。

・生活が不規則で、睡眠不足になりがちである

睡眠は髪の毛の育成に欠かせないものです。

不規則な生活などが続き睡眠不足になってしまうと、成長ホルモンの分泌を促すことができず、髪の毛の成長を阻害してしまい、抜け毛が増えAGAに繋がります。

・食事は好き嫌いが多く、油っぽいものが好きだ

好き嫌いが多く、油っぽい食事を多く摂るなど偏った食生活をしていると、身体もそうですが髪の毛の成長にも悪影響を及ぼしてしまいます。

すこやかな髪の成長のためには、髪に必要な栄養素を十分に摂る必要があるため、毎日バランスのよい食事を摂るように心掛けることが大切です。

AGAチェックシートに当てはまる項目があった場合

もし、上記のAGAチェックシートの中に、一つでも当てはまる項目があれば、現在AGAの症状に自覚がなかったとしても、将来AGAになる可能性があると言えます。

AGAは男性ホルモンの影響や遺伝による原因だけではなく、ストレスや睡眠不足、偏食などの生活習慣の悪化などによっても十分に引き起こされる可能性があるのです。

そのため、不規則な生活習慣を見直し、十分な睡眠を取り、バランスのいい食事を心掛けるようにし、自分のできることからAGA対策をすることが重要といえるでしょう。

AGA治療によってヘアサイクルを正常化

最近では、AGAと言う言葉も耳にする機会も多くなり、多くの医療機関やAGA専門クリニックなどで、診察を受けることができます。

AGA専門クリニックでは、一人一人に合った症状を改善するために、内服療法や外用療法を行います。

治療薬を飲んだり、直接頭皮に塗ったりすることで、ヘアサイクル乱れを正常化していくことを目指すというものです。

AGAは、頭頂部が薄くなったり、額の生え際が徐々に後退したりするのが一般的な症状ですが、その原因は男性ホルモンの影響や遺伝、生活習慣などの要素が複数重なり合っており、ひとつに限定することはできません。

しかし、その中でも一番の影響を与えていると言われているのがジヒドロテストステロンと言われるホルモンです。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンが5α-リダクターゼという還元酵素と結びつくことで生成されます。

このジヒドロテストステロンが増えれば増えるほどAGAの症状も進行すると言われているからです。

AGA治療薬は、このジヒドロテストステロンを生み出す5α-リダクターゼの働き止め、抜け毛や血行不良などを改善する効果が期待できるとされています。

この治療薬を毎日服用することで、AGAの症状を食い止めることができるのです。

AGA治療薬にはどんなものがあるの?

aec5a9f2e554f59b6dd5b1db8eb10f01_s

AGA治療薬には様々な種類がありますが、日本皮膚科学会より、フィナステリドミノキシジルの2種類が効果的です。

フィナステリド、プロペシアとも呼ばれていますが、すべて内服療法のみで使用されています。

ただし、女性の場合は、服用してしまうとホルモンバランスが崩して身体に異常を起こしてしまうので、使用はできません。

このフィナステリドは、ハゲの原因となるジヒドロテストステロンを生み出す還元酵素である5αリダクターゼの活性化を抑制する働きがあります。

5α-リダクターゼを抑制する事で、ヘアサイクルの乱れを正常な状態に戻し、抜け毛や薄毛を食い止め、育毛に効果を発揮します。

ミノキシジルは頭皮に直接塗るタイプと、飲むタイプのミノキシジル錠剤というものがありますが、飲むタイプの方が効果が高く、AGA特有の症状であるM字型ハゲにも有効と言われています。

このミノキシジルには、一時的に血管を拡張させる作用があり、頭皮の血行の流れを良くすることで、毛根に髪に必要な栄養素がスムーズに行き届くことにより、育毛効果が期待されているものです。

このどちらの治療薬も、AGA治療に有効と言われているもので、医療機関やAGAクリニックなどで処方してもらうことができます。

これらは厚生省から正式にAGA治療薬として認可されているものなので、安心して使用することができます。


AGAクリニックなどで治療を考えている人は、まずは無料カウンセリングなどを受けることをオススメします!

AGAクリニックでは、遺伝子検査や血液検査を行うなど、それぞれのクリニックによって診断方法や治療法は様々と言えます。

そして、頭皮チェックなどの診断を受けて、自分の頭皮の状態をよく知ってから、適切な治療法によりAGA治療を受けることができます。

この記事の関連記事