20代から薄毛に!早い段階からの対策が必須

髪の毛の問題はやはり男性にとっては悩みの一つといえます。

日々の仕事のストレスなど、その薄毛の原因となることもさまざまとあり、今ある現代社会の一つといえます。

そんな気になる薄毛の進行や、若ハゲをできる限り予防したいと思うのは当然のことです。

主な原因は、ストレス、睡眠不足、不規則な生活習慣によることが若ハゲの原因です。

これをただしていくことでおさまる症状がほとんどです。

どんな症状が起こるのか、どういった対策方法があるのか。

詳しく紐解き、どういったことが原因で薄毛になるのか、どうすればその症状を防ぐことができるのかなど、詳しく解説していきます。

20代でも発症する脱毛症!

029

若くしてもして薄毛になるのは、決して珍しいことではありません。

若年性脱毛症や男性型脱毛症(AGA)などの脱毛症は、20代からでも十分おこることなのです。

男性型脱毛症は、後頭部や生え際から後退していくのが、一般的に薄毛が進行していくことが多いのが特徴です。

男性型脱毛症のメカニズムは、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因です。

5α- リダクターゼ(還元酵素)からテストステロンが作られことにより、それが毛乳頭細胞にある受容体に結合し、髪の毛が成長を止めてしまうことによって起こります。

若年性脱毛症は特に、状態は深刻で人によっては、頭部のある一部分から抜け毛が多くなり、まるで円形脱毛症にも似てとれるといわれるような症状が起こります。

初期症状も中々気づきにくく、ある日突然抜け毛が多くなったという場合は要注意です。

「脱毛症のサイン」

・最近、髪の毛が細くなってきた。

・髪の毛が濡れたときなどに頭皮が見える。

・頭皮を触ってみて弾力がない。

といった自覚症状がある場合は、脱毛症のサインといえます。

一般的な年齢を重ねて起こる悩みが「男性型脱毛症」この多くはホルモンバランスの乱れによることが多いんだ!

若くして薄毛になるのは必ずどこかに原因があるといえる。

細い髪の毛や触って抜け毛になる髪の毛、濡れた時に頭皮が見えていたりすると要注意だ。

AGAは進行性があるから早めに改善しなければ危険だぞ!

薄毛の原因はホルモンバランスの乱れから

若くして若ハゲの症状が引き起るのは、遺伝的なものではなく、多くはホルモンバランスの異常が原因となり、ヘアサイクルの乱れによって引き起こしているのです。

現在社会において、抱え込んでしまう事の多い日常のストレス。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、自分の身体にある細胞を破壊してしまいます。

細胞が破壊されてしまうと、髪の毛を発毛させるために必要な、毛母細胞にまで支障をきたします。

また、食生活、不規則な生活習慣や睡眠不足が原因で、ホルモンバランスを崩してしまいます。

ホルモンバランスを崩すことで、身体全体の血液の循環を悪くしてしまい、頭皮に届けるはずの栄養素を運べなくなってしまい、やがてそれが薄毛の原因となって、髪の毛が抜けるのです。

通常、ヘアサイクルと呼ばれるものは、発毛、初期成長期、後期成長期、退行期、脱毛、休止期といった手順を踏んで毛根が成長していきます。

若年性脱毛症は、ホルモンバランスの乱れが原因で、成長期と呼ばれる部分に支障をきたし、成長するはずの髪の毛が、栄養が頭皮にいきわたらないことにより、十分に成長することができず抜け落ちてしまうことが、大きな原因となります。

ストレス、食生活、睡眠不足など、若い人には多いことだが、これが原因となって若ハゲを引き起こすのが原因として非常に多いんだなあ。

健康状態では問題がないヘアサイクルが、ホルモンのバランスを崩してしまって、栄養が行き届かず、抜け毛の原因となる。

男性型脱毛症とは違い、きちんとした生活習慣をおくることで回復することができるんだな。

薄毛の進行をSTOP!改善には生活習慣を正す

042

薄毛にならないための対策方法で大切なことは、生活習慣を乱さないことです。

具体的には、食生活や運動に気を使っているか、ストレスを溜め込みすぎてないか、睡眠は十分にとれているかなどがあげられます。

髪の毛を作るために必要なたんぱく質を摂り入れる

食事も気を使わなければなりません。

脂肪や炭水化物をとりすぎてしまうと、血液に過度な脂肪分が含まれてしまうことでドロドロになってしまいます。

野菜なども採取することができるので、この辺も気を付けながらバランスのよい食生活を心がけるのも大事です。

とにかく、過度な脂肪や炭水化物を避け、野菜を服用するなど食事のバランスを工夫すると良いでしょう。

その中でも髪の毛に良い成分はタンパク質です。

タンパク質は髪の毛を生成するために必要不可欠な栄養素です。

食べ物の例としては、鳥のささ身、むね肉、白身魚、マグロの赤身がにこれらが含まれています。

大豆製品などは糖質が少なく、豊富なタンパク質を含んでいるのでおすすめです。

忙しいときなど摂取できないときなどは豆乳を代用して飲むと栄養のバランスが良いといえます。

体のエネルギーを作る役割としてビタミンB群も摂取しましょう。

ビタミンB群に含まれるパントテン酸は、皮脂や毛根に栄養を与える働きをしてくれます。

豊富に含まれる食べ物は、大豆製品、鶏レバー、たらこなどに多く含まれます。

アルコールの摂取しすぎは抜け毛につながる恐れ

飲酒も飲みすぎには気を付けなければなりません。

社会人や友達の付き合いなどで飲む機会が多いのも事実です。

お酒を大量に飲むと、アルコールを分解するためにアセトアルデヒドと呼ばれる成分が体内で生成されます。

この成分が、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を増幅させる働きがあるので、禁酒までとはいいませんが、飲みすぎには十分注意しましょう。

血流改善には有酸素運動!

適度な運動も血行促進には効果があり、頭皮に血流を巡らせるためには運動をするということも十分効果があります。

特に、ウォーキング、ジョギング、水泳などの有酸素運動は、効果が高いのです。

大きく酸素を取り込むことで、全身がほぐれて血管の柔軟性がアップし、血流がよくなります。

健康な体を作ろうとすると、どうしても運動をして体を動かすことは大切です。

頭皮環境だけでなく、体も健康になるという効果も見込めるので、適度に運動することを心がけましょう。

有酸素運動をすることによってさらに、知らずにたまっているストレスも発散させるので、さらにストレスによる血管の収縮もほぐれて発散できるので、AGAに効果が非常に高いのです。

ストレスを溜めずリラックス

そして現代社会の天敵といえば、ストレス。これが一番厄介なことといえます。

目に見えない部分ではありますが、ストレスをため込むと自律神経のバランスが崩れてしまい、頭皮の血管が収縮してしまい、ヘアサイクルに大きく支障をきたしてしまいます。

非常に大事なことは、ため込まないということも大切なのですが、それは生活している中ではなかなか難しいものです。

一番、身近でできることは音楽を聴いたり、お風呂で湯船につかってリラックスするなど、こういったことでもストレスを解消することができます。

アミノ酸系シャンプーで頭皮を傷つけない

帰宅したらまずはシャンプーで、洗髪が非常に大事です。

日々生活している中で、汗をかき皮脂がたまったり、ほこりが髪の毛に付着したりと、そのまま寝てしまうと毛根を痛めてしまいます。

ここで注意が必要なのはごしごしと洗いすぎないこと。

シャンプーは、界面活性剤が含まれていないアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは頭皮に対して刺激を与えないので、傷つける事無くシャンプーをすることができます。

界面活性剤が含まれているシャンプーは、頭皮に刺激を与え、髪の毛を柔らかくするのでできるだけ避けた方が良いでしょう。

育毛剤の使用はヘアサイクルが活発な時間

育毛剤を使用するタイミングも非常に重要です。

適切な睡眠時間を確保している前提ですが、髪の毛の成長ホルモンが分泌されるのは、22時から深夜2時の時間帯がもっとも髪の毛のヘアサイクルが活発的な時間帯です。

ポイントとしては、20時頃にお風呂に入り、髪の毛の汚れなどを洗い落とした後に、活発な時間帯を迎える22時前の21時頃に、育毛剤を使うのが最も効果が高く、一番効果的な時間帯であります。

もちろん、日々のお仕事などでこの時間に帰宅するとういう方もいらっしゃると思うので、帰ったらまずお風呂に入り汚れを洗い落とし、なるべくピークの時間帯に使用することを目標とするとよいでしょう。

洗髪することは、たまった角質やほこりなどを洗い流す目的もあるので、育毛剤を使用するのは、お風呂後がベストといえます。

睡眠時間や食生活の改善は薄毛にならないための大事なポイントだぜ。

身体の健康体質と要するに密接に関係しているといえるんだ。

何よりも頭皮に血流を行き届かせるのが非常に大事。

ストレスを解消するのは、友達と話すことや趣味を楽しむことにより解消もできる。

育毛剤の使用も、ヘアサイクルのピーク時間である22時から2時に向けて、なるべく効果が最大限になる時間帯に向けて使うと期待できそうだぜ。

迷わず治療に!後回しにするとAGAが加速

若くして薄毛が進行していて、同じ生活リズムを続けていたら間違いなく、年齢と共に生え際の減退や、頭皮に薄毛の状態が多くなっていきます。

手遅れになる前に、AGA専門クリニックや皮膚科などでAGA治療を受けたほうが無難です。

高額な植毛手術とは違い、治療薬の処方箋だけでも薄毛の進行が改善されることが間違いないといえます。

代表的なAGA治療薬に用いられるのがプロペシアと呼ばれる内服薬です。

プロペシアはDHTに作用し、薄毛を進行させてしまわないよう抑制する効果があります。

効果が抑制されることによって、ヘアサイクルの乱れを防ぐことができ、結果的に改善効果、育毛効果も見込めます。

ここで、クリニックではどれくらいの費用を負担しなければいけないのか、目安を見てみましょう。

一般的なクリニック 初期費用 月額費用 薄毛の症状による費用
12,000円
~15,000円
8,000円
~15,000円
なし
(対応ができないため)
AGA専門クリニック 初期費用 月額費用 薄毛の症状による費用
2,0000円
~30,000円
10,000円
~30,000円
10,000円
~20,000円

一般的なクリニックは、月々の費用は安く感じるかもしれませんが、処方箋をもらうためだけに通院することが多くなります。

精密検査などを行う所が少ないので、薬も個人に合っているかなどがわかりません。

AGA専門クリニックは、一般クリニックよりも費用が高くなってしまいますが、専門医による一人一人に合った治療を受診することができます。

薄毛治療を確実にしたい場合はAGA専門クリニックを受診するのが一番良いです。

治療に行くタイミングは早いに越したことはないといえます。

頭皮に負担を掛けないことが改善につながる

ストレスの溜め込みは、自律神経に支障をきたし、育毛していくにあたっても大きく負担をかけているといえます。

ストレスや、生活習慣の乱れが原因となって男性ホルモンのバランスが崩れることにより、ヘアサイクルが大きく乱れてしまい、髪の毛の成長期に発毛が止まってしまいます。

シャンプーはアミノ酸系のシャンプーを使用するようにし、優しく揉みほぐすよう洗髪してください。

育毛剤は、成長ホルモンが分泌しやすい22時から2時の育毛のタイミングに合わせて使用すると最も効果的です。

ヘアケアも大事ですが、睡眠時間を確保する。

日々の暴飲暴食に気を付ける。

適度な有酸素運動などで全身の血流をよくすることで、毛髪も育っていくので、身体の健康も合わせて手に入れて一挙両得です。


若くして薄毛になるのは、日々の生活をきちんとすることが大事になってくる!

ストレス解消のために、休日の過ごし方や、リフレッシュの時間も重要だ。

対策をしていても変化がなければ、脱毛症を発症している可能性がある。

その場合は速やかに専門クリニックで受診するといい。

無料カウンセリングなども行っている所が多いから活用してみよう。

後回しにしても治療が長引くだけで良いことはないぞ!気になったら即行動が良いだろう。

この記事の関連記事