AGA治療薬は発毛効果!育毛剤は育毛と予防改善に効果!

育毛剤は、頭皮や毛髪の予防や環境を整える目的で作られた育毛予防効果がある頭皮ケア商品です。

育毛シャンプーよりも頭皮環境の予防改善効果や育毛作用が大きく働きます。

血行を促進したり毛髪の成長を助ける作用をしたり抗炎症作用で軽度のカユミやフケを予防したりする薬用成分で頭皮環境の改善効果があるものです。

つまり、育毛剤は「頭皮の健康状態や毛髪の成長を助けることができるもの」であり、「あくまでも薬ではないので発毛させることはできないもの」と認識してから使用するようにしましょう。

頭皮環境のバランスが崩れたことで抜け毛が多くなることがあります。

例えば、頭皮の乾燥や脂性など「皮膚疾患やAGA以外の原因」で薄毛になった人が育毛剤を使用すると頭皮の乾燥や脂性が改善されて毛髪が生えてくることはあります。

毛髪が細く元気がなくなった毛髪などを太くて健康な毛髪に改善する効果もあります。

しかし、薄毛の人や発毛に期待する人が使用する時は、抜け毛や脱毛原因が特定されないまま育毛剤の使用を続けたとしても全てが発毛につながるものではないと言う認識を持つことが大切なのです。

育毛剤は「発毛成分が含まれている薬」ではないからです。

育毛剤は「医薬部外品」として販売されています。

つまり、発毛効果は医薬品としては認められていますが、育毛効果が認められている製品は医薬部外品として許可されている理由も付け加えることができるからです。

今回は、育毛剤の効果を間違って捉えている人とこれから育毛剤の使用を考えている人に認識をより高めて正しい育毛剤の使用をしてもらうように「本来持つべき育毛剤の効果」をより詳しく解説したいと思います。

効果アップには自分に合った育毛剤を選択すること!

最近、鏡の前に立つと下記のような毛髪や頭皮が気になることはありませんか?

1.毛髪が以前に比べて細くなり成長が遅くなってきた

2.頭皮の色が変わってきた

3.頭皮がかたいような感じで弾力性がなくなってきた

4.毛髪のハリやコシがなくなってきた

など加齢によるものや他の脱毛原因が考えられる場合もありますので注意が必要です。

しかし、上記のような頭皮や毛髪の変化に対処できるものが育毛剤の効果を出すことができることです。

育毛シャンプーと同じように「フケやカユミを抑制する作用」も含まれます。

つまり、育毛剤は「発毛する成分を含む治療薬ではない」ことを捉えておくようにしましょう。

頭皮環境が崩れたことで薄毛になった人は、育毛剤を使用すると薬用成分で頭皮の血流を改善することや潤いを与えることで元気な毛髪を育てることができるものなのです。

育毛剤には、大きく分けると2つの種類があります。

A 唐辛子・生姜成分など刺激成分を多く含んだ育毛剤。

血行不良に効果的です。

頭皮の色が悪く抜け毛や毛髪が弱くなっている人にお勧めします。

代表的な刺激成分と言えば唐辛子や生姜などですが、今では色々な種類の血行促進成分を配合し頭皮に浸透しやすいナノ技術を取り入れた育毛剤が多く販売されています。

今までの育毛剤よりも頭皮の浸透力がアップしたことで、血行促進効果が上がり頭皮の色や毛髪の改善に役立っています。

血行不良:血流が悪いため毛髪まで十分な栄養が行き渡らないことで毛髪が細くなることや毛穴の収縮力が弱まることで抜け毛を起こすことがあります。

B 植物の葉・花エキスや樹皮・茎エキスなど多く含んだ育毛剤

今では育毛剤の保湿成分には常識のように配合されるようになりました。

頭皮乾燥が気になる人や保湿成分が足りない毛髪の人にお勧めします。

保湿を重視するためにカッコンエキスや海藻エキスを加えた育毛剤が増えています。

保湿成分の浸透力を高めるためにナノ水やナノイオンを駆使したことで、頭皮の乾燥が気になる人の保湿力を以前よりも数段高めています。

頭皮がかたくなってきた人」や「毛髪のハリやコシがなくなってきた人」が使用すると効果に期待が持てます。

特に、頭皮の乾燥が気になる人には効果的です。

毛髪のハリやコシがなくなるのは、パーマやカラーをすることが原因になることもありますし、頭皮の保湿成分が足りないことで頭皮乾燥や抜け毛が起こる場合もあります。

上記、2つのタイプには育毛剤の効果に期待を持つことができます。

皮膚疾患や皮膚異常・AGAの症状から起きている場合、同じような症状が現れるので判断は難しいですが2ヶ月ほど使用しても変化を感じない場合は、専門の皮膚科やAGAクリニックで相談した方が良いでしょう。

育毛剤を選択する時は、頭皮や毛髪がどういう状態なのか把握してから購入するようにしましょう。

天然成分や刺激成分が頭皮に合わない場合も多くありますから、状態を確認してから育毛剤の選択をするようにしましょう。

育毛剤が合わない場合はどういう症状が出る?

せっかく良い育毛剤に巡りあったとしても頭皮に合わない場合があります。

血行促進作用の成分を多く配合している育毛剤は、配合量が多いとその分血行を促進する成分が強くでたことで「頭皮のかぶれや湿疹・カユミ」を起こすことがあります。

血行促進成分の量が多いほど、頭皮や毛細血管を刺激する作用が働くので頭皮にカユミが出てきます。

カユミを我慢することができずに、強く頭皮を掻いてしまうことで頭皮湿疹や腫れを悪化させることも。

頭皮が弱い人もいますので、栄養素を順調に運ぶことができることは確かですが、ドラッグストアや薬局の登録販売者に相談してから購入すると良いでしょう。

血行促進成分の多い育毛剤を選ぶ時も注意が必要です。

配合量や配合成分が少ない育毛剤を使用して頭皮に異常がないか確かめることも大切です

配合量の多さだけで選択すると逆効果になることもありますから、配合量や刺激成分の種類の多さには気を付けるようにしましょう

*育毛剤の成分表を見ると血行促進成分の種類や配合されていることがわかります。

要注意!育毛剤は発毛する薬ではない

育毛剤の宣伝において「髪が生えてくる」などのフレーズは宣伝文句で使われるケースがあります。

しかし「元気な髪が生えてくる」というような「発毛効果を連想させやすい」宣伝文句は、旧薬事法2014年11月25日より改正されている薬機法に引っかかる恐れがあります。

*育毛剤は発毛剤「薬」ではありません

育毛剤を使用する人の中には、少なくとも「育毛」が「発毛する」と間違えてしまうのだと思います。

育毛剤と発毛剤は用途が違います。

発毛を信じ過ぎたことで損をすることになりますから、宣伝文句は過剰に意識しないようにしましょう。

初期症状の場合、頭皮環境が崩れているだけなのか判断しにくい症状もありますから経過を見ながら適切に使用することが大切です。

下記の表のような原因であれば育毛剤の効果は期待できないので専門の医師の治療が必要になります。

AGA(男性型脱毛症) 初期症状
・カユミのない抜け毛が洗髪時多くなる
・毛髪のハリ・コシ・ツヤがなくなる
・かたくパサパサした毛髪に変わる
・頭皮の色が変わる
皮膚異常
(脂漏性皮膚炎 他の皮膚異常)
初期症状
・いつもカユミがある
・フケの量が増えて止まらない
・湿疹・かぶれが多くなる
・頭皮がいつも赤く炎症している
皮膚疾患
(円形脱毛症・アトピー性皮膚炎など他の皮膚疾患)
初期症状
・部分的に抜け毛が多くなる(円形脱毛)
・いつもカユミがある(アトピー性)
・頭皮の赤みや湿疹がよくでる(アトピー性)

「育毛剤で対応できるかな?」と思う症状が、上記の初期症状に多いので使用する時は1ヵ月ほど経過を見ながら使用すると良いでしょう。

育毛剤を使用して発毛させようとしても、上記の原因であれば「まず発毛してきません」から、専門のクリニックや皮膚科で治療をして回復させる必要があります。

治療薬は医薬品として厚生労働省から「認可」を受けた「薬」

医師や薬剤師の処方がなければ受け取ることができないものです。

「薬」は「医薬部外品」と違い取り扱い方や購入方法に違いがあります。

第1類 AGA治療薬や皮膚科治療薬に該当します。
医師か薬剤師しか取り扱うことができないものになります。
必ず、問診や処方箋が必要になります。
第2類 風邪薬など比較的副作用が少ないものです
ドラッグストアや薬局で購入することができます
第3類 日常生活に支障をきたさないレベルの医薬品。
例えば、目薬や整腸剤など。
ドラッグストアや薬局で購入することができます
目の洗浄や眼病予防などに使用します

上記のような症状の人で発毛効果を期待したいのであれば、専門の治療薬を使用することが必要になります。

育毛剤は、前述しているように「薬」ではないので発毛成分が含まれていないことです。

育毛剤の医薬部外品は、厚生労働省が「許可」した育毛効果が認められたもの

栄養素が不足していると毛髪にハリやコシがなくなってきます。

しかし、AGAの初期症状でも同じことが起きますので注意しなければいけない症状です。

毛髪が細くなってきた時
栄養素が不足しているか毛髪まで行き渡っていないことが考えられます。
食生活に偏りがないか確認することも大切です
頭皮の色が変わってきた時
血流が悪いと頭皮の色が変わりますが加齢によるものもあります。
血行を促進するためには頭皮マッサージを併用するとさらに効果が上がります
頭皮がかたく弾力がなくなってきた時
AGAの初期症状に起こることがあります。
薄毛や抜け毛が多くなっている人に多い症状です。
毛髪のハリやコシがなくなってきた時
AGAの初期症状に多く起こることがあります。

頭皮マッサージをすることも大切ですが、AGAや他の皮膚疾患が考えられる症状ですから経過を見ながら使用しましょう

軽度のカユミやフケが気になる時
カユミの原因は皮脂分泌が多くて菌の繁殖が起きている場合があります。

フケが多くなっている時や止まらない時は、乾燥などで皮膚異常を起こしていることも多くありますから皮膚科で受診するようにしましょう。

但し、上記の症状は皮膚疾患や皮膚異常・AGAの症状でも起こるので、自己判断がとても難しいと言えるでしょう。

1ヶ月使用しても回復の兆しがないようであれば専門の医師に相談する方が良いでしょう。

また、抜け毛が止まらないようであれば、AGAや皮膚異常や疾患の原因が考えられます。

直ちに育毛剤の使用を止めて、すぐに専門医に相談するようにしましょう。

「抜け毛が止まらない」のに放置していると、毛髪の回復が相当遅れることになりますから早めの対処を心がけましょう。

育毛剤は医薬部外品にあたる

下記の図は、医薬品・医薬部外品・化粧品3つに分けた頭皮や毛髪に関係するものです。

上記の図を見てわかるように、医薬品から医薬部外品・化粧品まで使用用途が段階に分けられています。

医薬品は、治療をすることで症状を回復させる薬

・薄毛の人の「皮膚疾患や皮膚異常」の症状に治療薬を用いる

・AGAの人に内服治療薬を服用・外用薬を塗布する

ことで頭皮から発毛させ回復させることができます

医薬部外品は、頭皮の予防・毛髪の育毛を中心にした育毛効果があるもの

予防効果・効能を持つものを薬用効果といいますが、予防効果や育毛を促進する効果が認められ作られたものです。

「軽度のカユミやフケ」を予防し抑制する

「細くなってきた毛髪」を育毛促進する

「発毛してきた毛髪」を育毛する

「血行不良を起こした頭皮」の血流を刺激成分で促進する

化粧品

身体的に清潔にする・容姿や美化をする目的で作られたものです

毛髪で言えば、なめらかに保護コーティング作用があるものを指します

つまり、育毛剤は抗炎症作用でカユミを抑制したり荒れた頭皮に潤いを与え血行を促進したりすることで、頭皮や毛髪の健康を維持し予防育毛するためのものと言えるのです。

薬の発毛効果と同じにならないのが、育毛剤(医薬部外品)と認識するようにしましょう。

治療であれば「薬」育毛剤で改善できる可能性も

育毛剤は薬用効果を用いることで、頭皮環境を健康な状態に維持し毛髪の成長を促進させます。

育毛剤に期待できる効果
1 発毛する前の頭皮を整える準備する時
2 現状細くなった毛髪から元の太い毛髪へ成長させたい時
3 毛髪のコシやハリを改善したい時
4 軽度のカユミやフケの抑制
5 頭皮の乾燥肌や脂性肌の抑制
6 頭皮の色が変化している時の頭皮の血行促進

などが、主な適用範囲と言えるでしょう。

■ 天然成分(植物エキスや樹皮エキス)や保湿成分などが多く配合された育毛剤

主に適応する症状 1・2・3・4

天然成分を多く配合している育毛剤は、頭皮や毛髪に潤いを与えることで弱った頭皮や毛髪を改善する効果があります。

◇注意点!

血行促進成分よりはカユミを起こしにくい育毛剤ですが、天然成分が頭皮に合わない人もいます。

頭皮の弱い人は配合量の少ない育毛剤から使用すると、頭皮に負担をかけることが少なくて済むでしょう。

*「頭皮が弱い人や天然成分のアレルギーを持っている人」に起きる症状として「湿疹や赤み」がでることがあります。

症状が出た時は、悪化する前にすぐに止めて専門医に相談する方が良いでしょう。

■ 血行促進成分が多く配合されている育毛剤

主に適応する症状 3・4・5・6

頭皮の色やかたさに変化がある人

頭皮の色が違う人にお勧めします。

血行が良い頭皮は青白い色をしています。

血行が悪くなると頭皮がかたくなり色も変わってきます。

◇注意点!

「頭皮が弱い人」は血行促進成分の少ない育毛剤から使用するようにしましょう。

頭皮が強い人でも血行促進成分は頭皮に刺激を与えた際、カユミを引き起こします。

成分量が多いとカユミも強くなり「頭皮を強く掻いてしまう」ことで湿疹や腫れを起こすことがあります。

頭皮が気になる人は血行促進成分の種類や配合量の少ない育毛剤を使用するようにしましょう。

薄毛の範囲が広くなっている人や、とにかく発毛に期待したい人は、薄毛の原因を検査で調べて確認することが必要です。

AGAクリニックや皮膚科の治療薬を使用することで発毛へと回復させることができるでしょう。

AGAや皮膚治療薬で期待できるもの

・薄毛や頭皮に毛髪がない状態から発毛を促進し回復させることができる

・疾患部位の抜け毛の改善・回復

育毛剤と治療は別物!

育毛剤とAGAや皮膚科の治療薬で得られるの効果には違いがあります。

今までの結果をまとめますと、下記のようになります。

治療薬

発毛を阻害している菌体や悪玉酵素を阻害・殺菌することで、発毛へと回復させていくものが治療薬です。

AGAや皮膚科治療で使用されるものは医師の処方で治療をする「薬」になります。

「発毛させる成分や阻害成分を配合した薬」が脱毛症や薄毛を回復させるものだと認識すると良いでしょう。

育毛剤

ドラッグストアや薬局で購入できるものです。

「薬用効果で頭皮の予防や毛髪を育毛促進・保護」するものだと認識すると良いでしょう。

治療薬による発毛と育毛剤による育毛の違いは、「医薬品」か「医薬部外品」の違いがあるんだなあ。

用途が違うから気を付けるんだなあ。

発毛を取り組みたい人へ

育毛剤は、発毛する成分が含まれていないものです。

一時的な抜け毛や薄毛の原因が、頭皮環境のバランスが崩れた時によるものであれば育毛剤の薬用効果が出るものです。

それ以外の原因(皮膚異常・皮膚疾患・AGA)による脱毛症では対処が難しいと認識しておきましょう。

AGAクリニックや皮膚科など専門医師へ受診して治療を行わなければ回復しませんので、発毛治療薬と育毛剤効果の違いがあることを知ることが大切です。

育毛剤を使用する前には、下記の目的や症状を確認してから毛髪や頭皮に合った育毛剤を選択すると育毛効果に期待を持つことができるでしょう。

A 発毛する前の頭皮を整える準備する時
B 現状細くなった毛髪から元の太い毛髪へ成長させたい時
C 毛髪のハリやコシを改善したい時
D 軽度のカユミやフケの抑制
E 乾燥や脂性の抑制
F 頭皮の血行促進
天然成分(植物エキスや樹皮エキス)や保湿成分などが多く配合された育毛剤
適応する症状 A・B・C・D・E

天然成分を多く配合している育毛剤は、頭皮や毛髪に潤いを与えることで弱った頭皮や毛髪を改善する効果があります。

◇注意したいこと!

天然成分が頭皮に合わない人もいます。

頭皮の弱い人は配合量の少ない育毛剤から使用すると、頭皮に負担をかけることが少なくて済みます。

頭皮が弱い人や天然成分のアレルギーを持っている人は、湿疹や赤みがでることがあります。

症状が出た時は、悪化する前にすぐに止めて専門医に相談する方が良いでしょう。

血行促進成分が多く配合されている育毛剤
適応する症状 B・D・E・F

頭皮の色やかたさに変化がある人にお勧め。

血行が良い頭皮は青白い色をしています。
血行が悪くなると頭皮がかたくなり色も変わってきます。

◇血行促進成分が多く配合されている育毛剤の注意点!

「頭皮が弱い人」は血行促進成分の少ない育毛剤から使用するようにしましょう。

頭皮が強い人でも血行促進成分は頭皮に刺激を与えた際、カユミを引き起こします。

成分量が多いとカユミも強くなり「頭皮を強く掻いてしまう」ことで湿疹や腫れを起こすことがありますから、頭皮が気になる人は血行促進成分の種類や配合量の少ない育毛剤を使用するようにしましょう。


天然成分の種類や配合量にも違いがあり、頭皮の状態を把握していないと湿疹や腫れの原因を作ることにつながることもあるぞ。頭皮が弱い人やアレルギーを持っている人で育毛剤を選択する際には、ドラッグストアやインターネットストアに在籍する登録販売者や薬剤師に種類や配合量を見て相談してみてくれ!

くれぐれも育毛剤は「治療」行為ではないから間違えないでくれよな!

この記事の関連記事