育毛剤は化粧品の分類に!?育毛製品の違いを解明

育毛製品を購入するとき、製品の分類を確認していますか?
口コミや評判だけで育毛製品を選んでいませんか?

世の中には数多くの育毛製品が存在し、育毛剤・養毛剤・スカルプケアなど、製品名称もさまざまです。

どの製品がどういう効果を持っているのかも、名称を見ただけではよくわかりませんよね。

これらの名称はどのような基準でつけられているのでしょうか。

育毛製品は薬品です。

すべての薬品は、薬機法(旧薬事法)の定めに従って「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類されます。

分類ごとに目的、効果、広告規制、製造販売の許認可などを細かく定めています。

育毛剤や養毛剤というのは、その成分や作用に基づいてつけられた名称です。

つまり、購入を検討している製品がどの分類なのかを確認すれば、自分の求める効果があるかどうかを知ることができます。

広告やパッケージの宣伝文句に目が行きがちですが、最初に分類を確認すると、より製品の特徴を理解することができます。

今回は、育毛製品を購入する際に知っておくと便利な情報を解説していきます。

医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

最初に、日本の薬機法で定められている「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の定義について解説します。

<医薬品>

・厚生労働省から製造販売の承認を得ている
・病気の治療や予防を目的としている
・有効成分の効果が認められている

医薬品は、さらにいくつかの種類に分かれています。

風邪薬などのように簡単に買えるものもあれば、薬剤師の対面販売が必要なもの、医師の出す処方箋が必要なものなど色々あります。

明確な効果が認められている分、副作用が起きる可能性もあるので、使用には注意が必要です。

<医薬部外品>

・あせも・吐き気・体臭などの防止、脱毛防止や育毛、害虫駆除などが目的で、効果や副作用がゆるやかである
・厚生労働省によって医薬部外品に指定されている
・厚生労働省が許可した効果・効能の成分が含まれている

例:ビタミン剤、うがい薬、整腸剤など

全体的に、医薬品と比較して効果や副作用がゆるやかなものが指定される傾向にあります。

病気の治療ではなく予防が主な目的です。

<化粧品>

・美容や皮膚、髪の毛の健康維持が目的
・体に塗ったり吹き付けたりして使う
・効果や副作用が医薬部外品よりもさらにゆるやかである

口紅やファンデーションから基礎化粧品まで、一般にいう「化粧」をするためのものはすべてこれに該当します。

法律上はシャンプーやリンス、石鹸、歯磨き粉も化粧品として扱われます。

育毛製品を選ぶときに確認すべき3つの分類と特徴

各育毛製品が3つの分類のどれに該当するのかを解説します。

具体的にどんな効能が期待できるのかもあわせて見ていきましょう。

<医薬品>

髪の毛に関する薬品のうち、医薬品に該当するのは「発毛剤」です。

成分としては、ミノキシジル(商品名:リアップなど)やフィナステリド(商品名:プロペシア)などがあります。

クリニックで育毛の専門治療を受けた場合、大抵はこれらが処方されます。

医薬品だけあって、発毛剤は直接的な「毛を生やす」効果が期待できます。

その分副作用もあるので、注意しつつ使用しましょう。

体調に気になるところがあれば、定期検診の際に医師へ伝えるようにしてください。また、すべての人に効果が現れるとは限らないので、了承の上で使用しましょう。

また、風邪薬などと違い、発毛剤は基本的にクリニックで処方してもらいます。

市販で売られているリアップは薬局でも購入できますが、薬剤師による対面販売が必須です。

初めて購入する場合は使用法や副作用について薬剤師から説明があります。

持病や既往歴についても確認されるので、薬剤師に話を聞きましょう。

<医薬部外品>

髪の毛に関する薬品のうち、医薬部外品に該当するのは「育毛剤」です。

直接的に毛を生やすのではなく、髪の毛が生える環境を整えてくれるタイプの薬品が中心です。

病気を治すというよりは、予防することがメインになります。

例えば、「薬用◯◯」という表記がされている製品があれば、それは医薬部外品です。

医薬品よりは効果がゆるやかですが、医薬部外品も効果・効能が確認されています。

含まれる成分の種類や濃度にも、一定の制約があため、「薬用◯◯」という表記をすることが可能です。

一方で、含まれる成分をすべて表記する義務がないのも医薬部外品の特徴です。

「有効成分」と「その他の成分」に分けた上で、特に定められた成分(アレルギーを引き起こすおそれのあるものなど)さえ記載していれば販売できます。

<化粧品>

髪の毛に関する薬品の中では、「養毛剤」と呼ばれるものが化粧品になります。

髪や頭皮に栄養を与えて健康に保つことを目的としたものです。

細胞の増殖や分化を促進するタンパク質である成長因子や、後述するキャピキシルも化粧品に含まれます。

化粧品は、医薬品や医薬部外品に記載が認められている効果・効能を謳うことができません。

にきびや肌荒れの防止、殺菌作用といった効能を表記することができないのです。

仮に表記があれば、その製品は医薬部外品です。

「薬用化粧品」という表記がある製品も、分類上は化粧品ではなく医薬部外品になります。

効能を謳えない代わりに、化粧品は成分の制約がゆるいという特徴があります。

厳しい基準をクリアする必要がないため、各メーカーがある程度自由に成分を配合することができます。

結果として、化粧品は非常に多様性に富んだものになっているのです。

その分、医薬部外品と違い、成分はすべて表記する義務があります。

養毛剤と育毛剤の違いは化粧品と医薬部外品の違い

育毛製品を区別する上で、特に注目していただきたいのが養毛剤と育毛剤です。

前述の通り、養毛剤は髪に栄養を与えるもの、育毛剤は髪の生える環境を整えるものです。

これだけだと、どちらの方がハゲに効くのかよくわかりません。

分類としては、養毛剤が化粧品、育毛剤が医薬部外品ですから、後者の方が効くように思えます。

しかし、実はそうとも限りません。

化粧品は医薬部外品に比べ、成分の制約がゆるいです。

そのため、医薬部外品に配合することが認められていない成分を入れることができます。

さらに、医薬部外品では濃度の制約がある成分を、より高濃度で配合することも可能です。

メーカーは日々新たな育毛製品を開発しています。

可能であれば、効果を謳うことができる医薬品・医薬部外品として販売したいでしょう。

しかし、どれだけ臨床で効果が確認できても、法律の定める基準をクリアしなければ医薬部外品にはできません。

そこで、より基準のゆるい化粧品として販売しているケースがあります。

以上の点から考えると、養毛剤(化粧品)が育毛剤(医薬部外品)に劣っているとは言い切れません。

医薬品、医薬部外品、化粧品というのは単なる分類であって、効果が医薬品>医薬部外品>化粧品であるとは限らないのです。

製品を購入する際は、分類だけでなく成分表示にも注目しましょう。

化粧品の育毛製品に配合「キャピキシル」の効果

高い育毛効果があるとして、最近注目されている成分が「キャピキシル」です。

これは医薬部外品に配合することが認められていません。

そのため、キャピキシルを含む育毛製品は、化粧品として販売されています。

キャピキシルは、「アセチルテトラペプチド3」と「アカツメクサ花エキス」という2つの成分を合成して作られています。

それぞれが優れた育毛効果を持っているため、個別に解説しましょう。

アセチルテトラペプチド3

成長因子の1つで、非常に強い細胞修復効果を持っており、やけどや手足の切断など、人体の大きな損傷にも修復効果が認められています。

医療の現場の最前線でも注目され、今後の研究にも期待がかかります。

この修復効果は髪に対しても有効で、衰弱した毛母細胞を復元する効果が見込めます。

生えてきた髪を固定する力を強化し、抜けにくくする効果も確認されています。

アカツメクサ花エキス

文字通りアカツメクサの花から採取できる天然の成分です。

このエキスに含まれる「ビオカニンA」という成分は、女性ホルモンによく似た構造を持っています。

毛根の近くから分泌される「5αリダクターゼ」という酵素の分泌を抑える効果があります。

AGA(男性型脱毛症)は、5αリダクターゼが多量に分泌されることによって発症します。

この酵素が男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

DHTは髪の生成サイクルを乱し、脱毛を発生させます。

つまり、5αリダクターゼの分泌を抑制できれば、AGAの進行を食い止めることができるのです。

医薬品に使われている成分でこの効果が認められているのは、フィナステリドだけです。

アカツメクサ花エキスは、天然の成分でありながらフィナステリドと同様の効果が期待することができます。

アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスを合成して生まれたキャピキシルは、非常に優れた育毛成分といえます。

そうなると、心配になるのは副作用です。

今のところ、キャピキシルの大きな副作用は報告されていません。

今後どうなるかは不明ですが、現段階では安全性に問題はないと推測できます。

それぞれの特徴を理解した上で使い分けることが大切!

育毛製品を選ぶ際には、どのカテゴリに分類されるのかを確認し、特徴を理解する必要があります。

医薬品は高い効果が期待できますが、副作用に気をつけなくてはいけません。

医薬部外品は、効果も副作用も医薬品より抑えめで、身近な存在です。

制約のゆるい化粧品は、含まれている成分次第で評価が変わります。

まだ研究途中のキャピキシルは、今後何かしらの副作用が発見されるかもしれません。

将来的に医薬品や医薬部外品へ格上げされる可能性もあるでしょう。

実際に、ミノキシジルを含む発毛剤であるリアップも、最初は簡単に買える大衆薬でした。

ところが、重篤な副作用が発生していたことが明らかになり、対面販売が必須になったのです。

考え方の基準

・とりあえず予防として使ってみる
・薄毛の進行を抑えたい
・薄毛を確実に改善したい
・費用面

などが挙げられるんだなあ。
何を重視するかは自分で決めるしかないんだなあ。

どれが自分に適しているのかを判断するためには、ハゲの原因をはっきりさせる必要があります。

不安であれば、専門のクリニックで診察を受けるなどして、育毛の方針を決定するのがよいでしょう。

育毛と育毛製品における分類のまとめ

育毛剤や育毛製品がどういった種類に分類されるのかをまとめました。

育毛製品の分類

・育毛製品は、薬機法に従い医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類に分類される。

・医薬品、医薬部外品、化粧品というのは分類であって、効果が医薬品>医薬部外品>化粧品であるとは限らない。

分類ごとの製品の特徴

発毛剤は医薬品育毛剤は医薬部外品養毛剤は化粧品である。

・発毛剤は髪を生やすこと、育毛剤は髪が生える環境を整えること、養毛剤は髪や頭皮に栄養を与えることを目的にしている。

・化粧品は、医薬品や医薬部外品に認められている効能を謳うことができない。

・化粧品は、医薬品や医薬部外品に比べて成分の制約がゆるい。そのため、あえて化粧品として販売される育毛製品もある。

養毛剤と育毛剤の違い

・養毛剤は化粧品のため、育毛剤には配合できない成分を含んでいる場合がある。

・育毛効果は医薬品>医薬部外品>化粧品であるとはいい切れない。

育毛が期待できるキャピキシルの効果

・キャピキシルは高い育毛効果を持つ成分である。

・キャピキシルを配合した製品は医薬品や医薬部外品として販売できないため、化粧品として販売されている。

・キャピキシルは「アセチルテトラペプチド3」と「アカツメクサ花エキス」を合成して作られている。

・アセチルテトラペプチド3は、強力な細胞修復効果を持つ。

・アカツメクサ花エキスは、AGAの進行を抑制する効果を持つ。

育毛製品の使い分け

・育毛製品を選ぶ際は、分類を確認し特徴を理解すること。

・自分にはどんな効果を持つ育毛製品が必要なのかを考えることが大切。

薄毛に悩むあまり、手当たり次第に育毛製品を使ってしまう人もいます。

しかし、育毛剤や治療薬を使えばすぐに治るというものではありません。

効果が現れるまでには、大体半年以上の時間がかかります。

大切なのは、自分に必要なのがどのような製品なのかということです。

薄毛の兆候が見られる程度なら、頭皮環境の改善で対応できるかもしれません。

AGAが進行した状態であれば、医薬品の使用を検討すべきでしょう。


育毛剤は医薬部外品として扱われるけど、化粧品として扱われる育毛製品もあるんだ!

研究段階ではあるが、育毛製品の中でも「キャピシル」という成分が含まれているものは育毛効果の期待ができそうだ!

この記事の関連記事