育毛には自然乾燥はダメ!ドライヤーを欠かさずに

ドライヤーを使うと髪が傷んでしまうので、髪を洗った後は自然乾燥させるようにしているという人は、意外と多いのではないでしょうか。

確かにドライヤーは、使い方によっては髪を傷め、枝毛や切れ毛の原因となってしまうことがあるのは確かです。

これが「ドライヤーは育毛の敵」というイメージにつながっているようです。

ところが、実は髪を自然乾燥させることが、薄毛の原因となってしまったり、頭皮の状態を悪化させてしまったりすることはご存知でしょうか。

きれいでフサフサな髪のためにドライヤーを使わないようにしているのに、それがかえって髪にとって良くないと言われても、にわかには信じられないのではないでしょうか。

ドライヤーは使い方さえ気をつければ、髪の毛を守ってくれる大切なアイテムになるのです。

問題はドライヤーそのものではなく、使い方。

どのようにドライヤーを使えば髪の毛に良いのか、説明していきましょう。

また、最近では髪にダメージを与えにくいドライヤーも販売されています。

最新のドライヤー事情についても触れていきます。

ドライヤーは育毛に必須のツール

ドライヤーが髪に良くないと言われている理由のひとつは、熱風によって髪の表面のキューティクルを破壊してしまうことがあるためです。

キューティクルは髪の表面を覆っており、顕微鏡で見ると鱗のようになっています。

髪に含まれている水分の蒸発を防いだり、髪に弾力を与えたりしているのが、キューティクルの役目なのです。

キューティクルはケラチンというタンパク質からなっていますが、タンパク質は熱に弱いという性質があります。

キューティクルは70度を超える熱にさらされると変質し、剥がれてしまうのです。

ドライヤーの熱風は100度前後が平均的で、200度を超えている製品もあります。

こんな高い温度の風を当てられれば、キューティクルはひとたまりもないでしょう。

また、ドライヤーが頭皮を乾燥させる原因になることも「育毛の敵」とされる理由です。

洗髪後は頭皮を守る皮脂の膜が薄くなっているため、熱風を当てることで頭皮の水分が蒸発してしまうのです。

頭皮が乾燥するとターンオーバーがうまくいかなくなり、頭皮が塊のまま剥がれ落ちるようになります。

これによってフケが増えるなど、頭皮環境の悪化につながるというわけです。

この頭皮環境の悪化が薄毛につながる可能性があるのではないかと、心配している人もいるでしょう。

ただ、実際のところドライヤーによってハゲになってしまうようなことはありません。

ドライヤーを使用している最中に髪が抜けてしまうこともありますが、これは気にするようなものではありません。

頭髪は毎日、一定の数が抜けているんだ。

1日当たり平均で60本前後、多いときでは200本を超える頭髪が抜けているぞ。

これは寿命を迎えた頭髪が生え替わっているのです。

髪が抜けるのを恐れてドライヤーを使わないというのは、神経質になりすぎです。

実際には、自然乾燥のほうが頭髪に悪影響を与えてしまう可能性が高いのです。

自然乾燥は頭皮環境を悪くする!

では、頭髪を自然乾燥させることには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

自然乾燥のデメリット

・雑菌が増えやすくなる

・頭皮が冷えて血行が悪化する

・キューティクルが剥がれやすくなる

洗髪後に頭髪を自然放置していると、長時間にわたって頭皮に水分が残ってしまうことになります。

頭皮に水分が残っていると、頭皮の雑菌の繁殖を促進させてしまうのです。

夏場に腋の下が臭いやすいのは、汗をかきやすく、その水分によって雑菌が繁殖しやすいためです。

頭髪を自然乾燥させると、同じことが頭皮に起きると考えると分かりやすいでしょう。

頭皮に雑菌が増えると、毛穴に感染して炎症の原因になることがあります。

頭皮の炎症が悪化すると脱毛症を起こし、薄毛の原因になってしまうこともあるのです。

また、頭皮を濡れたままにしておくと、水分の蒸発によって熱が奪われて冷えてしまいます。

頭皮が冷えると、体温を逃がさないようにするために血管が収縮し、血行の悪化につながってしまうのです。

頭髪の成長にはタンパク質や亜鉛などの栄養素が必要ですが、これらは頭皮から吸収されるわけではなく、消化器で取り入れられたものが血液によって頭皮まで運ばれてくるのです。

ところが血行が悪化すると、頭髪の成長に必要な栄養素が頭皮まで十分に届けられなくなってしまいます

これによって頭髪の成長が妨げられ、薄毛を促進させてしまうというわけです。

そして、キューティクルは髪が濡れていると結合が弱まり、剥がれやすい状態になっています。

このような状態でブラッシングなどをすると、キューティクルは簡単に剥がれ落ちてしまいます。

キューティクルが剥がれ落ちた頭髪は水分が蒸発しやすくなってパサパサになり、弾力を失って切れやすくなってしまうのです。これが髪そのものの状態悪化につながるというわけです。

このように、髪を自然乾燥させることは頭皮や髪にダメージを与え、薄毛の原因となってしまうのです。

ダメージを防止するためには、頭髪や地肌をドライヤーで乾かすことが必要になってくるのです。

正しいドライヤーのかけ方とポイント

ただ、ドライヤーは使い方が悪いと、かえって頭皮や髪にダメージを与えます。

頭皮や髪を守るための、正しいドライヤーの使い方

まずタオルドライを行う

髪から20センチ以上離す

仕上げには冷風を使う

まず、洗髪直後の髪は水を多く含んでいるため、キューティクルの結合が弱くなっています。

キューティクルの結合が弱い状態でドライヤーを使うと、頭髪から剥がれる原因となります。

タオルドライによって水分を減らしてからドライヤーを使うと、キューティクルが剥がれにくくなるのです。

この時に気をつけてほしいのは、タオルドライを力任せにしないことです。

髪とタオルの間の空気をかき混ぜるような、ふわっとした感覚で行うといいでしょう。

水分によって結合が弱くなっているキューティクルは、摩擦によるダメージに弱くなっているため、タオルによる摩擦をできるだけ起こさないようにすることが重要なのです。

ドライヤーを髪から20センチ以上離した方がいいのは、熱風の温度が下がるためです。

多くの製品は20センチ離すと熱風の温度が70度以下になり、キューティクルが熱によって変質しにくくなるのです。これならば髪を傷めるようなことはないでしょう。

ただ、それでも長時間熱を当て続けると、キューティクルが変質してしまうこともあります。

低温やけどと似たような現象が、キューティクルにも起きるということです。

これを防ぐために、ある程度髪が乾燥したら、温風から冷風に切り替えるようにするのがおすすめです。

冷風ならば、キューティクルが温度によって変質することはまずありません

熱風によって頭皮から髪の根元にかけてほぼ乾いたと判断したら、冷風に切り替えて毛先までしっかりと乾かすようにするのがおすすめです。

ドライヤーはこの3つのポイントをきちんと守って使えば、雑菌の繁殖や頭皮の血行悪化を抑えられ、育毛に役立ってくれる貴重なアイテムとなってくれるのです。

やってはいけないヘアドライ方法

逆に、育毛にとって逆効果となる、やってはいけないドライヤーの使い方としては、以下のようなものが考えられます。

タオルドライをしない

力任せのタオルドライ

不潔な布でのタオルドライ

ドライヤーを近づけすぎる

洗髪直後、頭髪が水分を多く含んでいるときは、キューティクルの結合が緩くなっており、いきなりドライヤーを当てると、キューティクルが剥がれ落ちてしまいやすいのです。

キューティクルが剥がれ落ちると頭髪が乾燥したり、弾力を失ってしまったり、枝毛や切れ毛の原因となったりするなどの悪影響が出ます。

また、キューティクルの結合が緩いということは、摩擦によってキューティクルが剥がれ落ちてしまいやすいということでもあります。

タオルドライを力任せにゴシゴシとふいてしまうと、摩擦によってキューティクルが剥がれ、頭髪に悪影響を与えてしまうのです。

頭髪のダメージは薄毛につながるものではありませんが、頭髪がツヤや弾力を失ったり、プチプチと切れやすくなったりするのは避けたいところでしょう。

タオルドライのときには、絶対に洗いたての清潔な布を使用するようにしましょう。

体をふいたタオルなどを使うと、頭皮に残った水分をうまく吸い取ってくれません。

これでは自然乾燥によって細菌が繁殖してしまうのと大差なくなってしまいます。

ドライヤーは、最低でも20センチ以上離して使用するようにしましょう。

ドライヤーを近づけすぎると、70度を超える熱風が頭髪や頭皮に当たってしまうためです。

キューティクルはタンパク質なので、70度を超える熱風に当てると変質し、剥がれ落ちやすくなってしまいます。

また、頭皮に熱風が当たると乾燥し、状態が悪化する原因となってしまうのです。

このような使い方をしなければ、ドライヤーは頭髪や頭皮の状態を整え、薄毛対策に役立ってくれるのです。

薄毛に悪影響を与えるのはドライヤーそのものではなく、ドライヤーの使い方なのです。

進化を遂げる最新ドライヤー事情

最近では、従来の製品よりも育毛に役立ちそうなドライヤーが販売されています。

頭髪や頭皮に良さそうなドライヤーとしては、次のようなものがあります。

遠赤外線タイプ

マイナスイオンタイプ

遠赤外線は電磁波の一種で、当たった物質の分子を振動させ、これによって熱を発生させる働きを持っています。

つまり、体の外から温めるのではなく、内側から温めるのが遠赤外線です。

遠赤外線タイプとしては、最近話題のヘアビューザーなどが挙げられます。

遠赤外線のメリットは、頭髪や頭皮に含まれている水分が蒸発しにくいことです。

洗髪によって頭髪に付着した水分を、遠赤外線効果によって、頭皮や頭髪にダメージを与えることなく蒸発させることができるのです。

また、遠赤外線を頭皮に照射することで、血流を促進させることができるのもメリットです。

頭皮の血流促進は、毛根に栄養分を潤沢に届け、頭髪の成長力をアップさせ、これが薄毛対策になります。

AGA患者に薄毛治療薬として処方されているミノキシジルは、頭皮の血管を拡張させて、血流を促進させるものです。

遠赤外線ドライヤーなら、薬を使わずに育毛効果が期待できるというわけです。

マイナスイオンタイプのドライヤーは、ドライヤーにイオン発生機を組み込んでいます。

シャープのプラズマクラスター、パナソニックのナノケアなどが有名です。

マイナスイオンタイプのメリットのひとつは、静電気を除去してくれることです。

静電気はキューティクルにダメージを与え、頭髪の状態を悪化させる原因となります。

これを除去することで、頭髪の状態を健康に保とうというわけです。

マイナスイオンの殺菌効果も、育毛に役立ちます。

頭皮にはさまざまな細菌が住んでいます。

皮脂やフケなどが毛穴に詰まると、頭皮の細菌が感染して炎症を起こし、脱毛症の原因となることもあるのです。

マイナスイオンによって細菌を退治することで、頭皮の炎症を防止することができます。

これによって脱毛症を防げば、育毛効果につながってくれるというわけです。

このように、最新型ドライヤーには育毛効果が期待できますが、問題はどの製品も価格がそれなりに高価であるということです。

購入前に、じっくりと検討してみる方がいいかもしれませんね。

髪の毛とドライヤーの関係性

頭髪を自然乾燥する場合には、以下のようなデメリットがあります。

・頭皮の細菌の繁殖を促し、悪化させる

・頭皮が冷えることで血行が悪化し、頭髪の成長が妨げられる

これらを防いでくれるのがドライヤーです。

ただ、ドライヤーは使い方を間違えると育毛にとって逆効果になってしまいます。

まず、ドライヤーを使う前にタオルドライをしましょう。

力任せにゴシゴシとふくとキューティクルが剥がれ落ちるので、注意が必要です。また、きれいな布で行わないと、頭髪や頭皮に細菌が繁殖してしまう原因となります。

ドライヤーは20センチ以上離して使うのがおすすめです。

近づけすぎると熱風の温度が70度を超えてしまい、熱によってキューティクルが壊れたり、頭皮が乾燥したりする原因となります。

最近では、遠赤外線やマイナスイオンを発生させる機能のあるドライヤーも販売されています。

いずれも育毛効果を発揮してくれますが、それなりに高価なので購入するかどうか悩むところです。

いずれにしても、ドライヤーは育毛のためになくてはならないものなのです。


「ドライヤーは育毛にとって逆効果」という認識は間違いだぜ!

確かにドライヤーを当て続けると頭皮が乾燥しすぎてしまうことも考えられるが、自然乾燥させるよりドライヤーで乾かした方が頭皮は清潔に保てるんだ。

この記事の関連記事