AGA治療はどこで受診すればいい?悩んだら専門クリニックへ

思春期を過ぎた若年層でも発症する可能性のあるAGAですが放置しても治ることはなく、着実に症状は進行していきます。

治療を行うことを決意し、進行している薄毛やハゲに対して実際に行動を移すのは大変勇気がいることです。

そのような時にどのような基準で診察を受けるべきか、治療方法はいくつあるのか、かかる費用はどの程度なのかをきちんと調べた上で安心して治療を受けられる情報を解説していきます。

AGA治療は専門クリニックがおススメな理由

どんどん生え際が後退していっている、髪の毛が細く薄くなっていっていることでなんとか治したいと考えた時、クリニックへ相談しますよね。

考えられる手段は一般病院などの医療機関で診察を受けて治療することが挙げられます。

しかし、治療を行うのであればAGA専門クリニックでの診察、治療を行うことをおススメいたします。

AGA専門クリニックの強み

専門クリニックでは、専門医が一人一人カウンセリングをし、状態に合わせた治療方法を提案してくれます。

血液検査など、精密な検査を行うことで人それぞれに合わせた治療が可能です。

投薬治療だけでなく、施術による治療を行っているクリニックも存在します。

一般病院で治療を受ける場合は皮膚科へ

一般病院で診察を受ける場合、AGA治療は投薬治療が主な対処となり、主に皮膚科となります。

治療の流れとしては風邪などの治療と同様の流れです。

1.診察

2.AGAの進行具合を確認

3.治療薬を処方

一般病院で処方される薬はプロペシアがほとんどになります。

皮膚科では、AGA専門クリニックのような精密な検査は行っていないことが多く、治療薬を処方されて進行具合の様子を見るケースが多いです。

個人個人に合った治療方法を受けられる!

AGA専門クリニックは通常のクリニックや病院などの医療機とは異なります。

専門クリニックでは、治療薬を個人に合った形で確実に処方してもらえることや専門的な相談に対して適切な回答をしてもらえるというメリットがあります。

投薬治療が主となるAGA治療において直接頭皮へ栄養を送るメソセラピーなどの植毛施術も可能です。

事前カウンセリングも無料で行ってくれるところも多く、専門医と相談して今後の治療方針を選択できます。

専門クリニックであれば、大まかな流れとしては以下の通りとなります。

無料カウンセリング

カウンセリングによってかかる費用、治療の流れなどこれからについて説明されます。

初診

ここで現状の頭部状況を撮影したり、実際に行っていく手順について本格的な説明を行われます。

血液や体質の検査

遺伝子情報等からAGAの進行具合、個人にあった治療方法を模索するための検査がなされます。

診察

検査結果によって可能な治療方法について説明がなされます。

治療薬の処方または施術

提示された治療方法に沿って治療が開始されます。

専門クリニックごとに順番が変わる、または検査方法が変わることが考えられますが一般病院と診察が大きく異なります。

専門クリニックでは、自分に合った治療方法を探索!

AGA専門クリニックでは事前にカウンセリングを行い、頭皮や髪の毛の状態などから効果的な方法を提案し、受診者が選択することができます。

最先端の治療がどのようになっているのか、処方される薬の効果、副作用などについても確認することができるのです。

治療方法は大きく分けると二つ

治療は塗り薬や飲み薬を活用し、脱毛症の症状を遅延化し発毛環境の改善することで毛を生やす投薬治療。

頭皮に直接治療に適した成分を注射やレーザーなどによって浸透させることで治療する施術の二つに分かれます。

また、施術の中には植毛といった症状の改善ではなく代替策での対応もあります。

処方される治療薬について

投薬治療において処方される薬にはいくつか種類があり、育毛を促進したり発毛を阻害するDHTの発生を抑制させるものなどがあります。

こういった中で治療薬としての目的が「脱毛症状を軽減し、進行を遅延させるもの」「育毛機能を促進させるもの」の二種類に分かれます。

<脱毛症状を軽減する治療薬>

・プロペシア

・フィナステリド

・ザガーロ

これらの治療薬は脱毛を促進させてしまうDHTの発生を阻害する効果を持っています。

DHTを生成させないことでヘアサイクルの乱れを防ぎ、髪の毛は長期間かけて成長していくのです。

<育毛機能を改善し促進させるもの>

・ミノキシジル

髪の毛が成長するためには毛根にある毛乳頭細胞が血管から栄養を受け取り、毛母細胞へ送ることで細胞分裂を行うことで成長しています。

ミノキシジルでは血管を拡張することで血流も増やし、結果としてより多い栄養を毛母細胞へ送れるようになり、成長を促進できるということになります。

治療薬の怖い副作用について

専門クリニックにて診断を受ける場合、血液検査などで処方しても問題ないかを検討されてから行われることが大半であることから、大きな副作用が発生することは考えにくいです。

しかし、治療にあたって上述した二つの目的別にわかれた治療薬は効果が大きい分、確実に副作用があることを認識しておく必要があります。

脱毛症状を軽減し、進行を遅延させるもの」についてですが頭痛や眩暈、眠気に下痢といった医薬品でよくみられる効果に加えて男性機能の低下などがあります。

男性機能の低下には「ED」となってしまう可能性もあり、個人輸入代行などで診断を受けずに該当治療薬を服用するのは大変なリスクがあります。

育毛機能を促進させるもの」としているミノキシジルですが血流が多くなることで皮脂の分泌が多くなり、ニキビができたり頭皮への痒みなどといった副作用があります。

また、ミノキシジルですが国内では塗布型のものが主流です。

施術による治療について

施術による治療ですが大きく分けて3つの手法があります。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーでは頭部へ超音波やメスなどで髪の毛の成長を促す成分を浸透させることで、薄毛の問題を改善する方法です。

HARG療法

HARG療法は育毛メソセラピーと同様、注射器などで頭皮に直接髪の毛の成長を促す成分を浸透させます。

育毛メソセラピーとの違いは浸透させる成分に成長因子があることが挙げられ、価格も高めに設定されています。

植毛

植毛は人工的に作られた毛または側頭部や後頭部から毛包ごと薄毛やハゲてしまっている部分へ移植する方法です。

3つの施術のなかでも特に費用が高く、中には移植する毛髪量が多いと100万円を超える場合もあります。

相談しながら治療を進められる

様々な病気によっておこる症状を診察している病院では、脱毛症について細かい診断はせず、治療薬を処方されて終わってしまう可能性があります。

しかし、専門クリニックであれば不安なことについても質問することが可能ですし、血液検査などによって治療方法も変わります。

軽く診察を受けて薬を支給されるだけではなく、きちんと調べた上で改善される見込みのある方法と適合したやり方で確実な効果を専門クリニックであれば行えるのです。

AGA専門クリニックでの治療費目安

ここまで専門クリニックでの治療が良いと説明してきました。

ここではAGAの治療にはどれくらいの料金がかかるのかを説明します。

おおよそAGA治療にかかる費用について

AGAの治療は金額が安い物から高い物ではかかる費用が変動しやすく、さらに治療は長期間行う必要があります。

一般病院の場合 月当たり約8,000円~20,000円。

専門クリニックの場合 約10,000円~30,000円。

といった形となり、専門クリニックのほうがかかる費用が高くなる傾向があります。

AGAの治療には保険が適用されません

通常、風邪などの一般的な病気の治療では保険が適用できるため個人で負担する金額にさして変動はありません。

しかし、AGAの治療においては保険が適用されません。

これはAGAが自由治療とされているために保険が適用されずに治療費は全額負担しなければならないのです。

処方される薬についても、処方するクリニックが定めた金額に設定されているので大きく価格が変動します。

安価で治療薬を入手する方法の例として、医療機関を介さずにネットなどを駆使して個人輸入をして入手する方法があります。

しかし、安価で医療機関を介さない治療薬は品質がわからずどのような副作用が出てしまうかもわかりません。

AGAの治療薬を医療機関に介さず入手するメリットはただ安価であるだけでデメリットの方が大きいです。

デメリットとなるのが、効果や成分などが医療機関を介さないことで安全性が保障されていないということです。

安価で入手したとしてどのような効果がでるのか、副作用がどの程度出やすいのかといったリスクの面でも保証はされていません。

副作用を発症しても全て自己責任となります。

AGAを治療し、発毛効果など正しい効果を得たいのであれば専門クリニックや病院などの治療期間を介して処方されることを強くおススメいたします。

AGA改善の近道は専門医に相談することから!

簡単にこれまで説明した内容をまとめます。

治療方法を選択できる!

AGAの治療において即時効果が表れるのは、植毛など施術による治療しかありません。

基本は治療薬を服用する治療となり、効果が出始めるまで早くて3ヶ月から6か月はかかります。

治療を行うに当たって各個人にあったものを選択できる専門クリニックへ診療されることがおススメです。

一人一人精密な検査が可能

専門クリニックの治療は一般病院に比べ、多少高額になりがちです。

それは専門のスタッフに加え、検査や治療薬が各個人によって異なるためです。

すこしでも安価で対応したいといった場合は一般病院で診察を受け、治療薬を処方してもらうことも可能となります。

ただし、メソセラピーやHARG療法といった施術は一般病院では対応できません。

また、早急に状況を改善したいといった場合、植毛による施術が想定されます。

施術後にはAGAによってハゲてしまった頭頂部に髪の毛が植え込まれるため、状況の改善が非常に早いのが特徴です。

しかしその反面、かかる費用は投薬治療に比べて高くなり、施術代が100万円を超えてしまうこともあります。

治療薬はクリニックで処方してもらうこと!

どの病気においても同じことが言えますが、クリニックで処方してもらった治療薬を服用することを強くおススメいたします。

知識のないまま自ら個人輸入をして治療薬を購入してしまうと、効果が発揮されなかったり、副作用で様々な症状を引き起こしてしまう原因に!

なお、ミノキシジルに関しては一般のドラッグストアなどで入手することができます。

治療薬の役割は症状の抑制と発毛機能向上

AGAの治療において代表的なプロペシアとミノキシジルですが、発揮する効果はそれぞれ違います。

プロペシア

男性ホルモンと5αリゼクターゼが結合しないように働き、結果としてDHTが生成されずにこれ以上ヘアサイクルが乱れないようにするものとなります。

ミノキシジル

患部の血管拡張することにより、血流を増やされることで毛母細胞に送られる栄養が多くなり、髪の毛の成長を促進させます。


AGAで悩みを抱えたらクリニックで相談してみよう!

いきなりクリニックへ行くよりは、メールや電話で問い合わせてみると良いぞ。

悩みを抱えてる人は意外と多いから恥ずかしがることはないぞ!

この記事の関連記事