育毛促進には血流改善!ツボ押し療法の効果

AGA(男性型脱毛症)をはじめとする薄毛に悩んでいる人の中には、すでに治療を始めている人も多いでしょう。

一定の効果を挙げている人もいれば、まだそこまで至っていない人もいます。

ただ、薄毛治療を行うと、どうしてもかなりのお金がかかってしまいます。

AGAクリニックをはじめとする医療機関ならば、安くても月に約1万円、HARG療法など最新式の治療法を行うとすると数十万円が必要になってくるでしょう。

クリニックに通っていない場合でも、育毛剤や育毛サプリメントの費用はの購入には、それなりの費用が必要です。

効果が出るまでに数カ月かかるとされており、月に数千円の出費も痛いのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめしたいのが、ツボ療法による育毛です。

ツボ療法は医療機関や育毛剤ほどのお金をかけなくても効果が期待できるため、収入が潤沢とはいえない若ハゲの人にとっては嬉しいところです。

ツボ療法とはどういうものなのか、どのようなツボが育毛に効果があるのかなどについて、分かりやすく解説していきましょう。

ツボ療法とは経穴を刺激することで体調を整える治療方法

ツボは東洋医学で「経穴」と呼ばれており、体が悪くなった時に刺激を与えて治療をするポイントのことです。

全身に670カ所あるとされています。

東洋医学では、経穴は「気」と「血」の通り道とされています。

体の調子が悪いときは、気と血のめぐりが悪くなっており、ここに刺激を与えて気と血のめぐりを良くし、調子を整えるのがツボ療法なのです。

ただ、西洋医学の観点でも、ツボは重要な神経や血管の上に位置していることが分かっています。

体の痛みの根源となる「トリガーポイント」とツボが7割程度一致していること、ツボに刺激を与えることで特定の疾患に対して一定の効果をもたらすことができることについても同様です。

現在ではツボ療法はWHO(世界保健機関)においても効果があると認められています。

国によってばらつきのあったツボの位置が、2006年にWHOによって統一され、その後の治療指針のひとつになっているほどです。

このようにツボ療法は、医学的な根拠の乏しいものではなく、世界的に効果が認められている医療行為なのです。

メリットが豊富!簡単にできるツボ押し

ツボ押しのメリットとしては、以下のことが考えられます。

・自分でできる
・お金がかからない
・育毛以外の他の健康効果も期待できる
・副作用がない

AGA治療を行うためには、AGAクリニックをはじめとする医療機関に通う必要があります。

プロペシアやミノキシジルといった治療薬は、医療機関で処方してもらう必要があります。

育毛剤や育毛サプリ、シャンプーを購入するとしても、選択肢が多く迷ったりしてしまいますよね。

これに対して、ツボ押しは空いた時間に直ぐ自分で行うことができます。

自分のペースで好きな時にできるというのは、メリットと言っていいでしょう。

クリニックで治療をするとなると、薄毛の治療は健康保険の適用外となるため、かなりのお金がかかってしまいます。

プロペシアとミノキシジルを処方してもらった場合、最低でも毎月約1万円~、HARG療法をはじめとする最新式の医療行為だと、総計で数十万円が必要です。

育毛剤や治療薬の個人輸入についても、お金がかかるという点では変わりません。

かかる金額そのものが月に数千円であっても、年単位だと10万円近くなるからです。

その点、ツボ押しならば自分で経穴を押すだけなので、ほとんどお金はかかりません。

かかるとすれば、ツボについての知識を得るための書籍や、インターネットの接続料金など間接的な負担がある程度です。

薬剤は人によっては副作用があり、体に悪影響を与えることも考えられます。

しかしツボ療法ならば、ツボを押すことで育毛以外の効果も期待できるのです。

例えば首・肩こりに効果のあるツボは血流を改善します。

副作用について言えば、医療機関で処方されているプロペシアやミノキシジルはその点で不安があります。

プロペシアはED(勃起障害)や精子減少、ミノキシジルは頭皮のかぶれや湿疹が副作用として確認されています。

ツボ押しには副作用がありませんので、安心して治療できるというのは大きなメリットとなるでしょう。

ツボ刺激が頭皮の血行促進につながる

なぜツボ押しが育毛を助けてくれるのでしょうか。

それは、ツボ押しによって頭皮の血行促進が期待できるためです。

頭髪が成長するためには、タンパク質や亜鉛、ビタミンB群といった栄養素が必要になります。

他にも、毛母細胞の分裂を活発にするためには、エネルギー生成に欠かせない酸素も必要です。

頭髪の成長に必要な栄養素や酸素は、頭皮から取り入れられるわけではありません。

消化器や呼吸器で取り入れられたものが、血液によって頭皮まで運ばれてくるのです。

生活習慣病やストレスによって血行が悪化すると、栄養素や酸素が十分に頭皮まで届かなくなってしまいます。

これによって頭髪の成長が妨げられ、抜け毛を促進させてしまうのです。

ツボに刺激を与えることは、血の流れをスムーズにし、頭皮の血流を改善することにつながります。

これによって、毛根に十分な栄養素と酸素を与えて頭髪の成長力をアップさせることができるのです。

ツボ押しによって気の流れをスムーズにすることで、ストレスを和らげることも期待できます。

ストレスは自律神経のうち交感神経を興奮させ、末梢血管を収縮させて血行を悪化させます。

ツボ押しによるストレス解消も、頭皮の血行改善につながってくれるのです。

育毛効果が期待できるツボは頭部と足裏に点在

育毛効果が期待できるツボとしては、どのようなものがあるのでしょうか。

頭部にあるツボのうち、主なものから紹介していきましょう。

・百会
・通天
・玉枕

百会とは、両耳を結ぶ線と眉間から頭頂部に向かう線が交わる位置、頭頂部に存在しているツボです。

「体中の血液がここを通過する」という意味を持っています。

百会を押すことで、頭皮の血流をアップさせることができます。

これによって、毛根に十分な栄養素と酸素を送り込み、頭髪の成長力アップが期待できるのです。

百会は自律神経の働きを整えてくれる効果もあります。

ストレスによって交感神経ばかりが活発になることは、頭皮の血行悪化につながります。

百会を押すことで自律神経のバランスを整え、もうひとつの自律神経である副交感神経を活発にすることで、頭皮の血流促進が期待できるのです。

通天は百会からやや左右にずれたところに存在しています。

通天にも頭皮の血流を改善してくれる効果がありますので、百会と一緒に押さえるようにすると相乗効果か望めます。

玉枕は後頭部の真ん中付近の飛び出た部分から、指2本分ぐらい外側に出たところにあります。百会と同様に、頭皮の血行を促進させる働きがあります。

玉枕の特徴は、頭頂部の薄毛に効果があることです。

AGAは原因となる男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されやすい前頭部と頭頂部で症状が出やすいとされています。

玉枕はDHTの進行抑制に打って付けのツボといっていいでしょう。

育毛に効果的な手足のツボ

主なものとして、以下の2つが挙げられます。

・合谷
・湧泉

合谷は親指と人差し指の付け根、骨と骨とが交差するあたりにあるツボです。

合谷を押すと全身をリラックスさせる効果があり、これが頭皮をはじめ全身の血行促進につながってくれるのです。

湧泉は両方の足の裏、すべての指を曲げたときにくぼむあたりにあるツボです。湧泉にも全身の血行を促進させる働きがあります。

湧泉には、内臓の調子を整えてくれる働きもあります。

湧泉によって内臓の調子が良くなれば、頭髪の成長に必要な栄養素の吸収がうまくいくようになり、頭髪の成長力アップにつながります。

特に亜鉛は吸収率が良くないので、湧泉の働きに期待をかけたいところです。

首・肩こり解消のツボも頭皮の血流改善に役立つ

頭皮の血流改善に効果があるのは、上記のツボだけではありません。首・肩こりの解消に効果があるツボも、頭皮の血流改善に役立ってくれるのです。

首・肩こりは周辺の血流を悪化させる原因となります。

心臓から送り出された血液は首や肩の血管を通って頭皮に運ばれますので、首や肩の血流が悪くなると頭皮の血流にも影響が出てしまうのです。

首や肩の血流を良くすることで、頭皮にも十分な血液が行き渡るようになるというわけです。

肩こりに効果的なツボのうち、代表的なものは以下の通りです。


・肩井
・肩中兪
・中府

肩井は首の付け根の出っ張った部分と肩の端との中間、ほぼ肩こりの起きる部位にあります。

肩中兪は首の付け根の出っ張った部分から、左右に指3本分のところに位置しています。

中府は鎖骨の下側の外端から指2本分下にあります。

いずれも血行促進によって首・肩こりを解消してくれるため、頭皮の血行促進にもつながります。

中府にはこれに加え、円形脱毛症にも効果があるとされていますので、薄毛対策には打って付けのツボと言っていいかもしれません。

効果的なツボ押しの方法のコツは集中と呼吸との連動

ただ、いくらツボ押しが育毛に良いといっても、やみくもに押すだけでは十分な効果は出てくれません。

きちんとした方法でツボ押しすることで、より効果がアップします。

<ツボ押し時のポイント>

・「ながら押し」はダメ
・急激に押さない
・呼吸との連動が大切

ツボ押しをするには、ある程度の集中力が必要です。

テレビを見ながらツボ押しをするなどの「ながら押し」は、集中力を分散させ、効果を下げる原因となってしまいかねません。

力任せに急激にツボを押すのも、あまり効果的とはいえません。

力を入れるのも抜くのも、徐々に行う方が効果的です。

3~5秒かけて力を入れ、同じ時間をかけて力を抜くようにすれば効果的でしょう。

そして、ツボを押すときには息を吐き、力を抜くときに息を吸うというように、ツボ押しと呼吸を連動させると効果がアップします。

息を吐くときには体の力が抜けるため、同じ力でもより深くまでツボを押すことができるためです。

これらのポイントに気をつけるだけで、ツボ押しの効果がアップしてくれるのです。

今まで押し方を気にしていなかった人も、試してみる価値があるのではないでしょうか。

ツボを打つ鍼灸療法も育毛治療のひとつ

ツボ押しは個人でもできますが、より効果の高いツボ押しの方法として鍼灸療法があります。

実際に鍼灸院に行き、ツボに鍼やお灸を打ってもらう方法で、効果は個人のツボ押しよりも高くなります。

鍼灸院の診療費は地域によって差がありますが、1回当たり3000~5000円というのが相場です。

AGAクリニックの相場が最低でも月に1万円台ということを考えると、リーズナブルといえます。

実際に鍼治療を行うに当たって、最も心配なのは「痛くないのか」ということではないでしょうか。

ツボに鍼を刺すわけですから、不安に思うのも無理はありません。

個人差がありますが、痛みは気にならない程度です。

治療で使用する鍼は、太さ0.2ミリ前後と極めて細いため、痛点に刺激を与えにくいです。

施術するのは素人ではなく、国家資格を持った鍼灸師であるため、刺激を抑えることにも長けています。

お灸については「熱くないのか」「やけどをしないのか」という点が心配になってくるでしょう。

火のついたモグサを肌の上にのせるわけですから、不安になってくるかもしれませんが、それほど心配はいりません。

モグサの原料であるヨモギにはネチオールという成分が含まれており、燃焼温度を下げてくれるのです。

実際に肌に当たる部分の温度は60~80度ぐらいとされていますので、見かけほどには熱くないというわけです。

鍼灸治療は医療行為のひとつなので、自分でできる、お金がかからないというメリットは薄れてしまいます。

ただ、それでもAGAクリニックよりは割安ですし、治療薬による副作用のリスクもありませんので、検討してみてもいいかもしれませんね。

育毛とツボ療法の関係まとめ

ツボ押しは頭皮の血行を促進させ、育毛効果を高めてくれる働きがあります。

医療機関での治療や育毛剤に比べ、ツボ押しはお金がかからないうえ、副作用もないというのが大きなメリットです。

育毛に効果的なツボとしては頭部の百会、通天、玉枕、手のひらの合谷、足の裏の湧泉などがあります。

肩や首にある肩井、肩中兪、中府など、肩・首こりに効果的なツボも、育毛効果につながります。

効果的にツボ押しをするためには、「ながら押し」をしない、3~5秒かけて押す、呼吸と連動させるなどの工夫が必要です。

より高い効果を求めるならば鍼灸治療という方法もあります。

AGAクリニックほどではないとはいえ、コストがかかってしまうのがたまにキズですが、AGA治療薬のような副作用がないというメリットがあります。

育毛治療をしたいがお金をかけたくないという人や、治療薬の副作用が怖い人、現在の治療の効果をよりアップさせたいという人にとって、ツボを押して血流を改善することは効果的だぞ!

この記事の関連記事