育毛剤の効果は薄毛原因と進行具合で差がつく!

同じ育毛剤を使用しても、効果があったという人もいれば、全くと言っていいほど効果がなかったという人もいます。

実は、育毛剤は効果に個人差が出やすいものなのです。

薄毛がそれほど進行していなければそれなりに効果を発揮する育毛剤であっても、進行した薄毛には全くと言っていいほど効果を発揮することができないケースもあります。

また、薄毛の原因といえばAGA(男性型脱毛症)ばかりがクローズアップされがちですが、実際には薄毛の原因は多様です。

ある原因には効果的でも、別の原因には効果がないことも考えられます。

付け加えると、育毛剤を使用している人の中には、発毛剤と混同している人もいるのでないでしょうか。

育毛剤は今ある髪の成長力をアップさせるものであって、髪がなくなったように見える場所に新たな毛を生やすほどの効果は発毛剤でなければ得られないのです。

育毛剤はどのような症状に効果があり、どのようにすればより大きな効果を発揮することができるのかなどについて、詳しく説明していきましょう。

育毛剤で抜け毛防止と髪の成長促進に期待!

まず知っておいてほしいのは、育毛剤は髪がなくなってしまったように見える場所に、新たな髪を生やすほどの効果があるわけではないということです。

育毛剤は現在生えている髪の成長力をアップさせると同時に、抜け毛を抑えてこれ以上薄毛が進行しないようにするための商品なのです。

「育毛剤を使ったけれど新しい髪が生えてこない」というのは、ある意味当たり前のことなのです。

新しい髪が生えるほどの効果がほしいならば、より強力な発毛剤を使用するしかありません。

実際、育毛剤の多くは病気を防止することが目的の「医薬部外品」の扱いになっています。

これに対して発毛剤は病気の治療を目的とした「医薬品」になっています。

有名なのは大正製薬から発売されているリアップシリーズですが、これは効果が高い代わりに副作用のリスクも高いとされる「第一類医薬品」の扱いです。

第一三共ヘルスケアから発売されているカロヤンシリーズのように、第二類や第三類医薬品に指定されているものもあります。

第二類、第三類医薬品に属する商品は、第一類ほどの効果がない代わりに副作用などのリスクも小さいため「発毛促進剤」と呼ばれています

では、育毛剤と発毛剤、発毛促進剤には、効果以外にどのような違いがあるのでしょうか。

まず入手先ですが、第一類医薬品は薬剤師のいる薬局で購入しなければなりません

しかも、商品棚のような消費者が直接手に取れるような場所に置くことは認められていないのです。

第二類、第三類医薬品については薬局のほか、薬事法で定められた登録販売者も取り扱えるようになっています。コンビニなどの商品棚に置くことも可能です。

医薬部外品の場合は、小売店は販売のための許可も必要ありません

では、価格の方はどうなのでしょうか。医薬品は医薬部外品に比べて高価なのではないかと思う人もいるでしょうが、実際にはそういうわけではありません。

例えば、第一類医薬品であるリアップx5は、8000円前後で入手可能です。カロヤンシリーズの中には、2000円台で入手できる商品もあります。

これに対して、医薬部外品の扱いとなっている育毛剤は、製品によって価格はまちまちですが、安いもので5000円前後、高いものだと1万円オーバーというケースもあります。

育毛剤の効果の差は薄毛の原因と進行具合

育毛剤は効果に個人差がありますが、実際に効果が期待できる人と、期待できない人にはどのような差があるのでしょうか。それは、薄毛の原因と進行具合です。

・育毛剤の効果が期待できる人

繰り返し述べますが、育毛剤は今ある髪の成長力をアップさせるもので、新たな頭髪を生やすようなものではありません。あくまでも今ある髪を育てるものなのです。

そういう用途を考えると、頭髪が細くなってきたり、コシがなくなってきたりしたというレベルならば、育毛剤の効果は期待できるということになります。今ある髪を育てられれば、解消できるからです。

抜け毛が増えてきたというレベルでも、育毛剤は効果が期待できるでしょう。

これ以上抜け毛が増えなければ、傍目にそれと分かるレベルの薄毛に進行することはないからです。

つまり、育毛剤の効果が期待できるのは、あくまでも初期の薄毛だということになります。

・育毛剤の効果が期待できない人

逆に言えば中期以降、傍目にも分かるレベルまで進んだ薄毛には、育毛剤の効果は期待できないということになります。頭髪を新たに増やすほどの働きは期待できないためです。

例えばすでに額の生え際がM字状になるほど後退していたり、つむじの周辺がカッパのお皿みたいになっていたりする状況だと、育毛剤での改善は難しいものがあるのです。

AGA(男性型脱毛症)FAGA(女性男性型脱毛症)なども、育毛剤の効果はあまり期待できません

育毛剤には内分泌系の問題を解決する力はないので、AGA治療専門のクリニックなどで、きちんとした治療を受けた方が効果を期待できます。

育毛剤にはAGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)が配合されているとする商品もあります。

ただ、ヒオウギエキスにしてもオウゴンエキスにしても、医療機関で処方されるプロペシアのように、その効果が科学的に立証されているわけではないのです。

育毛剤の効果がない場合に考えられる原因

問題は、薄毛としては初期レベルであるにもかかわらず、育毛剤の効果があまり感じられないケースです。

これは育毛剤の使い方や理解不足、生活習慣が原因です。以下のような原因が考えられます。

・頭皮のタイプに合ったものを使用していない

頭皮の状態は頭髪にも影響を与えます。

頭皮の状態を悪化させないためには、頭皮に合った育毛剤を使用することが必要です。

例えば、脂性の人が乾燥肌の人に合った育毛剤を使用すると、頭皮の皮脂が過剰になって状態を悪化させてしまいます。

逆に乾燥肌の人が脂性向けの育毛剤を使用すると、皮脂を必要以上に除去してしまい、頭皮を乾燥させる原因となってしまうこともあります。

・頭皮に皮脂が詰まって浸透しにくい

そもそも頭皮は体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位なので、洗髪が不十分だと皮脂が過剰になり、頭皮に詰まってしまいます。

頭皮に皮脂が詰まると表面の膜が分厚くなり、育毛剤の成分が浸透しにくくなって効果がダウンしてしまいます。

また、皮脂が毛穴に詰まると頭髪の伸びが阻害されますし、詰まった毛穴に細菌が感染すると炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因となることもあります。

・頭皮が硬くなっている

老化などに伴って頭皮が硬くなることも、育毛剤の浸透力をダウンさせてしまう原因です。

また、頭皮が硬くなると頭頂部の血管を圧迫し、血流悪化を招いて頭髪の成長力をダウンさせてしまいます。

・3カ月以上使用していない

育毛剤は使ってすぐに効果が出るものではありません。

医療関係者によると、育毛剤が一定の効果を発揮できるようになるまでには3カ月程度が必要だとしています。

1カ月程度の使用で効果が出ないと言われても「そんなの当たり前」としか言いようがありません。

育毛剤の公式サイトで「使用して1カ月で効果が出た!」というユーザーの声が紹介されていることがありますが、個人差もあることですし、ひとつの宣伝文句だと割り切ってしまった方がいいかもしれません。

・シャンプーが良くない

一般的な市販のシャンプーに含まれている合成界面活性剤は洗浄力が過剰で、頭皮の状態を悪化させて薄毛を進行させる原因となります。

頭皮の状態を整えるためには、適度な洗浄力を持つアミノ酸系界面活性剤配合のシャンプーがおすすめです。

・枕カバーをあまり洗っていない

頭部にはいろいろな雑菌が住み着いており、枕カバーにもその雑菌が付着します。

枕カバーの洗濯をサボっていると細菌が繁殖して頭皮に付着し、頭皮の炎症の原因となってしまうこともあります。

どれほど効果のある育毛剤でも、使い方が悪ければ効果は期待できません。本来ならば育毛剤が効果的なレベルの薄毛の人は、上述した原因も含め、まず自分の生活習慣を見直してみましょう。

朝晩2回の塗布で育毛剤の効果UP!

では、育毛剤が十分に効果を発揮できるようにするためには、どのように使えばいいのでしょうか。

おすすめは、1日2回塗布することです。

具体的には朝の出かける前と、夜の入浴後です。頭皮の状態を良くするためには、こまめに塗布する方が効果的なためです。

ただ、商品によっては1日1回の塗布を推奨しているものもあります。これについては、推奨する使用法に従った方が無難でしょう。

あとは、いかにして育毛剤の浸透を高めるかです。

脂性の人は頭皮の皮脂の分泌量が多いため、皮脂の膜によって育毛剤が浸透しにくくなっています。

脂性の人は洗髪後など、育毛成分が浸透しやすい時間帯を狙って塗布していくといいでしょう。

逆に乾燥肌や敏感肌の人は、洗髪直後に育毛剤を塗布すると、商品によっては刺激でかぶれてしまう可能性があります

ある程度、皮脂の膜ができている朝の塗布を重視した方が頭皮の状態悪化を防ぐことができ、育毛剤を効果的に使えるのではないでしょうか。

また、育毛剤は頭皮を乾かした状態で塗布するのがおすすめです。

育毛剤に含まれている有効成分が濃い状態で頭皮に浸透し、効果アップが期待できます。

ただ、育毛剤の中には防腐剤など、頭皮に悪影響を与える化学成分が含まれているものもあります。

そういう製品の場合は頭皮が塗れている状態で塗布し、有害成分を薄めて頭皮環境の悪化を防ぐ方がいいのではないでしょうか。

育毛剤の使用は、育毛対策の第一ステップと位置づけよう

そして、育毛剤の効果がないと言う人にありがちなのが「育毛剤を使用すればすべて解決する」というような考え方です。

育毛剤が効かないという割に、育毛剤に頼りすぎているというわけです。

自覚しておいてほしいのは、育毛剤はあくまでも薄毛対策の第一ステップにすぎないということです。

育毛剤を使用したうえで、薄毛に効果的な生活習慣に改めてこそ、十分な効果が期待できるのです。

頭髪の成長には、タンパク質や亜鉛をはじめとする栄養素が必要です。

偏食や過剰なダイエットによってこうした栄養素の摂取が不足していると、いくら育毛剤を使用しても十分な効果に結びつきません。

しかも、頭髪は栄養分が回る優先度がかなり低いため、ちょっと栄養が不足するだけで薄毛につながってしまうのです。

脳や循環器、消化器などはないと生きていけませんので、栄養分が回る優先度が高くなっています。

頭髪はなくても生きていけるので、必然的に優先度は低くなってしまうというわけです。

また、頭髪の成長力をアップさせるためには頭皮の血流が良く、毛根に栄養分が十分に供給される必要があります

血流が悪くて毛根に与えられる栄養分が少ないと、頭髪の成長力はアップしません。

リアップの配合成分であるミノキシジルが、頭皮の血管を拡張して血流を促進させる効果を持っているのは、その傍証と言っていいでしょう。

血行が悪化する原因としては動脈硬化や糖尿病、ストレスなどが考えられます。

育毛剤の効果を十分に発揮させるためには、これらへの対策も必要になってくるのです。

育毛剤の中には頭皮の血行を促進させる成分が含まれている商品もありますが、それでも限度というものがあります。

まずは生活習慣を見直して血行を促進させないと、どうしようもないのです。

ちなみに生活習慣の見直しについては、医療機関においても薄毛治療の一環として指導されます。

きちんとした生活習慣ができてこそ、プロペシアやミノキシジルといった治療薬も十分な効果を発揮することができるのです。

育毛剤とその効果の関係まとめ

育毛剤はあくまでも今ある頭髪を成長させるためのもので、薄くなった頭髪を元通りにするためには医薬品である発毛剤が必要になります。

育毛剤の効果があるのはあくまでも初期の薄毛に対してのみで、進行した薄毛や、明らかにAGAが原因と分かるものは発毛剤の使用が適切です。

ただ、中には育毛剤が効果的と思われるレベルの薄毛でも、思ったほどの効果が得られない場合もあります。

効果が十分でない場合は生活習慣が育毛剤の効果をダウンさせている可能性がありますので、改めて生活習慣をチェックしていましょう。

育毛剤の効果をアップさせるためには、1日2回塗布するなど、こまめに使用するのがおすすめです。

浸透力を高めるために、シャンプーを替えてみるのも良さそうですね。

そして、育毛剤の効果は、頭髪の成長力アップにつながるような生活をしていなければ、十分に発揮することはできません。

頭髪に悪い生活をしていれば薄毛が治らないのは、当たり前のことです。


育毛剤は、薄毛の進行が進んでしまっている人に対しては期待も薄いぜ!

確かに育毛を促進させる効果は期待できるが、使用しているからと言って髪が絶対に生える!ということはないから注意してくれよな。

この記事の関連記事