育毛シャンプーの効果!抜け毛防止と髪のボリュームアップ

育毛シャンプーと呼ばれる商品が最近になって増えてきています。

価格も安いものから高いものまでバラエティーに富んでおり、どれを選んだらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

自然志向の高まりもあり、添加物フリーなどを好む人が増えてきているため、育毛シャンプーも有害とされている添加物を排し、自然由来の成分を配合している製品をよく見かけます。

一般的な市販のシャンプーは洗浄力が強すぎるなどの問題があり、敏感肌の人や頭皮に異常がある人は頭皮を悪化させて抜け毛を増やす原因になってしまうことがあります。

そうした製品に比べると価格は若干高めですが、育毛シャンプーには頭皮環境を悪化させるような成分が配合されておらず、抜け毛の防止につながることが期待できます。

実のところ、育毛シャンプーには頭髪を増やすほどの効果はありませんが、抜け毛を減らすことは育毛剤の効果をアップさせることにもつながるので、薄毛克服にはオススメだと言っていいでしょう。

育毛シャンプーにはどのような成分が含まれているのか、どのような製品がおすすめなのかなどについて、徹底解剖していきましょう。

育毛シャンプーに含まれる成分は頭皮にいいものが多い

まず知っておいてほしいのは、量販店やドラッグストアで販売されている安価で一般的なシャンプーには、頭皮にとって好ましくない成分が含まれていることがあります。

具体的にはラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウムといった合成界面活性剤です。

これらは洗浄力が強すぎることが問題になります。

洗浄力が強いことは良いことなのではないかと思う人もいるでしょうが、必ずしもそうとは言えません。

なぜなら、洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮の皮脂を洗い流しすぎ、頭皮から水分が逃げるのを防いでいる皮脂のバリアを壊す原因になるからです。

そもそも頭皮は、体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位です。

頭皮は体の一番上にあるため紫外線を浴びやすいので、水分が蒸発して乾燥しないように皮脂でバリアを作っているのです。

皮脂のバリアが破壊されると頭皮が乾燥し、ターンオーバーがうまくいかなくなって皮膚が塊のまま剥がれ落ちるようになり、フケが増えます。

頭皮の乾燥によって増えたフケが毛穴に詰まると、頭髪の成長が阻害されて薄毛の原因となります。

また、詰まった毛穴にマラセチア菌をはじめとする細菌が感染すると炎症が起き、粃糠性脱毛症につながってしまうこともあります。

頭皮の状態悪化が、抜け毛を増やす原因になります。

頭皮に優しいとされている石鹸系の界面活性剤も、洗浄力が強すぎるという点では合成界面活性剤と同じです。

頭皮の乾燥によって、薄毛の原因を作ってしまうのです。

これに対して、育毛シャンプーにはアミノ酸系の界面活性剤が配合されています。

アミノ酸系界面活性剤の洗浄力は合成界面活性剤や石鹸系界面活性剤に劣りますが、それがメリットでもあります。

なぜなら、アミノ酸系界面活性剤は皮脂を洗い流しすぎるということがないので、頭皮が乾燥しにくいのです。

頭皮の乾燥を抑えられればターンオーバーがうまくいくので、フケが減少します。

フケが頭皮に詰まることが防げるので、頭髪の成長力をダウンさせずにすみます。

また、炎症による脱毛症も防止できるので、抜け毛を減らすこともできるのです。

育毛シャンプーにはこれに加えて、馬油のように頭皮の保湿力を高めてくれたり、グリチルリチン酸ジカリウムのように炎症を起こす細菌を退治してくれたりする成分も含まれています。

こうした成分は基本的に自然由来のものなので、頭皮に負担をかけるようなことがないというメリットがあります。

また、育毛シャンプーには頭皮の血行を促進してくれる成分も含まれています。

実はこれが、頭髪の成長力アップに寄与しているのです。

頭髪の成長に必要な栄養分は、頭皮で吸収されているわけではありません。

消化器で取り入れられたものが、血液によって頭皮にある毛根まで運ばれているのです。

血行が悪化すると、頭髪の成長に必要な栄養分が毛根まで十分に届かなくなり、頭髪の成長力がダウンしてしまいます。

これが薄毛の原因のひとつになります。

育毛シャンプーによって頭皮環境を改善し、頭皮の血行を促進できれば、毛根に届く栄養分の量を増やすことにつながるぜ!

つまり、頭髪の成長力がアップしてくれるというわけだな。

アロマ成分を配合し、ストレス解消効果を発揮してくれる製品もあります。

ストレスは頭皮の末梢血管を収縮させて血行悪化の原因を作りますので、これも血行促進成分の一種と考えていいでしょう。

医療機関で処方されている薄毛治療薬のミノキシジルは、頭皮の血管を拡張して血行を促進させる薬剤です。

それだけ血行促進は、薄毛対策にとって重要な意味を持っている証拠と言えるのです。

抜け毛防止と髪のボリュームアップの効果に期待!

育毛シャンプーによって期待できる効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

それは、抜け毛を防止することと髪のボリュームをアップさせることです。

一般的な市販のシャンプーだと洗浄力が過剰なので、皮脂のバリアを壊して頭皮を乾燥させてしまいます。

フケが増えるのは洗髪が不十分なためだと考えて、洗髪回数を増やす人もいますが、そもそも「洗いすぎ」が原因なので逆効果になってしまいます。

フケの増加によって頭髪に炎症が起きると、本来ならば抜ける時期になっていない頭髪が抜けるようになります。

これが粃糠性脱毛症です。

育毛シャンプーはアミノ酸系界面活性剤によって洗浄力が適度に抑えられていますので、頭皮の皮脂のバリアを破壊してしまうようなことがありません。

これによって頭皮の乾燥を抑え、炎症による脱毛症を防止し、抜け毛を減らすことができるのです。

また、頭皮の乾燥によって増えたフケが毛穴に詰まると、頭髪の出口が狭くなって成長が阻害されます。

毛穴の出口が細いと頭髪が全体的に細くなり、ボリュームがダウンしてしまうのです。

育毛シャンプーを使用するとフケが減少しますので、フケが毛穴に詰まることがなくなり、毛穴の広さが元通りになります。

これによって頭髪の太さも元通りになり、全体のボリュームがアップしてくれるというわけです。

育毛シャンプーを使う見極めと選ぶときの3つのポイント

育毛シャンプーには、新たに頭髪を生やしてくれるほどの効果はありません。

ただ、今ある頭髪を元通りの太さにしたり、抜け毛を防いでくれたりすることで、薄毛が進行するのを防いでくれるくらいの効果はあります。

これを育毛シャンプーの使用の見極めとしてください。

さらにその効果は、正しい選び方をしてこそ発揮できるものなのです。

育毛シャンプーにもいろいろな製品があり、効果もまちまちです。

より効果の高い製品を購入するための3つのポイント!

・ポイント1 合成界面活性剤が含まれていないか

・ポイント2 頭皮や頭髪に有効な成分が多く配合されているか

・ポイント3 性別や肌質に合った製品であるかどうか

まず、育毛シャンプーを購入する前に、成分表をチェックしてみましょう。

「アミノ酸系界面活性剤配合」と銘打ちながら、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムといった合成界面活性剤も含まれている製品が存在しているのです。

確かにアミノ酸系界面活性剤も含まれていますので間違いではないのですが、これでは合成界面活性剤の過剰な洗浄力という問題が全く解決されていない製品になってしまいます。

もちろんこのような製品を使えば頭皮の皮脂のバリアが破壊され、頭皮が乾燥して薄毛の原因を作ってしまうことになりかねません。

少なくとも「育毛シャンプー」と呼べるような製品ではありません。

育毛シャンプーの中には比較的安価なものもありますが、実は安価な育毛シャンプーほど製造コストを抑えるために合成界面活性剤を使用していることが多いのです。

アミノ酸系界面活性剤を使うと、どうしても製造コストがかかってしまうためです。

育毛シャンプーの割に安いなと思ったら、まず成分表を確認してみましょう。

合成界面活性剤が配合された名ばかりの育毛シャンプーならば、いくら安くても買うべきではありません。

頭皮や頭髪に有効な成分は、基本的に配合されている種類が多いほど効果は高くなります。

薄毛の原因は複合的なものであるため、配合成分が多いほど多くの原因に対応できるためです。

その際、成分表もきちんと見ておきましょう。

成分表は、配合量が多い順に記載されています

例えば、頭皮の血行改善が目的ならば、血行改善効果のある成分が多く配合され、成分表の上位に記載されている製品を選ぶようにするなど、重要な手がかりになるのです。

そして、育毛シャンプーには男性用と女性用がありますが、必ず性別に合わせた製品を選ぶようにしてください。

なぜなら、同じ育毛シャンプーであっても、男性用と女性用では効果が異なっているからです。

ホルモンバランスの関係で、男性は女性より皮脂の分泌量が多くなっています。

もし女性が男性用育毛シャンプーを使うと、皮脂の洗い流しすぎによる頭皮の乾燥の原因となりかねません。

逆に男性が女性用の育毛シャンプーを使うと、洗浄力の不足によって皮脂が過剰になる可能性があります。

この皮脂が毛穴に詰まると頭髪の成長が阻害されたり、炎症による脱毛症の原因になったりすることもあるのです。

同じことは肌質についても言えます。

乾燥肌の人がオイリー肌や普通肌向けの製品を使うと、頭皮がさらに乾燥してしまうこともお。

性別や肌質に合っていない育毛シャンプーを使うと、かえって薄毛を促進させてしまうんだなあ。

性別や肌質に合った製品を使用するようにしないと。

頭皮マッサージで育毛シャンプーの効果を引き出そう

上述のように、育毛シャンプーには頭皮の血行を促進させる成分が含まれていますが、その効果をさらに高める方法があります。

頭皮マッサージを行うことで、育毛シャンプーの効果アップに期待ができます。

頭皮マッサージが特に効果的なのは、湯船に浸かっているときです。

体が温度の高い湯の中に入っているため、そもそも血行が良くなっているためです。

頭皮に行く血液は、必ず頸動脈を通ります。

耳の後ろから顎の下にかけてマッサージを行うことで、頸動脈の血流を促進させることができます。

これによって、頭皮に行く血液の量を増やせます。

また、こめかみから耳の上にかけて親指以外の4本の指を当て、親指は耳の後ろに置いて固定します。

耳を包み込むような感じと言えば、分かりやすいのではないでしょうか。

この状態で、円を描くように親指以外の4本の指を動かすと、頭皮の血行促進につながってくれます。

このマッサージは血行促進だけでなく、皮脂やフケによる頭皮の詰まりを解消してくれる効果もあります

育毛シャンプーによる頭髪のボリュームアップを助けてくれるでしょう。

注意すべき点は、マッサージは5分以上行うと、かえって頭皮などに負担を与えてしまいます。

湯船に浸かっている時間で行うぐらいで、ちょうどいいのではないでしょうか。

育毛シャンプーの効果についてのまとめ

育毛シャンプーの効果は、頭皮環境を整えることによって頭髪のボリュームをアップさせ、抜け毛を防いでくれるものです。

新たに頭髪を生やしてくれるほどの効果はありません。

頭髪の状態を整えてくれる働きを持っているのが、アミノ酸系界面活性剤です。

合成界面活性剤や石鹸系界面活性剤のように洗浄力が過剰ではなく、薄毛の原因となる頭皮の乾燥を防止します。

育毛シャンプーには、これ以外にも頭皮の状態を整える成分や、頭皮の血行を促進させる成分が含まれており、頭髪の成長力アップに役立ってくれます。

ただ、育毛シャンプーは種類が多く、効果が期待できる製品を使わないといけません。

合成界面活性剤が含まれていない、育毛成分が多く配合されている、性別や肌質に合っているという3つの条件がそろっている製品を選ぶことが重要です。

条件に合った製品を選ばないと、育毛効果どころか薄毛を進行させてしまいかねません。

購入前に成分表をチェックしましょう。

そして、育毛シャンプーの効果をアップさせるためには、頭皮マッサージがおすすめです。

頭皮の血行促進、毛穴の詰まりの予防という2つの効果があるためです。


育毛シャンプーだけ使っていても薄毛対策としては不完全だ。

頭皮環境を整えるならついでに育毛剤を使用すると効果を高めることができるぞ!