育毛剤の効果を高める!即効性を上げるためのポイント

育毛剤の効果を上げるには、入浴した時に蒸しタオルを使用し毛穴を十分に開く状態にしてあげることがベストな方法です。

特に冬場は寒く毛穴が強く塞いでいますから、入浴しながら頭皮を蒸らすことが大切です。

毛穴のまわりについた汗や皮脂など整髪剤の汚れをきれいに浮かして洗い流すことが、育毛剤の成分を毛穴から吸収しやすくし育毛効果を最大に引き出す重要なポイントとなります。

その反面で「育毛剤の即効性は期待できないものだ」と認識する必要性もあるのです。

育毛剤の効果をより早く得るためには、2つの項目を守ることが大切です。

・自分に合った育毛剤を使用すること

・毎日、規定の使用量を守り続けられること

とても簡単なことですが、自分にあった育毛剤にあうまでの難しさや毎日続けることはとても大変な作業になりますから、習慣づけることが必要になります。

自分に適した育毛剤を選択するには、大きく分けると2つの有効成分から選びます。

・血行を促進する成分を多く配合したもの

・頭皮の保湿成分や栄養成分を多く配合したもの

頭皮の色が悪い人は血行を促進する育毛剤を選択します。

頭皮乾燥がひどい人は、保湿成分を多く配合している育毛剤を選択します。

ほんの少しの有効成分の配合が違うだけも頭皮に合わないことが多くありますから、頭皮の状態をよく確認してから購入するようにしましょう。

今回は、「育毛剤の効果が上がる方法」と「育毛剤には即効性がないこと」や「効果的にならない場合もある」ことを解説していきたいと思います。

育毛剤で即効性は厳しい

毛髪や頭皮が正常な状態で、予防のために育毛剤を使用する人はごくわずかだと思いますが、頭皮や毛髪の健康を維持する上では、育毛効果をより有効に発揮することができるでしょう。

しかし、育毛剤を始めようとする人は、抜け毛が起きてから使用する人が大半です。

抜け毛を止める対策の中では、簡単に頭皮ケアできる点では需要が高まる原因だといえるでしょう。

育毛剤はいかにも早く効果を発揮するかのように言う人もいますが、育毛剤は即効性があるものではないため、育毛効果が出るまでにはAGAの治療や皮膚科の治療のように数ヶ月かかるものなのです。

しかも、毎日続けなければ効果がでないとくれば、頭皮ケアの時間も一層多くなるでしょう。

育毛剤に即効性がない理由

確かに、育毛剤は毛穴から浸透した有効成分で育毛効果を上げることができます。

広告や口コミには育毛効果抜群と高評価されていますし、抜け毛に悩んでいる人には信頼性が高くなるのも無理はありません。

しかし、AGAクリニックの医師も育毛剤の効果を過大評価しないようコメントしています。

なぜならば、育毛剤は医薬品ではないからです。

育毛剤は医学的にも根拠が乏しく医薬品として認められていません。

医薬部外品として市販されているものですから、育毛剤の相性とは別に副作用もなく安心して使用することができるのです。

仮に、育毛剤が医薬品だとすると即効性があるものは副作用のリスクが伴うので、医師の診察や処方が必要になりますから市販では購入できないものになります。

つまり、美容液と同じように頭皮の保湿や紫外線から守る役目があり、頭皮環境を整える意味では「弱った頭皮や毛髪を回復し維持する役割」が中心だと考えた方がよいです。

育毛剤は医薬品ではないので「即効性があるものではない」と理解して取り組まなければいけない育毛方法とだといえるます。

なぜ、育毛剤の使用期間は長くなるの?

育毛剤の説明書や広告の隅には「3ヶ月以上の継続を推奨します」や「数ヶ月の継続を推奨します」とか記載されているものがあります。

何を基準において推奨しているかというとヘアサイクルの基準と同じ3ヶ月を目安期間としているからです。

毎日、育毛剤を使用していても毛穴から浸透する成分はごくわずかなので時間がかかります。

育毛効果を上げるために成分量の配合を多くしたり強くしたりすると、頭皮トラブルになりかねないので有効成分はある程度セーブされた状態で配合されています。

近年、市販されている育毛剤は毛穴からの吸収率が高くなっているようですが、個人差に幅があるため吸収率が高くなっても短い期間で効果が出る育毛剤は少ないのが現状でしょう。

育毛剤を使用して効果を期待したいのであれば、2~3ヶ月は続けて経過を見なければ効果を確認することが難しいといえるのです。

但し、育毛効果を現してくると、頭皮の色や毛髪のツヤやコシの変化に気づき効果を感じることができますから、全く期待できないものでもないといえるのです。

また、抜け毛の原因にも色々あり、自分で抜け毛対策をすることができない場合もあります。

抜け毛の原因がはっきりしないまま育毛剤を続けていても効果が感じられない場合、皮膚科やAGAクリニックへ相談する必要性があるため、経過を見ることがとても重要になります。

例えば、下記のような症状では育毛剤の有効成分では発揮しないものになります。

・ストレスによるホルモンの異常・AGA(男性型脱毛症)

・食生活の偏りによる栄養素不足による抜け毛

・長期間の睡眠不足によるヘアサイクルの乱れによる抜け毛

これらの症状は、身体の内面から異常が起きていることが考えられるぞい。

少々の異常であれば、身体には自己回復機能がありますから自然に回復する力を持っています。

しかし、体の内面からくる生活習慣の異変や食生活の偏りからくる異変は、栄養素を摂ることや十分な睡眠をとる習慣をつけなければ改善できません。

また、身体的な異常が深刻化している場合は、専門の治療薬を用いて治療を行いながら改善させなければ回復できないので、育毛剤だけでは根本的な解決ができないのです。

いずれにしても、「頭皮や毛髪が弱っている状態」なのか「身体的に異常が起きているのか」見極める期間がポイントになります。

2~3ヶ月使用しても効果を感じられない時や、使用していても数週間抜け毛が治まらないようであればすぐに止めて、できるだけ早く皮膚科やAGAクリニックへの受診をお勧めします。

自分に適した育毛剤を判断する

自分に適した育毛剤を判断するには、使用してから1週間経過しても頭皮トラブルを起こさないことです。

みなさんもご存じの通り、育毛剤には数多くの有効成分が含まれています。

・頭皮や毛髪に必要な栄養成分

・頭皮を守る保湿成分

・血行を促進する刺激成分

・カユミなどの抑制成分

・殺菌成分

・成分を長期間保存するための物質

などが主に含まれています。

自分にあわない育毛剤は、遅くても翌日から数日の間に頭皮に症状として現れてきます。

育毛剤があわない場合良く出る症状

・頭皮が赤くなり数日経過しても赤みが治まらない(頭皮の痛みを伴う時もあります)

・頭皮にカユミや湿疹がでる

頭皮の赤みが出る時は2つの理由

1 育毛剤が合わない場合に刺激成分が効きすぎて炎症してしまい赤みがでる時

2 育毛剤の刺激成分の作用で赤みが出ている時

上記2つの症状は同じでも、全く正反対なので判断することが難しい時もあるのです。

1.2の共通点には、良くても悪くてもカユミがでることです。

頭皮の弱い人は育毛剤を購入する前に「刺激成分」が入らないものを選択して使用するようにしましょう。

湿疹や痛みを伴っていれば育毛剤があわないと判断できますが、カユミを伴う症状だけでは判断がつきません。

育毛剤を止める判断材料!

・痛みがある
・湿疹がでる
・赤みが消えない

これらの症状が続いているときは育毛剤を止めてくれ!

数日で消えるようであれば育毛剤の作用であったと思って良いでしょう。

あわない育毛剤は、続けて使用すると頭皮に炎症と湿疹を起こしてしまい頭皮を治す期間がさらにかかりますから、すぐに中止しましょう。

実際、有効成分を確認した上で自分に合う育毛剤を選んだつもりでも、使用するとカユミや湿疹がでることもあるので、育毛剤の適したものを選択するには難しい点があるのです。

育毛剤の有効成分には2種類ありますが、どちらの有効成分も相性が悪くてあわない人もいますから「必ずあうとは限らない」ものともいえるでしょう。

育毛シャンプーでも同じことが言えるように、育毛剤でも苦労している人は本当に多くいるのです。

ある程度使用して効果を感じられない時は、ネットで無料相談をしている専門のクリニックや皮膚科へ相談するようお勧めします。

適切な使用をするためのポイント!

育毛剤を使用するには、必ず守らなければいけない2つの約束があります。

1.1回に使用する育毛剤の量を定められた規定以上に増やして使用しないこと

規定量以上使用すると育毛剤にある有効成分が効きすぎるため頭皮に炎症を起こすことがあります。

早く回復したい気持ちは痛いほどわかりますが、必ず既定の量や回数を守って使用するようにしましょう。

2.育毛剤を使用したら使い切るまで使用して効果が期待できる2~3ヶ月を目途に続けること

育毛剤の効果が感じられないからといって、何度も育毛剤の種類を変えてしまうことがあります。これは絶対しないでくださいね。

育毛剤の種類によって含まれる有効成分が違うため、頭皮にあわなくなる時や数多くの育毛成分が頭皮に塗られたことで頭皮自体にダメージを与えてしまい、育毛効果が確かめられなくなる可能性があります。

どの育毛剤で効果があったのかわからなくなるのです。

*頭皮に異常が現れた時や抜け毛が多くなった時は、すぐに中止しましょう。頭皮はとてもデリケートですから、ブラッシングを強くすると赤くなることがあるように敏感に反応します。

むしろ、頭皮を扱う時はあまり触らない方が良いのです。

つまり、育毛剤を多く頭皮に塗ることや違う種類の育毛剤を何度も代えて使用することは、頭皮に悪影響を起こす原因になってしまいます。

早く効果を発揮するための頭皮ケア

とにかく、頭皮や毛髪を清潔にしていることが育毛効果を発揮する必須条件といえます。

暖かくなるにつれて汗をかく日も増え紫外線を浴びながら歩くことも多くなります。

外出する際、整髪剤やオイルを使用することもあるでしょうから、毎日の洗髪は頭皮を清潔に保つためには欠かすことができない習慣といえるでしょう。

◆一番大切な頭皮ケアは日々の生活習慣の中にもあります。

頭皮ケア製品を使用する以外で、頭皮や毛髪に大切なことですから覚えておきましょう。

A 入浴時間を出来るだけ多くとること

B 規則正しい一定の睡眠時間をとること

C 栄養素が偏らない食生活をすること

A入浴は頭皮を蒸らすことを併用することで皮脂や汚れを効果的に浮かすことができます。

シャンプーをする際、毛穴の汚れがきれいに洗い流すことができる他、体全体の血流の循環を促進しますから身体の疲れをとり頭皮や毛髪の栄養素も運ばれやすい状態にしてくれます。
B規則正しい睡眠時間は、頭皮や毛髪だけではなく身体的にも必要不可欠なものです。
抜け毛の原因を作るのもヘアサイクルを乱す原因の一つに睡眠時間があるのです。

睡眠時間をしっかり取ることで成長ホルモンの分泌も良くなり毛母細胞の分泌を促進することにつながります。

十分な睡眠を心がけるとヘアサイクルを安定させることができます。
C食生活の栄養素も気をつけなければいけません。

食事の栄養素は毛髪に大きな影響を与えますから、栄養が偏らない食材をかえながらバランスよく摂るようにしましょう。

*栄養素が多く含まれる「和食」がおススメです。

頭皮ケア製品の有効な使い方

育毛剤を使用する時は、シャワーの後よりも入浴後に使用する方が効果的です。

毛穴が開くことで育毛成分が浸透しやすくなるのがポイントですから、血流の循環を良くするためにも入浴を心がけましょう。

特に、育毛剤を塗った後に頭皮用コンディショナーを使用すると良いでしょう。

育毛剤にも保湿成分が多く含まれているものがありますが、足りなければコンディショナーで補うことができます。

育毛剤やコンディショナーを使用する程度で他のケア製品は控える方がよいでしょう。

育毛剤を始めると、毎日頭皮に触れることが増えてしまいます。

頭皮に刺激ばかり与えていると敏感に反応しやすくトラブルを作る原因となりますから、無駄に多い回数や時間で頭皮のマッサージをしたりブラシを何度も使用したりすることは止めておきましょう。

「入浴時と洗髪時」「育毛剤を塗った時のマッサージ」以外は、頭皮に触れないようにすることも早く育毛効果を発揮させる頭皮ケアでもあるのです。

育毛剤の役割についてのまとめ

今回の解説で、育毛剤の役割や効果について理解できたでしょうか。

今までのことを簡単にまとめてみたいと思います。

育毛剤は医薬品ではないので「即効性があるものではなく弱った頭皮や毛髪を回復し維持する役割」が中心だと考えた方がよいこと。

育毛期間が長いのは、開発段階や実験データから有効な期間として取り出した結果がヘアサイクル基準の3ヶ月と同じデータが多いことから目安期間としていること。

■育毛効果を最大に引き出す重要なポイント

1.入浴するときは頭皮の毛穴のまわりについた汚れを蒸したタオルで浮かすこと

2.毛穴のまわりについた皮脂や整髪剤の汚れをきれいに洗い流すこと

3.育毛剤やコンディショナーを使用して頭皮マッサージをした後は、頭皮を無駄に触らないこと

4.頭皮ケア製品の種類を増やさないこと

必要以外の頭皮ケア製品は逆に頭皮を悪化させることがありますから、育毛剤やコンディショナー程度で十分補うことができます。

■育毛剤を使用するときの注意点

1.自分の適した育毛剤を選択するには頭皮の状態を知ること

2.必ず、定められた使用量で育毛すること

3.育毛効果を見極める期間内には育毛剤を変更しないこと

4.「頭皮や毛髪が弱っている状態」か「身体的に異常が起きているのか」見極める期間が必要であること

5.カユミを伴い湿疹が出た時は使用を中止し、使用中に抜け毛が止まらないとかある程度の期間を過ぎても効果が確認できない時は専門のクリニック・皮膚科へ相談すること


育毛剤に即効性を求める事は厳しいけど、使用する事で育毛させやすい環境にしていくことができる!

効果がない。という人はもしかしたら身体に異常がある可能性が高いかもな!

この記事の関連記事