AGA治療の1つである「HARG治療」とはどんな治療法なのか

HARG治療とは

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

AGAの治療法には様々なものがあり、フィナステリドやミノキシジル等の薬剤による治療、頭皮に発毛効果のある成分を直接注射する育毛メソセラピー、人工毛や自毛の植毛手術などが広く利用されています。

それぞれの治療法に薄毛や抜け毛などAGAの症状を改善する効果があることが確認されています。

薬剤の投与による治療には男性機能の低下や肝機能障害などの副作用が現れることがあります。

フィナステリドを使用するメソセラピー治療は副作用の影響から女性の脱毛症の治療には使用できず、植毛手術は手術跡が残ることや施術する必要がある箇所が多いほど費用がかさむことなど、これらの治療法にはいくつかのデメリットも確認されています。

近年、これらの問題を解決する治療法として注目されているのが「HARG療法」という治療法で、HARGとは「Hair Re-generative theraphy」の略で毛髪再生治療といった意味になります。

この療法はHARG治療センターの総院長である医学博士の福岡大太郎氏によって開発されたもので、現在では全国各地のクリニックでも施術が行われています。

HARG療法は幹細胞から抽出した成長因子を使用して治療を行う為
副作用やアレルギーが発症する心配が無く、高い発毛率や、比較的発毛までの期間が短い
ことなど様々なメリットを持ち合わせた最先端のAGAの治療法となっているんだ。

HARG療法の仕組み

2da795d5c53cd59d86df7c9b6aaef94d_s

HARG療法では幹細胞から抽出したAAPEによる毛母細胞の活性化と、生えてきた髪を太く長く育てるための様々な育毛成分の投与という2つの方法を使ってAGAの治療を行います。

幹細胞とは状況により様々な細胞へと自身を変化させることができる細胞です。

例えばケガをした時に傷ついた場所で分化や分裂を行い、傷ついたり、死んでしまった細胞の代わりに組織の機能を回復させる機能を持っています。

AAPEはこの幹細胞に含まれるタンパク質で、細胞を活性化させるための成長因子となっており、これを頭皮へ注入することで髪が生える元となる細胞である毛母細胞を刺激し、発毛を促します。

注入されたAAPEは毛包にある毛包幹細胞にも刺激を与え、活性化された毛包幹細胞も毛母細胞へと刺激を与えるようになるのでさらに発毛効果が高まることになります。

もう一つの方法である髪の育毛には、ブフロメジル、シスチン、各種ビタミンなど髪の成長を助ける成分が投与されます。

これにより生えてきた髪の毛がすぐに抜け毛とならず、しっかりと成長するようになり、結果として髪の成長サイクルが正常な状態へと戻っていきます。

このAAPEと様々な育毛成分をブレンドした成分はHARGカクテルと呼ばれ、高い発毛効果が確認されており、ほとんどのAGA患者の症状を改善しています。

また、女性型脱毛症であるFAGAの治療にはフィナステリドや高濃度のミノキシジルを使用することができず、特に妊婦や授乳中の女性では赤ちゃんに影響が及ぶことからこれらの薬品に触れることもできないという状況でした。

しかしHARGカクテルにはそのような危険な副作用が発症することが無いため、これまで治療法が限定されていたFAGAの新たな治療法としても大きな助けとなっています。

HARG療法の手術方法

03ef857d85e3cae9eae3401bd3469d34_s

HARG療法の手術方法は基本的に、育毛メソセラピーと同様に注射針を使って頭皮にHARGカクテルを注入する方法がとられています。

現在では、それ以外にも注射針を使用しない手術法などクリニックごとに様々な手術が実施されています。

最も一般的な注射針を使った手術はパピューレ法と呼ばれ、皮下組織に適切な深さで有効成分が注入されるため最も効果が出やすく、確実性の高い手術方法となっています。

使われている注射針は常に適切な深さに薬剤を注入できるように改良されたものが使用されており、同時に針の太さも極力痛みを感じないように極細の針が使用されています。

もう一つの方法にナバージュ法というものがあり、この方法は頭皮に注射する際に浅く細かく注射し、育毛成分を浸透させる。

というもので、パピューレ法と比べると効果が出るまでに時間がかかりますが、手術時に感じる痛みは少ない治療法となっています。

手術の際は麻酔も施されるため痛みを感じることはほとんどありませんが、注射針を頭皮に刺すことに抵抗がある方は注射針を使用しない手術方法を選択することもできます。

この方法にはエレクトロポレーション法、フラクショナルレーザー法、メドジェットという器機を使用するノンニードル法といったものがあります。

エレクトロポレーション法の場合は電気パルスを用い、フラクショナルレーザー法の場合は、レーザーを使用することで頭皮に目に見えないほどの微小な穴を空け、そこから有効成分を浸透させます。

ノンニードル法は、炭酸ガスの噴射により頭皮に極小の穴を空け薬剤を散布する方法となっており、穴の大きさは蚊の針の半分ほどの0.03mmの細さのため注射針を使用する手術と比較すると大きく痛みが軽減されると言われています。

HARG療法は費用が高く、AGA再発の可能性も。

27ad9895f3bdf389ecae465b3b165e3f_s

HARG療法では元々人間の体内に存在する幹細胞から抽出した成分を使って治療を行うため、副作用は今のところ確認されていません。

しかしHARG療法にはいくつかのデメリットがあり、注射針を使用した手術は針を直接頭皮に刺すため多少の出血が生じ、麻酔を使用した場合でも中には痛みを感じてしまう患者もいるようです。

手術後に頭皮に赤みや痒みを感じることもあるため敏感肌の方は注意が必要となります。

レーザーなどを用いた注射針を使用しない治療法を選択することもできますが、この方法は頭皮に薬剤を浸透させる治療法となっており、頭皮に直接薬剤を注入するパピューレ法と比べると発毛効果が薄く、人によっては治療回数が増えてしまうこともあります。

HARG療法は確かに高い発毛率が確認されている治療法ではありますが、AGAの場合は男性ホルモンの過剰な分泌が薄毛や抜け毛の原因とされており、手術がすべて終了したとしても男性ホルモンの影響で再びAGAの症状が発症してしまうこともあります。

そのため術後もフィナステリドなどの服用薬で男性ホルモンの分泌を抑える必要があります。

もう一つのデメリットは治療を受けるためには高額な費用が必要となることで、HARG療法は継続的に治療を受けないと効果が現れないため、通院するたびに治療費がかさむことになります。

治療費はクリニックごとに異なりますが一度の通院で10万円程度の費用が必要となり、年間では100万円を超えることもあります。

HARG療法を行っているクリニックのホームページには数か月から半年程度で発毛効果が現れると記されていますが、ネットの体験談などでは発毛するまでにもっと長い期間がかかったという書き込みも見られるため、効果が現れるまでには個人差があるということを念頭に置いておいた方が良いでしょう。

HARG療法は経験値のある専門医に任せるべし

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

HARG療法はこれまでの薬剤を使用する治療法とは異なり、人体に安全な成分を使用し、同時に高い発毛率を誇る治療法となっています。

しかし高額な治療費が必要となることや発毛効果には個人差があることなどいくつかデメリットもあります。

発毛効果に関しては個人的な要因のほかに担当する医師の技術力も重要となり、AGA治療の成功率を高めるためには経験のある医師の施術を受けることをおすすめします。

そのためには治療を受けるクリニックの選択も重要となり、選ぶ際はHARG療法を専門的に行っていて、手術方法や治療費が明確に示されているようなクリニックを選ぶようにしましょう。

この記事の関連記事