AGAの治療法(投薬・注射・植毛)それぞれのメリット・デメリット

AGAの原因には男性ホルモンが関係

28591b690e1c96722e81bbf9362365b3_s

AGA(androgenetic alopeciaの略語)は、日本では一般的に「男性型脱毛症」と呼ばれています。

こめかみの上から額の生え際にかけて抜け毛が増え、徐々に生え際が後退していく場合と、頭頂部の抜け毛が増え、次第に薄毛が目立つようになる場合があり、思春期以降の男性に見られる症状となっています。

その原因には遺伝的なもの、環境的なものなど様々な要因が考えられていますが、その多くは未だはっきりとしていません。

しかしAGAの要因として特定されたものにDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種があります。

髪の毛は通常だと長い時間をかけて長く、太く成長していきますが、DHTはこの成育期間を短くする働きを持っており、DHTの分泌量が増加することにより髪の毛の成育が阻害されると考えられています。

結果として髪の毛が育つ前の細く、短い状態の時に抜け落ちるようになってしまい、その状態が継続することで薄毛の症状が目立つようになります。

AGAは何も対策を取らないと時間の経過とともに症状が進行していきますが、現在では専門のクリニックで治療することができる症状です。

その治療法には飲み薬や塗り薬での治療や頭皮に直接薬剤を注入する治療、植毛での治療など様々なものがあります。

それぞれがAGAに効果のある治療法として広く実施されていますが、治療法ごとにメリット、デメリットもあるので、次項ではそのことについてご説明したいと思います。

なるべく費用を抑えたい!治療薬による治療

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s

AGAの治療薬として広く用いられているものにはプロペシアミノキシジルがあります。

プロペシアは内服薬として、AGA専門クリニックや一般病院の皮膚科でも診断してもらうことで処方されます。

診察を受けずに、通販などで海外から個人輸入をして治療薬を入手する人がいますが、偽物の出回りや副作用が起きても自己責任になるのでおススメしません。

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分が薄毛の原因となるDHTの働きを抑制することで髪の毛が正常に生育する環境を作り、AGAの進行を防ぐことができます。

ミノキシジルはドラッグストアなどでも購入可能な育毛剤などに含まれている成分で、血管を拡張し、頭皮の血行を良くすることで発毛を促進させます。

元々は高血圧のための薬として開発されましたが、後に発毛効果があることが発見されたため、薄毛や抜け毛の治療薬としても使用されるようになりました。

どちらの薬も手に入れることが容易で、手術を受ける必要もなく、他の治療と比べるとかかる費用が少ないといったメリットがあります。

とりあえずAGAの治療を始めてみたいと考えている方や、あまり金銭的に余裕のない方におすすめの治療法です。

しかし、プロペシアとミノキシジルにはそれぞれ副作用も確認されています。

プロペシアには男性ホルモンの抑制による性欲減退、勃起不全、精子の減少など男性機能に関わるものや、頭痛、腹痛、下痢などの症状が確認されています。

ミノキシジルには低血圧、多毛症、ニキビ・肌荒れ、薬を塗った部分の痒みなどの副作用が確認されており、これらはミノキシジルの血管を拡張する作用によって引き起こされます。

プロペシアもミノキシジルも副作用が発症する可能性はあまり高くはありませんが、中には重篤な症状に発展した例もあり、薬を使用する際は注意が必要となります。

発毛率は90%以上も!?頭皮への注射による治療

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s

AGAの治療にはフィナステリドやミノキシジルなど、AGA改善に有効な成分を直接頭皮に注射する方法もあります。

この治療法にはメソセラピーやHARG療法といったものがあり、頭皮にAGAの治療に有効な成分を直接注射するため服用薬や塗り薬よりも発毛効果が高く、多くの患者の症状が改善されています。

メソセラピーは元々、美容外科などで脂肪のある部分に薬剤を注入し、その脂肪を融解させる治療法として開発されたもので、その手法をAGAの治療に応用したものとなっています。

頭皮に注入される成分にはフィナステリドやミノキシジル、IGF、bFGF、VEGFなどの成長因子のほかに、病院ごとにヒアルロン酸やコエンザイムQ10、複合ビタミンなど発毛を促すための成分を注入し、AGAを改善させます。

HARG療法もメソセラピーと同様に頭皮に発毛成分を注入する治療法ですが、注入される成分には幹細胞から抽出されたAAPEという成長因子が使用され、この因子とその他の育毛成分を合わせたHARGカクテルという複合成分が使用されます。

これまでフィナステリドやミノキシジルを使用した治療は、胎児への影響や多毛症などの副作用から女性の薄毛治療に使用することができませんでしたが、HARG療法にはこれらの成分が使用されていないため女性の薄毛治療にも利用することが可能となっています。

メソセラピーやHARG療法は比較的新しい治療法ながらその治療効果はとても高く、発毛率は90%以上とも言われています。

そのため確実にAGAを治したいと考えている方におすすめできる治療法となっています。

頭皮への注射を行うため手術の際は多少の痛みや出血を伴い、手術後は頭皮に痒みを感じることもありますが、麻酔やレーザーなど注射針を使わない手術を行っているAGAクリニックもあり、この方法を選択することで極力痛みなどを感じずに手術を受けることができます。

デメリットとしては治療薬での治療に比べ費用がかかることで、一度の治療で効果が現れることは少なく、何度か通院する必要があるためその都度治療費がかかり、合計すると数十万から数百万単位の治療費が必要となります。

早く薄毛を改善したいなら自毛植毛による治療

3d864c1624070c6ee7f0eff728495627_s

自毛植毛とは後頭部や側頭部のまだ髪が生えている部分から毛根をドナーとして採取し、髪の毛を増やしたい部分に移植する治療法です。

ドナーは以前生えていた場所の性質を受け継ぐため、AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部のドナーを髪が薄くなっている部分に移植した場合でも、その毛根からは以前と同様に髪が生えるようになり、正常な発毛サイクルを繰り返すようになります。

自毛植毛は自分の毛根を移植する治療法のため、自然に発毛したかのような仕上がりになるほか、人工毛移植のように頭皮が拒否反応を起こし、炎症を起こすような心配もありません。

他の治療法と比較すると、髪が生えるまでの期間が短いため比較的早く発毛効果を実感することができます。

そのため、できるだけ早くAGAの治療を行いたいと考えている方には自毛植毛はおすすめの治療法です。

植毛治療のデメリットとしては植毛する箇所により費用に大きな幅がでることが挙げられます。

植毛にはグラフトという単位が用いられ、一般的なAGA患者に診られるM字型脱毛や生え際の後退を改善するためには100~1000グラフト単位の植毛が必要です。

100グラフトの植毛にかかる価格がおよそ20万円~なので植毛する箇所が多いとその分高額な治療費になってしまいます。

ただAGAクリニックによっては割引キャンペーンを実施しているところもあるので、それを利用することで費用を節約することも可能です。

AGA治療方法で悩んだら専門医にカウンセリング

2da795d5c53cd59d86df7c9b6aaef94d_s

AGAの治療には、プロペシアやミノキシジルを使用した投薬治療の他に、自毛植毛をする治療法があります。

治療薬を服用する方法は他の治療法よりも費用が抑えられますが、発毛するまでに時間が掛かります。

HARG療法や自毛植毛であれば、発毛するまでの期間を短縮できます。

その代わりに、服用する治療方法よりも費用が数十万円以上金額は跳ね上がります。

どういった治療が自分に適しているのか、初期費用や治療期間など色々と悩んでしまうことありますよね。

AGA専門リニックでは、専門医師による患者に最も適した治療法を提案する無料カウンセリングを行っている所も多いです。

薄毛や抜け毛のことで悩み始めたらとりあえず最寄りのAGA専門クリニックに相談してみましょう。

この記事の関連記事