AGAを予防するための第一歩!原因を知り頭皮をキレイに

20代、30代になってから急に薄毛が多くなってきた…、父親がハゲているから自分も将来ハゲるのでは…とAGAの不安を抱いていませんか?

心配要りません!!

AGAは、頭皮環境を整える効果のあるシャンプーの使用や、薄毛トラブルを改善してくれるビタミンをはじめとする食生活改善など、日常生活でちょっとした意識を加えることで予防できます。

今回は、日常生活でできるAGAを予防するための方法を紹介します。

AGAの発症原因

AGA(男子型脱毛症)は、生え際・頭頂部の髪の毛が薄くなる男性特有の症状です。成人男性によく見られる薄毛の状態のことです。

では、そもそもAGAはなぜ起きるのでしょうか?

AGAと男性ホルモンには密接な関係があります。

しかし、男性ホルモンの増加が直接的にAGAの原因になるわけではありません。

AGAは、男性ホルモン(テストステロン)がAGAの原因になるジヒドロテストステロン(DHT)というものに変化することで発症します。

言い換えれば、たとえ男性ホルモンが多くても薄毛を発症する直接的な原因にはなりません。

これを勘違いしている人がとても多く、筋トレなどで男性ホルモンが増えたらハゲるのでは?という通説がありますが、あくまでも男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうのが薄毛の原因です。

では、なぜ男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変わってしまうのかについて説明します。

その前に、5αリダクターゼという酵素について少し知る必要があります。

・5αリダクターゼ

毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素です。

これが男性ホルモンと結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)に変えてしまう作用があります。

ここで本題に戻ります。

要するに、5αリダクターゼと男性ホルモンの関係が薄毛を進行させてしまうということです。

AGAに厄介なこの酵素によって生まれたジヒドロテストステロンが、髪の毛の成長を邪魔してしまいAGAを発症します。

これを脱毛スイッチと言います。

脱毛スイッチがオンになった毛母細胞には、栄養を届けなくてもいいと体が判断するので血流が悪くなります。

血流が低下すると、髪の毛へ必要な栄養が届かなくなります。

その結果、栄養不足の髪の毛は早く抜けてしまうというわけです。

ジヒドロテストステロンの分泌量は、遺伝やホルモンバランスが関係しますが、オイリー肌の人はジヒドロテストステロンの影響をより受けやすいです。

男性で皮脂肌タイプの人は多いのではないでしょうか。

遺伝的要素やホルモンバランスが影響していると述べましたが、AGAは予防することができます。

AGAの基本的な予防法は、ジヒドロテストステロンを生み出している5αリダクターゼを抑えることです。

5αリダクターゼを抑制することでDHTの生成を制御することができるからです。

ここから、具体的なAGAの予防方法について紹介していきます。

シャンプー・育毛剤から頭皮をケア

063

体内部からではなく、外部から頭皮をケアする方法としてシャンプー・育毛剤があります。

普段、意識しないで使っているシャンプーを少し変えるだけでAGA予防につながります。

シャンプーで頭皮環境を整えることが大切

広告やインターネットでよく、「育毛シャンプー」という宣伝を見かけたことがあると思いますが、現実的にはシャンプーだけでは育毛効果は期待できません。

では、シャンプーでAGA対策をするとはどういったことでしょうか。

AGA対策をするにあたって3つの重要なポイントがあります。

順に説明をしていきます。

・アミノ酸系のシャンプーで頭皮を清潔に

AGAを発症しやすい人は、男性ホルモンとDHTの影響によって頭皮が油っぽくなりやすくなるため、頭皮状態が不衛生になる傾向があります。

過剰な皮脂により毛根が詰まった頭皮状態になると、頭皮の酸化を起こすので加齢臭の要因にもなりえます。

頭皮を清潔に保つためにも、皮脂をしっかりと除去し、頭皮環境を清潔に保ってくれるような洗浄効果の高いシャンプーがオススメです。

ただ洗浄力が強いだけでは頭皮への刺激になるため、頭皮への刺激となる成分を抑えて、必要以上に頭皮の皮脂を除去しないアミノ酸系のシャンプーがベスト。

頭皮や髪の毛の原料となるアミノ酸が含まれているシャンプーは、髪の毛の成長を促進させます。

アミノ酸は、人の皮膚や筋肉、髪の毛を構成しているタンパク質の主成分です。

髪の毛や頭皮への刺激が弱い上に、髪の毛のダメージを修復してくれる効果があります。

ただ、成分原価がやや高いので、アルコール系のシャンプーなどに比べ、値段が高いです。

・抜け毛を抑える

皮脂の過剰分泌によって毛根が詰まると、育毛剤などにある栄養成分が頭皮に浸透しないので、髪の毛の成長を妨害します。

栄養が届かなければ、髪の毛は弱体化してしまい、毛髪は抜けやすくなります。

育毛シャンプーなどで頭皮をケアし、頭皮状態を整えることで、頭皮に栄養を届かせ健康的でコシのある髪の毛を生成してくれます。

※育毛シャンプーは主に頭皮の環境を整えるものです。

・育毛シャンプーには頭皮環境を整える成分が豊富

「育毛シャンプー」と言われるシャンプーには、毛髪の成長に欠かせない栄養である、アミノ酸や海藻エキスが含まれているものがあります。

血行促進を促すシャンプーもあります。

このようなシャンプーは、清潔な髪の毛に働き、育毛の促進をサポートしてくれます。

育毛シャンプーといっても、いろいろな種類やタイプがあり、配合されている成分も違います。

AGAを予防するには、自分の髪の毛や頭皮に適しているものをチョイスすることが大切になってきます。

育毛シャンプーには次のような成分があります。

・男性ホルモンの影響を抑える成分

DHTの働きを抑制する、エストラジオール、フラボステロン、オウゴンエキス、ソウハクヒ、オキセンドリンなどの成分が含まれています。

・血管を拡張させせる成分

血行不良になると、頭皮に十分な栄養が行き届かなくなるので、髪の毛がしっかりと育たなくなります。

血管を広げて血行を良くしてあげる成分として、ビタミンE誘導体やローヤルゼリーエキス、カミツレエキス、ジオウエキスなどがあります。

・頭皮を保湿する成分

頭皮を乾燥させないで、保湿することも育毛において大切なことです。

ゼニアオイエキス、ワレモコウエキス、コンブエキス、サンザシエキス、海藻エキスなどが保湿成分として挙げられます。

・新陳代謝を促進する成分

頭皮の新陳代謝を促進すると、栄養が吸収されやすくなり、血行促進も期待できます。

クロロフィル、クロレラエキス、ヒノキチオール、トウニンエキス、ナノ金コロイドなどが頭皮の新陳代謝を促す成分です。

・皮脂を抑える成分

皮脂が過剰分泌すると毛穴に皮脂が詰まりやすくなって、栄養が届かなくなったり、菌が増えます。

皮脂を抑える成分は、ビタミンB6、イオウ、ワカメエキスなどがあります。

・頭皮の角質を柔らかくする成分

角質を柔らかくすることで新陳代謝を高めて、毛穴に皮脂が詰まりにくくなります。

乳酸、トレハロース、ホップエキスなどの成分が頭皮の角質を柔らかくしてくれます。

育毛剤は頭皮内部に浸透して血行促進・毛根に栄養を与える

育毛剤には、薬事法によって定められた、国が効果と安全性を認めた有効成分が入っています。

有効成分の入った商品は、許可を取らないと販売できないことになっています。

育毛剤にはさまざまな有効成分が配合されています。

ここでは、代表的な3つの有効成分の効果や副作用について説明します。

1.センブリエキス

・効果

センブリエキスの効果は細胞分裂の促進です。

髪の毛を生成するための毛根の働きを活発にしてくれるので、健康で丈夫な髪の毛を作るサポートをしてくれます。

さらに、センブリエキスには保湿効果もあります。

頭皮が乾燥すると、フケが多くなったり、乾燥を防ぐために余分な皮脂を分泌しようとするので過剰分泌が起こってしまいます。

頭皮を保湿することで、これらを防ぐことができます。

・副作用

センブリエキスは、植物から抽出された天然成分なので副作用があまりないのが特徴です。

化学物質とは違い、人間の体に害をもたらす可能性が低いということです。

しかし、使用する人すべてにアレルギーが起きないとは言えないので、仮に体に何らかの異変が起きた際には使用を中止したほうがいいかもしれません。

2.グリチルリチン酸二カリウム

・効果

炎症を抑制することが主な効果になります。

頭皮に炎症が起きてしまうと育毛をするのに悪影響を及ぼしてしまうので、炎症を防ぐことが髪の毛の生成にとても大切なことなのです。

・副作用

グリチルリチン酸二カリウムを多量に摂取すると、だるさ、手足のしびれなどの副作用が起きる場合があります。

このような副作用が出た場合は、専門の医療機関に相談されることをお勧めします。

3.ジフェンヒドラミンHC

・効果

アレルギーや炎症を抑制する効果だけではなく、血行促進の効果も認められています。

頭皮や髪の毛を健康に育てるには、血管を拡張し血流を良くすることが不可欠です。

それに加えて、炎症も抑制してくれるので育毛にはかなり重宝する成分です。

・副作用

一般的に眠気といった副作用が出ると言われています。

ただ、これは服用をした場合で、皮膚に直接塗る場合は副作用の心配はほぼ無用と言われています。

育毛剤に入っている場合は、大方安心ということですね。

ただ、体質的に合わない人はゼロとは言い切れないので、注意は必要です。

ビタミンを意識して食事を摂る

AGA対策には、食事も非常に大切なファクターです。

近年は、欧米化によって日本でも脂っこい食べ物、不健康な食生活を送っている人も多いかと思います。

更にAGA予防の効果を高めるためには、育毛剤やシャンプーで頭皮ケアをする他に、栄養を補給する事が必要です。

ビタミンは髪の毛を生成するために必須!

083

ビタミンは13種類あり、その中でも特に髪の毛に良いとされるのはビタミンA・B郡・C・Eになります。

ビタミンは、私たちの身体の機能を健康に保つ役割を担っています。

しかし、人間の身体では作ることができないので、食べ物として補給する必要があります。

順にどのような効能があるのか説明していきます。

頭皮を健康にするビタミンA・C・E

ビタミンAは細胞に働き、頭皮の健康を保つ効果があります。

疲れやストレス解消に効果があるのはビタミンCです。

ストレスが溜まると、頭皮に十分な栄養が届かなくなり薄毛の原因になってしまいます。

そして、頭皮の血行促進、髪の毛の成長を促すのがビタミンEになります。

毛母細胞の働きを活性化するビタミンB群

B群の中でも、ビタミンB2とビタミンB6が育毛に効果が高いです。

ビタミンB2は皮脂量を調節してくれ、ビタミンB6はたんぱく質の吸収を促進します。

AGA対策に効果的なビタミンを含む食べ物

どのような食材に薄毛対策に有効なビタミンが含まれているのか紹介していきます。

薄毛や抜け毛に効果のあるビタミンA・B2・B6・C・Eが多く含まれる食べ物はこちらです。

レバー

レバーが苦手という人は多いと思いますが、レバーにはたくさんのビタミンが含まれています。

ほんの50グラムを摂るだけで成人の1日に必要なビタミンAとビタミンB2と同様なほどです。

緑黄色野菜

緑黄色野菜には豊富なビタミンが含まれているものが多いです。

ニンジン、ほうれん草、カボチャなどにはビタミンAが多く含まれていて、

ピーマンや芽キャベツには疲労・ストレス緩和効果のあるビタミンCが多く入っているので、これらも積極的に摂取したいですね。

肉類

肉類には脂質が多く含まれていますが、肝臓にはビタミンB2を多く含んでいます。

脂質が多いので、食べ過ぎには注意してください。

タンパク質とミネラル

毛髪はケラチンというタンパク質でつくられています。

このケラチンの合成を助けるのがミネラルになります。

髪の毛の健康状態を良くするには、タンパク質とミネラルを多く含んでいる食べ物を摂取することが重要です。

・ミネラルを多く含む食材

煮干し、焼き海苔、カットわかめ、切り干し大根、納豆、ピーナッツ、ほうれん草、加工乳など

亜鉛

亜鉛は、髪の毛の元となるケラチンの合成には絶対に欠かせない栄養素です。亜鉛が足りなくなると、ケラチンの合成がちゃんと行われないので、抜け毛の原因になります。

・亜鉛を多く含む食材

牡蠣(生)13,2g、ビーフジャーキー8.8g、豚レバー6,9g、輸入牛肉(肩)5,0、かつおぶし2,8g、サラミ4,0、たらこ3,8gなど

頭皮に健康的な食事を積極的に摂ることで、AGAの進行の緩和が期待できるので、健康的な食生活を送るのはとても大切なことです。

身体中に栄養を届けるために動いて寝る!

薄毛の主な原因は頭皮の血行不良と言われるほど、頭皮の血行を良好にするのは重要なことです。

正常な髪の毛でも、成長するために必要な酸素や栄養が届かなければ元気に育ちません。

ウォーキングや水泳といった有酸素運動がストレス軽減になり、心臓からどんどんと血液が出されて血行が良くなるので、適度な運動は薄毛対策に必須です。

息がきれるような激しい運動ではなく、少なくても週3日、1日20分程度の軽めの有酸素運動がいい目安ですね。

普段忙しくて運動をする時間がない人でも、エレベーターやエスカレーターを使う際に、なるべく階段を使ってみるなどの取り組みから始めていきましょう。

AGAの原因であるDHTが、適度な運動によって汗と一緒に体外に排出されるので、原因を体の外に追い出すことが可能です。

同時に睡眠も大切です。

適度な運動と睡眠で成長ホルモンが分泌させると、髪の毛になる毛母細胞が活性化され育毛に効果があります。

成長ホルモンが分泌されるのは、午後9時〜午前3時なので、この間に6〜7時間の睡眠を取るのがとても理想的です。

日中には適度な運動をして、夜になればスマホ操作、タバコやお酒をなるべく控えると質の高い睡眠が取れるようになります。

夜にスマホやパソコンを長時間使う習慣のある人は、なるべく寝る前には照明の明るい機器の操作を控えるようにしましょう。

生活習慣の「意識」が大切

AGAは普段の生活で予防していくことができます。

AGAを予防するには、原因であるDHTを生み出す5αリダクターゼを抑制することが重要です。

洗浄効果の高い高級アルコールシャンプーは頭皮への刺激が強いです。

低刺激で適度に頭皮の皮脂を取り除いてくれるアミノ系洗浄成分配合のシャンプーを使って、頭皮環境を清潔にするようにしましょう。

必要であれば、有効成分の配合された育毛剤を使い血行促進や毛根に十分な栄養を与えることもAGA対策になりますね。

頭皮ケア以外にも、生活習慣の見直しを行うといいでしょう。

食生活では、ビタミンA、B群、C、Eの摂取が大切です。

ビタミンは薄毛対策にとても効果の高い栄養素なので、積極的に摂りましょう。

その他に、髪の毛はケラチンというタンパク質でつくられているので、たんぱく質やミネラル、そしてケラチンの合成に欠かせない亜鉛も必須です!


理想としては、健康な食生活とストレス緩和、血行促進の期待ができる有酸素運動と成長ホルモンを分泌させるために午後9時~午前3時の間に睡眠をとることだ!

実際には全てを完璧にこなすことは難しい。

一度に全部やろうとしないで、どれか1つでもいいから自分で実践できそうなものからやっていくと良いぞい!

この記事の関連記事