特徴的なハゲの進行パターン!改善できる薄毛、できない薄毛

薄毛になっていく年齢で最も多いのは、40歳を境にして薄毛が起こることです。

薄毛になる要因は数多くあります。

「運動不足・栄養素不足・ストレス・睡眠不足・飲酒・脂もの中心の食事」が重なる年齢でもあるからです。

同時に老化も少しずつ進むことでビタミンやミネラルが一気に少なくなる年齢でもあり薄毛になっていく大きな要因の1つに含まれています。

年齢や過度の精神的ストレスなどで薄毛の進行速度が違う場合があり、抜け毛が始まってから3ヶ月で頭皮の地肌が見えることが多くあります。

抜け毛が起こる場所の多くは、前頭部の生え際が抜けていく場合や頭頂部のまわりや中心から抜けていくケースがあります。

M字・O字・U字といった抜け毛の型とも呼べる薄毛のタイプになっていきます。

薄毛になってしまうと回復する期間が長くなることもあります。

抜け毛の量が多くなっていると感じた段階で、すぐに頭皮ケアを行うと改善できる薄毛もありますが、

クリニックで治療をしないと治らない薄毛も多くあるのが現状と言えるでしょう。

薄毛になる症状にはAGA(男性型脱毛症)も含まれますので、頭皮ケアだけでは回復できない薄毛もあります。

逆に頭皮ケアで回復できる症状でも、仕事が忙しいことで毎日の頭皮ケアをおろそかにすることが多く、持続性を保てないところが薄毛を進行させる原因になっていることも現状です。

今回は、薄毛の原因によっては進行を防ぐことができる頭皮ケアやクリニック治療での改善策を解説していきます!

薄毛になってしまう原因、「ストレス」「アレルギー」

下記の図のような要因が、幾重にも重なることでホルモンやリンパ球に異常を引き起こして薄毛になっていくことが多くあります。

usugegenin

特に、過度のストレスは、ホルモン異常を引き起こしやすく薄毛の進行をより早める要因です。

薄毛の原因は、AGA(男性型脱毛症) にある悪玉酵素DHT(ジヒドロテストステロン)が原因で薄毛になることもありますし、脂漏性皮膚炎が原因で円形脱毛症になることもあります。

また、アレルギーを持っていることでホルモンやリンパ球などを含めた異常を起こし薄毛になることも多くあります。

アレルギーによる薄毛の影響も多いです。

アレルギー性には、アトピー性や金属アレルギーなどをよく聞きますが、アレルギー性鼻炎や花粉症などの症状から影響してくる薄毛もあります。

皮膚科で処方される内服薬には炎症を抑える薬を処方されることがあります。

この薬を短期間服用することで、炎症が治まったことで発毛してきた人もいるそうです。

一般クリニックでの血液検査では、よくアレルギー検査をしますが、薄毛になる原因もある意味自己免疫の低下が多くなることでリンパ球などに悪影響を出しているのかもしれません。

薄毛を解消するには、不足している栄養素を補給することやある程度の運動をすることで改善されることもありますが、そう簡単に回復してくれないところも薄毛の特徴と言うべきでしょう。

気が付いた時にはハゲてしまう。進行速度はどれくらい?

薄毛の進行速度には、年齢や症状によっても個人差があります。

薄毛の早い人では2ヶ月位で頭皮の地肌が見える人もいますし、6ヵ月経過した時に頭皮の薄毛に気づく人もいます。

年齢 薄毛になるまでの進行期間 薄毛の進行度
40代から50代以上 3ヶ月 早い
20代から30代 6ヵ月から1年 徐々に薄毛になる

*20~30代は活発に体を動かしている世代でもあり毛母細胞の活動が強いためすぐに衰えることが少なく、毛髪の成長期が長期→中期→短期と衰えてくるまでの期間が長くなるようです。

但し、過度のストレスがあった場合は、年齢に関係なく薄毛の進行を早めることが多くあります。

ストレス性と食生活「脂物・飲酒」などで「脱毛症になる人」は薄毛の進行度が早くなります。

ホルモン異常とビタミン・ミネラルがアルコールにより一気に奪われることで脱毛を早めます。

急激に起きた辛さや悲しみ・過度なストレスや長期間のストレスを溜めすぎると、ホルモンに大きな影響を与えることがあります。

脳神経に影響を与えてうつ症になる人もいれば、頭皮や毛髪に大きな影響がでる人・内臓器官に影響が出る人など様々です。

ストレスを抑えてくれるホルモンもありますが、異常を起こすホルモンの力が大きく影響します。

その力が大きくなると、「リンパ球が異常を起こし異物と判断された地肌を攻撃してしまう」ことや「FGF-5(タンパク質でできた毛髪サイクルをコントロールする物質) に脱毛命令を出し続ける」といった原因になることもあります。

食生活で抜け毛になった人の原因の一つ

健康診断で高血圧や糖尿病・脂肪肝などと診断されることが多いようです。

全ての人ではありませんが、薄毛になっている人の確率は70%と多く体系が細くても薄毛になることが多くなっています。

栄養素の不足で毛母細胞の活動を休眠させたり遅くさせたりする薄毛の原因よりも、ストレスの影響を受けたことで薄毛になる原因の方が、遥かに進行速度が早くなります。

つまり!

「ストレス性の薄毛」
「栄養素の偏りや不足による薄毛」

の2つに分けた上で、頭皮ケアやサプリメント・治療薬などを服用する必要性があるということです!

薄毛の進行タイプ!とどのような状態になる?

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ae%e8%96%84%e6%af%9b%e7%a8%ae%e9%a1%9e_%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

ストレス性が原因で起きる薄毛の多くは、前頭部からの脱毛と頭頂部の部分的な脱毛が多くあります。

ストレス性の脱毛症に多い円形脱毛症という症状は500円玉くらいの円形状の大きさで抜け毛が起きる症状です。

後頭部や頭頂部・側頭部とあちらこちらに円形脱毛が起きる場合がありますが、究極に行き詰ったストレス性の脱毛症は、AGAよりも早く前頭部や頭頂部の毛髪を一気に抜け落とす位の早さがあります。

薄毛の型にもM字・O字・U字がありますが、それぞれ個人が持つ毛母細胞が休眠状態になる受け方が違うために型が変わるものではないかと推測することができます。

薄毛のM字・U字・O字型になると推測される原因
1 頭皮の部分的な栄養素不足や血行不良などが起きている場合
2 ニキビ菌・カビ菌・マラセチア菌などの菌体の増殖の進行による場合
3 AGA(男性型脱毛症)による場合
4 過度のストレスによるリンパ球やホルモン異常を起こした場合

ホルモン異常が起きた薄毛はAGAとよく似たO字の型であるため、稀に医師が診断を間違うこともあるようです。

U字型脱毛症

前頭部の生え際から抜け毛が始まり、アルファベットのUの文字に似ていることからU字型と呼ばれている脱毛症です。

U字型になる前の症状は、毛髪が細くなることもありますが、縮れたような髪質に変わることが多くあるようです。

(ホルモンバランスの乱れが原因とされています)

AGA(男性型脱毛症)の特徴がでることが多い脱毛症です。

M字型脱毛症

前頭部の生え際から抜け毛が始まり、アルファベットのMの文字に似ていることからM字型と呼ばれている脱毛症です。

M字の両脇のどちらか先に抜け毛が始まることが多く、右から始まった抜け毛が左側へ移って抜け毛が始まり最後に額の中心から抜け毛が始まって頭頂部へ移っていく脱毛症です。

O型脱毛症

円形脱毛症とか「カッパの皿」と言われている脱毛症になります。

こちらもアルファベットのOの文字に似ていることからO字型と呼ばれています。

ストレス性の脱毛症やAGA(男性型脱毛症)・脂漏性皮膚炎・粃糠性脱毛症などが原因で起こることが多く、血液・DHT検査や頭皮を目視して症状を確かめます。

(ホルモン・リンパ球の異常・菌の繁殖で起きることが原因とされています)

頭皮ケアで薄毛の進行を食い止める

頭皮ケアをする前には、何より抜け毛になった原因を調べることが先決です。

頭皮ケアで薄毛を止めるには、薄毛の初期段階の範囲が小さい時や脱毛原因が菌体である場合に有効な手段があります。

菌体の種類によっても選択するシャンプーが異なりますので、選択を間違えると効果がない場合や抜け毛を進行させてしまう場合もあります。

フケやカユミのある薄毛の場合は皮膚科のある病院やクリニックで診断を受けてから行う方が良いでしょう。

【フケやカユミがない場合】

・頭皮に血行不良がある人

頭皮マッサージや血行促進作用がある育毛剤・育毛シャンプーを使用する。

育毛剤は、チャップアップ、LPLP(ルプルプ)といったセンプリエキス・唐辛子エキスなどの刺激成分が含まれているもの。

育毛シャンプーの種類は、アミノ酸系または石鹸系。

・普通肌、乾燥肌の人

保湿成分の含まれる育毛剤・育毛シャンプーを使用する。

育毛剤は、ポリピュアEXやBUBUKAなどが挙げられます。

育毛シャンプーは共通してアミノ酸系または石鹸系。

・脂性肌

脂は落としすぎてもいけませんが、残しすぎも良くありません。

スカルプDオイリー(脂性肌用)や無添加のシャンプーなどでケアをしましょう!

頭皮の毛穴が詰まっている人は、自宅で頭皮デトックスを行ったり頭皮スパなどの専門店で古い角質や皮脂を落としてもらうことが必要です。

<自宅で行う場合の頭皮デトックス>

頭皮が乾いている状態でクレンジングオイルやホホバオイルを塗ることが必要です。

手は水やお湯で濡らしては効果が出ませんので、お風呂に入る前に行うことが重要になります。

オイルを洗い流した後で、上記のアミノ酸系のシャンプー・コンディショナーを使用し育毛剤で頭皮を整えると良いでしょう。

【フケやカユミがある場合】

考えられる原因:マラセチア菌

シャンプー・コンディショナー

専用の抗炎症力がある育毛シャンプーとコンディショナーを使用する。

メディクイックH・コラージュフルフル
(ミコナゾール硝酸塩配合の薬用シャンプー)

普通肌・乾燥肌:うるおいなめらかタイプ

脂性肌    :スッキリサラサラタイプ

考えられる原因:ニキビ菌・カビ菌

シャンプー・コンディショナー

頭皮湿疹治療薬と抗炎症作用が含まれている育毛シャンプーとコンディショナーを使用する。

スカルプD ドライ(乾燥肌用)
スカルプD オイリー(脂性肌用) など

初期の段階で使用すれば徐々にカユミやフケがなくなっていくこともあります。

但し、上記のシャンプーを使用しても原因菌が違う場合、抜け毛が増える可能性が高くなります。

使用する前には、病院やクリニックで抜け毛になった理由やカユミやフケの原因を調べる必要があるでしょう。

また、湿疹や炎症がある場合に使用する時は、炎症を抑える薬を塗って炎症を抑えてから使用するようにして下さい。

そのまま使用すると悪化させることが多いので、湿疹や炎症が治るまで使用を控えておきましょう。

生活環境を正すことで進行を食い止める

生活環境を見直すと言っても、どれを改善していけば良いかわからないことが多くあります。

まず、下記のように3つに分けて考えてみます。


・栄養バランス

1週間に3回以上7つの項目の内4つ以上の食材をバランスよく摂るようにします。

上記の表は代表的なビタミンやミネラルを多く含んでいる食材の種類になります。

何もチェックが入らなかった人と3回未満の人は食生活の見直しが必要です。

・睡眠時間

平均7時間の睡眠が理想とされています。

ここにチェックが入る人は、精神的に改善する薬(漢方薬など)を使用すると不眠症や不安症・神経症などを改善できます。

毎日の睡眠時間が少ない人ほど、精神的なストレスを抱えることが多くなります。

不眠症は代表的な症状ですが、発展していくと脱毛原因やうつ病になることがある睡眠時間を表に指しますので改善が必要になります。

・運動時間

平均30分以上の心肺機能を使う有酸素運動が効果的です。

毎日仕事で外回りなど動くことがある人は別にします。

デスクワークが多い人を対象にしていますので、休みの日の運動時間(ショッピング)を含めた時間に当てはまれば改善する必要があります。

理想は2時間以上です。

上記のように、3つに分けた時に現在の生活環境の変化を感じることができるでしょう。

食生活では4つ以上チェックが入っていなければ要改善です。

不足している分をサプリメントで補う方法もありますから、サプリメントが必要なくなるまで徐々に食材を増やしていってください。

他の項目にチェックが入った人も改善する必要があります。

特に、食生活の栄養バランスが大切です。

単に、魚介類だけを摂ることや野菜だけを摂れば良いのではありません。

魚介類に含まれるビタミンBには、B2・B6・B12など日常失われやすいビタミンが含まれています。

野菜類にもビタミンは含まれます。

しかし、他の食材から一緒に摂ることで栄養素の不足分を補うことができますから、それぞれの食材からビタミンやミネラルなどを摂ることが大切になるのです。

栄養素を運ぶには鉄分や酸素を多く含まれていなければ大量に栄養素を運ぶ力も増えてきませんので食事からの栄養素と有酸素運動も頭皮や毛髪に重要なことになります。

また、毛髪を作る栄養分には、タンパク質や亜鉛・ミネラルなども必要になるため栄養を摂るには魚介類をはじめとする野菜類・根菜類・大豆類・豚肉や鶏肉など総合的にバランスがとれた食材が必要になります。

つまり、薄毛の原因になるのは、上記のような全ての項目が整わない為に起こる症状だとも言えるのです。

【食生活の改善】

魚介類

青魚(アジ・サンマ・イワシ)鮭・マグロ赤み・牡蠣・シジミ・あさりなどの他魚介類を含めたものを摂るようにしましょう。

ビタミンB群ビタミンEやミネラルを摂ることができ亜鉛や鉄分も補給することができます。

野菜や根菜類・果物ほうれん草・ブロッコリー(カリフラワー)・ゴボウ・レンコン・大根・バナナ・リンゴ・柿・みかん
などは、ビタミンB・Cが豊富に含まれています。大豆類や酢の物豆腐・枝豆・納豆・ワカメ・めかぶ・もずく・ピーナッツ類・クルミ
などはミネラルとなるアミノ酸が多く含まれています。

魚介類・野菜・根菜類・果物・大豆・酢の物とありますが偏りは禁物です。

どの栄養素もバランスよく摂ることが一番大切なことになります。

・睡眠時間

眠りが浅い場合は、漢方薬などを服用すると精神的に安定させる効果があります。

精神が安定することで、睡眠が十分とれると翌日の朝は体のいやな重みを感じることがなくなります。

精神を安定させるだけで発毛することがあり毛髪が柔らかくなることもあります。

睡眠不足は、ホルモンバランスを乱すことが多いです。

不眠を治すことから始めると薄毛を改善することができる場合もあります。

・有酸素運動

水泳・ランニング・ウォーキングなど心肺機能を使う有酸素運動は、頭皮をマッサージするよりも、血流を改善する方法にとって一番良い方法です。

ウォーキングでも、20分続けて歩くことで肌肉や持久力がついてきますし、血流も改善していきますから便通や睡眠も良くなります。

頭皮の血行不良が多い人は、運動不足と栄養不足が主な原因とされていますから、明日からすぐに行える運動として取り入れてみてください。

今まで全ての事を行っても薄毛の改善が見られない場合は、病院やクリニックへ行って治療をする方が良いでしょう。

症状が深刻化したらクリニックへ。治療薬で改善しよう!

薄毛の症状が深刻になりそうな場合は、できるだけ早くクリニックへ行って治療を受けることを心がけましょう。

円形脱毛症・粃糠性脱毛症
セファランチン錠剤1mg

血管を拡張・抗アレルギー作用

ツヅラフジ科の植物タマサキツヅラフジの根から抽出したもの

グリチロン 肝機能を改善する・炎症・アレルギーを抑える作用
エバステル錠 抗アレルギー作用・湿疹・皮膚炎を抑える
発毛剤
フロジン液

アロビックス外用薬5%

脱毛を防止・発毛促進作用があります。

3ヶ月を目途に使用を続けないと発毛効果が得られない緑色をした薬

円形脱毛症や粃糠性脱毛症の症状に多く処方されるのは、内服薬のセファランチン錠剤とフロジン液(アロビックス)外用薬です。

内服薬のセファランチン錠剤は血管の拡張作用によって毛根に栄養を多く運ぶ作用があるので外用薬の発毛剤とペアで処方されることが多くあります。

また、アレルギー症状がある場合は、エバステル錠やグリチロン錠などを処方される場合もあります。

脂漏性皮膚炎
ステロイド剤 炎症を鎮める効果が5段階に分けられています
抗真菌薬
ケトコナゾール フケや抜け毛予防に効果がある
ミコナゾール 抗真菌薬 真菌を死滅する作用がある

皮膚の赤みやカユミを止める

発毛剤
アロビックス外用薬5% 脱毛を防止・発毛促進作用がある

脂漏性皮膚炎は、炎症を起こしていることが多くステロイド剤やケトコナゾール・ミコナゾールなどを使用して炎症や化膿している部位を治しカユミやフケの改善を行います。

また、発毛剤であるアロビックス外用薬5%を処方されますが効果が出るまでには3ヶ月ほどかかるようです。仕事をしている人は朝・晩2回に分けて塗ることになるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)
プロペシア 5αリダクターゼⅡ型を阻害する
ザ・ガーロ 5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型両方を阻害する
ミノキシジルタブレット 血管を拡張し発毛を促進する
ミノキシジル 外用薬 塗り薬
抗真菌薬
ケトコナゾール AGAの抜け毛予防

AGAと診断された人は、内服薬のプロペシア・ザ・ガーロのどちらかとミノキシジルタブレットを処方されることが多いようですが、プロペシアやザ・ガーロだけの場合もあります。

内服薬のミノキシジルは副作用がありますから、気になる人は外用薬のミノキシジルを処方されることもあります。

しかし、湿疹やカユミが出てしまうことが多いので内服薬に変更する人が多いようです。

*外用薬の副作用はカユミだけと言って良いでしょう。

*血流を改善する成分がカユミを引き起こす原因になっています。

また、抜け毛予防としてケトコナゾールを処方される場合もあります。

他の治療方法も数多くありますが、各クリニック独自に行っているものが多いので紹介するとすべてのクリニックや病院が行っていると間違うことがありますので、統一的に行っている症状の中から主に処方される薬と効果を紹介しています。

*ジェネリック薬もそうですが、取り扱いをしていないクリニックや病院も多いので記載していません。

上記の症状を判断するための検査が下記のようにあります

検査機能がある場合、任意検査で勧められる場合があります。

全ての検査を勧められるわけではないので、疑わしい症状の時に行う場合があります。

但し、検査機能がないクリニックや病院もありますから、費用と一緒に問い合わせると良いでしょう。

ハゲのパターンと改善方法はコレだ!

下記には、それぞれの項目ポイントをまとめてみました。

生活の乱れから薄毛に発症

ストレスを中心にした、「栄養素の偏りや不足」「血行不良」「運動不足」などの要因が、幾つも重なったりすると薄毛の進行が始まると考えた方が良いでしょう。

頭皮に異常を起こりやすくなる原因は、生活習慣や生活リズムとから引きおこるケースが多いです。

特に、「ストレスや睡眠時間との関係」と「栄養素のバランスが整わない」ことで起こる可能性は高いとも言えるでしょう。

アレルギーにも注意が必要です。

アトピー性や金属アレルギーもそうですが、アレルギー性鼻炎や花粉症が長く続いている人などに薄毛になる人もいます。

リンパ球が悪影響を受け続けて抜け毛を発症させていたケースもあるようですから、薄毛の人にアレルギー性を持っている人がいれば一般の皮膚科で検査してもらうと原因がわかるかもしれません。

年齢によって進行速度は早まる

年齢が20代→30代→40代→50代と進むにつれて薄毛の進行は早くなります。

20~30代の薄毛は6ヵ月かけて薄毛になっていくことが多いです。

しかし、40代に入って薄毛が始まると20~30代の2分の1(3ヶ月位)の早さで頭皮の地肌が見えてきます。

つまり、薄毛の進行速度は、「頭皮や毛髪の栄養素不足」と「年齢が高くなる老化」と比例していると言えるでしょう。

主なAGAパターンは3つ!

薄毛の進行に代表される型はO字型です。

頭頂部の中心から円形状に抜け毛が起こり河童のような頭皮形状になります。

AGA(男性型脱毛症)や脂漏性皮膚炎・びまん性脱毛症などの症状も同じような型になることが多くあります。

AGAで代表的な型はM字型が多いようです。

M字型の抜け毛は、頭皮が乾いたような状態でパラパラと毛髪が抜けていく症状があります。

毛髪の成長が急激に少なくなりますので、毛が生えてきても細くて弱い毛が多くなります。

AGAで前頭部から抜け毛が始まる型にはもう一つU字型があります。

抜け毛が始まると毛髪が縮れてくるようです。

天然パーマと言えばわかりやすい表現かと思いますが、細い毛がくるくると曲がりながら生えてきて軽く引っ張るだけですぐに抜けていく症状があります。

O字・M字・U字が起こる原因に、AGA(男性型脱毛症)があげられることが多くあります。

しかし、AGAではない場合も同じような型になることがありますので一概に決められない所もあります。

初期段階であれば改善は可能!

AGA(男性型脱毛症)は、薄毛の進行を止められませんのでクリニックで治療しなければ治りません。

他の脱毛症が初期段階であると血行促進作用や抗炎症作用を含んだシャンプーや育毛剤を使用したり頭皮デトックスをしたりすることで薄毛を防ぐこともできます。

しかし、何が脱毛症の初期段階でAGA(男性型脱毛症)なのか判断がつきませんから、フケやかゆみがある人は最寄りの皮膚科のある病院やクリニックへ行って検査をして原因を知ることが大切です。

フケやカユミがない場合は、AGA(男性型脱毛症)の可能性が高いですから、AGA専門のクリニックで相談するとより詳しく調べることができます。

但し、AGAと診断されれば最低6ヵ月は通院することになるでしょう。

生活環境を正すことで進行を食い止める

生活環境の改善項目に当てはまる項目を中心に行うと、生活リズムや栄養バランスが整いやすくなるでしょう。

睡眠時間と食生活のバランス、有酸素運動とストレスの発散のバランスは、どれが欠けても頭皮や毛髪にも影響が出てきます。

特に、40代を過ぎている人は「ビタミンとミネラル」が急降下で減少してきますので、出来るだけビタミンB群ミネラルを中心に摂るようにしましょう。

老化による影響も出てきますので、運動と睡眠時間の管理もしっかりしておきましょう。

栄養素不足はすぐに改善することが難しいので、サプリメントなどを併用しながら補給して安定させることが大切になるでしょう。

*サプリメントでも、亜鉛や鉄など一つの成分だけでは栄養バランスが取れません。

ビタミンB群C・Eを含んでいる総合的なサプリメントを使用してください。

サプリメントの偏りは別の問題を引き起こす場合があります。

深刻化したAGAはクリニックで治療を!

特に40代の年齢から薄毛になると、早期の段階でも回復することが難しいことが多くなります。

深刻化する前の段階で、早めにクリニックや病院へ行って「薄毛になった原因を知る」ことが重要です。

M字の生え際や前頭部からの抜け毛はAGA(男性型脱毛症)の可能性が高くなります。

最初からAGA専門のクリニックへ行ってDHT検査を受けると原因がわかるでしょう。

どの症状であっても、症状に合った治療薬を服用して改善することができるように、出来るだけ早くAGAクリニックや病院で対処することが必要です。


ハゲの進行パターンは主に「O字」「M字」「U字」の3つのパターンだ!

どのパターンでハゲてきたとしても、進行が進んでしまっているとケアでは対策ができなくなってしまう。

早い段階で頭皮をケアすること、深刻化したらクリニックへ行くことが大切だぞ!

この記事の関連記事