女性が発症するAGAの特徴、髪の毛はなくならない!?

AGAは女性でも発症する可能性があることをご存知ですか?

AGAは男性の病気として認識されがちですが、実はこのAGAは女性でもなる可能性があることは余り知られていません。

AGA(男性型脱毛症)に対し女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

脱毛症を発症してしまうと、男性でも大変つらい病気ですが、女性がなってしまうと更にその苦しみが増す傾向が強いのです。

そんな女性のAGAは男性のAGAとは進行が大きく異ることがあります。

男性のAGAの場合にはU字型やM字型のように前頭部から、O型のように頭頂部から進行していくことが多いです。

しかし、女性のFAGAは男性とは違って髪の毛が全体的に薄くなっていくのが最大の違いでしょう。

そのため、FAGAに気づかないということも多いのです。

男性のAGAとは違って、女性のAGAは髪が抜け落ち、全くなくなってしまうということは少ないです。

単に薄毛になり、髪の毛の量が少なくなるという程度で収まります。

この症状が病気であると認識していない人が多く、女性のAGAが余り治療されていない原因になっています。

女性のAGAは髪のハリがなくなるというところもポイントです。

「急に髪のハリがなくなってきたといった場合にはAGAの可能性を疑ってみるとよいでしょう。

そんな女性のAGAですが、原因は様々考えられますが、その原因の一つとしてホルモンバランスの異常があげられます。

生活習慣の乱れなどからホルモンバランスが崩れてしまうと男性ホルモンが急増してFAGAを発症してしまうということがあります。

男性のようにストレスなどが溜まってAGAになってしまうということもあります。

加えて女性ならではの原因もあります。

それが髪のダメージによってFAGAになってしまうことです。

女性の場合はパーマなどを掛けることが多いだけでなく、ヘアカラーをしたりワックスなどもよく使うという傾向がありますから、それだけ髪に与えるダメージも大きいのです。

ヘアーエクステンションなどを使用することによってダメージが髪に蓄積してしまい、AGAを発症することもあります。

ポニーテールなどの髪を圧迫する髪型はAGAを引き起こす要因になりますから注意しておきたいものでしょう。

このようにAGAは色々な要因で引き起こされます。

クリニックでも「どういった原因でAGAになったのか」といった原因の追求はご自身に適した治療法を考える上でも重視されますから、AGA治療をしてもらう際には自分でも考えてみましょう。

FAGAの治療薬は女性専用を使用すること!

05359ed2b6ecd0f03d42a7edadd7d51e_s

女性のAGA治療も男性のAGA治療方法と変わることはほとんどありません。

専門クリニックに行って治療する場合は、男性と同じように専門医としっかりカウンセリングをして薄毛の原因を解き明かしていきます。

その後、治療薬や育毛剤などのを使用から治療を進めていく形になりますが、男性に使用できる薬剤が女性には使用できないということもあります。

男性向けのAGA治療薬として処方される「プロペシア」は、女性は服用する事ができません!!

特に妊娠されている方は、子供に悪影響を与える可能性があるため、※プロペシアに触れることだけでもしてはいけない※ と注意されています。

市販されている育毛剤を使用するにしても、必ず「女性も使えるものかどうか」しっかりと確認しておきましょうね。

ほとんどの育毛剤は男性向きなのでこれは特に気をつけておきたいポイントになります!

クリニックでの治療では女性専用の医薬品が使われます。

例えばパントスチンがその一つです。

パントスチンは女性でも安心して使用する事ができ、5αーリアクターゼの働きを抑制することで、成長中の髪の毛の抜け毛を防ぐ効果があります。

ただ、副作用として発疹やかゆみが出てしまうことがあるので、発症してしまった場合にはすぐにクリニックへ報告しましょう。

この他には、ミノキシジルも女性のAGA治療にはよく使われます。

男性の治療と違う点として、女性の場合は、ミノキシジルの濃度が少なくても発毛効果が得られます。

外用薬として使用する際には、男性用・女性用とあるので、間違えてしまわないよう気を付けましょう。

クリニック選びも女性のAGA治療ではきになる所だと思います。

スタッフに女性が多いクリニックであれば、通いやすく負担にならなくなるでしょう。

クリニックに通うの止めてしまうと、治療が止まってしまいAGAを再発させてしまうこともあるので、通いやすい病院を見つけましょう。

生活習慣の見直しからFAGA予防!

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

FAGAを予防する方法は食生活や生活習慣を見直すことで予防効果が期待できます。

バランスの悪い偏った食生活やバラバラの生活習慣はAGAを引き起こす要因になってしまうので、乱れているようであれば良い機会と思って正していきましょう。

栄養バランスの良い食事

育毛するために必要となる栄養素として主に、「タンパク質」、「亜鉛(ミネラル)」、「ビタミンA」、「ビタミンB群」、「ビタミンC」の5種類あります。

・タンパク質

タンパク質は、髪の毛を作るために必要な栄養素です。

タンパク質が含まれる主な食材としては、豆腐や納豆などの大豆製品サケやサンマといった魚類に含まれています。

・亜鉛

亜鉛は、摂取したタンパク質を髪の毛にする役割があります。

亜鉛が含まれる食材は、カキ、わかめ、昆布、いわしなど海の幸である食べ物が多いです。

・ビタミンA

ビタミンAは、血液の循環を良くし、他の栄養素の吸収を補助します。

更に、細胞を活性化させ、新陳代謝を改善してくれる効果も期待できます。

ビタミンAが含まれる食材としては、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草といった緑黄色野菜が挙げられます。

・ビタミンB群

ビタミンB群は、タンパク質、炭水化物、脂肪の代謝をするために必要になります。

身体に溜まった老廃物を排除したり、髪の毛や皮膚を生成してくれます。

主な食材として、牛乳やチーズなどの乳製品、のりやわかめなどの海藻類、レバー、ピーナッツなどに含まれています。

・ビタミンC

抗ストレスビタミンとも言われ、副腎髄質ホルモンの分泌を促進させてくれます。

ストレスを感じるとアドレナリンである副腎髄質ホルモンによって、血圧上昇やエネルギーを増産させようとして、身体に負荷をかけてしまいます。

ビタミンCを摂取することで、エネルギーをスムーズに生成できる働きをします。

ビタミンCが含まれている食材は、ピーマン、トマト、パセリなどの緑黄色野菜、アセロラ、ゆず、キウイなど果物に多いです。

ビタミン類が不足してしまうと、他の栄養素が吸収できなくなったり、免疫力が下がってしまうなど身体にとって悪影響になってしまいます。

足らない栄養素はサプリメントを活用して補っていくことも肝心です。

睡眠をしっかりととる!

1日最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

体内のエネルギーも髪の毛も寝ている間に修復されていきます。

睡眠不足になってしまうと、エネルギーの供給ができなくなったり、自律神経に影響を及ぼし、ストレスを感じやすくなるなど良いことは1つもありません。

生活習慣を見直すことは、土台を作るために必須です。

予防や治療効果を高めるためにも、生活習慣を改善してみてください。

FAGAではないケースも!間違われやすい薄毛の症状

90c8342cd5afda28a3a55c1f94d1ab54_s

女性には、FAGAだけでなく女性特有の脱毛症があります。

特に、分娩後脱毛症は女性が経験する脱毛症の1つです。

分娩後脱毛症は出産後に現れる脱毛症であり、抜け毛が増えたり、部分的にハゲが出るといったことがあります。

分娩後脱毛症は誰でも発症する可能性があるもので、AGAと同じように気をつけておきたいものでしょう。

基本的に出産後にしかなりませんから、AGAと区別するのは簡単です。

他にもびまん性脱毛症とひこう性脱毛症があります。

びまん性脱毛症になってしまうと髪が薄くなってしまいます。

びまん性脱毛症の原因として、ホルモンバランスの崩れがあります。

過度なダイエットなどによってもホルモンバランスが崩れてしまうことがあるので、気をつけておきましょう。

びまん性脱毛症は毛髪だけでなく、全身の毛が薄くなるというAGAとは大きく異なる特徴がありますから、AGAと区別するのはそこまで難しくありません。

ひこう性脱毛症の原因はホルモンバランスの変化があるとされていますが、しっかりシャンプーが洗い落とされていなかったり、頭皮の脂が貯まったりして毛穴を塞いでしまうことによっても起こる病気です。

何よりもそのフケが特徴で、AGAとは明確に区別できるものです。

薄毛の症状が出た場合、クリニックでしっかりと自分がAGAなのかどうかチェックしておく必要があります。

AGAではないのに勘違いして育毛剤などを使い出してしまうと、思わぬ逆効果を生じることもありますので、しっかりと自分がAGAなのかどうかは確認しておきましょう。

薄毛に対してストレスを抱え込まない!

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

女性のAGA治療の際にはストレスに気をつけることも大事です。

女性は特にヘアスタイルや抜け毛を気にしがちですから、抜け毛が多くなると「AGAが進行しているのでは?」と過剰に心配してしまいがちです。

女性のAGAは髪が全て抜け落ちてしまうということはほぼないので、そこまで心配はいりません。

むしろ心配し過ぎるとそれが逆にストレスになってしまいます。

女性の場合のAGAでは薄毛になりますが、無理に投薬治療をする必要はありません。

薄毛に合わせてヘアスタイルを工夫していくこともオススメです。

髪の毛はなるべくショートにしてみるなど、薄毛が目立たないようにしてみましょう。

女性の場合、日常的にウィッグを活用している人もいるので、おかしくありません!

こういったものを活用するだけでも大きく薄毛のストレスは減ります。

このように薄毛を隠していくことは色々な方法でできますから工夫していきましょう。


今では数多くの治療法が存在するので、薄毛だとしてもそれ程悩む必要はありません!女性のAGAは気づきにくいですが、薄毛が進行してきたり、抜け毛が増えたといった場合にはAGAになる可能性が高いです。

気にしすぎると更にAGAが進行してしまい悪循環に陥ってしまうこともありますから、気になったクリニックで相談してみましょうね。