薄毛は遺伝する可能性も。母親の遺伝子に関係性アリ!

011

薄毛について考えている時に、少なからず遺伝の影響はないかと気になりますよね。

遺伝性の薄毛の原因とされる男性ホルモンの受容体は、母親しか持っていない遺伝子から受け継がれるので、父親の薄毛よりも母親やその祖父母が薄毛かどうかが関係してきます。

男性が薄毛になってしまう仕組みは、毛乳頭の中にある5αリダクターゼと毛細血管内に存在している男性ホルモンのテストステロンが結びつくことで生み出されるジヒドロテストステロン(DHT)が男性ホルモンレセプターと結びついて発毛を抑制する物質のTGF-β1が発毛を抑制するというものです。

そのため、母親から受け継がれる男性ホルモンレセプターに関する遺伝情報は、将来的な男性型脱毛症に与える影響が非常に大きくなります。

母親から受け継ぐアンドロゲンレセプターは脱毛を促すDHTの受容体なので、活発に働けば薄毛の進行が早くなります。

ここで問題になるのが女性は薄毛になりにくいということで、その場合には自分の母親の父親が薄毛かどうかを参考にすると薄毛遺伝子を受け継いでいるか判断することができます。

薄毛遺伝は母親が関係していた!

日本では自分の父親がハゲていると自分もハゲるのではないかと焦ってしまったり、将来の自分の髪の毛を想像して悲観的になってしまうことありませんか?

ドイツのボン大学のヒルマー博士らが、ハゲに直結する遺伝子は母親に存在しているので、母親から男性の子供に受け継がれることを長年の研究によって発見しています。
「参考:US National Library of Medicine

この研究結果から男性型脱毛症(AGA)には母親から受け継ぐ遺伝子が大きな影響を及ぼすことが示唆されました。

ただし、全ての原因が母親の遺伝子にあり、父親の遺伝子は全く関係ないとは言いにくい状況もあります。

前述のヒルマー博士らも他のハゲ遺伝子の存在を認めているので、現在知られている薄毛になる仕組み以外にも様々な要因や遺伝的な要素が薄毛をもたらしている可能性があるとしています。

DNAに含まれる染色体は男女で異なる!

今回のヒルマー博士の研究結果を詳しく説明をすると、DNAに含まれている染色体は男性と女性では異なっていて、男性はX染色体とY染色体の組み合わせ、女性はX染色体とX染色体の組み合わせになっています。

男性と女性が結婚をして男の子が生まれた場合には、父親からはY染色体を受け継いで、母親からX染色体を受け継ぎます。

薄毛の原因になる遺伝子とされるアンドロゲンレセプターに関する遺伝情報は、X染色体にだけ含まれているということから、男性型脱毛症になりやすい体質は母親の遺伝子から受け継いだものということになります。

男性型脱毛症は、髪の毛の毛根部分に存在している5αリダクターゼとテストステロン(男性ホルモン)が結びついて脱毛を促すDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が作られることで発症します。

この物質が作られてもそれの受け皿になるアンドロゲンレセプターが無ければ発毛の抑制するTGF-β1が作られないので、薄毛になる心配はありません。

母親からの薄毛遺伝子を受け継いでいると、アンドロゲンレセプターの働きが活発になります。

そのため、TGF-β1がたくさん作られ、健康な髪の毛を作る力が弱くなりやすく、年齢が若いうちから前頭部や頭頂部が薄くなってしまします。

AGA専門クリニックでは遺伝の影響を受けていたとしても、正しい治療をすることが可能です。

AGAの治療薬として使用されるプロペシアには、DHTが作られるのを阻止する働きがあるので、薄毛の進行を止めることができます。

ハゲる要素の遺伝子は男性ホルモンに影響

ハゲる要素を持つ遺伝子は、母親から受け継ぐアンドロゲンレセプターに関する遺伝情報です。

・アンドロゲン

男性ホルモンや雄性ホルモンとも呼ばれているステロイドの一種で、一般的に使われるテストステロンという名称はアンドロゲンに属する男性ホルモンの一種のことです。

男性ホルモンが多いとDHTの発生が増えやすいので、男性型脱毛症(AGA)になる可能性が高いとされていますが、これは男性ホルモンを持っている男性全てに当てはまります。

女性に比べ、男性の方がハゲになりやすいのはこの男性ホルモンの作用による影響です。

受容体が多くなると薄毛になりやすい

ハゲる要素をもつ遺伝子を母親から受け継ぐと薄毛になりやすいのは、男性ホルモンから作られる発毛を抑制してしまう物質を受け止める受容体が多くなるためです。

他の人よりも多く男性ホルモンが分泌されているから薄毛になるというのは間違いです。

アンドロゲンというステロイドホルモンは、男性器を発達させる働きや筋肉増強、性欲の亢進などの男性になくてはならない大切な働きを持っているんだ!

男性ホルモンを少なくすればそれで良いというわけではないぞ。

昔は体毛が濃い人ほど男性ホルモンが多いので、ハゲやすいとされていましたが、ヒルマー博士の研究結果が正しいとすれば、体毛が濃くて母親から薄毛遺伝子を受け継いでいる人がハゲやすいということになります。

薄毛になる確率は男性ホルモンではなく母親からのアンドロゲンレセプターに関する遺伝子によって左右されることが判明しました。

しかし、遺伝情報を母親から受け継ぐことを阻止することは難しいのです。

アンドロゲンレセプターに結びつく男性ホルモンを減らすことで、薄毛の進行を止めて、発毛を促すのが一般的です。

脱毛に直接関与しているDHT(ジヒドロテストステロン)のという物質は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することで出来上がります。

もともと毛乳頭に存在している5αリダクターゼや男性ホルモンのテストステロンを減らすことは現実的に考えると難しいため、DHTという原因物質にターゲットをしぼってAGA治療が行われるようになっています。

薄毛になる確率が一番低いのが父親と母親どちらも薄毛家系でない人ですが、母の祖父が薄毛の場合は、隔世遺伝をして薄毛になる確率が格段に高くなるので若いうちから注意深く薄毛の状態を観察しておく必要があります。

フサフサ家系でも薄毛になる危険性!?

家族はみんな髪の毛がフサフサしているのに、なぜ自分だけ薄毛に悩んでいるのか不思議に思っている人も多いのではないでしょうか?

薄毛というのは遺伝子の影響を強く受けるだけでなく、生活環境の影響も関係してきます。

睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙、運動不足などが重なることでハゲてしまうことがあります。

睡眠不足による影響

髪の毛の成長は寝ている時に分泌される成長ホルモンによって促されます。

成長ホルモンは20代にピークを迎えますが、35歳を過ぎると半分程度まで減少してしまいます。

35歳を過ぎて男性ホルモンの分泌が減少するのにもかかわらず薄毛が進行してしまうのは、成長ホルモンの大幅な減少が一因とされています。

成長ホルモンが分泌されないと育毛が不完全になって細い髪の毛が多くなります。

細い髪の毛はヘアサイクルが短いので、成長している途中で抜け落ちてしまいます。

ヘアサイクルが短い髪の毛が増えると、発毛が脱毛に追いつかなくなるので相対的に薄毛が進むことになります。

喫煙により血管の収縮

喫煙による薄毛のリスクは非常に深刻で、タバコを吸う事で血管が収縮してしまって、栄養素が髪の毛まで届かなくなることで引き起こされます。

禁煙をすれば薄毛のリスクが下がると考えられがちですが、喫煙していた人は毛細血管が詰まっていることが多いです。

禁煙をしたからといって薄毛のリスクが下がることはありません。

喫煙による毛細血管へのダメージは勃起不全という形で表面化することも多いとされていて、ED(勃起不全)のリスクは通常の2倍に上昇して、この数字は薄毛のリスクと同様に禁煙をしても下がらないとされています。

脂肪の摂りすぎによる皮脂の過剰分泌

薄毛に対する食生活の影響は、基本的には脂肪のとり過ぎにより頭皮の脂が増えることが原因とされていますが、これは脂肪分の少ない食事を食べたからといって解決されるものではありません。

脂肪分はブドウ糖を摂ることによって中性脂肪や内臓脂肪として変換されます。

簡単に言ってしまえば、甘いものを食べる人ほど頭皮の脂が増えて、結果的に薄毛になる確率を高めてしまいます。

<髪の毛に必要な栄養素>

ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE

これらは、鶏肉、ほうれん草、トマト、大豆類(ゴマ、豆腐など)乳製品などから摂取する事が出来ます。

運動不足による栄養補給の低下

運動不足は血液の流れを悪くするので、頭皮への栄養補給も減少してしまいます。

どのくらいの運動をすれば血液の流れが良くなるのかについては諸説ありますが、軽い有酸素運動(散歩)ならば1時間、人との会話ができないくらいの中程度の有酸素運動(ジョギング)ならば20分から30分すると血管の状態を良好に保って、薄毛のリスクを下げることができます。

遺伝性があるかどうかは遺伝子検査で判明

遺伝性の薄毛は母親やその祖父を見ればある程度把握することができますが、実際に薄毛遺伝子を受け継ぐ確率は25%程度に過ぎません。

どうしても遺伝による影響が気になる場合は遺伝子検査を受けるしかありません。

遺伝子検査をして薄毛遺伝子が存在していることを早い段階で知ることができれば、AGA治療薬を服用することで将来の薄毛を予防することが可能です。

AGA遺伝子検査を受けるメリット

生活習慣ではなく男性ホルモンが原因の男性型脱毛症(AGA)であることを確定診断できる。

AGA治療薬のフィナステリドに対する感受性を把握することで薬の効き目を服用前に判断して、有効な治療法を選択できる。

血液検査などと違い、遺伝子検査の結果は永遠に変化することがないので、一度受けるだけで二度と受けなくても良いというコスト面でのメリットもあります。

遺伝子検査を受ける時期は前頭部が広くなり始めたり、頭頂部が薄くなり始めた段階が良いとされていて、早期発見、早期治療をすることにより、短期間で健康な髪の毛を増やして薄毛を克服する確率の上昇にもつながります。

遺伝子検査は頬の内側の粘膜から採取したDNAを調べるので、注射で血液を採取する必要がないために検査が短時間で終わり、入浴などの制約もないのでストレスも少なくて済みます。

遺伝子検査の結果は、AGA専門クリニックの場合は1ヶ月程度で検査結果を知ることができます。

薄毛に関連する遺伝子についての専門的なアドバイスは、医師から説明を受けないとなかなか理解できないので、クリニックで説明を受けましょう。

インターネットで申し込み可能な遺伝子検査の場合は、ウェブで確認することになりますが、薄毛の遺伝子に関する詳しい検査の項目がない場合も多いので、検査を行う前に検査項目をチェックしておく必要があります。

遺伝子検査で調べられるのは、男性ホルモンの感受性をコントロールするアンドロゲンレセプターに関連する遺伝子とフィナステリドというAGA治療に使用される薬がどの程度効果的に作用するのかということで、これによって将来的な薄毛のリスクと治療効果を予測することができます。

家庭で検査を受けたい場合には、インターネットで検査キットを購入することでヘルスケアに関する様々な情報を調べることが可能です。

検査キットを購入したら生活環境などに対するアンケートを受けて唾液を採取して送るだけなので、手軽に遺伝子検査を受けることができます。

検査結果は1ヶ月後にウェブ上で閲覧することができます。

遺伝性は母親の遺伝子の可能性が高い!

AGA(男性型脱毛症)の原因の1つとして遺伝があるとされてきましたが、大きく関わっているのは、父親の遺伝子ではなく、母親の遺伝子であることが最近の研究で証明されています。

この遺伝子は男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼによって作られるジヒドロテストステロン(DHT)を取り込む受容体の働きに影響するものなので、薄毛になるリスクを上昇させる要因とされています。

兄弟や家族がハゲていないのに自分だけ薄毛が進行している人は、睡眠不足や喫煙、食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣を見直すことで健康な髪の毛を増やして薄毛を改善することができます。

しかし、喫煙などによって動脈硬化が進んでいると薄毛を自分で止めるのは難しくなります。

遺伝子検査は医療機関でも家庭でも簡単に受けることができます。

遺伝子検査を受けることで将来のAGAになる確率や治療薬の効き目を知ることができるので、薄毛のリスクをより正確に知ることができるというメリットがあります。

薄毛は早期発見、早期治療をすることが大切なので額の面積が広がったり、頭頂部が薄くなってきたと感じたら早めに育毛対策をする必要があります。


薄毛になってしまう原因には、少なからず遺伝の影響も考えられるぞい!

特に母親の家系に薄毛の人がいる場合、もしかしたら影響を受けている可能性もあるかもな。

日頃からしっかりとケアをしておけば、薄毛にならずに済むかもしれんぞ。

この記事の関連記事