AGA治療における月額の治療費・治療期間はどれくらいかかる?

AGAの治療費は、美容の部類に入りますので皮膚科などで治療をする病院と違い「命に係わる病気として認定されていない」ため健康保険を適用して治療費を支払うことができない治療費になります。

*皮膚科や病院で扱うAGA薬でも保険適用はありません。

AGAの治療費は、AGA治療薬を含め全てが自由診療費にあたります。

各クリニックは、独自の治療費を設定できるために治療費や治療薬の費用にもバラつきがあります。

初診費用や治療薬・AGA検査代金など、どこも同じ初診・検査費と処方薬費用であまり変わることがないです。

*しかし、数千円の違いはあります。

AGAクリニックの自由診療では、美容整形と同じようにクリニックで治療をすると決めた場合、初診費用を無料にしたり検査費用を無料にしたりすることができますから、無料で行うクリニックも少なくありません。

しかし、「クリニックが独自に開発した治療法」では治療費用に差がでてきます。

HPなど明確に治療費を掲載しているクリニックは、事前に費用面の計算ができるので医師からの治療プランを受けても費用を聞いて焦ることなく検討することができます。

しかし、HPに掲載していないクリニックの治療費は不安が大きくなります。

*治療費でトラブルになる可能性もありますから、事前にメールなどで治療費を確認した方が良いでしょう。

クリニックを選択する基準は、治療費が明確に記載されているクリニックを選択すると良いでしょう。

AGA治療の初期費用、クリニックによって違い!

皮膚科での治療とAGA専門クリニックの治療を行う場合の主な違い

皮膚科AGAクリニック
AGA検査・頭皮チェックAGA検査・頭皮チェックAGA独自の施術
頭皮に直接成長因子を注射して発毛させる施術法
AGA治療薬を処方するのみ

AGA治療薬
サプリ・頭皮ケア製品
施術費用 6ヵ月続けることが多い
1回¥60,000前後 × 6ヵ月
治療薬名
プロペシアプロペシアのジェネリックザ・ガーロミノキシジル独自の治療薬
投薬費用頭皮ケア製品
¥6,000前後ミノキシジル¥5,000~¥8,000前後サプリ:¥4,000前後
AGAジェネリック薬¥4,000前後
独自の治療薬¥5,000~育毛シャンプー:¥3,500前後

根本的に、皮膚科で行うAGA治療は国から認可されたAGA治療薬を使用する方法で行われます。

薬を服用して経過を見ていくことが中心の治療になりますので、他の施術を行うことはないと言えます。

AGAクリニックは、国から認可されたAGA薬の他にも独自の治療法を用いることや頭皮に関する栄養分を補給するためのサプリメントやクリニック独自の育毛シャンプーやコンディショナーを希望があれば治療薬と一緒に処方することもあり、頭皮や毛髪全般に関することが治療の中心になります。

AGA薬で効果がでなかった人には、頭皮に成長因子の施術を行うことで早く毛髪を生えさせる方法があります。

医師が毛包や毛母細胞の状態を判断した上で、薬だけの治療法で治りにくい人や早く生えさせたい希望者に施術する治療法です。

各クリニック共に施術費用が高いので、施術を行う前には医師が施術プランを出して承諾を得てから行います。

AGA専門クリニックは、AGA薬+施術+サプリ+育毛シャンプー+頭皮スパなど頭皮や毛髪をトータル的にサポートすることができますから、皮膚科と違い頭皮や毛髪のケアも一緒に行うことができるところだと言えるでしょう。

症状によって治療期間に差がある

下記の表にもあります、抜け毛の段階により治療期間が変わります。

初期段階
初期段階でAGA治療を行うと2ヶ月位で効果が現れる人が多いです。

*個人差はあります。

しかし、発毛効果が出たからと言って3ヶ月で薬を止めることはしない方が多く、再発する可能性を考えて6ヵ月位続けて服用することが多いです。

何も異常が認められなければ、徐々に服用量の頻度を少なくしていき6ヵ月位で終了します。

中期段階
中期段階に入っていると、薄毛の部位や範囲により違いますが3ヶ月位で効果が認められてきます。

薄毛の範囲が狭い人は回復が早いですが、全体が生え揃うまでには1年位かかることが多いです。

*再発する可能性が出てきますので、生え揃ってから定期的に検査を続けて様子を見ることが多くなります。

後期段階
後期段階に入ると、毛包自体に問題が起きていることもあります。

AGA治療薬だけでは回復することが難しいため、直接頭皮に注射する施術法を併用して6ヵ月間ほどの治療期間で効果を確かめる治療法を勧められます。

*頭皮の状態を確認した上で行います。

クリニックで行われる治療方法!

初期段階投薬治療法
初期段階でのAGA治療はAGA内服薬を服用することが多いです。プロペシア・ザ・ガーロなどのAGA内服薬を1ヶ月単位で服用していきます。

ミノキシジルを併用して処方する場合もあります。

但し、2ヶ月で発毛効果が出たからと言って3ヶ月目に薬を止めることはなく、6ヵ月位服用を続けて徐々に服用量の頻度を少なくしていき再発が起きないように確認した上で投薬を終了します。

*投薬を止める時は、初期・中期・後期段階でも同じような形で投薬を終了します。

中期段階投薬治療法施術治療法
中期段階に入っていると、薄毛の範囲により違いがあります。

服用期間:6ヶ月~1年位服用します。
プロペシア・ザ・ガーロ
ミノキシジルなどを服用して経過を見ていきます。
薄毛の範囲が広い場合、施術として頭皮に注射をする方が効果的です。
後期段階投薬治療法施術治療法
後期段階に入ると、毛包自体に問題が起きていることもあります。

服用期間:1年以上服用することが多いです。
プロペシア・ザ・ガーロ
ミノキシジル・クリニック独自の治療薬を使用する場合もあります。
施術をした方が効果的になる場合が多いので、施術をするプランを提案されます。

施術治療は毛包の状態により毛髪が生えない場合も考えられるため、医師の診断や説明を聞いた上で行います。

AGA薬には外用薬もありますが、内服薬を服用する方が効果的で確実性があり、発毛が早いので内服薬の投薬治療を行うクリニックが多くあります。

中期から後期段階の治療法は、AGA薬の投薬治療と施術による治療をする方が効果的に現れることが多いため治療を始める前に、医師からいくつかの治療プランを出されることが多いです。

施術治療する場合、治療費用が高くなりますので費用面で検討しなくてはなりませんが、効果的に現れる治療法として注目されている治療法です。

<施術治療で良く行われている治療法>

頭皮に直接注射して発毛を促す治療法です。

注射液には、成長因子が含まれており細胞を増殖させるタンパク質で、直接頭皮の中に注入することで、細胞分裂を引き起こすようにする促進作用があるものです。

但し、頭皮チェックの際、頭皮に施術が適応できるかどうか判断されなければ効果が出ないので医師の判断で行われる治療になります。

頭皮ケアなら育毛サロンも候補に!ただし「治療」ではない!

近年、男性も利用するようになっている育毛サロンですが、女性も「薄毛まではいかないけど毛量が少なくなっている」場合に育毛サロンを利用しますが、頭皮や毛髪の健康状態を守るためであれば対処することはできます。

しかし、頭皮スパや育毛サロンなどは「治療」をすることはしませんので間違わないようにして下さい。

育毛サロンでも見かけることがある薄毛が改善した画像を掲載していますが、薄毛治療をしたのではなく頭皮の悪化した状態を分析するために毛髪を採取して頭皮・毛髪の健康状態を把握して改善する所ですから、クリニックで「治療」することではないといえます。

頭皮や毛髪に良い機器を利用したオゾンや赤外線・植物性オイルやアミノ酸などの育毛剤や発毛剤を使い「血行を促進」したり「頭皮の乾燥を防ぐオイル」を塗ったりして頭皮や育毛サイクルを正常に戻したことで毛髪を回復させたものです。

AGAクリニックのように、DHTの説明をして阻害する外用薬を塗るサロンもあるようです。

実際、検査をするのは毛髪で血液検査をするところはないでしょうし、AGAであればAGAクリニックの治療効果が現れる方が早いです。

AGAは内服薬や施術をすることで、サロンで行う外用薬よりも早く発毛すると言えます。

頭皮スパや育毛サロンで行う主なこと

「頭皮を温めて毛穴のつまりや汚れ」

「頭皮の乾燥や脂性肌」

「血行不良」などの改善よ!

機器・オイルや植物性の栄養素を含んだアミノ酸・ビタミンなどを使用して毛穴を清潔にして頭皮の肌や血行促進することを目的としてるぞ。

「毛髪や頭皮の健康」を守るところが育毛サロンだと認識しておく方が良いだろう。

*育毛サロンには、人口毛を植え付けるサロンもあります。

育毛サロン マッサージ・洗髪方法に加えクレンジング方法を独自に持っている所
頭皮や毛髪のチェックシート 初回に記入するアンケートと同じく記入します。
カウンセリング 生活習慣・食生活を聞き取り頭皮の状態を改善するメニューについて説明
頭皮をチェック 頭皮写真を撮る場合もある


育毛サロンで行われる頭皮や毛髪ケアをする順番

発毛促進を行う頭皮・毛髪ケア

*ケアの順番はサロンにより違いがあります。

育毛ケアのシステム内容費用
Aコース 60分毛髪・育毛ケアを両方行う約¥9,000前後
Bコース 60分発毛ケアを中心に行う。
天然成分の補給や発毛成分の補給
約¥7,000前後
Cコース 30分頭皮マッサージ約¥3,000前後

*A・B・Cコースにしているのは、各育毛サロン独自のコース名があるためにアルファベット表示しています。

つまり、Aコースは毛髪と頭皮全般でBコースは育毛中心コースなどに分けているサロンが多くあり、

付属品として、頭皮ケア製品も扱っていますので育毛シャンプーやコンディショナー・サプリなどもあります。

毛量が少ないばかりか薄毛が目立っていて、その原因が栄養不良や乾燥肌や脂性肌などで判明している場合は、週に1・2回通って頭皮の状態を回復させるために通う場合もあります。

しかし、通常の利用では育毛サロンや頭皮スパは頻繁に通うと言うよりも、月に1回から2.3ヶ月に1回位の頻度で今の毛髪や頭皮の状態を確認する程度で通う方が良いでしょう。

美容院は髪をカットしたりカラーやパーマをしたりするのがメインです。

育毛サロンや頭皮スパは、頭皮のマッサージや洗髪方法が色々あります。

毛髪の修復や頭皮の皮脂などを取り除くことで頭皮環境を整えることがメインになります。

育毛サロンや頭皮スパでマッサージや洗髪をしてもらうと、とても気持ちが良いので何度も通いたくなるところですが、育毛サロンや頭皮スパは頭皮治療を行うところではなく頭皮環境を整えるところです。

*AGAクリニックでも、頭皮スパやサロンと提携しているクリニックも多くあります。

☆育毛サロンへ行くときに注意すること

育毛サロンは、HPなどに価格表として掲載している所が少ないのが特徴です。

効果ばかりを強調しているサロンが多いのは、費用が高いと言う面があるからでしょう。

「お試し価格¥3,000で体験できます」という文面が多いので、実際どれくらいかかるのか不安に思われる人もいるかと思います。

事前にサロンの費用や回数はメールで問い合わせて価格表を提示してもらうようにしましょう。

何も問い合わせをせずにお試し価格の1回だけと思ってサロンへ行くと断れなくなる場合もありトラブルの原因になることもありますから、お試しだけの1回でも良いか聞いてから行くようにしましょう。

*メール問い合わせで聞いていると断る理由をはっきり明示していることになりますので、トラブルになった時の証明ができます。

AGAの状態、治療方法で変化する費用!

☆皮膚科の場合

回数初診料血液検査AGA
投薬費用
AGA
検査費用
施術費用合計
初回約3千円前後約3千円前後約1万9千円前後約3万円前後
2回目以降約6千円前後約6千円前後

☆AGAクリニックの場合

回数初診料血液検査AGA
投薬費用
AGA
検査費用
施術費用合計
初回約3千円~5千円約5千円程度約1万9千円前後約3万円程度
2回目以降投薬1種類のみ約7千円前後約7千円程度
投薬2種類約5千円~7千円程度約1万2千円程度
投薬+施術約6千円前後1回
約6万円前後
約6万6千円程度

*AGAクリニックによっては、初診料や血液検査料が無料になる所もあります。

*上記の表は概算の費用です。

*治療費はクリニックより違いがあります。

皮膚科とAGAクリニックの違いは、取り扱う治療方法の多さに違いがあります。

皮膚科では、投薬治療しか行わない所が多いです。

AGAクリニックでは、投薬治療+施術治療があり、独自の投薬治療薬を取り揃えているクリニックもあります。

初診料や血液検査費用などはAGAクリニックよりも皮膚科の方が若干安いです。

しかし、AGAクリニックは自由診療なので、治療をすることを前提としていれば初診料や血液検査費用を無料で行うところもあります。

治療期間は症状の度合いで変化!

AGAの治療期間

初期段階 6か月前後

中期段階 6ヵ月~1年前後

後期段階 1年から2年前後

*個人差がありますので、目安として下さい。

上記の表のように、AGAの進行段階で投薬だけで治療するものもあれば、施術をして回復させることもあるので治療期間や服用期間は長くなり治療費の負担も多くなります。

クリニックでは、「投薬」と「施術」の治療

AGAの治療法は、主に投薬治療と施術治療の2つに分けられます。

比較的症状が浅い初期段階では、AGA投薬治療がメインとなります。

*プロペシア・ザ・ガーロを中心としたAGA薬を使用します。

しかし、AGA中期から後期段階の人は、投薬治療だけで効果が出ない場合もあるため、施術治療をして発毛効果を出すこともあります。

<*施術治療法>

頭皮に成長因子を直接注射して行う治療法です。

発毛することが早い治療法として知られていますが、頭皮に注射するので痛みを伴います。

部分麻酔をして注入するようですが、麻酔が切れた後の傷みは残ります。

頭皮ケアなら育毛サロンも候補に!ただし「治療」ではない!

頭皮ケアということであれば、育毛サロンで頭皮や毛髪の健康管理を行うことができます。

しかし、育毛サロンで行うことは、頭皮環境を整えるためのマッサージですから「AGA治療」とは別物になります。

育毛サロンで行うものは「副作用が出る心配がない」ということを聞くことがありますが、AGA内服薬を使用していないので当然でないと言えるでしょう。

AGAクリニックでAGA治療を行う前には、AGAであることを確認するための血液検査(DHT検査)と、AGA薬を服用できるか適応状態を調べる血液検査をして異常がなければ治療が始まります。

副作用の心配よりも、検査で適応しない場合はAGA薬を使用できないからです。


育毛サロンでは、「治療行為」はしないから育毛剤に含まれている成分にAGAを阻害する成分が入っていると言うだけで、根本的に行為そのものが違うんだ!

*AGA治療と間違いやすい表現をしています。

つまり、育毛サロンは治療を行うところではなく、毛髪や頭皮環境を整えるところと認識しておく必要があるぞ!

この記事の関連記事