AGAクリニックの選択で比較しておきたいポイント!

AGAクリニックへ行こうと決断しても、どこのAGAクリニックを比較して選択すればよいのか迷ってしまいます。

あなたなら「AGAクリニックの決め手」は何があれば希望したいですか?

AGAクリニックの決め手となるものは「治療費用の差」や「治療薬の価格差」だけですか?

それとも「医師の信頼性の高さや治療実績の多さ」が決め手でしょうか?

治療者は、治療費用に関しては痛切な悩みですから気になるのは当然のことですよね!

そこで、治療者の希望に合うAGAクリニックを見つけだすポイントを押さえておくことが必要になるのですが、治療者にも「医師に治療の希望を出すことが重要なこと」だと覚えておく必要があるのです。

治療者は治療薬・治療方法を明確に知っている人は少ないため、医師の指示通りの治療方法に従う傾向にあります。

当然、医師ですから自身よりも熟知しているプロなので任せておけば大丈夫なのですが、AGAクリニックの中には「治療がメイン」というよりも「売り上げがメイン」のクリニックもあるのです。

例えば、治療者の希望がある人にはカウンセリングが短く、希望がない人には他の商品を購入させるための営業をされることもあるからです。

営業を防止する意味でも「治療希望」を明確に用意しておくと、希望以外は受け付けない姿勢を見せることができるので「治療希望」は必要なことでもあるのです。

カウンセリング患者の希望や疑問に答えているか
医師の信頼性患者第一で考えているか
患者の了承を得て治療を進めるか
的確な対処やアドバイスがあるか
治療種類治療方法が複数揃えてあるか
治療実績医師の治療経験・実績が豊富であるか
治療プラン治療プランを複数揃え、決めた期間で治療が行えるか

*上記の3・5の比較対象には、治療者の目的や希望によっても違いが出てきますから一概に言えるものではありません。

上記の表にある中で一番大切なことは「2.医師の信頼性」です。

AGAクリニックを選択する方法には「医師の治療実績の豊富さ」も確かにあります。

しかし、医師やカウンセラーが治療種類や治療プランを説明し、治療者の希望や治療期間を決める時に「治療者の了承を受けてから治療を開始する医師」も、選択する時には重要なポイントとなるのです。

今回は、AGAクリニックを比較する上で「一番必要なことは何か!」を中心に、治療薬・治療法・皮膚科治療などを踏まえた解説をしていきたいと思います。

AGA専門クリニックの比較ポイント

AGAクリニックを比較・選択する前に、治療者がAGAクリニックに求める治療を持つことも大切になります。

下記の項目に該当し、取り扱うAGAクリニックの選択をしてから、各AGAクリニックの比較に進みたいと思います。

あなたが希望する治療は、どの項目に該当しますか?

A. AGA治療薬で回復するものなら治療薬で治療してほしい
B. AGA治療薬で効果がなかった、施術を考えている
C. AGA治療薬・施術治療でも効果がなかった、自毛植毛を考えている

上記の治療法の中で決めておくと、AGAクリニックを選択する範囲が特定されて比較することができます。

クリニックは大きく分けて3つのタイプ

AGAクリニックは治療内容や種類が異なっていることが多くあります。

1.AGA治療薬を中心にした処方専門に行うAGAクリニック

治療方法や処方が良いAGAクリニック

・初めてAGA治療をする人は、必ず血液検査をしてから処方

・副作用を確認するための服用期間は3ヶ月を想定

・月ごとに処方することで、万が一副作用が出た時には服用を中止。

(治療薬費用の損失を出さない為でもあります)

・経過を見て問題がない場合、医師と相談の上、処方分の期間を2~3ヶ月分として決定し処方します

治療方法や処方が好ましくないAGAクリニック

・問診票に記入すれば初めての治療でも血液検査なしで処方する

問診票に肝機能に関しての記述がありますそこに問題になる症状がなければ処方しますが、しっかり現状を把握する為には血液検査は必要

・AGA治療薬を希望すれば2ヶ月分処方する

一度処方された治療薬は返品できませんので、1ヵ月以上処方することがないのが通常。

服用期間3ヶ月までは副作用が出ないか観察することが必要

2.AGA治療薬と施術治療を併用して行っているAGAクリニック

AGA治療薬・独自の施術治療と併用して一般的に多くの広がりを見せているAGAクリニック

中でも、メソセラピーが最新の施術治療として注目されています!

治療法で比較するポイント!

良いAGAクリニック

メソセラピーの施術治療を勧める

※幹細胞から抽出したたんぱく質の中にある成長因子を直接頭皮に注射する治療法。

数種類のタンパク質の成長因子を含ませて注入するので、効果が出やすいです。

ただし、費用面は安いとはいえません。

あまり好ましくないAGAクリニック

HURG治療での施術を勧める

HURG治療も直接頭皮に注射する治療方法ですが、注入する成分には効果が期待できないものもあります。

治療をやめると再発することも認められているので、治療項目に挙げても医師により治療をしない傾向が強いです。

3.AGA治療薬と施術治療と自毛植毛を併用して行っているAGAクリニック

AGA治療薬・独自の施術理療・独自の自毛植毛技術と全てを取りそろえるAGAクリニック。

自毛植毛まで取り扱うクリニックは、トータル的に対応することができます。

最新技術を取り入れているクリニック

頭皮を切らない施術や無痛と麻酔を使用した回復治療があります。

・無痛で移植できる自毛植毛

・麻酔を利用した自毛植毛

昔からの治療方法をメインとするクリニック

頭皮を気って縫い合わせる

治療後のリスクが高く、術後に線が残ってしまうケースがあります。

現在では、この治療方法で進めるクリニックは少ないです。

医師が治療者の気持ちを取り入れた上で治療を行ってくれるAGAクリニックを選択することが第一の条件でもあります。

上記の比較は、治療者には「好ましくないAGAクリニック」として掲載していますが、AGA治療薬の処方問題以外の治療法では、ほとんど治療法として取り入れていないのが現状です。

医師の信頼性は、何より治療者ファーストであることが大前提です。

頭皮検査や血液検査の結果で判断した治療法を数種類のプランに分けて取り揃えていて、治療者と同じ希望を聞いた上でのプランであるかを確認している医師は信頼性が高い医師でもあります。

AGAクリニックを比較したもの

ポイント良いクリニック好ましくないクリニック
カウンセリング内容患者の希望を聞き、治療プランを作成クリニックのプランや治療方法の説明のみ。
希望や疑問に明確に答えない。
専門医の診察最終決定は意思確認で了承をとり治療医師の治療法を優先。
患者の意思確認をしっかり取らない。
公式サイト治療内容のほか、毛髪・頭皮に関する内容やQ&Aが多い治療方法・内容だけが記載されているだけ
治療薬・治療費用具体的に掲載されている掲載されていない費用が多い

AGAクリニックを選択する際には「医師から自分が納得できる説明がある」ことが2つ目の重要なポイントとも言えるでしょう。

治療方法は1つではない!治療は専門医と要相談

通常、AGA治療を始める場合はAGA治療薬を服用して回復治療を行います。

治療対象となるAGAの進行状態は、初期段階から中期段階後半までの人が対象とされていますが、後期段階の人でも、時間を要することを了承すればAGA治療薬で治療を行うこともあります。

あくまでAGA治療は、治療者と医師が複数のプランを相談した上で決定するものです。

医師は患者に対して最善のプランを出します。

発毛が早い手段を取り入れていることが多い為、後期段階の患者には施術治療を勧める傾向にあります。

治療薬の種類と服用期間

治療薬名内容服用期間
プロペシア 内服薬従来から使用されている治療薬半年から3年
*フィンペシアなどのジェネリック医薬品を処方するクリニックも存在
ザ・ガーロ 内服薬2016年6月より取り扱いが始まったAGA治療薬半年から1年
ミノキシジル
(内服薬・外用薬)
発毛促進剤として使用される治療薬
(使用しないクリニックも存在)
半年位

*服用期間は一般的な期間です、個人差がありますから必ずその範囲で終了するとは限りません。

*内服薬の服用は、1日1回1錠です。食前食後の定めはありませんが、食後をお勧めします。

施術治療

治療方法内容
メソセラピー

各クリニックにより配合される因子の数に違いがあります。
幹細胞から抽出したたんぱく質の中の成長因子を取り出して使用。・痛みを感じさせない注射による施術方法
KGF ケラチン細胞増殖因子毛髪の素となる因子を作る
HGF-1 幹細胞増殖因子休止している毛包を起こして誘導する万能細胞
IGF インスリン様成長因子毛母細胞の分裂を促進
bFGF 線維芽細胞増殖因子血流の循環を促進
VEGF 血管内皮細胞増殖因子
HARG療法医師の治療でも賛否が分かれる治療法。AGAが再発した患者もみられるため扱わないクリニックも存在。
自毛植毛名前の通り頭皮に髪を植えていきます。
最近では痛みを感じさせない技術が発展しています。
ロボットによるインパクト抽出や特殊針を使用した抽出が主流になりつつあります。

AGA治療は、AGA治療薬から始める治療が一般的に行われる治療法です。

しかし、AGAの進行が早く脱毛範囲が広がっている人には施術治療を勧められることもあります。

長い期間AGA治療薬を服用してきた人の中には、治療薬の効果が得られない人もいます。

AGA治療薬効果の違いもありますし、毛母細胞自体が活動を停止していることが考えられるからです。

そのような症状の場合、毛包や毛母細胞の活性を促し効果を現わすことが多い治療法がメソセラピーになります。

メソセラピーの施術はAGA治療薬を服用するよりも、直接、頭皮に成長因子や増殖因子を注入しますから早く発毛させることが期待できる治療法です。
*但し、AGA治療薬と併用してする場合もあります。

メソセラピーは高額の治療になりますが、費用面をクリアすることができれば勧められる治療でもあります。

必ず事前に費用のプランニングをしておきましょう。

メソセラピー治療 1回約¥19,000

脱毛範囲が広い人に多く利用されていますので治療回数は8回~12回行われる人が多くいます。

「患者と相談し、了承を受けて治療を進めることができるかどうか」は3つ目の重要なポイントです。

AGAクリニックに抵抗がある。。皮膚科でも対応は可能

どうしても、AGAクリニックの治療に抵抗がある治療者は、皮膚科で治療を受けることもできますし、泌尿器科で治療を受けることもできます。(AGAの取り扱いをしていることが前提です)

毛髪や頭皮に関することは、元々皮膚科の管轄と言っても良いのですが、AGA治療は保険適用外であるために薬事法の関係もあり皮膚科での治療を控える医院や病院が多くあったのも事実です。

国がAGA(男性型脱毛症)と認定したことで、認可薬の取り扱いができることから皮膚科や泌尿器科などでも取り扱うようになってきたのがAGA治療の経緯になります。

*AGA治療は保険対象外になっていますので、AGAクリニックと同じように費用は高いです。

AGAクリニックと皮膚科や泌尿器科の診察検査にも違いがあります。

<AGAクリニックの検査>

・頭皮検査 頭皮の固さや色などファイバースコープを使い確認

・血液検査 治療薬の適性を調べる

・毛髪検査 毛髪の栄養状態や栄養素を調べる

・DHT検査 5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型の活性の高さを調べる

・遺伝子検査(レセプターの感受性を調べる)

身体的な栄養分や精神的な検査も!

・ミネラル検査 ミネラル量を調べる

・ビタミン検査 ビタミンの保有状態を調べる

・ストレス検査 ストレスの状態を調べる

・ホルモン検査 ホルモンの状態を調べる

など、必要に応じて検査を受けることができます。

<皮膚科・泌尿器科の検査>

・頭皮検査 ファイバースコープで確認・頭皮撮影を行わない皮膚科・泌尿器科もあります

・血液検査 治療薬の適性を調べる

・DHT検査(取り扱いがないところもあります)

・遺伝子検査(取り扱いがないところもあります)

・ミネラル・ビタミン検査(取り扱いがないところもあります)

最近では取り扱い項目が増えているようですが、血液検査とDHT 検査以外はないのが現状と言って良いでしょう。

検査品目が少なくても、AGAと判断する検査があれば皮膚科や泌尿器科でも対応できる治療だと言えるでしょう。

ただし、AGA治療薬のみ取り扱いますので施術治療は行っていませんから、AGA治療薬で効果がなかった場合、他のAGAクリニックを探さなくてはいけないリスクもあります。

継続し治療をすることで効果を発揮!

医師との間で決定した治療期間は「治療薬を止める時にも確認してから終了する」ことが4つ目の重要なポイントとです。

AGA治療薬を始めてから2ヶ月の間は、毎日、治療薬を服用していても効果が現れてこないことが多くあります。

AGAの段階は大きく3つに分けられます。

AGA初期段階 毛母細胞の働きがまだ強い。

治療薬の効果が早く出て回復が早い。

AGA治療薬を服用してから1~2ヶ月で効果が現れ4ヵ月くらいで回復傾向。

AGA中期段階 毛母細胞の働きが遅い。

治療薬の効果が早く出て回復が早いが初期段階よりは時間が掛かります。

通常、3ヶ月以上かかります。

発毛の成長は遅いですが次第に早くなっていきます。

AGA後期段階 毛母細胞の働きが停止していることが多い。

治療薬効果が出にくいので、施術によりダイレクトに毛母細胞を目覚めさせ活性化を図る。

施術であれば3回目~で効果が期待でき、発毛すると成長は早く6ヵ月位から回復傾向に。

AGA治療薬では6ヵ月目に入って発毛を確認することができるかどうかという状態です。

★AGA治療薬の効果が2~3ヶ月では発揮されない理由

・毛母細胞の働きが遅くなっているため活性させるまでに時間がかかる

・脱毛因子の命令が強いため脱毛を止めるまで時間がかかる

・5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型と酵素の結合を阻害する時間がかかる

効果が出るまでには最低でも2ヶ月は辛抱強く継続しないといけんからな!

★3ヶ月以上経過しても毛髪が生えてこない理由

・治療薬の阻害効果が合っていない場合

・毛包や毛母細胞の活性に問題がある場合

が考えられるぜ。。。

どうしても個人差があるから、医師と治療法について相談しよう。

AGA治療薬は、服用を続けなければ効果が出ない治療法です。

発毛に不安に感じていたとしても、自己判断せずに医師に直接相談して解決するようにしましょう。

医師は今の頭皮状態を詳しく説明してくれます。

頭皮マッサージや育毛剤を使用するにしても、毎日の頭皮ケアは毛髪の健康を維持していくためにも必要です。

「継続すること」は毛髪を回復させていくことにつながります。

クリニック選びのポイントはココ!

カウンセリングや治療実績・治療種類や技術もとても大切なことです。

しかし、根本的には治療者と医師の確認や了承がないと、治療を進める上でトラブルになることが多くありますから、トラブルにならない為にもポイントをおさえる必要があります。

★重要な4つのポイント

・医師が治療者の希望を聞き入れた上で治療プランを作るAGAクリニックであるか

・医師が納得できる治療説明を治療者に行うAGAクリニックであるか

・治療者と医師が互いに治療法を確認し了承を得てから治療を行うAGAクリニックであるか

・治療を止める時にも確認してから終了するAGAクリニックであるか

治療者は治療法や治療内容など何もわからないまま医師の受診をして指示を受けていますから、治療者の希望が治療プランに沿うように考慮する必要性があります。

また、治療者から了承を得てから治療を行うAGAクリニックを選択することが何より一番重要なポイントです。

治療者はAGAクリニックへ行く前に、3つの種類から希望をする治療方法を決めておきましょう。

・治療薬のみを希望したい

・施術治療法に期待したい

・治療薬・施術治療で効果がでなかった。自毛植毛を考える

ただし、医師が治療者の希望に添えないほどAGAの進行がある場合は、希望通りにならない場合もあります。

治療薬のみの場合

プロペシア 一般的に使用されてきたAGA治療薬 5αリダクターゼⅡ型の阻害効果がある
ザ・ガーロ 2016年6月から販売され発毛効果が期待できる注目のAGA治療薬

5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型の両方に阻害効果がある

ミノキシジル 各クリニックが開発した独自の治療薬の内容にも含まれている

発毛効果がある治療薬として使用されています

*ほとんどの治療者は、AGA治療薬を服用することから治療が始まります。

*3ヶ月の服用期間で発毛状態を確認しますので、この時点で発毛がない人は治療薬や治療方法を変更する場合もあります。

施術治療法に期待する場合

メソセラピー 幹細胞から抽出した成長因子を直接注射して毛母細胞を活性化させる治療法です。
HURG 注射する行為は同じですが、薬の成分が大きく違います。

治療を止めると再発する人が続出している為、医師が選択しない場合が多いです。

自毛植毛 自身の後頭部の頭皮から一つずつ毛根を取り移植する治療法。

医師の経験と実績が結果につながる技術力が必要。

近年ロボットを使用した「無痛」移植も注目されています。

*主に、AGAの進行が広範囲に渡っている人や、治療効果が得られなかった治療者に行います。

AGAクリニックはどうも苦手という人は、皮膚科・泌尿器科などで治療することも可能です。

AGAクリニックと違い、血液検査やDHT検査以外のビタミンや毛髪・ストレスなど細かい検査は行わない所があり、問診はあっても細かいカウンセリングがないケースもあります。

皮膚科や泌尿器科の診療は、頭皮や毛髪をトータルで診察すると言うよりも、頭皮の確認をすることで薬の処方を行うのがメインと考えておいた方が良いでしょう。

皮膚科・泌尿器科であってもAGA治療薬や治療費は保険適用外になっていますので費用は安くなりませんから、間違わないようにして下さい!

決して自己判断でAGA治療薬を止めることはしないようにしましょう。

必ず、医師に相談した上で医師の指示に従って治療を進めてください。

AGA治療を始めてから2~3ヶ月は、毎日、治療薬を服用しても効果が出てこないことが多くあるのは、AGA治療薬の阻害効果が現れるまで時間を要しているからです。

もし発毛を確認できなければ治療薬が合っていないことも考えられますが、治療薬の効果を見るためには、最低3ヶ月経過を見ないと分からないのが現状です。

せっかく蓄積してきた治療薬の効果が無駄になってしまいますから続けるようにしましょう。

また、毛髪が成長して整ったからと言っても自己判断で治療薬を止めてはいけません。

AGAは再発する可能性を持っている為、治療薬を止める際には徐々に服用回数を減らして経過を見ながら止めていきます。

必ず、医師に相談し指示通りの期間は服用を続けましょう。


AGAクリニックを比較する基準点は、治療者と医師の関係で重要なポイントを踏まえた上でAGAクリニックを選択することが大切だ!

施術治療は、各AGAクリニック独自の技術があるから、成長・増殖因子の種類の多さなどがあり比較することが難しい。

HPなどを利用して治療実績数を比較してみる方法で確認してみるといいぞ!

この記事の関連記事