「AGAや薄毛の人」状態に合わせたシャンプーで効果に期待!

健康な毛髪を保つことは毛髪の育毛に欠かせない頭皮ケアが必要になります。

薄毛の人やAGA治療を行っている人でも、シャンプーで頭皮を清潔に整えることは発毛前の準備をすることでも大切な作業です。

毛髪サイクルを順調にすることは、シャンプーや育毛剤など頭皮ケアを心がけている方がより健康な毛髪を育毛することに繋がります。

一般的に市販されているシャンプーよりも、頭皮や毛髪に影響が少ない育毛シャンプーや石鹸系のシャンプーで頭皮ケアをしている方が良いでしょう。

毎日使用するシャンプーですから、頭皮や毛髪に合ったものを選びましょう。

・傷んだ毛髪の修復や保護をするシャンプー

・弱くなってきた毛髪や頭皮環境を整えてくれるシャンプー

・毛穴に詰まった皮脂や汗・整髪剤など頭皮を守りながらしっかり落としてくれるシャンプー

*毛髪や頭皮の状態に分けて選択する必要があります。

しかし、育毛シャンプーだけでは対処できない場合もあることも覚えておく必要があります。

今回は、AGAや薄毛など抜け毛が多くなってきた人や、毛髪のハリやコシに変化を感じ始めた人に対して、シャンプーは効果的なのか期待が持てるものなのか?

疑いを持ちながら使用している人にシャンプーの効果や選び方・使い方について解説していきます。

髪の毛が生えない。役割は頭皮をケアすること!

頭皮をケアすることは、発毛準備に必要な頭皮の予防や潤いを与えることが頭皮環境を整える意味でもあります。

しかし、決して発毛させることではないことを認識する必要があります。

頭皮環境を整える理由

1.頭皮のカユミやフケを予防する抗菌作用や抑制作用

2.頭皮の乾燥肌や脂性肌を抑制

3.育毛しやすい頭皮環境作りをする頭皮や毛髪の保護

4.毛穴まわりを清潔に保ち抜け毛を予防

つまり、「育毛シャンプーを使用していても発毛してこない」という人は、育毛シャンプーが「発毛させる効果があると間違えて捉えている」と言えるのです。

育毛シャンプーは、発毛効果があるものではなく頭皮の皮脂や汚れを落とし清潔に保つ作用に始まり毛髪の保護や成長を助けるためのものです。

弱ってきた頭皮や毛穴のまわりを清潔に保つ作用で「育毛しやすい環境作りをするものだ」と捉えてほしいのです。

発毛を期待する前の段階で、毛髪が育ちやすいように頭皮も発毛に向けた準備をしてあげることが「頭皮環境を整える」ことです。

大きく分けて3つの成分が存在している!

シャンプーの種類は豊富に取り揃えられていますが、頭皮・毛髪の状態や目的に応じて3つに分けることができます。

高級アルコール系シャンプー
炭素数が多いため親油性に優れているアルコールを高級アルコールと呼びます。

炭素数が少ないほど水に溶けやすい性質を持つアルコールを低級アルコールと呼んでいるもので「水に溶けやすい性質を区別する」ために高級・低級の言葉を用いています。

*親油性:脂肪や脂に溶けやすい性質

色々な香りを持ちあわせ泡立ちが良く「ブラシや手グシ」のとおりが良いことから、女性の人気を集めているシャンプーが数多くあります。

洗浄力を強く持ち毛髪の修復や保護に適しています

しかし、頭皮には影響が出やすいシャンプーですから毛髪の保護用として使用する方が良いでしょう。

石鹸系シャンプー
肌が敏感な赤ちゃんから使用できる成分を配合しています。

頭皮が脂性肌・乾燥肌の人だけではなく、頭皮が敏感になっている「湿疹やかぶれ」を起こしやすい人にも多く使用されているシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーが合わない人もいるので石鹸系を使用することで改善しています。

洗い上がりがさっぱりするので脂性肌の人に適しています。

乾燥肌の人にも頭皮に安心できる馬油成分などが配合されているものがあり保湿面でも安心して使用できるシャンプーです。

脂性肌・乾燥肌・普通肌の人と頭皮のタイプを選ばずに使用できます。

アミノ酸系シャンプー(育毛シャンプー)
天然成分である植物エキスの種類が数多く配合されているのがアミノ酸シャンプーの特徴です。

脂性肌・普通肌・乾燥肌用と種類も豊富に取り揃えられています。

頭皮や毛髪の保湿性や修復性に優れています。

フケやカユミ・育毛や抜け毛予防など、頭皮環境作りを目的とした成分で構成されており、特に毛髪の傷みや頭皮環境が乱れてきた人に適しています。

シャンプー選びは頭皮環境に合わせたものを使用

人によって、毛髪の太さや長さの違いがあるように頭皮の状態も違います。

シャンプーを選ぶときに必要なことは、頭皮の状態に合わせて使用することが大切です。

<それぞれの頭皮タイプ別に分けたシャンプー>

1.脂性肌の人 いつも頭皮がべたついている人

いつも頭皮がベタベタする人は、スーパー脂性肌専用シャンプーや脂性肌専用のシャンプーを「べたつき度に応じて」選ぶようにしましょう。

脂性肌専用のシャンプー成分の中には、皮脂を毛穴から浮かせる成分とべたつきの元になる皮脂の抑制成分が多く含まれています。

使用を続けることでべたつきを抑えることができます。

乾燥肌用や普通肌用のシャンプーと違い、頭皮を守りながら毛穴のまわりの皮脂を浮かす成分が多く配合されているので洗い上がりがスッキリして気持ち良いのが特徴です。

2.カユミやフケに悩んでいる人

カユミやフケの原因は、頭皮に存在する常在菌の繁殖が考えられる症状です。

カユミやフケ専用のシャンプーを選択すると良いでしょう。

カユミやフケを抑制する成分の中には、カユミの原因でもある常在菌の繁殖を抑える抑制成分と抗炎症成分が多く含まれているシャンプーです。

毎日使用しているとカユミやフケが改善されていきます。

しかし、10日以上続けていてもカユミやフケが改善されない時は、脂漏性皮膚炎になっている可能性もありますので皮膚科で受診し専用の治療薬を使用することで改善されます。

3.乾燥肌の人 頭皮の潤いが少なくサラサラとした肌の人

普通肌用か乾燥肌用のシャンプーを選択すると良いでしょう。

メーカーによって乾燥肌用がない場合もあります。

その時は普通肌用を選択すると良いでしょう。

頭皮や毛髪に潤いをしっとりと与え乾燥から守る作用があります。

乾燥肌の人はシャンプーでかぶれや湿疹を起こしやすいので、アミノ酸系のシャンプーを使用するか馬油が入った石鹸系のシャンプーを使用する方がおすすめです。

4.普通肌の人

その時の頭皮や毛髪の状態に合わせることができます。

脂性肌用シャンプーを使用することもできますし乾燥気味になっている時には乾燥肌用シャンプーを使用することもできます。

健康な頭皮環境を保っているのでシャンプー選びにタイプや制限はありません。

シャンプーで洗髪する時に注意すること!

脂性肌の人

A. 頭皮を蒸らしてから2度洗いをする方法

B. 頭皮クレンジングをしてから2度洗いする方法

の2種類の洗髪方法を併用しながら行うと改善する早さも違います。

Aは、毎日の洗髪を行う前にすると効果がある方法です。

頭皮を蒸らすと毛穴のまわりについた皮脂をより浮かせることができますから、単に2度洗いをするよりもしっかり皮脂を取り除くことができます。

Bは、月に1.2回行うと良い洗髪方法になります。

ジェルや整髪剤を毎日つけている人にもお勧めします。

頭皮クレンジングは、最も皮脂を浮かせやすく取り除く効果があります。

しかし、やり過ぎは頭皮の皮膜を剥がすことになるので使用頻度は少ない方が良い洗髪方法です。

脂性肌の人は、皮脂がしっかり毛穴にこびりついていることが多いので、2種類の洗髪方法を取り入れながら行うことがお勧めの洗髪方法です。

乾燥肌の人

乾燥肌用のシャンプーの成分には保湿成分が多く含まれているので毎日使用していると頭皮や毛髪の感触が変わってきます。

頭皮乾燥の人は、頭皮の栄養や血行不良によるもので乾燥状態になる人もいます。

特にシャンプーをする前には、十分に頭皮を蒸らしてからシャンプーをするようにしましょう。

・頭皮には出来るだけ力を入れずに指の平でゆっくりと両側頭部から後頭部・頭頂部にかけてマッサージ

・前頭部から頭頂部にかけてゆっくりと揉むように洗髪

・やや水流を弱くした41℃位のシャワーを出来るだけ頭皮に近づけてしっかり洗い流す

シャワーの水流の強さを加減して行うことを心がけましょう

いきなり強いシャワーで頭皮を洗ってシャンプーをすると、頭皮が敏感になっているので頭皮を傷つけてしまい「腫れやカユミ」の原因になることがあります。

脂性肌の人よりも頭皮が傷つきやすく敏感に反応しますので、シャンプーの量も少なめの方が良いでしょう。

シャンプーだけでは薄毛改善は難しい

毎日抜け毛が多くてAGAの初期段階に入っているかも知れない人や薄毛に悩んでいる人が、育毛シャンプーを使用して頭皮環境を整えているとしても、他の原因で抜け毛の進行を止めることが難しい場合があります。

<抜け毛や薄毛になる原因>

頭皮の皮膚が異常を起こしている アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・湿疹
専用のシャンプーを使用してもカユミやフケが治らない場合は、頭皮の皮膚異常が考えられますので皮膚科の治療が必要になります。
頭皮のリンパ球に異常がある 円形脱毛症
一時的に起きる症状もありますから、全てが治療対象になるとは限りませんが皮膚科でステロイド剤を使用した治療が必要になる人もいます。
頭皮の中に存在する酵素に異常が起きている AGA(男性型脱毛症)
上記の症状とは違い酵素が原因で起こる脱毛症ですから、専門の治療薬で治すことが必要になります。

*育毛シャンプーや育毛剤で治ることがない症状ですから専門のクリニックへ受診する必要がある脱毛症です。


上記のような頭皮の中の組織に異常がある場合には、育毛シャンプーでは役に立てなくなります。

つまり、頭皮環境のバランスだけの問題ではないので、それぞれ専門の治療薬で治療をしなければ改善しない場合が多いからです。

ホルモンに異常を起こすことやカビ菌などの繁殖による分泌異常を起こしていることが原因になる場合があります。

他にも、食生活の偏りや精神的(ストレス)なバランスが崩れたことが要因になっている場合もあります。

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因になっているAGA(男性型脱毛症)は、AGA専用の治療薬を使用しなければ抜け毛や薄毛を改善しないこともあるのです。

抜け毛や薄毛になって発毛に期待したいのであれば、育毛シャンプー以外にもケアをしていかないと効果を発揮することはできません。

AGAクリニックや皮膚科などで処方された専用の治療薬で発毛させる治療を行うことや、育毛剤や毛髪作りに必要なサプリメントを利用することも一つの手です。

ケアは外面だけでなく、体の内面からも改善することが必要になります。

抜け毛が多く薄毛の範囲が気になっている人は、上記のような他の原因も考えられますから他の育毛シャンプーを考えるよりも専門のクリニックへ相談する必要性があると言えるのです。

適切なシャンプー選びのポイント

今まで解説してきましたAGAや薄毛で悩んでいる人にも頭皮に合ったシャンプー選びは必要です。

育毛シャンプーの役割がどのような作用をするのかをまとめてみました。

・育毛シャンプーは「頭皮環境を整える」ことを目的にしているものです。

発毛させるものではない」ことを認識するようにしましょう。

シャンプーの効果で頭皮環境を整えるとは!

・頭皮についた汗や皮脂などの汚れを落とし清潔に保つこと

・頭皮のカユミやフケを抑制予防することができること

・頭皮の乾燥や脂性肌を抑制すること

・頭皮や毛髪の保護すること

・毛穴まわりを清潔に保ち抜け毛を予防すること

・育毛しやすい頭皮作りをすること

シャンプーを選ぶときには、3つのタイプ別に分けられる

高級アルコール系シャンプー
頭皮に影響を及ぼすことが多いシャンプーです。

毛髪の保護をする目的で使用すると良いでしょう。

石鹸系シャンプー
脂性肌・普通肌・乾燥肌どのタイプでも安心して使用することができるシャンプー。

シャンプーカスが頭皮に残りやすいので洗い流す時間を多めに取ることが必要です。

アミノ酸系シャンプー
保湿成分や植物エキスを多く配合。

傷んだ毛髪や頭皮環境を整えることができる育毛シャンプーとも呼ばれています。

脂性肌・普通肌・乾燥肌用に分けられていて、頭皮環境が崩れている人に期待が持てます。

発毛に取り組みたい人・薄毛の範囲や抜け毛の量が気になる人

薄毛の範囲や抜け毛の量が多い人・発毛に取り組みたい人は頭皮環境を整えるだけの育毛シャンプーだけでは改善は難しいです。


発毛をさせたいなら、育毛シャンプーだけでは厳しいといえよう。

発毛させる治療薬を使用したり、育毛剤やサプリメントを使用したりすることで、体の内面から外面へ改善することも考えることが必要だ!

脱毛原因が分からない場合、頭皮改善では回復の兆しがたたなくなってしまう。

早めに専門のAGAクリニックや皮膚科の治療方法に切り替える必要があるぞ!

この記事の関連記事