筋トレ自体はハゲません!男性ホルモンの分泌が関係

筋トレをするとハゲる?薄毛になりやすい?

ということを聞いたことはあるのではないでしょうか。とても有名な話ですよね。

しかし、結論から言うと、筋トレとハゲることは直接的な関係はありません。

これには男性ホルモンによる関係性が影響しています。

ただ男性ホルモンが増加するからハゲるわけではないということ、ハゲるのは男性ホルモン(テストステロン)が薄毛の原因になるDHT(ジヒドロテストロン)に変わってしまうことが原因です。

筋トレをすると男性ホルモンの分泌量が増えるのは事実だ。

けど、スポーツジムなどでの筋トレで男性ホルモンが増える分にはハゲに関係はないぞ!

筋トレによる男性ホルモンの増大は、筋肉の回復や増大に使われてしまうからハゲの心配はないんだ!

筋トレ=ハゲるの説はどこから来た?

上記でも述べたように、筋トレをすることでハゲることはウソのようなものです。

この説は一体どこから来ているのでしょうか?

そもそも「男性ホルモンが増える」と「ハゲる」は関係していると勘違いされていることからです。

確かに筋トレをすると、筋肉を形成する上で大切な男性ホルモン(テストステロン)が刺激されて、脳がより多くの男性ホルモンを作るように働きかけます。

その結果、筋トレによりたくさんの男性ホルモンが作られます。

筋トレで男性ホルモンの分泌量が増えるならハゲるのでは?ということです。

しかし、述べた通り、ハゲるのはあくまでも男性ホルモンが薄毛の原因になるDHTに変わってしまうことで起こります。

筋トレによって増えた男性ホルモンは、傷ついた筋肉を回復させるために使われます。

DHTのメカニズムとしては、男性は年を取るにつれて筋肉や制欲欲求といった男性らしさを維持するために必要なDHTが減少していきます。

そうなると、身体は足りない分を補うためにさらに強力な男性ホルモンを作ろうと働きます。

そのために、5αリダクターゼ(Ⅱ型)という酵素が男性ホルモンと結びつき、DHTに変化していきます。

DHTに変化してしまった男性ホルモンは、前立腺に悪影響を及ぼし、皮脂の増加は抜け毛を促進させてしまいます。

筋トレでハゲるという人は既にAGAの可能性

自分に薄毛の進行がない、生活習慣などの心配がなく、髪の毛や頭皮を健康に保っているならいくら筋トレをしてもハゲにくいので大丈夫です。

考えすぎてストレスをかけてしまうことは身体には良くないので、日頃からストレスをあまり感じないタイプの人なら筋トレをゴリゴリにしてもハゲる可能性は減るでしょう。

筋トレをしたら薄毛になる・ハゲる原理が正しいのなら、ダンベルを使うような筋トレをしている人やプロのスポーツ選手はみんなハゲているはずですよね。

しかし、実際そうではありません。

ただ、成人男性のアスリートや筋トレをしている人にもハゲている人はもちろんいます。

筋トレをしてハゲる人には以下の原因・理由が考えられます。

AGAを発症しているから

男性型脱毛症であるAGAを発症していた場合、筋トレをしていてもしていなくてもハゲる可能性があります。

AGAは、男性ホルモンがハゲの直接的な原因であるDHTに変換されて発症します。

タンパク質不足で髪の毛が育毛できていない

髪の毛や筋肉はタンパク質からできています。

筋トレをすると筋肉の増強や回復にタンパク質が必要で、従来髪の毛を健康にするのに大切なタンパク質が不足してしまうことがあります。

タンパク質の量の低下により、髪の毛が健康的でないのでハゲてしまうということです。

筋トレが直接的に薄毛やハゲにつながりがあるということではありません。

プロテインはタンパク質の塊!薄毛に影響はナシ?

「プロテインを飲むとハゲる」ということを聞いたことがあるかもしれません。

果たして、プロテインとハゲには何らかの関係性があるのでしょうか?

答えは、プロテインを摂取すると薄毛になるのは考えにくいです。

なぜなら、プロテインの中身は主にタンパク質です。

肉や卵にもタンパク質は含まれていますよね。

それを食べたからと抜け毛が増えることはないですね。

ただ、プロテインと薄毛には幾つか考えられることがあります。

プロテインの過剰摂取

プロテインはタンパク質ですが、異常な摂取量では肝臓や腎臓にどうしても負担がかかります。

腎臓は体外に毒素を排出する働きをしています。

身体から老廃物を排出したり、血圧の調整、血液を作るなど非常に役割の高い部位です。

しかし、プロテインによって肝臓で分解され、残った毒素は全部腎臓で処理されることとなると、腎臓にダメージを与えてしまいます。

肝臓はたんぱく質を分解する臓器です。

過剰な量のプロテインによって肝臓は普段以上に分解をしなければいけません。

その結果、肝臓が分解能力をいつも通りに発揮できなくなり、筋肉を作る作業さえもしなくなります。

普段からかなりハードにトレーニングをしている人は、適度に摂取する事をおススメします。

激しい運動によって筋肉が傷つき、その修復のために身体のタンパク質が体の至る所に多く使われ頭皮に必要なタンパク質が不足してしまいます。

不足したタンパク質を補うという点においては、プロテインは優れているといえるでしょう。

筋トレがもたらす身体への影響

運動は日常生活の健康維持には欠かせないものです。

30分の運動は抗鬱剤よりも効果があると言われるほどです。

ここでは、筋トレや運動が身体にどのような影響があるのかを紹介します。

これを見ると是非運動をしたくなりますよ。

頑張った成果が身体に現れ自信につながる

筋トレの醍醐味は何と言っても、魅力的な体を目指して日々努力し、それが結果となって体に現れる達成感でしょう。

自分の体が理想体型に近づいてきたら、気分がよくなるのでその他の色々な事にやる気が出てきます。

更に、筋トレをすることで理想体型を手に入れて自信が向上します。

自信を得ることで、トレーニング以外のことも積極的に行えるようになります。

例えば、人との集まりに参加しやすくなって人脈が広がる、理想ボディーによってきたい服が着れるようになるなど、自信を持つことはさまざまな好影響を生みます。

セロトニンの発生促進

上記の抗鬱剤が不要というのに関連している、このセロトニンの発生促進。

セロトニンは、平常心を保ち、集中力アップ、気分がすっきりするなどの精神安定機能を助けてくれる物質です。

病気になりにくい体になる

トレーニングをするとで、体温が上がるので病気に対する免疫力が向上します。

筋肉が増えると基礎体温が上がるため日頃から病気になりにくい身体を作るいい方法です。

太りにくい体になる

トレーニングによって筋肉が増えると、基礎代謝が上がり太りにくい身体になります。

ダイエットのために、制限した不健康な食生活を送っている人はまず体のケアのため運動をしてみましょう。

冷え性に効果がある

冷え性に効果があるのは、特に女性には嬉しいことでしょう。

毎冬に、体の先っぽが痛くなるくらい冷え性に悩まされている人はたくさんいると思います。

筋トレをすると、筋肉がつき基礎体温を上げてくれるので冷え性が緩和されます。

筋トレによる血行促進効果で頭皮も健康に

ハゲや薄毛は、頭皮に十分な血液が届いていないのが大きな原因です。

血流が悪くなると、頭皮に栄養を届けられず、不健康な状態になり髪の毛がしっかりと育たなくなってしまいます。

運動不足による筋肉の衰えは血行不良を引き起こします。

したがって、生活習慣を整えながら定期的に筋トレをすることで血行を良くし薄毛の予防効果が期待できます。

ふくらはぎの筋肉は、第二の心臓と言われるくらい血液を身体中に運ぶ大切な役割を担っています。

心臓から血液が体全体に運ばれますが、下半身に血液が行った際は重力に逆らって上半身に血液を運ばなければいけません。

下半身に送られた血液をしっかりと上半身に送り返すためにはふくらはぎの筋肉を鍛えることが必要です。

血流が滞ってしまえば、それだけで血行不良に繋がるのでふくらはぎの筋トレは意識してやってください。

筋トレと合わせて、有酸素運動であるジョギングのようなトレーニングをすると、ストレスの軽減や身体血液を循環させるので薄毛予防に効果がります。

必ずしも筋トレ=ハゲではない

男性ホルモンの増加と薄毛には関係性は発見されていないので、筋トレが直接的にハゲる原因というのはありません。

あくまでも、ハゲの要因は男性ホルモン(テストステロン)が薄毛の原因になるDHT(ジヒドロテストロン)に変化すること。


筋トレをしている人でハゲているのは、既に男性型脱毛症が進行している、ただ頭皮が健康的ではない状態になっていることが考えられる。

運動をすることで、体はストレスを軽減したり太りにくい・病気になりにくくなるし健康にいいぞ!

薄毛やハゲに効果的な血行促進も期待できるから、運動不足気味の人は日常から運動を積極的に行ったほうが良い!

この記事の関連記事