育毛シャンプーの選び方!選択を間違えると効果が薄れてしまうかも。

一般に市販されているシャンプーは、香りや泡立ちがいいので洗い上がりがすっきりします。

洗浄力が良く香りや保湿・保護力を兼ね備えた多数の種類があり価格帯も安い製品が多くあります。

しかし、一般に市販されているシャンプーは、石鹸系シャンプーや育毛でよく使われるアミノ酸系シャンプーと比べると強い洗浄力の成分や添加物が多く含まれています。

洗浄力が強い成分と添加物が多いシャンプーを使い続けていると、頭皮トラブルを起こす危険性が高くなります。

<頭皮に優しいシャンプー>

・アミノ酸の成分が多く含まれている

・防腐剤が一切使われていないパラベン・フェノキシエタノールなど

・洗浄力で使用される成分に天然植物性成分の原料で構成されている

育毛(アミノ酸系)シャンプーを決める時には、毛髪や頭皮の症状に応じたシャンプーに揃えられているので選択しやすくなっています。

頭皮や毛髪のタイプに応じた有効成分を使用することで育毛効果の期待が上がるものです。

1. 乾燥・脂性・普通の毛髪や頭皮タイプ
頭皮の症状別で選択する

2. 傷んだ髪
パーマやカラーなどで毛髪の傷みがある人

3. カユミやフケが多い人
頭皮のカユミが多く湿疹やフケが多く出るような人

上記の3つのタイプで選択します。

複合している症状の場合は、症状が多いものを基準にして選択すると良いでしょう。

但し、症状別に選択しても有効成分が全ての人に合うとは限りません。

お試しできる育毛シャンプーがあれば、頭皮や毛髪に合うか試すことも必要です。

若干、有効成分が違うこともありますが、代表的な有効成分が同じであれば使用感がわかるでしょう。

今回は、育毛シャンプーの選択を間違えたり失敗したりしない為に、頭皮の状態や年齢別に分けたシャンプーの選択方法を解説したいと思います。

シャンプーは大きく分けると3種類

洗浄成分が強く保護成分など配合が多く入っているシャンプーは、一般に安く手に入る高級アルコール系のシャンプーと呼ばれているものです。

しかし、細胞分裂が活発で皮脂を多く排出している年齢が10代~20代の若い人であれば、洗浄成分が多少強くても「毛髪や頭皮が強い」こともあり頭皮トラブルを起こしにくい頭皮や毛髪だといえます。

但し、男女共に20代後半くらいから使用する人には、洗浄リスクによって頭皮のカユミの原因を引き起こすことや添加物によるアレルギーなどを引き起こす可能性が高くなります。

20代後半から頭皮トラブルになりやすい

男性の場合は、整髪剤や汗・皮脂を落とすためと爽快感をだすため、過度にシャンプーを使用する人が多くなる年齢で頭皮のカユミを起こしやすくします。

女性の場合は、肌の分泌が悪くなってくる年齢と出産をすることで頭皮や毛髪が弱くなり頭皮トラブルを起こしやすくします。

石鹸素地系のシャンプーや育毛アミノ酸系のシャンプーにする方が、頭皮環境を守る上で効果的だといえるでしょう。

下記の表は、3種類のシャンプーに含まれる成分や特徴別に分けて表にしたものです。

一般に市販されているシャンプー

シャンプーの種類 洗浄成分 保存成分(防腐剤)
高級アルコール系 ・ラウリル硫酸系近年では使用されなくなっている

刺激性が緩い洗浄成分ですが洗浄力は強い成分です

・オレフィンスルホン酸

・ラウレス硫酸系

(Na・ TEA・ アンモニウム)

パラベン

・エチル

・プロピル

・イソプロピル

・ブチル

法律上、化粧品とされるものには含めなければいけない抗菌成分で腐敗を防止するために使用されます。

0.1~0.5%の範囲内で含有されているのでデータ上の安全性は確保されています。

しかし、他の添加物も配合していますから長く使用していると頭皮や毛髪に影響が出てくる可能性が高くなるのも事実だといえるでしょう。

特 徴
・泡立ちが良くさっぱりした洗い上がりになる・香りがいいものが多い
弱 点
・洗浄力が強い・アレルギーを起こしやすい

・頭皮や毛髪のトラブルになりやすい

・添加物が多い

高級アルコールとは

「アルコールに含まれる分子の中にある6つ以上の炭素数とヒドロキシル基を1つ持っている」ことを「高級アルコール」と呼ばれているもので、高価なものという意味ではありません。

★ヒドロキシル基:OHの構造をしているため水にも少しなじみやすい補助作用がある物質です。

一般的に使用されるシャンプーは、洗浄成分が強いばかりではなく、毛髪を保護するポリマー成分や添加物が多く含まれているので頭皮に残る残留性が高いと言われています。

頭皮や毛髪が強い肌質や髪質を持つ人や若い年齢でないと頭皮トラブルを起こしやすくなります。

上記の洗浄成分を含めたシャンプーは、長期間使用していると頭皮や毛髪に影響を及ぼすことが多い成分ですから、石鹸素地系のシャンプーやアミノ酸系のシャンプーと併用に使用するか、または、シャンプーをどちらかに変える方が良いといえるでしょう。

<肌に優しいシャンプー>

シャンプーの種類 洗浄成分 保存成分(防腐剤)
石鹸素地系 カリ石鹸素地・脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム・純石けん
特 徴 弱 点
低刺激性が増えている アルカリ性
洗浄力があり爽快感がある

アレルギーは起こりにくい

肌に刺激が少ないので安全性が高い

色々試して合わなかった人が最後にたどり着くシャンプーでもあります。

髪がきしむ

カラーで染めた色が落ちやすい

リンスやコンディショナーで、中性~弱酸性に戻さなくてはいけない

*昔ながらの製造法で作られていたリ、馬油などを配合していたりするシャンプーで頭皮にも環境にもよい成分で構成されています。

価格帯も¥500~¥1800までの安価なものが多いですが、手作業で作っているものは¥4000前後するものもあります。

頭皮や毛髪トラブルを持っている人には好評なので、売り切れが絶えないシャンプーでもあります。

肌にはとても安全に使用できるので、赤ちゃんからお年寄りまで誰でも使用することができるシャンプーです。

石鹸素地系のシャンプーは、アルカリ性なので毛髪や頭皮を中性~弱酸性に戻さないと、髪がきしむ原因になり頭皮乾燥を起こしやすくします。

また、毛髪を染めている人では、色を落ちやすくする特性があります。

洗髪後、リンスやコンディショナーを使用する必要がありますが、カラーをよくする人はアミノ酸系のシャンプーを併用しながら使用するかアミノ酸系のシャンプーを選択する方が良いでしょう。

<毛髪のケアや育毛で使用されることが多いシャンプー>

シャンプーの種類 洗浄成分 保存成分(防腐剤) 炎症を抑える成分
アミノ酸系 アラニン・グリシン・ラウロイルメチルアラニン酸・ココイルメチルタウリンNa・ココイルグリシンNa・グルタミン酸 グリチルリチン酸ジカリウム
特 徴 弱 点
洗浄力は劣りますが、しっとり仕上がります。

天然植物成分を数多く配合させているので頭皮トラブルの回復に役立つ栄養成分に効果が期待できます。

保存期間は短いです。

毎日使用する場合は問題ありません。

アミノ酸シャンプーに毛髪や頭皮が合わない人もいます。

アミノ酸シャンプーは、文字通りアミノ酸を多く配合していますから、洗浄力よりも毛髪や頭皮を整えるために必要な成分を多く含んでいるシャンプーだと認識した方が良いでしょう。

毛髪の保湿成分やカユミの元になる抗炎症作用・血行促進作用がある植物性エキスが数多く配合されている所に特徴があります。

短所は、保存期間が短いところとアミノ酸の数を多く抽出し配合しているものが多いので、原料を仕入れる価格が高いことや手間と時間がかかることもあり一般のシャンプーと比べると販売価格は高くなります。

天然植物成分や精油などの種類が多く含まれるほど価格は高くなります。

¥2,500~¥7,000までと価格帯の幅が広いです。

頭皮や毛髪に問題がない人でも頭皮環境を守ることで使用できます。

特に、パーマやカラーでキューティクルが傷んでいる人、洗浄成分が強いシャンプーを使い続けて頭皮にフケやカユミが出てきた場合の症状に効果の違いがわかるシャンプーだとも言えるでしょう。

但し、頭皮の弱い人が使用する場合、刺激成分により赤みの原因やカユミが出ることがあります。

刺激成分が配合されている場合があるので頭皮に合わない場合もあります。

<配合されている刺激成分>

・センブリエキス

・ノコギリヤシエキス

・生姜エキス

・唐辛子

などがある場合です。

血行をよくするために刺激成分を多く含ませているシャンプーもありますから、頭皮の弱い人は刺激成分をほとんど含まないアミノ酸系シャンプーを選択する方が良いでしょう。

シャンプーが適している年齢

シャンプーの種類 頭皮の肌質 適している年齢層・理由
高級アルコール系 ・普通肌・脂性肌 10代~20代
適している理由

皮脂の分泌が盛んな時期で悪影響を受けにくい肌質

石鹸素地系 ・脂性肌・普通肌 乳幼児からお年寄りまでの年齢層
適している理由

肌の悪影響が非常に少ない

石鹸素地系

馬油含有

・肌が弱い・乾燥肌

・普通肌

適している理由

馬油系の石鹸シャンプーは、他のシャンプーで合わなかった人

肌が弱い人や赤ちゃん・お年寄りにお勧めです。

アミノ酸系 ・脂性肌・乾燥肌

・普通肌

20代後半~お年寄りまでの年齢層
適している理由

頭皮環境が崩れやすい年代であるため、栄養素不足や頭皮トラブルが多くあるため

シャンプーの保存期間と頭皮・毛髪タイプ

シャンプーの種類 保存期間未開封 毛髪のタイプ 使用する理由
高級アルコール系 3年以上 普通・ロング・ショート 香り・価格・泡立ちの良さ
石鹸素地系 2年位 普通・ショート 脂性肌・アルコール系の刺激成分が合わない人に多い
アミノ酸系 オーガニック系2ヶ月

天然素材配合6ヵ月

普通・ロング・ショート 高級アルコール系のシャンプーで傷んだ髪質や頭皮を持った人が変更することが多い

高級アルコール系に多いですが、保存期間が明記されていないものは、3年以上保存が可能だということで表示しなくても法律上も問題ないとされています。

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプーには、毛髪や頭皮のタイプで分けられています。

肌質 おすすめするシャンプー 理  由
乾燥肌用 ・アミノ酸系シャンプー

・馬油含有の石鹸素地系シャンプー

特に乾燥肌に人は、アミノ酸系のシャンプーが合わない人がいます。

そのようなときは、馬油系石鹸シャンプーを使用すると良いでしょう。

普通肌用 ・アミノ酸系シャンプー

・馬油含有の石鹸素地系シャンプー

普通肌用がない場合、どちらかというと乾燥肌用のシャンプーが合います。
脂性肌用 ・アミノ酸系シャンプー

・石鹸素地系シャンプー

さっぱりしたい人が多いので、アミノ酸系のシャンプーにも「脂性肌用」の上に「超脂性肌用」が用意されています。

石鹸系のシャンプーもさっぱり・スッキリした洗い上がりになるのでお勧めできます。

傷んだ髪 ・アミノ酸系シャンプー

・馬油含有の石鹸素地系シャンプー

修復作用の成分が多く含まれています。

傷みが強い人はアミノ酸シャンプーを選択すると良いでしょう。

普通の髪 ・アミノ酸系シャンプー

・馬油含有の石鹸素地系シャンプー

どちらでも合うでしょう。
肌質 含まれている成分で選択する 価格帯
乾燥肌 ・フコイダン・グリチルリチン酸2K

・(馬油)αリノレン酸

・グリチルリチン酸ジカリウム

¥3,800~

定期購入やキャンペーンがあると価格が下がります。

普通肌 ・フコイダン・グリチルリチン酸2K

・(馬油)αリノレン酸

¥3,800~

定期購入やキャンペーンがあると価格が下がります。

脂性肌 ・ラウロイルメチルβアラニンNa液

・ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa

・ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

¥3,800~

定期購入やキャンペーンがあると価格が下がります。

傷んだ髪用 ・ラウリン酸

・モンゴルオイル

・シロキクラゲ多糖体

・アロエベラ葉

・セイヨウアカマツ球果

・ローマカミツレ花

・シャンプー

・コンディショナー

各¥2,000定期購入の場合

血行が悪い ・ニンニクエキス

・センブリエキス

・朝鮮人参

・トウガラシエキス

・生姜エキス

¥3,800~

定期購入やキャンペーンがあると価格が下がります。

有効成分の量や種類によりアミノ酸育毛シャンプーの価格帯は違います。

定期購入やいつでも解約ができる会社であれば、¥2000~¥3000と通常の販売価格の半額になることもありますから、キャンペーンや期間限定を利用すると安く購入できます。

石鹸シャンプーに比べるとまだ高い価格になります。

アミノ酸育毛シャンプーは、植物や海藻などから抽出する有効成分や天然植物オイルを数種類に分けて多数配合されている場合、価格が高くなるものが多くなります。

しかし、保湿力の成分はどの育毛シャンプーにも含まれているものなので、傷んでいるときの髪に使用する場合に違いがあると思われますが、通常の使用ではほとんど変わりないと言って良いでしょう。

☆女性の場合、保湿成分に加えて植物精油・植物エキスを含めることで毛髪や頭皮環境を整えてくれますし、育毛シャンプーの価格帯も定期購入やキャンペーンを利用すると¥2000~¥3000位が平均的と言えるでしょう。

男性の場合は、女性よりも価格帯が高くなる方が多いです。

天然の有効成分が多く含まれていると言えばそれまでになりますが、

天然有効成分や刺激性・抗炎症作用の育毛シャンプーでは¥3,800前後が平均価格と言って良いでしょう。

「育毛シャンプーの認識をすることも重要なことです」

育毛シャンプーをしたからと言って、発毛するとは限らないものだと認識する必要があります。

育毛シャンプーは、頭皮環境(頭皮や毛髪)を整える働きがあるものです。

つまり、毛穴のまわりや膜を保護したりカビ菌などを予防したり毛髪を保護したりすることで、現存している毛髪を健康に育てていくものが育毛シャンプーです。

「育毛シャンプー=発毛する」のではなく、育毛シャンプー=発毛できるように頭皮環境を整えると言った方が正解だと言えるでしょう。

*薬事法の法律的に見ても医薬品と国が認定されていない限り「発毛する」と断定した言葉を使用すると違法行為にあたります。

「高価な育毛シャンプーだから効果がある」と決めて購入するものでもありません。

頭皮の症状に合わせて予算に見合った育毛シャンプーを選択するのがベストだと言えるでしょう。

通常でもシャンプーが合わない場合が多いですから、アミノ酸育毛シャンプーだから何でも合うことでもありませんので、アミノ酸育毛シャンプーでも、頭皮に合わない場合もあることは知っておいた方が良いでしょう。

最終的にたどり着くシャンプーは石鹸素地系のシャンプーになっている人も多いですから、お試しシャンプーで相性を見てから、定期購入などで始めて見ると良いでしょう。

育毛シャンプーは頭皮環境を整える

育毛シャンプーの役割は、発毛を促進しやすい環境を整えます。

余分な皮脂や汚れ・カビ菌など毛穴のまわりに溜めないようにしたり、頭皮にある水分の放出をガードしたりすることで毛髪が成長しやすい環境を作ります。

つまり、育毛シャンプーは正常な毛髪サイクルを整える役目であるということです。

アミノ酸育毛シャンプーに含まれている成分は、下記の表になります。

洗浄成分 グルタミン酸 ラウロイルメチルβアラニンNa液 ラウロイルサルコシンNa
ラウリン酸 ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa ヤシ油脂肪酸アシングルタミン酸TEA液
保湿成分 ホホバオイル モンゴルオイル・馬油 フコイダン・ガゴメ昆布
オーガニックハーブ シロキクラゲ多糖体 バジル ローリエ
植物エキス オドリコソウ花 オランダカラシ葉 アロエベラ葉
ソメイヨシノ葉 セイヨウキヅタ葉 ゴボウ根
セイヨウアカマツ球果 ローマカミツレ花 オウゴンエキス
植物性精油 オレンジ油 ローズマリー油 ラベンダー油
ユーカリ油 ユズ油 オリーブ油
ベルガモット油 ティートゥリー油 クラリセージ
抗炎症作用 グリチルリチン酸2K グリチルリチン酸ジカリウム ピロクトンオラミン
血行促進作用 センブリエキス トウガラシエキス 生姜エキス
ニンニクエキス 唐辛子 朝鮮人参
消臭効果 シャクヤクエキス

育毛シャンプーと他のシャンプーの洗浄力の差は?

育毛シャンプーは、石鹸系のシャンプーや高級アルコール系に比べると洗浄力としては衰えます。

種類 洗浄力 頭皮の安全性
高級アルコール系シャンプー 余分な皮脂や汚れ以上に頭皮の膜まで取るので、長く使用していると危険性が高くなる恐れがある
石鹸系のシャンプー 余分な膜を取らずに汚れや古い皮脂だけを取り除くので、安全性は高いと言えるでしょう。
アミノ酸系育毛シャンプー 洗浄力は少ないので、頭皮の必要な汚れや古い皮脂を取り除き頭皮に傷をつけることはありませんので、安全性は高いと言えるでしょう

◎強い○普通△弱い

高級アルコール系シャンプー
オレフィンスルホン酸・ラウレス硫酸系の洗浄成分は、以前よりも洗浄力が緩くなった成分だといっても他のシャンプーと比べてみても洗浄力は変わらず強いところがあります。

長期間使用すると、毛髪のトラブルや頭皮乾燥・カユミなどの頭皮トラブルを起こすことです。

毛髪の保護作用においては、コーティング物質(ポリマー成分)が毛髪以外の頭皮まで覆ってしまうことで皮脂を詰らせ炎症の原因を作ることもあり、シャワーだけでは洗い流せないことが多くあります。

すぐに異常が出るかと言えばそうでもないので、異常が出るまで使用する人が多いのも高級アルコール系シャンプーの特徴です。

石鹸系のシャンプー
石鹸系のシャンプーは、スッキリと汚れを落としシリコンや古くなっている皮脂も取り除くことができる優れものと言って良いでしょう。

洗い上がりもさっぱりするので、気持ちがいいシャンプーです。

しかし、石鹸系のシャンプーはアルカリ性の性質を持つので、毛髪や頭皮の弱酸性に戻す必要がある所が弱点の一つです。

アミノ酸系育毛シャンプー
洗浄力がほしい人は、石鹸系のシャンプーの中にある馬油を配合したシャンプーを使用すると良いでしょう。

アミノ酸系のシャンプーは、洗い上がりがしっとりするので爽快感にかけるところがあります。

しかし、毛髪や頭皮に十分な栄養素や抗菌作用で頭皮環境を整える効果があるシャンプーは、アミノ酸系のシャンプーだといえるでしょう。

頭皮の状態や毛髪のトラブルで悩んでいる人にお勧めできるシャンプーですし、頭皮をいつも健康な状態にしておきたい人にもお勧めしたいシャンプーだと言えます。

頭皮環境改善には育毛シャンプーを有効活用

シャンプーの種類は3種類あります。

高級アルコール系のシャンプーは、洗浄力や香りで選ぶことができますが頭皮や毛髪が強い肌年齢ではないと頭皮トラブルになることが多いシャンプーです。

石鹸素地系シャンプーは、頭皮の膜を残しつつ皮脂が多い人など、汚れた皮脂やシリコンなどを取り除くことができるシャンプーです。

年齢制限がなく洗い上がりはさっぱりするシャンプーです。

アミノ酸系の育毛シャンプーは、乾燥肌・普通肌・脂性肌・傷んだ髪質の人などに適したシャンプーで、泡立ちはあまり良くない反面、頭皮環境(頭皮や毛髪)を整える作用があるシャンプーです。

育毛シャンプーの選び方は症状に合ったものを!

頭皮や毛髪の状態で分けられているため、症状に合った成分で選ぶことができるシャンプーです。

育毛シャンプーには、炎症を抑える作用が多いシャンプー・頭皮や毛髪の栄養分を多く含んでいる成分のシャンプー・刺激成分が多く含まれているタイプのシャンプーがあります。

頭皮・毛髪トラブルを持っている人に効果が期待できるシャンプーだと言えるでしょう。

育毛シャンプーは頭皮環境を整えるもの!

育毛シャンプーは、発毛してきた毛髪を育毛する働きはありますが、発毛させる効果はありません。

頭皮や毛髪の環境を整える働きがあるものです。

育毛シャンプーには、頭皮に良い成分(植物栄養成分・精油・オイル)が数多く含まれています。

頭皮環境を整いやすくしてくれる成分で健康な状態を維持できていると言えるでしょう。

育毛シャンプーは洗浄力が弱いものの頭皮に優しい!

育毛シャンプーは、一般のシャンプーや石鹸系のシャンプーよりも洗浄力に劣る所があります。

汚れだけを浮かして流すため必要以上の皮脂は落とさない成分を配合している点に違いがあります。

スッキリ感やさっぱり感を感じない方が高いので、しっとり感が多いシャンプーとして認識すると良いでしょう。


 頭皮環境や育毛を考えているなら育毛シャンプーがおすすめだぜ!

 高級アルコール系は若い人なら大丈夫だが、ちょいと刺激が強い。。

 石鹸系は誰でも使用できるから、敏感肌の人にはこっちがいいかもな!

この記事の関連記事