育毛剤が効かない・・・本当の理由は役割に違いがある!

育毛剤と聞けば「毛を生やしてくれるものだ」と大半の人が思っていることではないですか?

知識として育毛剤は、「頭皮環境を整える働き」をしてくれるということを覚えておいてくださいね。

育毛剤・発毛剤・発毛促進剤と分けられた名称になっているのは、それぞれ違う働きを持っているためで、「どれも同じような効果があるもの」と思われていますが全く違うといっても良いでしょう。

下記のように分類しより理解しやすくしたいと思います。

発毛剤・発毛促進剤・育毛剤を正確に分類すると

・医薬品が発毛剤・発毛促進剤になります

・医薬部外品が育毛剤になります

育毛剤は医薬品ではないことを前提に覚えておくようにしましょう。

発毛剤
医薬品
毛乳頭に直接働きかける薬剤で毛母細胞の働きを活発にして発毛を促す薬です。

副作用を伴うことがあるので医師の処方が必要になる医薬品です。

発毛促進剤
医薬品
毛乳頭に直接働きかける成分を発毛剤よりも少ない分量で配合されている薬です。

発毛促進剤は、第1類医薬品に分類されており厚生労働省が認定した医薬品として薬剤師だけが取り扱うことができる薬です。

発毛剤と同じく副作用を起こす成分を少量ですが含んでいるため、薬局などで購入することができますが、薬剤師の説明や問診を受けないと購入できない薬です。

育毛剤
医薬部外品
育毛剤は、医師の処方や薬剤師の問診を受けなくても購入できるもので医薬部外品になります。

毛穴のまわりや頭皮の皮膚を健康な状態に整えて毛髪の成長を助けるものが育毛剤です。

毛髪や頭皮の環境を整える天然成分を多く含んでいるのが特徴です。

副作用がないものとして第2類医薬品・第3類医薬品などに入り、薬剤師・登録販売者が取り扱うことができるもので、説明を受けなくても購入することができます。

今回は、育毛剤の働きについて間違っている人が多いため、改めて育毛剤・育毛促進剤・発毛剤の認識を高めて、育毛剤は何をどうしたときに一番効果があるのかを解説したいと思います。

育毛剤の使用だけでは薄毛改善にはならない

育毛剤を使用して発毛した人の口コミをよく見ることがあると思います。

きっと「発毛させる効果があるのだな~」と思われていることでしょう。

しかし、育毛剤は頭皮環境を整える働きが主な役割です。

毛球の中にある毛乳頭に働きかけたわけではありませんから毛母細胞が活発になって発毛したのではなく、頭皮の状態が悪かったため頭皮の状態を回復させるための天然成分を使用して毛穴や頭皮を整えた環境にしたことで発毛したといえるのです。

頭皮環境が悪い状態(軽く起こることがある抜け毛の初期症状)

・抜け毛が多くなっていた(毛穴の緩みが原因)

・血行不良(栄養素不足)による頭皮の色が変わっていた

・フケやカユミなど軽い症状(常在菌・ニキビ菌・カビ菌が原因)がでていた

・毛穴に詰まっている古い角質や皮脂が取りきれていないので軽い炎症を起こしていた

 (日常のシャンプーなど流しきれていない汚れ)

などです。

どれか一つでも当てはまると頭皮に異常が起きていると考えるべきでしょう。

下記、2枚の画像状態は極端な表現方法を示していますが、薄毛の進行が地肌まで進んでいる状態でも毛髪や脱毛範囲など2つのタイプがあることを知っておくようにして下さい。

ikumou-k1

上記のような画像の症状で、育毛剤で毛が生えてきたというのは、最近、毛髪の分け目や小さい円形のような抜け毛が目立つようになってきた初期症状の時です。

毛髪もイキイキしているときに育毛剤を使用すると、頭皮を整えてあげることだけで毛髪を成長させることができる可能性があるぜ!

頭皮や毛穴を清潔にして血行を促進し毛髪の成長に必要な栄養分を頭皮に与えた結果、発毛しやすい頭皮状態にしたから生えてきたということになります。

頭頂部のまわりで起きる抜け毛のパターンは丸く円形状に抜けていくものから画像にもあるように分け目のように長く抜けていくこともあります。

どちらのパターンでも、上記のような初期症状の時に育毛剤や発毛促進剤を使用することで、頭皮に潤いを与え毛穴を引き締めたり抗炎症作用で抜け毛の進行を防いだりすることで発毛サイクルが戻っていくということです。

◆抜け毛がかなり進行していている状態ですと、育毛剤の効果はありません。

ikumou-k2

上記の画像のように薄毛が進行している頭皮には育毛剤や発毛促進剤の効果は期待できないない可能性が高いです。

どんなに高い育毛剤を使用しても、元の毛髪に戻ることはない症状だといえます。

過度な脱毛状態になってしまうと、毛球の中にある毛乳頭の働きを改善する治療をすることが求められます。

この場合、医師の処方によるいくつかの発毛剤を併用しながら、毛乳頭に働きかける薬剤を使用することで毛母細胞の分裂を活性化させて発毛させていきます。

*育毛剤で頭皮を整えても発毛促進剤の配合量だけでも薄毛の進行に対処できないといえるのです。

つまり、育毛剤は「頭皮や発毛してくる毛髪に対して毛穴の環境を整える」働きがあるものだと認識する必要があります。

育毛剤を使用したら「発毛する」ことではなく、発毛してきた毛髪を育てることを目的にしているものですから、薄毛を治療することはできないと言えるのです。

育毛剤で発毛効果があるような気がしますが、実際は薄毛に対しての効果は期待できない方が高いのです。

下記の画像は、「育毛シャンプーと育毛剤だけで発毛するという宣伝文句」に促され使用した結果のものです。

画像が鮮明ではありませんが、明らかに薄毛が進行していることがわかります。

育毛シャンプーと育毛剤を半年間使用した結果、薄毛が進行していった画像です。

(この後もさらに脱毛が進行していったのでクリニックへ相談に行きました。)

ikumou-k3

(クリニックの診断結果は、頭皮乾燥に加えて円形脱毛症と脂漏性皮膚炎が重なって起きた症状でした)

医師からは、上記の症状では育毛剤や育毛シャンプーでは治らないと言われた例です。

薄毛の人が育毛剤の宣伝を見ると「勘違いしやすい宣伝文句である」と医師が言っていましたが、今でも変わりなく育毛剤の効果があるように伝えているのは、初期症状のような頭皮環境を調整しやすいタイプを指している可能性があります。

結果、育毛剤は「発毛させる」役割は期待できません。

下記の画像は、育毛剤から発毛剤に変えて使用した結果、発毛してきた例です。

頭皮乾燥が治らないことが原因で、発毛が遅くなっている時の画像です。

ikumou-k4

発毛剤は、服用するタイプと外用で塗るタイプの2種類があります。(直接頭皮に注射するタイプもあります)

副作用は個人差があるため、服用薬の副作用が強く出て合わない場合は外用薬に変更し、逆に外用薬が強く出て合わない場合は服用薬に変更する場合もあります。

服用する発毛剤は2か月を過ぎたあたりから発毛の兆しが現れてきます。

しかし、年齢が40代を過ぎていると夏場などには抜け毛も多いため地肌が見えなくなるまで毛髪が回復してくることが少ないのです。

ただ、秋口になると気温が下がることで発毛機能が働くようになりますので、一気に発毛してくることが多く地肌はほとんど目立たなくなっていきます。

*但し、発毛は個人差があることを覚えておいてください。

脂漏性皮膚炎などで薄毛になった人は慢性化しやすく再発しやすいので、頭皮ケアを怠ると最初に始まった薄毛の状態に戻ることが多いです。

頭皮ケアは毛髪が戻ってからも続けて行う方が良いでしょう。

薄毛を繰り返すことも少なくありませんから、毎日の頭皮ケアは必要だといえます。

効果的に「育毛」させるには頭皮をケア

頭皮をケアするには、育毛剤の他にも育毛シャンプーがあります。

いつも頭皮や毛髪を清潔に保つケアには必要なアイテムと言えるでしょう。

頭皮に潤いがない人は頭皮ローションなどが必要になる場合もあります。

育毛剤を有効に使用する方法は、下記のようなことをすると育毛効果も上がります。

生活習慣 入浴してから育毛剤を使用する方が最も効果的です。
日常、整髪剤を使用している人 月に1~2回頭皮クレンジングをして毛穴に詰まった整髪剤の汚れや皮脂を取り除き、育毛シャンプー(頭皮や髪にやさしいシャンプー)で洗い流した後、ドライヤーで乾かした頭皮に育毛剤をして軽くマッサージをする方法が効果的です。
入浴をあまりしない人
シャワーが多い人
月に1~2回頭皮の毛穴を開かせるために入浴をした時、頭皮クレンジングをして蒸しタオルをのせて汚れを浮かしてから、育毛シャンプー(頭皮や髪にやさしいシャンプー)で洗い流した後、ドライヤーで乾かした頭皮に育毛剤をして軽くマッサージをする方法が効果的です。
頭皮に湿疹

赤みがある

頭皮の治療薬を塗って症状が治まってから発毛剤や育毛剤を塗ると効果的
日常、整髪剤を使用している人 整髪剤はできるだけ使用しないようにしましょう。

湿疹や赤みは整髪剤に弱いので悪化することが多く治りが遅くなります。

入浴をあまりしない人

シャワーが多い人

整髪剤を付けている毛髪だけシャンプーをして落としましょう

頭皮にはシャンプーを付けずに洗い流す程度でよいでしょう。

シャワーの水圧で湿疹が悪化する場合もありますから、必ず緩いシャワーをするようにして下さい。

頭皮乾燥がひどいと頭皮がカサカサになって発毛も遅くなります。

育毛剤は頭皮がきれいな状態で使用すると効果が上がります。

毎晩1回で十分ですが、症状によっては朝もう1回することでより頭皮環境を整えることができます。

下記の画像は、内服用の発毛剤と頭皮ローションを中心にマッサージを行っていたことで、頭皮の赤みが消えて健康な頭皮色になりつつある状態の画像です。

(使用期間が2か月過ぎた頃になります)

この後、次々に発毛するようになりました。

頭皮ローションを塗った後の画像

ikumou-k5

印のあたりをよく見ると薄いピンク色になっているのがわかるかと思います。

炎症を起こしている場合も、赤みのかかったピンク色になることがありますが、刺激成分により血行が良くなっている時もピンク色になることがあります。

頭皮が赤色になっている場合は炎症の可能性が高いです。

(頭皮が刺激成分に弱い場合、育毛剤を使用しない場合もあります)

赤みが出てから1週間経過しても消えないときは炎症を起こしていると思っておいた方が良いでしょう。

自己判断ばかりしていると、育毛方法を間違えることが多くなります。

疑問に思ったら、すぐに専門のクリニックへ相談する方が良いでしょう。

*受診しなくても相談だけで解決する場合もあります。

但し、メール相談などを受け付けているクリニックに限ります。

育毛剤・発毛促進剤・発毛剤の3種類には違いが存在!

育毛剤・発毛促進剤・発毛剤3つの違いを、もう少し詳しく解説したいと思います。

育毛剤・発毛促進剤・発毛剤を分類して表にしたものです。

名称 分類 購入方法 副作用 効果・役目
育毛剤 医薬部外品 市販されている 副作用はない

種類によって頭皮に合わない場合があります

頭皮から生えている毛髪を守り抜け毛を防止したり抗炎症作用で頭皮を菌から守ったり天然成分で頭皮環境を守ることができる
発毛促進剤

発毛剤

第1類医薬品 薬剤師が扱うもの

市販されているが、薬剤師の問診に答える必要がある

副作用が出る場合があり使用する条件がある 毛母細胞に発毛を促す薬剤を少量用いることで発毛させる

発毛剤よりも薬剤の量は少なく微量である

医薬品 医師の処方が必要になる 副作用が出る場合があり使用する条件がある 直接毛根の中にある毛母細胞に働きかけ発毛させる
育毛剤の効果
フケ・かゆみ、病後・産後の抜け毛、保湿、血行促進、抗炎症作用、抗酸化作用

天然植物エキスなどを利用したもので頭皮環境を整える作用があるものです。

発毛効果があるものではありませんから、誰もが同じように頭皮環境を整えれば発毛するとは限りません。

発毛促進剤の効果
発毛促進剤は初期脱毛時に有効です。

毛乳頭に働きかける薬の成分を持っていますが、発毛剤よりもかなり少ない分量で配合されていますので、副作用のリスクも発毛剤に比べてみれば少ない薬です。

しかし、発毛効果があるとすれば脱毛症状が初期状態の時に使用する方が効果的です。

ただし、効果がでない場合もあります。むしろ発毛剤を使用した方が早いかもしれません。

最低でも3か月~6ヵ月使用して発毛状態を確認しながら行います。

発毛剤の効果
毛母細胞に直接的に働きかけ毛母細胞を活発化させる働きがあります。

発毛剤の役割は、薬剤により発毛させることを目的としている治療薬です。

治療する薬なので服用や使用方法を誤ると体内に危険を伴うことや使用する人にも制限があります。

医師の処方や薬剤師の問診などが必要になります。

最低でも3か月~6ヵ月使用して発毛状態を確認しながら使用します。

育毛剤と発毛剤には、大きな違いがあることがわかると思います。

◇発毛剤の治療方法には、外用薬・内服薬・注射による発毛剤の注入など色々種類があります。

副作用が出た時や薬の効果が出ないときは、医師に連絡をして対処法を変えながら治療を進めるのがクリニックの治療方法ですから、1ヵ月に1回は受診に行かなければいけないのがリスクだと言えるでしょう。

◇育毛剤は外用薬になります。

*飲む発毛促進剤という内服錠がありますが、育毛サプリの働きをする成分が含まれています。

円形・粃糠性脱毛症に限定した内服するタイプの促進剤です。

第2類医薬品であるため簡単に購入することができます。

ただし、服用期間が1か月を過ぎる頃にニキビなどのデキモノや湿疹などの症状が出る人もいますので、地肌に合わないときは医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

異常があるのに使用を続けていると、顔や肌のトラブルになる可能性もあります。

毎日の洗髪後にマッサージなどをして育毛剤を使うことで頭皮を整えてくれます。

育毛剤を使えば発毛するんだ!と過信しないで使用するようにしてください。

また、頭皮が弱い体質の人が刺激成分を多く配合された育毛剤を使用するとカユミや湿疹といった症状が出ますから、有効成分をよく理解したうえで使用するようにして下さい。

育毛剤は何のために使用する?

発毛剤の解説をしていくと育毛剤を使用しても意味がないと思われるかもしれません。

育毛剤は頭皮環境を改善していく意味でいえば、とても重要な役割をしているのよ!

頭皮や毛穴のまわりを清潔にしたり血行を促進したり、菌(ニキビ菌・マラセチア菌・カビ菌)などの繁殖を抑えたりなど頭皮トラブルを予防することができるの!

健康な髪を維持しながら薄毛予防をすることができるものが育毛剤よ。

育毛剤を効果的に使用するための薄毛治療は、1段階から3段階まで行うことで発毛し頭皮や毛髪を健康な状態に保つことができるといえるでしょう。

1段階 発毛剤(医薬品)を使用して毛乳頭に働きかけて発毛させる
2段階 育毛剤(医薬部外品)を使用して頭皮や毛髪環境を整える
3段階 育毛ケア商品を使用して頭皮や毛髪の健康を維持する

頭皮バランスは、2段階・3段階が欠けていると崩れやすくなるので、薄毛が治ってきたかと思って止めると薄毛に逆戻りする場合もありますから、最後3段階までの頭皮ケアを心がけた方が良いでしょう。

(特に30代後半からの人は注意が必要です)

それだけ、薄毛になってしまうと発毛や育毛することは難しいといえるのです。

結果、「発毛させる」という意味では育毛剤の効果はないと言えます。

しかし、頭皮環境を整える(抜け毛を防止・毛穴のまわりを清潔に保つ)ことと育毛(毛髪を守り強く育てる)することに関しては育毛剤の効果があるものだといえるでしょう。

育毛剤は「発毛」ではなく、頭皮環境を整える

発毛環境を改善するための育毛剤!

育毛剤は、毛母細胞を活発にして発毛を働きかける薬剤がないため発毛効果はないものです。

頭皮環境を整える作用によって発毛しやすい環境を作るのが育毛剤の役割だと認識する必要があります。

効果的に「育毛」させる使い方は風呂上りに!

入浴後、毛穴が開き切っているときに育毛剤を使用すると、頭皮に行き渡った天然成分により頭皮環境を整えることがより効果的になります。

頭皮環境(毛穴のまわりや菌の繁殖などの予防)を整える下地つくりをすることは、発毛してくる毛髪にとっても成長しやすく丈夫に育つ条件にもなります。

結果、風呂上りに育毛剤を使用する方が最も効果的だと言えるでしょう。

育毛剤は医薬部外品・発毛剤は医薬品!

発毛剤は、発毛治療を目的とした医薬品であることです。

育毛剤は、頭皮環境や毛髪を天然成分で整えることを目的とした医薬部外品であることに大きな違いがあります。

毛髪の成長を助けてくれる育毛剤!

頭皮や毛髪の状態を健康に維持させるための下地つくりと発毛してきた毛髪の成長を助けることに使用すると言っても良いでしょう。

発毛効果はなくても、頭皮の状態を安定させ毛髪の成長を助けながら丈夫にする役割があるものが育毛剤を使用する目的です。

今まで育毛剤は「発毛効果がある」と信じていた人が、今回「発毛効果がない」と知ったとしても、必要性がないからと言って、頭皮や毛髪に役立たないものではないということも覚えておくと良いでしょう。


 全ての育毛剤に言えるが、ただ使っているからといって発毛するわけじゃないぞ!

 自分の頭皮の状態や育毛剤を使用しながらもケアをしていかないと発毛までの道のりは厳しい。

 日々頭皮ケアを継続することが大切だ!

この記事の関連記事