女性用の薄毛の薬にはどのようなものがある? 服用法と効果に違い

089

AGA(男性型脱毛症)はその名から男性に特有の疾患だと思っている人も多いでしょうが、実は女性もAGAを発症することがあります。

女性のAGAは「FAGA」という別名があるのですが、原因がDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質であることは同じです。

では、なぜFAGAという名前で呼ばれているのかというと、女性と男性では発症メカニズムや治療法が異なっているからです。

実際、男性のAGA治療に使用されている薬の中には、女性には処方が認められていないものがあります。

AGAとFAGAにはどのような違いがあるのか、なぜ男性の治療薬が女性には使用できないのか、女性にはどのような薬が処方されているのかなど、女性の薄毛の特徴について説明していきましょう。

ヘアサイクルから分かる、男性と女性で違う薄毛

まず、AGAとFAGAは原因となる物質は同じですが、発症のメカニズムが若干異なっています。

発症に女性ホルモンがかかわっているかどうかが、AGAとFAGAの違いなのです。

男性のAGAは、純粋にDHTの働きによって発症するので、若年層での発症は珍しくありません。

DHTによってTGF(トランスフォーミング増殖因子)という成長因子の一種であるTGF-βの生成量が増え、毛母細胞の分裂が抑制され、頭髪の成長サイクルが乱れてしまうのです。

頭髪の成長サイクルは盛んに伸びる成長期、伸びが鈍化する退行期、伸びが止まり抜けるのを待つだけの休止期からなっています。

TGF-βによって成長期が極端に短縮され、十分に成長していない頭髪が抜けることが、薄毛の原因になっているのです。

これに対して、FAGAの場合は女性ホルモンの分泌量減少が発症に関係しています。

若年層でAGAを発症するケースが稀なのは、若年層は女性ホルモンの分泌が活発なためです。

女性の頭髪の寿命は、男性に比べて長くなっています。

これは女性ホルモンの働きによって、頭髪の成長期が伸びるためです。

女性ホルモンにはIGF(インシュリン様成長因子)の一種であるIGF-1を増やし、毛母細胞の分裂を促進させる働きがあります。

これによって成長期が長くなり、頭髪が盛んに成長してくれるため、男性よりも長い髪になりやすいのです。

実は男性ホルモンは女性の体内でも分泌されており、DHTも生成されています。

ただ、若年層は卵巣の働きが活発で女性ホルモンの分泌が盛んなため、DHTの出番がないのです。

ところが、加齢によって卵巣の働きが衰えてくると、女性ホルモンの分泌量も減ってしまいます。

40歳代中盤だと、ピークの半分ぐらいになっています。

こうなるとIGF-1の生成量が減少し、頭髪の成長期は徐々に短縮されていきます。

これに拍車をかけるのが、もともと体内にあるDHTの存在。

女性ホルモンという「重し」が軽くなったことによって、TGF-βを増やすというDHTの働きが表に出てくるというわけです。

これによって頭髪の成長期がさらに短縮され、十分に成長していない頭髪が抜けるようになって薄毛になってしまいます。

ちなみに、男性のAGAが前頭部もしくは頭頂部から薄くなっていき、最終的には毛根が死滅して頭髪が生えなくなってしまうのに対し、FAGAは全体的に頭髪が薄くなる「びまん性脱毛症」となり、毛根が死滅してしまうことはほとんどありません。

これは、女性の体内の男性ホルモンが、男性よりも極めて少ないことが影響しています。

※副作用あり※女性は男性用治療薬の服用禁止!

076

男性のAGAとFAGAは、同じ脱毛症でも治療方法に違いがあります。

なぜなら、女性はAGAの治療薬であるプロペシアの処方が認められていません!

医療機関にFAGA専用の女性外来があったり、FAGA専門のクリニックが解説されていたりするのは、このためといっていいでしょう。

プロペシアはフィナステリドを主成分とする内服薬で、DHTの生成を抑制する働きがあります。

男性ホルモンからDHTが生成されるためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要ですが、この酵素の働きを抑えてくれるのがフィナステリドです。

男性のAGAは前頭部や頭頂部から薄くなっていく特徴がありますが、これは前頭部や頭頂部に5α-リダクターゼが集まっているために起きる現象です。

逆に5α-リダクターゼがほとんどない側頭部や後頭部は脱毛が起こらず、サザエさんの波平(※イメージ)のように頭髪がしぶとく残り続けます。

AGA治療において、DHTの抑制による抜け毛防止は最優先事項とされています。

医療機関ではまずプロペシアの処方が行われていることが、その証拠だといっていいでしょう。

女性にこのプロペシアの処方が認められていないということは、DHTの生成抑制の重要な手段を奪われているということに等しいのです。

当然のことながら治療法も男性とは異なってくるというわけです。

では、なぜ女性にはプロペシアの処方が認められていないのでしょうか?

それは赤ちゃんが男の場合、妊娠時や授乳時にプロペシアが悪影響を与えてしまう可能性があるからです。※プロペシアの添付文書にもこのことが記載されています。

DHTは赤ちゃんの男性器の生成過程で必要になってくるものなのです。

妊婦がプロペシアを服用すると、胎盤を通じて赤ちゃんの体内に入ってしまいます。

これによって5α-リダクターゼの働きが妨げられ、男性器がうまく生成できなくなるのです。

授乳期についても同じで、母乳を通じて赤ちゃんがプロペシアを摂取してしまい、性器がうまく育たなくなってしまいます。

先天的に5α-リダクターゼを生成できない男性が生まれることがありますが、性器が限りなく女性に近いか、男性器があっても極めて小さくなってしまうのです。

これと似たようなことがプロペシアによって引き起こされる可能性があると考えていいでしょう。

ちなみに、女性はプロペシアを服用できないどころか、素手で触るのもダメです。

皮膚から成分が吸収され、赤ちゃんに悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

パートナーがAGAを発症し、治療にプロペシアを使用している場合、取り扱いに注意が必要になってきます。

余談ですが、最近では10代でAGAを発症する男性もいますが、こちらもプロペシアの処方は認められていません。

性器が成長しきっていないため、DHTの生成抑制によって悪影響が出る可能性があるとされているためです。

プロペシアの添付文書にも「小児への安全性および有効性は確立していない」と明記されています。

世界初!女性専用の薄毛治療薬「パントガール」

088

プロペシアが使えない女性にとって、FAGAの脱毛抑制は大きな課題となっていましたが、最近になって「パントガール」という女性専用の薄毛治療薬ができました。

ドイツの製薬会社によって開発されたもので、抜け毛の改善率が70%とされている優れものです。

医薬品なので、
入手には医師の処方箋が必要です。

以下のような成分からなっています。

・ビタミンB1
・パントテン酸カルシウム
・ケラチン
・シスチン
・パラアミノ安息香酸
・薬用酵母

それぞれ、どのような効果を持っているか簡単に説明していきましょう。

・ビタミンB1

毛母細胞の分裂には、相応のエネルギーが必要になります。

女性の薄毛の原因のひとつに過剰なダイエットがありますが、これはエネルギー不足によって毛母細胞の分裂が妨げられるためです。

ビタミンB1は糖質の代謝を高め、エネルギーを生み出してくれる働きがあります。

これによって毛母細胞のエネルギーを増やし、細胞分裂を活発にしようというわけです。

・パントテン酸カルシウム

別名をビタミンB5といい、皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きがあります。

頭皮の状態悪化は頭髪に悪影響を与え、脱毛症の原因となることもあります。これを防ごうというわけです。

また、副腎皮質ホルモンの分泌を促し、ストレスを解消してくれる効果もあります。

ストレスは交感神経を活性化させ、頭皮の血管収縮による血流悪化につながります。

パントテン酸カルシウムによって副腎皮質ホルモンの量を増やせばストレスが解消し、頭皮の血流が良化して頭髪の成長が促されるのです。

・ケラチン

人間の体は主にタンパク質によって作られており、頭髪もその例外ではありません。

頭髪を作っているタンパク質がケラチンです。

ケラチンは本来、食べ物から摂取することはできないので、体内で18種類のアミノ酸から合成するしかありません。

パントガールには、そのケラチンが含まれているので、ケラチンから頭髪の栄養分を増やしていこうというわけです。

毛母細胞の分裂を活発にするためにはエネルギーもさることながら、頭髪の成長に必要な栄養分が必要になります。

ケラチンの摂取で栄養分を増やせば、毛母細胞の分裂がさらに活発となり、頭髪の成長が促されることが期待できるのです。

・シスチン

ケラチンの生成に必要な18種類のアミノ酸のうち、最も多く必要になるのがシスチンです。

シスチンを多く摂取すればケラチンの生成量が増加し、これによって頭髪に必要な栄養分がさらに増えてくれるというわけです。

・パラアミノ安息香酸

ビタミンB群の一種で、パントテン酸カルシウムの吸収率を高める働きがあります。

これによって頭皮の状態を整え、副腎皮質ホルモンの分泌量をさらに増やすことができます。

また、体内でケラチンを生成する際にも必要になります。

ケラチンは一度アミノ酸に分解されてから吸収されますし、シスチンはそのアミノ酸の一種です。

パラアミノ安息香酸が不足していればアミノ酸をケラチンとして再構成できませんので、せっかくの栄養分が宝の持ち腐れになってしまいます。

・薬用酵母

ビール酵母を乾燥させて、薬用に使用しているものです。

エネルギー生成に役立つビタミンB1、B2や、毛母細胞の分裂を促進するビタミンB6が含まれています。

また、ケラチンをアミノ酸に分解するための消化酵素も含まれています。

こうして見ると、パントガール効果はDHTの生成そのものを抑えるのではなく、頭髪の成長をサポートすることでDHTの働きを抑えることを目的としているようです。

一見、効果に不安があるようにも思えますが、そもそも女性はDHTの量が男性より少ないため、頭髪の成長をサポートすることで対抗できるということでしょう。

ちなみにパントガールの成分を見る限り、男性が服用しても問題はなさそうです。ただ、DHTの量自体が女性よりはるかに多いため、実際に使用しても女性ほどの効果が出るかどうかは分かりません。

女性も使える「ミノキシジル」と「プラセンタ」について

男性のAGA治療には、プロペシア以外にもミノキシジルという発毛剤や、プラセンタの頭皮への注入などが行われます。

ミノキシジルとプラセンタについては、女性が使用しても問題ありませんので、医療機関でも処方されています。

では、ミノキシジルとプラセンタには、どのような働きがあるのでしょうか。

・ミノキシジル

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張して血流を促進させる働きがあり、毛母細胞に栄養分と酸素を送り、頭髪の成長を促します。

もともとは高血圧の治療薬でしたが、AGA治療に効果があることが分かり、育毛剤として転用されたものです。

パントガールによって頭髪に必要な栄養分を摂取しても、ちゃんと毛母細胞まで送られなければ意味がありません。

その手助けをしてくれるのがミノキシジルで、FAGAの治療において、パントガールとミノキシジルは「両輪」といっていいでしょう。

ミノキシジルの問題点は、頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があることで、女性の発現率は2%前後とされています。

また、マウスによる実験で受胎率が下がったり、催奇形性が確認されたりしています。

女性用のミノキシジルは1%水溶液で、それも頭皮に塗布するタイプのものです。

体内に吸収されるのは塗布された分の1%程度ですので、必要以上に心配することはないでしょう。

・プラセンタ

プラセンタは胎盤由来の成分です。

プラセンタには赤ちゃんの成長を促すために成長因子が含まれており、この成長因子が育毛効果を発揮してくれます。

具体的には、FGF(線維芽細胞増殖因子)の一種であるFGF-5S、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)、IGF-1などがこれに該当。

女性ホルモンの分泌量を増やしてホルモンバランスを整え、頭髪の成長期を長くする効果もあります。

タンパク質も多く含まれていますので、毛母細胞の分裂に必要な栄養分にもなるでしょう。

薄毛治療に使用する場合は、内服、頭皮への注射などの方法があります。

人によっては皮膚にアレルギー反応が出ることがありますので、プラセンタによる治療を行う際には、事前にパッチテストを行うようになっています。

女性に合う薬を使って、薄毛と向き合おう!

FAGAの治療はプロペシアが使えないなど、男性にはない問題点があるのも確かです。

薬を飲んで赤ちゃんに悪影響が出る可能性があるのですから、仕方がないといえるでしょう。

それだけに、パントガールはFAGAにとっては光明です。

ミノキシジルやプラセンタは男女関係なく使えます。

いずれも医師の指導の下で服用する必要がある薬ではありますが、今後、FAGAによる薄毛の改善率もより高くなっていくでしょう。


「髪は女性の命」です。

もし少しでも髪が薄くなってきたと感じたら、
女性として後悔することのない方法を選択することが大切です!

たとえ何歳になっても「女性であること」を大切にして、
頭髪のケアを行ってくださいね!

この記事の関連記事