薄毛を自己診断!薄毛が気になる人へすぐにできるチェック方法!

「少し髪が薄くなってきたけれど、AGAなのか気になる」、「年齢的にAGAは考え難いけど、少し髪の毛が怪しくなっていた」といった方もいるのではないでしょうか?

セルフチェックでは100%判別できるわけではありませんが、自宅で簡単に薄毛をチェックする方法をご紹介していきます。

頭頂部のAGAチェック

まず、AGAの症状かどうか確認して頂きたいのは、頭頂部です。(頭の頂点、つむじ周辺の部分。)

AGAは、男性ホルモンと5αリダクターゼという物質が結合して起きる薄毛症ですが、その影響が真っ先に現れてくるのが頭頂部です。

日本人の場合、特に頭頂部の髪の毛からAGAが進行するパターンが多いです。

一方、側頭部や後頭部の髪の毛は男性ホルモンの関係で抜けにくく、AGAの最終段階となります。

頭頂部を確認する方法

スマホや携帯のカメラで頭頂部を撮影、もしくは合わせ鏡を使い確認する方法が手っ取り早いです。

「カメラで撮影をする」「合わせ鏡」いずれかの方法で頭頂部周辺を髪の毛の薄さを確認してみてください。

もし、頭頂部だけ不自然に毛の量が減っている、肌が見えているといった場合は、AGAの可能性があります。

目安としては、髪の毛が薄くなっているエリアが10円玉の大きさくらいに広がっている場合は、AGAの可能性が高まります。

ただし、それだけでAGAの症状であるという訳ではありません。

頭頂部の髪の毛が元々の体質的に薄い方もいますし、単につむじが大きいだけの場合もあり、年齢によっても薄さは変化してきます。

また、その時々の体調よっても頭頂部の髪の毛の量は変わりますし、その時々の季節によっても頭頂部の髪の毛の量は変わります。(春先や秋口の季節の変わり目などは通常より髪の毛が薄くなります。)

よりはっきりとAGAか判別するためには、現時点から概ね3ヶ月~半年程度、同様の方法で経過を観察してみてください。

時間と共に髪の毛が顕著に薄くなっていく場合は、AGAである可能性が高くなります。

頭頂部の場合、たとえ髪の毛が薄くなっていても、AGAとしては序盤です。

AGAの症状は進行性があるので、放って置くとどんどん抜け毛が増えてきてしまいます。

しかし、早めにAGA治療を行えば比較的簡単に治せるケースが多いです。

生え際のAGAチェック

012

AGAのチェックポイントとなってくるのが、生え際です。(おでこの髪の毛が生え始めている境界線。)

この生え際の髪の毛が薄くなり、どの程度後退しているかが、一つのチェックポイントとなります。

生え際も頭頂部同様に男性ホルモンと5αリダクターゼが結合しやすい部位です。

基本的には頭頂部の髪の毛が薄くなった後に生え際が後退していくパターンが多いですが、人によっては生え際から後退していく事もあります。

生え際の後退を確認する方法

定規をおでこに当て、眉毛から””最短””の生え際までの距離を測ってみてください。

眉毛はしかめっ面などをすると下に下がりますので、無表情の状態で測ってみてください。

眉毛から生え際までの距離が、6cm以上合った場合は、生え際が後退しAGAが進行している可能性があります。

彫りの深い方では定規ですと上手く測れない事がありますので、指の手をおでこに当てて測る方法もおすすめです。

この場合は、指を揃えて、眉毛と生え際の間に挟み込む様に当てていきます。

眉毛と生え際の間に指4本入ってしまう場合は、生え際が後退しAGAが進行している可能性があります。

一方、指3本程度で収まる場合は、生え際は後退していない可能性が高いです。

更に、眉毛と生え際の距離が6cm以上あった場合(もしくは指が4本入ってしまった場合)は、併せて前髪をオールバックにするように後ろにおし上げてみてください。

前髪をおし上げたときに、弱々しい枝毛が所々に突っ立っている場合は、AGAの可能性が高くなります。

AGAが進行している場合、髪の毛が弱くなっていますので、押し上げた場合に突っ立ってくるためです。

ただし、生え際においても、元々おでこが広い方なども大勢いますので、はっきりと判別するには経過観察が必要になります。

こちらも概ね3ヶ月~半年程度、同様の方法で経過観察し、もし時間と共に生え際が後退していく場合は、AGAの可能性が高くなります。

生え際の場合は、一度後退してしまうと頭頂部より治療が困難になるケースが多いです。

絶対に治療できないという訳ではありませんが、長期的に根気良く治療を進めていく必要がやはり出てきます。

ボリューム、髪質、抜け毛からチェック

加えてもう一つ、AGAのチェックポイントとなってくるのが、髪のボリュームと髪質と抜け毛です。

ボリューム、髪質、抜け毛それぞれの確認方法、確認観点は以下となります。

髪のボリュームの確認

AGAが進行している場合、髪の量が減る為、髪のボリュームが無くなってきます。

前述した取り頭頂部の髪のボリュームが先行して無くなっていく事が多いですので、まずは頭頂部の髪の毛を掴んだりして、「以前よりボリュームが無くなっていないか」、「以前と比べて違和感が無いか」、感触の違いを確認してみてください。

また、感触だけではアバウトですので、寝癖で判断してみるのも効果的です。

髪のボリュームが無くなると寝癖が付き難くなります。

敢えて寝癖の付きそうな寝方をして、寝癖が付くか付かないか判断してみるのも一つの方法となります。

髪質の確認

AGAが進行している場合、髪質が細く・柔らかく・丸まりやすくなる事が多いです。

AGAの影響が現れやすい頭頂部や生え際の髪の毛に注目するのがポイントとなります。

頭頂部や生え際の髪の毛が、他の部位の髪の毛よりも細く・柔らかく・丸まりやすくなっている場合は、AGAの可能性が高くなります。

抜け毛の確認

AGAが進行している場合、抜け毛の量が通常よりも増えてきます。

抜け毛の量は、季節にもよりますが概ね一日100本前後が正常と言われています。

一日の抜け毛量が以前より多くなったり、シャンプーなどの際に多くの髪の毛が抜け落ちる様な場合は、AGAの可能性が高くなります。

なお、これら髪のボリューム、髪質、抜け毛については、その時々の食事や精神状態など生活習慣の影響、季節的な影響、使っているシャンプーなどの影響などをダイレクトに受けやすいです。

したがって、こちらもはっきりと判別するには、概ね3ヶ月~半年程度同様の方法で経過観察していく事をおすすめします。

簡単チェック項目から薄毛を自己診断!

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

1.父親、母親の家系に薄毛の人がいますか?

AGAは遺伝によって発症する可能性があります。

遺伝には、X染色体という遺伝子が関係しているとされ、この遺伝子の中にある男性ホルモンの受容体の違いから薄毛が発症する可能性が高いと言われています。

X染色体は女性である母親にしかないため、母親家系の遺伝子が引き継ぎやすいとされています。

2.抜け毛が増えてきていませんか?

1日に抜ける髪の毛の本数は平均で59本と言われています。

ただし、個人差があるので数本~250本程です。
『参考:日本毛根抜け毛研究会』

髪の毛が抜けるタイミングは主にシャンプーの時が多いです。

毛髪量が減ってきた、睡眠後の枕などに抜け毛が多く残っている場合は要注意してください。

3.髪の毛が細く短くなったり、ハリ、コシがなくなっていませんか?

AGAが発症している場合、髪の成長期(ヘアサイクル)が短くなるため、髪の毛がしっかりと生成する前に伸びてしまいます。

しっかり生成されない髪の毛は細く短い毛が多くなります。

側頭部、後頭部の毛は薄くなることが少ないので、前頭部、頭頂部の髪の毛を触って比較することで違いがわかりやすくなるかもしれません。

4.額や生え際から髪の毛が薄くなっていませんか?

5.頭頂部から髪の毛が薄くなっていませんか?

6.額の生え際、頭頂部の両方から薄くなっていませんか?

4、5、6の質問に当てはまる人はAGAの可能性が高いです。

AGAは進行性がありますので、初期症状の段階ですぐに専門クリニックでの受信しましょう。

額や生え際から薄毛になるタイプの人は、U字型ハゲになってしまいます。

頭頂部から薄毛になるタイプの人は、O字型ハゲになってしまいます。

両方から薄毛になるタイプの人は、複合型ハゲになってしまいます。

7.まばらに髪の毛が薄い部分はありませんか?

側頭部、前頭部など1ヶ所~数か所が薄毛になっている人は、AGAとは違い円形脱毛症の可能性があります。

男性女性関係なく、ストレスや毛周期の異常などから発症します。

自分で治すことは難しいので、直ちに医療機関に行くことをおススメします。

問いに当てはまらなかった人は薄毛になる確率が低いかも。

頭皮をケアして予防してみると良いわよ!

当てはまった人は、脱毛症が進行する可能性があるわ。

一人で対策することも良いけど、一度クリニックに行ってみると早期改善が期待できるわ!

確実に判断するにはクリニックを活用

f23d0e66cb5526ad2a5daeaa0d8f502d_s

ここまでの方法で、ある程度はAGAをセルフチェックする事は可能ですが、セルフチェックでは100%確実な判断はできません。

もし本当に自分がAGAがはっきりと確認したい場合は、クリニックで診察を受け確認して貰う事をおすすめします。

クリニックでは、専門機材を使いAGAを科学的に判別してくれますので、自分がAGAなのか確実に判断できます。

また、AGAの状況を詳細に分析し適切な治療法を施して貰えるので、治療もスムーズに進みます。

AGAといっても実に様々なパターンがあり、しっかりと治すにはその症状にあった治療法を進めて行く必要があります。

セルフチェックでAGAを確認し、自分ならではの治療法で改善しようとすると、上手く治療できなかったり時には逆効果を及ぼしてしまう事もあります。


セルフチェックで当てはまらなかった人は頭皮のケアをしていれば大丈夫だ!

ただ、当てはまった人はAGAや脱毛症になる可能性があるぞ。

どうしても頭髪が気になった場合、極力セルフチェックだけでなく、併せてクリニックで診察して貰う事もおすすめするぞ。

この記事の関連記事