頭皮を改善するには毎日行うデトックスから健康な状態へ!

頭髪は、髪型を楽しんだり、髪のカラーを変更して気分を変えたりと私たちの表現部分に大きくかかわっています。

ですが、頭髪はただ頭の上に載っているアクセサリーではありません。

頭髪は、私たちの体を健康に保つ重要な役割も持っています。

太陽から発せられる紫外線や刺激物から頭部を守る性質もあるのです。

また、体に取り込んでしまった水銀やヒ素といった有害物質は頭髪を通じて体の外に排出するという働きを持っています。

私たちには重要な体の部位となっているのです。

しかし十分なメンテナンスを行っておかないと、髪の毛が細くなり始め、抜け毛が目立ち始めることになります。

抜け毛が進行すると、地肌が直接太陽の紫外線に照らされることになり、頭皮に更なるダメージを及ぼします。

そうなってしまう前に頭皮のメンテナンスを行い、常に健康的な頭皮環境を維持しておく必要があります。

そこで注目をしたいのが、自宅で行うことができる頭皮デトックスです。

デトックスというと体の中の有害成分を排出するという女性向けの食品やマッサージをイメージが浮かび、頭皮デトックスのイメージには、なかなかつながらないかもしれません。

ですが、頭皮に詰まった余分な汚れや皮質を取り除き、健康な状態にしておくことも、健康的な頭皮環境を維持することには重要です。

健康的な頭皮環境は、太い髪を維持することができ、女性にとっては魅力的な髪を演出し、男性は若さを演出することができます。

頭皮デトックスをすることで得られる効果

人間の頭皮は、薄い皮と脳を守るために分厚い骨のよって形成されています。

薄い皮の部分にはたくさんの血管が存在していますが、骨からの圧力と、外部から受ける刺激から、たくさんのストレスを受けています。

ストレスを受け続けている状態では、自立神経のバランスが不安定になってしまい、筋肉が硬直したり、皮膚の柔軟性が失われたりします。

それにより、血管も圧力を受け細くなり、血流が少なくなってしまう状態に陥ります。

つまり、血流が鈍いままであり、発毛環境には良いとはいえない状態です。

また、頭部から首の部分にかけては、老廃物がたまっている状態であり、この老廃物がたまった上体が長く続くと、頭痛や肩こりなどを起こし、慢性的な私たちを悩ませることになります。

この状態では、いくら育毛剤を使って栄養分を補助したとしても、頭髪までに十分な栄養が届くことは難しく、発毛につなげることは困難です。

デトックスを行う事で、頭皮のストレスと緩和し、血流を改善させるんだ!

血流が良くなれば頭皮に送る栄養もスムーズに運ぶことができるぞ。

同時に毛穴の余分な皮脂を排出することで、頭皮環境も整えることができるんだ!

頭皮デトックス「クレンジング」と「頭皮マッサージ」

実際に頭皮デトックスを行うにはどの様な方法があるのか、ここで説明していきます。

頭皮デトックスの方法の1つとして、「クレンジング」という方法があります。

顔が脂っぽいという状態は誰もが経験したことがあると思いますが、その状態のときの頭皮には、実は顔の3倍以上の皮脂が分泌された状態になっています。

その状態で、顔は洗顔料などで十分皮脂を取り除いていると思いますが、頭皮にまで気を配っている人はまだ少ないのが実情です。

頭皮のクレンジングを行うことで余分な皮脂を取り除き、頭皮環境を整えましょう。

<クレンジング準備>

1. 頭髪が乾いた状態で、十分なブラッシングを行い、頭髪についた埃や汚れを除去する。ブラッシングでなくても、軽くはらう程度で可。

2. 頭髪専用のクレンジングオイルやクレンジングミルクを手に取り頭頂部から頭皮全体にマッサージをしながら、1分から2分程度十分揉みこむ。

3. ちょっとぬるいかと感じる程度の温度(38℃前後)で洗い流す。

4. シャンプーを手に取り、洗髪を行い、十分な量のお湯で洗い流す。

5. トリートメントを行う。

6. 育毛剤などを使用し、頭皮環境を整える

7. ドライヤーでよく乾かし、ぬれている部分を残さないように注意する。

以上で完成となります。

面倒くさいからと、自然乾燥させると頭皮に雑菌が繁殖することになり、頭皮トラブルにつながることがありますので、自然乾燥はやめましょう。

自然乾燥は、髪の負担がかからないため、健康的と勘違いされている方もいいようですが、乾燥による雑菌の繁殖は、かゆみを発生させたり、頭皮の異常を誘発したりと継続的に異常を発生させる要因にもなりますので、絶対にやめてください。

別の頭皮デトックスの方法として、「頭皮マッサージ」という方法があります。

マッサージは、頭皮のストレスを緩和し、頭皮の血流を良くする効果もありますが、同時に毛穴の余分な汚れを押し出す効果もあります。

毛穴の汚れは、育毛剤による栄養分の補助を妨げる原因にもなりますので、汚れの除去は重要な作業になります。

<頭皮マッサージの方法>

・両手で指先の腹を側頭部または頭頂部に当てます。

・円を描くように頭皮を動かします。1日5分程度で大丈夫です。

ポイントは頭皮を動かすことなので、頭皮マッサージに関してはこれで充分です。

「クレンジング」と「マッサージ」を併用することで、頭皮環境の改善がきたいできます。

ただし、入浴の度に毎回事なし、皮脂をすべて取り除くのではなく、頭皮を温め、余分な皮脂を浮かび上がらせて、余分な部分だけを取り除くということを意識することが重要となります。

皮脂すべてを取り除いてしまうと、体が皮脂が足りていないと勘違いしてしまい、さらに皮脂を生成して分泌させようとしてしまうんだなあ。

皮脂の過剰分泌にもつながる可能性があるから、やりすぎは良くないんだなあ。

体内から老廃物を排出してリフレッシュ

クレンジングやマッサージは生活の中で発生した老廃物を除去するためにはとても有効です。

ですが、そもそも老廃物や余分な皮脂を発生させなければ、クレンジングやマッサージの効果は最大化されます。

では、老廃物の排出を進めるには、どうすればよいのでしょうか。

それはずばり、生活習慣の見直し食生活の改善適度な運動になります。

健康的に生活するにはどれも大事な要素ですが、その中でも頭髪に最適なポイントを抑えて解説していきます。

頭皮へのストレスを軽減させる

頭皮に最適な生活環境は、頭皮へのストレスを軽減させる生活です。

頭皮へのストレスは頭皮の血流を鈍らせ、頭髪へ十分な栄養が届かなくなる原因になります。

ストレスは十分な休息が一番です。

特に睡眠不足は、仕事などで神経が受けた緊張状態から開放し、体の疲れから開放するには障害となります。

ただ、だらだらと眠ればいいのではなく、就寝前にスマートフォンやTVを長時間見ないことや、室内の電気をつけたまま就寝しないことなども重要です。

しっかり、休息が取れているか確認をしておきましょう。

ビタミンを摂取するよう心掛けが必要

仕事などが遅くなること、ついコンビニやファーストフードで済ませてしまいがちですが、コンビニやファーストフードすべてが悪いということではありません。

問題は、バランスよく食事ができているかどうかということです。

コンビニやファーストフードでの食事には、添加物が多く含まれている食品が多くあります。

摂りすぎると、頭髪への栄養が偏ることも誘発し、頭髪には良い状態とはいえません。

また、脂質の多い食事に偏ってしまうことが多くなり、結果として頭皮の脂分の分泌が多くなってしまいます。

脂分は、頭皮への過剰な皮脂の分泌につながり、毛穴を塞ぎ、頭皮の発毛活動が低下してしまいます。

脂が頭皮で詰まった状態になると、頭皮が不健康な様態になり、発毛サイクルのバランスに狂いが生じることになったり、頭皮のいやな臭いを発生させる原因にもなりますので注意が必要です。

野菜や魚などを脂が少ない食べ物を意識し、ビタミンの摂取を意識することが重要となります。

ビタミンといってもなんでも摂取すれば良いというものではありません。

頭髪のサイクルに良いビタミン成分としては次の様な成分を摂取していきましょう。

・ビタミンB2・ビタミンB6

細胞の成長や生成を促進するビタミンです。

頭髪の主成分はタンパク質ですが、育毛はビタミン成分が担います。

ビタミンB2とB6は、育毛に影響の大きいビタミンとして、注目を浴びています。

注目の役割は、ずばり細胞の生成です。

髪へと変化させるためには、たんぱく質から毛髪へと細胞組織を変化させる必要がありますが、その中で重要な役割を担うのがビタミンB2とB6になります。

万が一過剰に摂取しても、水に溶けやすい成分でもあるため、排尿として排出されますので、バランスを重視して摂取しましょう。

ビタミンB2はヨーグルトやチーズなどの乳製品や納豆やレバー、魚介類に多く含まれています。

ビタミンB6は、レバーや豚肉などの肉類マグロやサンマなどの魚介類などに多く含まれています。

特にレバーは、ビタミンB2とB6を多く含んでおり、新陳代謝の促進にもなるため、女性にもおすすめの食材です。

・ビタミンE

血管の若さを維持するビタミンです。

頭皮細胞を破壊し、再生を妨害する過酸化脂質の発生を抑える役割を持っています。

ビタミンEは、油、種実類、魚卵などに多く含んでおり、アボカドやカボチャなどアーモンド等の食材は含有量も多く、間食やサラダにも使いやすいため、お勧めしやすい食材となっています。

ビタミンCと一緒に摂るとさらに効果的です。

但し、ビタミンB群と異なり、脂質に溶ける性質を持っていますので、過剰摂取は禁物ですので、摂取量には注意が必要です。

ビタミンCの摂取に効率的な食材としては、緑黄色野菜や果物に多く含まれます。

例えば、パプリカや、芽キャベツ、パセリ、アセロラ、レモンなど、緑黄色野菜に多く含まれていますので、覚えておきましょう。

適度な運動を行い血液循環させる

適度な運動というとわかりにくいかもしれませんが、短い時間で多大な負荷をかける運動ではなく、ウオーキングやジョギングなど、最低でも20分以上継続できる有酸素運動に取り組みましょう。

継続できる運動は、ダイエットによる若返りの効果だけではなく、体内の老廃物の排出にも非常に効果的です。

老廃物が排出されると、血流内の老廃物も減少し、頭皮への血流に含まれる栄養分が効率的な届きやすくなります。

デトックスをする際の注意点

頭皮デトックスのメリットを感じていただけたかと思いますが、ただ闇雲に頭皮デトックスを行えばよいというものではありません。

頭皮も他の部位と皮膚の構造は同じなのですが、毛穴が多く皮脂の分泌もあり汚れやすい部分ではあります。

しかし、頭を洗いすぎて皮脂を取りすぎてしまうと、皮脂の分泌を加速させるようになることがあるので注意が必要です。

クレンジングやマッサージを行いすぎると、頭皮にキズをつけてしまう可能性もあるため、気を付けてくださいね。

ポイントは皮脂を温めて、頭皮から脂を分離させて、取り除きましょう。

そのためにはシャワーでの入浴ではなく、浴槽にお湯を張り、体を温めてから頭皮デトックスを行うことが重要です。

クレンジングを行う際は「すすぎ」を充分に行って、頭皮に洗浄成分が残らないようにしておきましょう。

デトックスは毎日継続させること!

人間の頭皮は、薄い皮と脳を守るために分厚い骨のよって形成されています。

薄い皮の部分にはたくさんの血管が存在していますが、骨からの圧力と、外部から受ける刺激から、たくさんのストレスを受けています。

健康的な頭皮環境を形成し、より魅力的な頭髪を維持するために、自宅でも可能な頭皮デトックスが注目されています。

頭皮デトックスには、クレンジングとマッサージが効果的です。

<クレンジング方法>

・38℃前後のお湯ですすぐ

・頭髪専用のクレンジングオイルやクレンジングミルクを手に取り、頭頂部から頭皮全体にマッサージ

・1分から2分程度十分揉みこむ

・十分なすすぎを行い、洗浄成分を頭皮に残さないよう洗い流す

・ドライヤーで頭皮をしっかり乾かす

マッサージでは、シャンプー首から頭頂部に向けて、手で持ち上げ上下運動をさせながら進めていくことがポイントとなります。

クレンジングやマッサージは、頭皮からの余分な皮脂を除去する事に効果的ですが、余分な皮脂を発生させない取り組みも対策の1つです。

頭皮のストレスを緩和するためにも十分や睡眠は取れているか、ビタミンの摂取を意識した食生活を意識しましょう。

毎日継続することができる運動を行うことも、体全体の老廃物を排出する重要な要素となります。

ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を行うことによって、身体のリズムが整えられ、血流に直結する重要な要素をである自律神経を微調整することが可能です。


 頭皮デトックスはやりすぎてしまうと皮脂の過剰分泌を招く可能性があるため、軽く皮脂を除去するイメージで行うと良いぞい。

 頭皮環境を整えることは、発毛や育毛に良い事はもちろん、若々しい髪を生成するためには重要なポイントとなるぞ!

この記事の関連記事