紫外線が及ぼす頭皮の老化!薄毛の原因に発展する可能性

薄毛の原因というと、AGA(男性型脱毛症)のような内分泌系の問題や、ストレスや不規則な食生活といった体内の問題が原因となっているケースが多くなっています。

しかし、外的要因が原因で薄毛になってしまうこともあります。

薄毛の外的要因のひとつが、紫外線です。

紫外線によるダメージは肌だけではなく、頭皮にも悪影響を与えてしまいます。紫外線のダメージが蓄積することで、脱毛症を起こしてしまうなんてことも…

そもそも紫外線とはどういうものなのか、紫外線は頭皮と髪にどのような影響を与えているのか、紫外線によるダメージを防ぐにはどうすればいいのかなどについて、説明していきます。

頭皮と髪が受けている「紫外線ダメージ」が薄毛の原因に?

まず知っておいてほしいのは、紫外線には3種類あることです。

波長の長い順からUV-AUV-BUV-Cと名付けられています。

UV-A

最も波長の長く、雲もガラスも通過し、真皮まで届いてしまうことが特徴です。
このことが薄毛の原因のひとつとなっているのですが、これについては後述します。

UV-B

波長が短いため表皮までしか届かず、ガラスを通過することもできません。

こう書くとUV-Aよりも問題が少ないように思えますが、実はUV-Bの方が有害性は高いのです。

UV-Bは表皮の細胞の遺伝子を破壊してしまう働きがあります。

このときの修復過程で遺伝子が突然変異し、皮膚がんの原因となってしまうことがあるのです。

また、白内障や免疫力の低下を引き起こす原因となることも知られています。

UV-C

現時点では心配することはありません。

なぜなら、UV-Cはオゾン層を通過できないので、地表まで届くことがないからです。

では、紫外線は頭皮と髪にどのような悪影響を与えるのでしょうか。

<主な影響例>

・頭皮の元となっているコラーゲンを破壊し、頭皮を硬化させる

・髪の成長を左右する毛母細胞にダメージを与える

・発毛の司令塔である毛乳頭細胞を傷つけ、ヘアサイクルが乱れる

・髪の細胞が破壊され、枝毛や切れ毛が増加する

・活性酸素の増加に伴う老化で白髪が増える

これを見ると、薄毛にならない方が不思議なくらいですね。

ちなみに、日本人の黒髪は欧米人のブロンドと比べて紫外線に強いとされています。

これは、メラニン色素が紫外線に強いタイプだからです。

ただ、最近はカラーリングやパーマによるダメージが髪に蓄積している人が増えています。また、ブリーチによって紫外線に強いメラニン色素が減少しているケースもあります。

このため、本来ならば大したことのない紫外線によるダメージも、大きな影響を与えてしまうことが増えています。

今や日本人にとっても紫外線による髪や頭皮へのダメージは他人事ではないのです。

日本人の髪は紫外線に強い!なぜダメージを受ける??

日本人の髪は欧米人と比較して、紫外線に強いとされています。

これは、髪に含まれているメラニン色素の種類が違うためです。

美白の敵として忌み嫌われているメラニン色素ですが、実はメラニン色素には紫外線を吸収してダメージを和らげてくれる働きがります。

紫外線を多く受けると日焼けするのは、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が多く生成されるためです。

2つのメラニン色素が髪色に影響

メラニン色素にはユーメラニンフェオメラニン2種類があります。

ユーメラニンが含まれている髪は黒くなりますが、フェオメラニンは多くても赤毛止まりです。

日本人の髪には両方のメラニン、欧米人の髪にはフェオメラニンのみが含まれています

そして、ユーメラニンはフェオメラニンに比べて、紫外線のダメージを和らげる働きが強いです。

日本人の髪が欧米人よりも紫外線に強いとされているのは、ユーメラニンが含まれているためということになります。

ところが、ブリーチによって脱色すると、ユーメラニンが破壊されるのです。

これによって髪が紫外線に弱くなり、ダメージを受けやすくなってしまいます。

さらに、パーマを当てることでキューティクルが破壊され、メラニン色素が流れ出してしまうこともあります。

パーマによって髪の色が変わってしまうのはこのためで、これも紫外線のダメージ緩和効果を低下させてしまうことに繋がってしまいます。

そもそも、紫外線を浴びすぎること自体が、髪のメラニン色素を減らすことにつながります。

メラニン色素には紫外線を吸収する働きがありますが、紫外線を大量に浴びると吸収しきれず、分解してしまいます。

髪が「日焼け」して色が変わってしまうのは、このためです。

また、UV-Aは真皮にある色素幹細胞にダメージを与えてしまいます。

UV-Aによる色素幹細胞のダメージによってメラニン色素の分泌量が低下してしまい、髪が白っぽくなってしまうこともあります。

メラニン色素の減少によって、紫外線は髪そのものにダメージを与えやすくなります。

髪のタンパク質はシスチンというアミノ酸によって結合していますが、紫外線はこのシスチンを破壊してしまうのです。

メラニン色素の減少によって、シスチンが破壊されやすくなるのです。

髪の表面を覆っているキューティクルも、タンパク質がシスチンによって結合する形で作られています。

紫外線がシスチンを破壊すれば、キューティクルがバラバラになり、剥がれやすくなります。

髪が「日焼け」するとパサパサになるのは、紫外線がキューティクルを破壊したために起きるものです。

キューティクルは、髪の内部にある水分などが流れ出さないようにするための「バリア」のような働きをします。

弾力性に富んでいるため、キューティクルがちゃんとしていれば髪はしなやかに曲がってくれるのです。

ところが、紫外線などによってキューティクルが剥がれてしまうと、髪の弾力性は失われ、切れやすくなってしまいます。

キューティクルが剥がれた部分から髪の中身が出るため、枝毛の原因にもなってしまうのです。

このように、紫外線は髪そのものにダメージを与える厄介者です。

そして、紫外線がダメージを与えるのは、髪だけにとどまらないのです。

紫外線で起こる「老化現象」で抜け毛どころか薄毛に発展

紫外線のうち波長の長いUV-Aは、皮膚の奥にある真皮まで届き「光老化」という現象を起こすのが問題です。

これが頭皮に起きると、薄毛につながってしまいます。

光老化は、真皮のコラーゲン繊維が紫外線によって破壊されることで起こります。

コラーゲン繊維とはコラーゲンとエラスチンからなっており、肌を若々しく保つ働きを持っています。

体内には古くなったコラーゲンやエラスチンを分解するための酵素がありますが、紫外線はこの酵素を必要以上に増やすため、コラーゲン繊維が破壊されてしまうのです。

コラーゲン繊維が破壊されると皮膚は弾力を失って硬くなります。これが光老化です。

光老化は皮膚全体に起きますので、頭皮もその例外ではありません。

日光が当たりやすい頭皮は、むしろ光老化が起きやすい部位だといってもいいでしょう。

頭皮の光老化の問題点は、毛母細胞が活力を失ってしまうことです。

髪が活発に伸びるためには、毛母細胞が活発に分裂してくれなければなりません。

ところが頭皮の光老化によって毛母細胞が活力を失うと分裂がうまくいかなくなり、髪の成長が抑制されて薄毛の原因となってしまうのです。

紫外線によって活性酸素が増えてしまうことも問題。

活性酸素は病原菌を退治するなど、免疫力をアップさせる働きを持っていますが、増えすぎると健康な細胞を傷つけてしまったり、コラーゲンやエラスチンを壊してしまい、光老化に拍車をかけてしまいます。

活性酸素には、それ以外の問題もあります。

毛乳頭細胞や毛包幹細胞にダメージを与えてしまうことです。

毛乳頭細胞は髪に「伸びろ」と命令を出す司令塔的な役割を持っていますが、ダメージによってうまく働かなくなるとヘアサイクルが乱れ、抜け毛を増やす原因となります。

毛包幹細胞は髪の元となったり、メラニン色素を生成する色素幹細胞を維持したりする働きがあります。

毛包幹細胞は17型コラーゲンによって守られていますが、紫外線や活性酸素によって17型コラーゲンが破壊されると毛包幹細胞が維持できなくなり、薄毛や白髪の原因となるのです。

薄毛や白髪を防ぐためには、紫外線対策と同時に、活性酸素の働きを抑えることも必要になります。

※紫外線対策は後述しますので、ここでは活性酸素の対策について説明します。

活性酸素の働きを抑えるためには、抗酸化作用を持つ栄養素を含む食べ物を積極的に摂取するのが最も効果的です。

抗酸化作用とは、活性酸素によって細胞が傷つけられるのを防ぐことです。

抗酸化作用を持つ栄養素としては、以下のようなものがあります(カッコ内は栄養素を多く含む主な食べ物)。

・リコピン(トマト、スイカ、パパイヤ)

・ポリフェノール(カカオ、ブルーベリー、赤ワイン)

・イソフラボン(豆乳、豆腐、納豆など大豆製品)

・ペクチン(リンゴ、ミカン、パプリカ)

・βカロテン(シソ、モロヘイヤ、ニンジン)

・ビタミンC(パプリカ、アセロラ、芽キャベツ)

・ビタミンE(アン肝、スジコ、アーモンド)

・亜鉛(牡蠣、ホヤ、ビーフジャーキー)

・セレン(アン肝、タラコ、クロマグロ)

こうした栄養素を多く摂取し、活性酸素の働きを抑えることも、薄毛や白髪の防止につながるのです。

紫外線対策は肌だけじゃダメ!髪と頭皮を守って薄毛対策

髪と頭皮にダメージを与え、活性酸素を増やす紫外線は、あらゆる意味で薄毛を進行させる元凶だといっていいでしょう。

髪のためには、いかにして紫外線のダメージを減らすかが重要です。

<紫外線ダメージ軽減法>

・紫外線が強い時間の外出を控える

・日傘を使う

・帽子をかぶる

・日焼け止めを使う

外出時間

紫外線が強い晴れの日の時間帯に外出を控えることで、ダメージはかなり減少します。

ただ、これだけでは不十分です。

なぜなら、薄毛の原因であるUV-Aは曇りの日でもあまり減りませんし、ガラスを透過して室内に入ってきてしまうため、曇の日に室内にいてもダメージを受けてしまいます。

日傘

UVカット効果のある傘であれば、ある程度は紫外線を防ぐことができます。

白よりも黒のほうが、紫外線カットには効果的です。

ただ、日傘には照り返しを防げないという落とし穴がありますので、こちらも万全とは言えません。

帽子

髪と頭皮を完全に隠せますので、紫外線カットという意味では効果的だといっていいでしょう。

照り返しを心配する必要もありません。

帽子の問題は、通気性が良くないので被りすぎると汗によって蒸れてしまい、頭皮にダメージを与えることです。

適度に脱いで、蒸れないようにする必要があるでしょう。

日焼け止め

最近になって髪や頭皮用のものが発売されています。

スプレータイプが大半ですが、これはクリームタイプやローションタイプだと毛穴に詰まり、髪の成長を妨げたり、頭皮の炎症の原因となってしまったりする可能性があるためです。

ただ、気をつけていても頭皮に大量の紫外線を浴びてしまったということもあるでしょう。

そのような場合には、次のような対策が効果的です。

頭皮を冷やす

タンパク質とビタミンCを摂取

睡眠をしっかりと取る

頭皮を冷やす

紫外線によるダメージは一種の火傷なので、冷やすことでダメージを抑えられます。

頭皮の冷やし方のオススメは、冷えたタオルを頭皮に当てたり、温度の低いシャワーを浴びたりすることです。

頭皮を冷やすと同時に、頭皮の保湿力をアップさせることにもつながります。

タンパク質とビタミンCを摂取

紫外線によって破壊されるコラーゲンは、体内のアミノ酸から生成されるタンパク質の一種です。

コラーゲンを生成するアミノ酸の元であるタンパク質と、生成時に必要となるビタミンCをしっかりと摂取すれば、コラーゲンの生成量が増加し、コラーゲン繊維の回復につながります。

睡眠

紫外線によって頭皮を回復させるためには、成長ホルモンの働きが必要です。

睡眠を取れば成長ホルモンの働きが活発になり、頭皮の回復力がアップしてくれるのです。

特に午後10時~午前2時の成長ホルモンの分泌量が増える時間帯は、しっかりと睡眠を取りましょう。

もっとも、紫外線を全く浴びないというのも問題です。

紫外線には、次のようなメリットもあります。

・骨の生成にかかわるビタミンDの生成に必要

・ストレス緩和に効果的なセロトニンの生成に必要

・適度に浴びれば免疫力アップ

紫外線は浴びすぎても害がありますが、全く浴びないのも体に良くないのです。

特にストレスは薄毛の原因になりますので、髪のためにはセロトニンが必要です。

紫外線は適度ではありますが、浴びる必要があります。

紫外線のダメージを蓄積せず、髪と頭皮をケア

紫外線は「美白の敵」「皮膚がんの原因」というイメージが強すぎて、髪や頭皮にも悪影響を与えていることまで気が回っていない人も多いでしょう。

しかし、紫外線のダメージは蓄積すると、薄毛の原因の1つに。


きれいな髪を守るためには、髪や頭皮へのUVケアも必要よ!

帽子や専用の日焼け止めなので、しっかりと守ってあげてね。

ただ、紫外線を全く浴びないというのも、身体に悪影響を与えてしまうわ。

だから、対策をしながらも適度に紫外線を浴びる必要があるわね!

この記事の関連記事